FC2ブログ

j神角寺と神角寺渓谷

今からしばらく忙しいので今年の紅葉の見納めに大分方面に出かけた。
100㎞圏内には岡城や普賢寺や用作公園など紅葉の名所はいくつかあり、毎年のように行っているので、今回は豊後大野市の神角寺に行ってみるか。神角寺には春に行ったことあるが、秋はないので紅葉があるのかどうか知らないが。

駐車場にある柿の木
PB144211
PB144211 posted by (C)オトジマ

サザンカが見事であるが写真にとると今一つ。とにかく雲が多いのが残念
PB144213
PB144213 posted by (C)オトジマ

寺の裏の展望台から南を望む。
PB144217
PB144217 posted by (C)オトジマ

PB144222
PB144222 posted by (C)オトジマ

モミジはほとんど落ち葉。日が陰った
PB144223
PB144223 posted by (C)オトジマ

PB144228
PB144228 posted by (C)オトジマ

88か所めぐりがあるが、コースがよくわからない。順路を示してくれると回ってみるのであるが。
PB144232
PB144232 posted by (C)オトジマ

神角寺から北に下ると神角寺渓谷がある。小さな川の流域である。
PB144248
PB144248 posted by (C)オトジマ

よく見ると小さなモミジの木がたくさん植えてある。おそらく20年もしたらかなりの紅葉の名所になるのではないか。
見物に来てる人に話すと、「それまで生きてますかね?」と。同感である。
PB144257
PB144257 posted by (C)オトジマ

渓谷だからあまり陽が差さない。
PB144259
PB144259 posted by (C)オトジマ

由布岳がチョコンと頭を出して見える。
PB144266
PB144266 posted by (C)オトジマ

城原八幡のそば、城原小学校横のモミジの名所、松原公園に行く。
PB144281
PB144281 posted by (C)オトジマ

PB144277
PB144277 posted by (C)オトジマ

写真で撮るとそこそこ美しいが、ここのベストを知っている者からすると、今年の紅葉は今一つかな。
PB144286
PB144286 posted by (C)オトジマ

まだ緑の木が残っているので来週ごろはもっといいかも。
PB144288
PB144288 posted by (C)オトジマ

PB144291
PB144291 posted by (C)オトジマ

PB144302
PB144302 posted by (C)オトジマ

PB144298
PB144298 posted by (C)オトジマ

PB144304
PB144304 posted by (C)オトジマ

城原八幡にも参拝して、お願い事をする。
PB144331
PB144331 posted by (C)オトジマ

PB144315
PB144315 posted by (C)オトジマ

PB144322
PB144322 posted by (C)オトジマ

PB144324
PB144324 posted by (C)オトジマ

PB144336
PB144336 posted by (C)オトジマ

神社前から祖母山能面を望む
PB144334
PB144334 posted by (C)オトジマ

大入島オルレ

快晴の日曜に大入島オルレを歩いてみる。
orule saiki


島にはフェリーと高速船と二つの方法がある。前回は車で渡り島を一周した。一周20㎞ほどあって海岸沿いに車道がある。
PB043918
PB043918 posted by (C)オトジマ

今回は歩くので、佐伯港から高速船に乗って島に渡る。200円。
PB043919
PB043919 posted by (C)オトジマ

対岸は佐伯市。高い山は彦岳。
PB043923
PB043923 posted by (C)オトジマ

船着き場にはのぼり旗が、オルレに来た人を迎える。オルレで島に金が落ちるのか疑問ではあるが。
PB044004
PB044004 posted by (C)オトジマ

杖がいっぱいあるので1本借りる。結局杖がいるほどには険しくはなかったのだが。
PB044001
PB044001 posted by (C)オトジマ

島の真ん中にある堀切の食彩館から北に向かって歩き始める。
PB043921
PB043921 posted by (C)オトジマ

PB043924
PB043924 posted by (C)オトジマ

ここでは車道ではなく、あえて集落の中の路地を歩くようなコースになっている。
PB043925
PB043925 posted by (C)オトジマ

PB043926
PB043926 posted by (C)オトジマ

島を出た家族が碑を建てている。空き家が多い。残っているのは老人ばかりというのは山間部と同じ。
PB043927
PB043927 posted by (C)オトジマ

恵比寿神社
PB043929
PB043929 posted by (C)オトジマ

神社の先に船隠という小さな入り江がある。オルレコースのハイライトの一つ。
PB043932
PB043932 posted by (C)オトジマ

入り江は堤防で外海と隔てられる。
PB043936
PB043936 posted by (C)オトジマ

その堤防の上を歩く。右が湾。左は外海とはいっても、そもそも佐伯湾の奥なので波はない。
PB043935
PB043935 posted by (C)オトジマ

そこからは海沿いを歩く。オルレ指定にともなって古い道が再整備されたのではないだろうか。
PB043940
PB043940 posted by (C)オトジマ

ほとんど波うち際
PB043941
PB043941 posted by (C)オトジマ

PB043947
PB043947 posted by (C)オトジマ

ミカン園の中も通る
PB043943
PB043943 posted by (C)オトジマ

コース北端の高松の船着き場。ここから南に折り返して山道に入る。
PB043953
PB043953 posted by (C)オトジマ

賀茂神社で一休み。
PB043954
PB043954 posted by (C)オトジマ

神社を過ぎると登りとなる。海岸から標高差170mほどを登るのでややきつい。
PB043959
PB043959 posted by (C)オトジマ

ツワの花が盛りだ
PB043967
PB043967 posted by (C)オトジマ

山頂に「空の展望所」があるはずだが見当たらない。 わからないまま下ると下り道の途中にそれがあった。
ヒオウギガイに願い事を書いている。
PB043969
PB043969 posted by (C)オトジマ

鶴御崎や大島が見える。
PB043970
PB043970 posted by (C)オトジマ

水平線に四国が見えるはずだが・・・・・
PB043972
PB043972 posted by (C)オトジマ

登りはキツイ坂だが下りはダラダラ坂である。逆に回ったほうが楽かも。
PB043976
PB043976 posted by (C)オトジマ

段々畑のあと。昔は人口3000人で島中段々畑だったそうだ。現在の人口は700人とか。
PB043978
PB043978 posted by (C)オトジマ

ここにも伊能忠敬が来ている。昔は日本全国弘法大師と永六輔が行っていないところはない、と言われたものだが、伊能の方が確実に行ってるだろう。最近は火野正平もそれに加わるか。
PB043982
PB043982 posted by (C)オトジマ

下りきったところが島の東岸の白浜でそこから西岸の堀切へはトンネルがある。島のくびれたところなので幅は200mくらいしかない。
PB043983
PB043983 posted by (C)オトジマ

今回はコースの南半分の遠見山は登らないのでいちおうここで終了であるが、出発地の堀切に着いたところで、高速船が汽笛を鳴らして出向してしまった。船は1時間に1本なので1時間待つ羽目になってしまった。
PB043993
PB043993 posted by (C)オトジマ

なんでも佐伯市はオーストラリアのグラッドストン市と姉妹都市らしくて、オーストラリアにちなんだ木が植えられている。コアラの食べるユーカリもある。
PB043990
PB043990 posted by (C)オトジマ

この木はネジのように渦巻いた幹が不思議なスノーツリー。
PB043997
PB043997 posted by (C)オトジマ

PB043998
PB043998 posted by (C)オトジマ

日没を見ながら島を去る。
PB044014
PB044014 posted by (C)オトジマ

人口激減の離島にこんなウォーキングコースを作るというのは島に活気を取り戻すのには多少の効果があるかもしれない。船で乗り合わせた島のバアチャンたちは「オルレの来たの?」と聞いてきた。人口が減るとフェリーの維持も大変だが、観光客が来れば一助ともなる。

見立の紅葉

去年は12日に見立のモミジ祭りに行っている。ちと早いが紅葉の偵察に行ってみる。
こちらの海岸部ではまったく紅葉は見られないが、日之影川流域にはいるとすぐに紅葉が見られる。
PB064025
PB064025 posted by (C)オトジマ

九州南部であるから全山紅葉というような場所はないが、こんだけ色づけば十分である。
PB064031
PB064031 posted by (C)オトジマ

PB064032
PB064032 posted by (C)オトジマ

PB064033
PB064033 posted by (C)オトジマ

PB064045
PB064045 posted by (C)オトジマ

見立鉱山が近づくといよいよ明日色づく。
PB064070
PB064070 posted by (C)オトジマ

PB064049
PB064049 posted by (C)オトジマ

PB064060
PB064060 posted by (C)オトジマ

PB064077
PB064077 posted by (C)オトジマ

英国館周辺で
PB064088
PB064088 posted by (C)オトジマ

PB064122
PB064122 posted by (C)オトジマ

赤いモミジの木が数本あれば十分紅葉狩りした気分になる。
PB064095
PB064095 posted by (C)オトジマ

PB064106
PB064106 posted by (C)オトジマ

PB064113
PB064113 posted by (C)オトジマ

モミジ祭り会場である。立派に紅葉してるよ。
PB064124
PB064124 posted by (C)オトジマ

PB064126
PB064126 posted by (C)オトジマ

私にとっては今年の紅葉一番であった。
PB064118
PB064118 posted by (C)オトジマ

瀬戸内海の港町 牛窓

室津から車で2時間ほど西に戻ると牛窓の町がある。今では瀬戸内市となっている。
道の駅一本松展望園で一夜を過ごして朝早くから町に行ってみる。
PA283758
PA283758 posted by (C)オトジマ

ここもかつては風待ち潮待ちの港町であった。
本蓮寺。
PA283783
PA283783 posted by (C)オトジマ

PA283775
PA283775 posted by (C)オトジマ

立派な三重の塔や本堂がある。朝鮮通信使の宿舎として使われた寺である。
PA283764
PA283764 posted by (C)オトジマ

見事な曲線の屋根。
PA283772
PA283772 posted by (C)オトジマ

庫裏も立派
PA283777
PA283777 posted by (C)オトジマ

荒神社から見おろす。牛窓はけっこう大きな町で、古い町並みが残るのはごく一部で海沿いに細長く残っている。
PA283794
PA283794 posted by (C)オトジマ

海遊文化館あたりに車を置いて出発。
PA283828
PA283828 posted by (C)オトジマ

ちょうどこの日が牛窓神社の祭礼でここに展示してある山車が出払ってるので入場料が半額だった。
朝鮮通信使関連の展示がほとんど。コスプレを勧められたので・・・・・
PA283842
PA283842 posted by (C)オトジマ

PA283786
PA283786 posted by (C)オトジマ

ステキな洋館風。たぶん郵便局の跡
PA283784
PA283784 posted by (C)オトジマ

PA283792
PA283792 posted by (C)オトジマ

今村昌平監督作品 「カンゾー先生」のロケ地だそうだ。
PA283789
PA283789 posted by (C)オトジマ

PA283793
PA283793 posted by (C)オトジマ

古い建物は連続的に残っているわけではないが、昔の街道筋の町の感じは残っている。港町だけに道が狭い。
PA283804
PA283804 posted by (C)オトジマ

ここいらはつげよしはる風である。向こうから蒸気機関車が走ってきてもおかしくない。
PA283803
PA283803 posted by (C)オトジマ

こんな建物は銀行家信用組合の建物と相場が決まっている
PA283800
PA283800 posted by (C)オトジマ

ちょうど牛窓神社の祭礼の日で、町内ごとの山車が引っ張り出されていた。これから町を練り歩くところ。
江戸時代以来のものでとても立派である。昔は豊かな商港だった名残
PA283825
PA283825 posted by (C)オトジマ

PA283823
PA283823 posted by (C)オトジマ

中には子供たちが乗り込んで楽器を鳴らす。少女たちはお化粧をしている。
PA283814
PA283814 posted by (C)オトジマ

男衆も男児も女装をする。門川だんじりの乗り子の少年たちが派手な女装をするのと同様。
PA283810
PA283810 posted by (C)オトジマ

丘の上から見た牛窓。東洋のエーゲ海というにはどうかな・・・・・・
PA283848
PA283848 posted by (C)オトジマ

丘の上に別荘地がある。景色はよさそうだが道が悪く不便そうだ
PA283854
PA283854 posted by (C)オトジマ

ホテル イルマーレという白亜の建物がある。ステキではあるが、休業中。再開できるんだろうか?
PA283844
PA283844 posted by (C)オトジマ

PA283851
PA283851 posted by (C)オトジマ

瀬戸内の港町 室津

たつの市の海岸部にはいくつか小さな港がある。その一つが室津。
PA273656
PA273656 posted by (C)オトジマ

いまは小さな漁港である
PA273655
PA273655 posted by (C)オトジマ

古い町並みが残る
PA273652
PA273652 posted by (C)オトジマ

通りはすごく狭い。車で走るのがはばかられるくらい。
PA273607
PA273607 posted by (C)オトジマ

PA273608
PA273608 posted by (C)オトジマ

室津民俗館に寄ってみる。昔の大きな商家。
PA273623
PA273623 posted by (C)オトジマ

PA273609
PA273609 posted by (C)オトジマ

PA273620
PA273620 posted by (C)オトジマ

昔は革細工卸商で、煙草入れを作っていたらしい。そういえば、龍野の伝統産業に醤油やそうめん以外に革製品もあった。
PA273610
PA273610 posted by (C)オトジマ

革細工をつくる道具
PA273612
PA273612 posted by (C)オトジマ

革製品製造の伝統が近代のランドセル工業につながっている。室津にはランドセルメーカーのセイバンの工場がある。
セイバンとは兵庫県西播磨地方から由来する。ランドセルの国内シェア50%のトップメーカーである。
PA273611
PA273611 posted by (C)オトジマ

室津には賀茂神社という立派な神社があることを、龍野の観光案内ビデオで見ていたので登ってみる。
PA273626
PA273626 posted by (C)オトジマ

ソテツの名所らしい。ソテツよりも味わい深い土塀に目が行く
PA273630
PA273630 posted by (C)オトジマ

味わい深いがかなり荒れ気味
PA273632
PA273632 posted by (C)オトジマ

PA273628
PA273628 posted by (C)オトジマ

境内に入ると・・・・・・
PA273640
PA273640 posted by (C)オトジマ

なんと修復工事中!!!! 残念。 観光案内ビデオでは海の見えるステキな神社だったのに・・・・。
PA273635
PA273635 posted by (C)オトジマ

本殿。こんな立派な神社ができるほど、昔は裕福な街だったのだろう。
テントに檜皮葺のヒノキの皮が積んである。
PA273636
PA273636 posted by (C)オトジマ

これ作るのけっこう大変みたい
PA273638
PA273638 posted by (C)オトジマ

兵庫県も瀬戸内海にあるんだな、と感じさせる港町である。とにかく道が狭いので歩いて見ることになる。
PA273647
PA273647 posted by (C)オトジマ


プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR