映画 メッセージ

今年のアカデミー賞の候補にナンタラとかいうタイトルのSONYピクチャーのSF作品があったので見てみよう、と思っていた。うろ覚えで検索し語感から「パッセンジャー」だったような気もするのでそれを見に行った。実は「メッセージ」が正解だった。どちらもSONY作品である。たぶん「メッセージ」の方が評価が高かったんだろう。

とにかく3月に見た「パッセンジャー」は大変面白かった。
story_img1.jpg

b124bb2b21c5a359ae946e492fa0b556-640x351.jpg

恒星間の移住をする巨大な宇宙船の話。120年もかかるので5000人の乗客は冷凍睡眠する。何らかのミスで途中で一人目覚めてしまった男の話で、たった一人の話だからロビンソンクルーソーみたいなことになる。それではドラマにならないのでもう一人女性が目覚める。たった二人でもドラマを2時間もたせるのは大変だから宇宙船内のバーのバーテンが登場する。これがロボットなのだが重要な役回りとなる。
戦いも陰謀もアクションもないが文句なしに見ごたえがあって大変面白かった。SFとはいいながら人間ドラマとしてよくできているからだろう。

というところで今日見たのがアカデミー賞10部門ノミネートという本命の「メッセージ」(原題・ARRIVAL・とーちゃこ)。
arrival 2

いわゆるファーストコンタクト物である。この手は見飽きるほど作られ続けている昔からのSFの基本設定。陳腐なテーマに今さらどうやって新味を出せるのか?

確かに大人向けだが、結論的には…あまり面白くない。とにかく不必要に思わせぶりで話が明快でない。例によって異星人の巨大宇宙船が飛来する。コンタクトを取るべく米政府と女性主人公の言語学者が異星人の言語分析を試みる過程が長々とある。恒星間飛行を実現するくらいの超絶した科学テクノロジーを持つ異星人なら苦も無く地球人の言語体系を分析して意思疎通を可能ならしめるはずだが、どういうわけか彼らは一切その努力をしない。地球人の遅々たる解析に委ねた結果、不用な誤解を生じて危機を招く、という初歩的な欠陥をもつストーリー。たまたま主人公が未来予知能力を持っていたので間一髪で危機を逃れる、というご都合主義。大仕掛けだが、SFを読みなれた人にとっては腑に落ちない話なのが残念。

近年はCGで不可能な表現はないのでスペクタクルでもはや誰も驚かない。スターウォーズがつまらないのはドラマの底が浅いから。子供の頃からSFが好きで、SF映画ならなんでもよかったが、歳を取るとさすがにスペースオペラ系は見れない。アマゾンプレミアムで無料で見れる洋画にもSFはたくさんあるが、やはりコストのかかったリアル系でないと全く見る気がしない。

そのなかで予備知識なしにたまたま見た「エクスマキナ」なかなか面白かった。10年前の日本アニメとは全く別作品。
ex_machina_01.jpg

これまた登場人物は隔絶された密室にほとんど二人。そこに例によってアンドロイドの女性が加わる。これまた「パッセンジャー」のバーテンと同様に歴然たるロボット。体の内部メカがスケスケなのに妙にエロティック。もちろん生身の人間が演じているのではあるが。ロボットが人格を持つという近未来にありうるんじゃないか、というミステリー仕立ての不気味な話。どうやら最近のSFは登場人物の少ないのが面白いんじゃないか。昨年の「オデッセイ」(原題・MARTIAN・火星人)もほとんど火星でのロビンソンクルーソー状態の一人芝居だがとても面白かった。

田原のバラ

例年だと5月下旬に高千穂・田原の山田さん宅のバラを見物にいくのであるが、やや早い19日。どうだろう?
それにもう公開を止めた、というウワサもあるし・・・・・。
田原で地元の方に聞くと、バラはまだだが、ポピーが咲いてるよ、という話。公開もしているとか。
P5191056
P5191056 posted by (C)オトジマ

だれもおられないのでお断りなしに庭を拝見させていただいた。
P5191010
P5191010 posted by (C)オトジマ

やはり、ちょっと早かったようだ。ツボミはいっぱいついているが・・・
P5191023
P5191023 posted by (C)オトジマ

このバラだけ咲いていた
P5191012
P5191012 posted by (C)オトジマ

P5191019
P5191019 posted by (C)オトジマ

むこうにポピー。去年までは田んぼだった。
P5191021
P5191021 posted by (C)オトジマ

P5191048
P5191048 posted by (C)オトジマ

田んぼ2枚分がポピー畑。
P5191014
P5191014 posted by (C)オトジマ

P5191036
P5191036 posted by (C)オトジマ

P5191039
P5191039 posted by (C)オトジマ

バラはおそらく5月末頃が見ごろか。サクラと同様に今年は遅れ気味なのかも。




矢筈岳 トロッコ道

快晴なのでウォーキングへ。
まだ歩いたことのない日之影の矢筈岳トロッコ道にトライ。

yahazu ss



このコースは戦前から戦後にかけて作られた高千穂営林署の森林軌道、八戸~鹿川間の廃線線路敷きを活用している。
コースとして整備されているのはそのうち7㎞。往復で4~5時間はかかるから、途中で端折って4㎞を往復する。

出発点はゆすなみ峠という。トイレが設置されている。車はいいとこ5台くらい分かな。
P5190863
P5190863 posted by (C)オトジマ

あのセメント舗装の小道が入り口。かつてはこのアスファルト道を横切り、軌道が八戸方面に延びていた。
P5190865
P5190865 posted by (C)オトジマ

コースはおおむねこんな風。幅が2mくらい。整備のため車両が通るようだ。ずっとワダチがついている。
P5190868
P5190868 posted by (C)オトジマ

P5190872
P5190872 posted by (C)オトジマ

切通しもある。
P5190874
P5190874 posted by (C)オトジマ

P5190876
P5190876 posted by (C)オトジマ

深い切り通し。戦中戦後だからまだ重機はなかっただろうから、人力で切通したのか。
P5190880
P5190880 posted by (C)オトジマ

樹林が切れたところで矢筈岳が見えた。
P5190888
P5190888 posted by (C)オトジマ

綱の瀬川の渓流が見える。
P5190893
P5190893 posted by (C)オトジマ

対岸の比叡山
P5190900
P5190900 posted by (C)オトジマ

P5190896
P5190896 posted by (C)オトジマ

石積みの擁壁。
P5190904
P5190904 posted by (C)オトジマ

立派な石垣の築堤。
P5190908
P5190908 posted by (C)オトジマ

ここを車両が走っているのを見たかった!! それに乗れたらどれだけ楽しいだろう!・・・・・かなわぬ夢。
P5190909
P5190909 posted by (C)オトジマ

直上の矢筈岳から巨石が落下している。
P5190924
P5190924 posted by (C)オトジマ

矢筈岳直下。この垂直な崖ははるか上まで続く。向こうに見えるのは比叡山。
P5190926
P5190926 posted by (C)オトジマ

P5190929
P5190929 posted by (C)オトジマ

比叡山に立派な滝が見える。
P5190935
P5190935 posted by (C)オトジマ

P5190938
P5190938 posted by (C)オトジマ

岩盤をくりぬいたトンネル。矢筈第一トンネル。中川のゴール近くに第二トンネルがある。
P5190941
P5190941 posted by (C)オトジマ

実は真っ暗。カメラのおかげで写っている。
P5190943
P5190943 posted by (C)オトジマ

P5190948
P5190948 posted by (C)オトジマ

P5190952
P5190952 posted by (C)オトジマ

今回はこの矢筈第一ドンネルまでで引き返した。往復8km。軌道敷きなのでほとんど起伏はないので歩きやすい。
もと来た道を帰る。
P5190970
P5190970 posted by (C)オトジマ

出発点から下流側、八戸方面に延びている廃線敷きはこんな風。雑草を払えば立派に使えそう。
P5191005
P5191005 posted by (C)オトジマ

落ち葉や落石が多い。かつてはウォーキングコースも整備される前はこうだったのかも。
P5191006
P5191006 posted by (C)オトジマ

昔、この軌道については記事を書いたことがある。
どこで入手した写真か覚えてない。丸太を積んでいる。
昭和19年から27年にかけて敷設。約28㎞もあったとか。当初は人力であったが、のちにはジーゼル機関車が導入された。この写真を見る限りは機関車はない。人力だろう。軌道幅は762㎜。軌条が細いので1067㎜にも見える。
sisigawa line ss

米軍が占領時に作った地図にはこの軌道が記載されている。
sisigawas

軌道はすごく細い線で描かれているので赤で記入してみた。
sisigawas line

これで見ると、軌道はウォーキングコースの出発点あたりからは綱の瀬川沿いを離れ、山の中を抜けて八戸に至っていたようだ。
旧国鉄日之影線との接続はどうなっていたのかはわからない。

国土地理院地図に落としてみた。かなりおおざっぱであるので、悪しからず。八戸の接続は憶測。
tunanose S





中国木材

都農から国富にかけて広域農道を走るとやたらと丸太を積んだトラックに出会う。行く先はどれも日向方面である。
空き地にすごい量の丸太を積み上げた集積場も見かける。

そういえば山でも伐採地が多いような・・・・・・。高千穂で
P5110719
P5110719 posted by (C)オトジマ

やはりトラックの行く先は細島の中国木材でした。
IMG_20170516_150900
IMG_20170516_150900 posted by (C)オトジマ

丸太の集積
IMG_20170516_150819
IMG_20170516_150819 posted by (C)オトジマ

空から見るといかに巨大かがわかる。中国木材のホームページより。
hososima.jpg


中国木材遠景。とても広い。
IMG_20170516_150044
IMG_20170516_150044 posted by (C)オトジマ

コチラに工場の完成予定鳥瞰図がある。 それぞれの工場アイコンをクリックすると工場内部の様子がわかって面白い。

すごい量の製材板が積んである。自然乾燥してるんだろうね。
IMG_20170516_144839
IMG_20170516_144839 posted by (C)オトジマ

IMG_20170516_144603
IMG_20170516_144603 posted by (C)オトジマ

桁違いの量だ。細島の地場の製材所とは全く趣を異にする。こんなに杉板の需要があるんか?
IMG_20170516_144802
IMG_20170516_144802 posted by (C)オトジマ

製材工場のなかにバイオマス発電所がある。
IMG_20170516_150037
IMG_20170516_150037 posted by (C)オトジマ

発電所。あれだけの丸太を製材すればすさまじい量の端材が出るから燃料には困らない。
IMG_20170516_145139
IMG_20170516_145139 posted by (C)オトジマ

スギ丸太の皮。燃料になるようだ。
IMG_20170516_145334
IMG_20170516_145334 posted by (C)オトジマ

この調子で杉の需要があれば、伐採が進んで山の風景も変わるだろう。

浅ヶ部88箇所

高千穂、浅ヶ部八十八箇所に出かける。
女性3人を連れてガイド役である。
asakabe s

マップのPDFは  http://takachiho.gozaru.jp/asakabe88/

4年間に一度、88番から逆打ちで仁田野茶屋の23番まで歩いている。
あの時、88番(御山ノ口茶屋)から75番までの登りがかなりきつかった記憶があるので
女性連れでは避けたほうがいいかな、ということで23番仁田野茶屋から順打ちで回ってみる。

まず車を4番の樋野茶屋に車を置く。
P5110763
P5110763 posted by (C)オトジマ

まずはお参りしておく。
P5110671
P5110671 posted by (C)オトジマ

徒歩で仁田野茶屋へ。
P5110676
P5110676 posted by (C)オトジマ

23番がまずお出迎え。
P5110677
P5110677 posted by (C)オトジマ

しばらくセメント舗装の農道を歩く。
P5110679
P5110679 posted by (C)オトジマ

林内の遍路道に入る。タケノコがいっぱい。
P5110681
P5110681 posted by (C)オトジマ

P5110684
P5110684 posted by (C)オトジマ

24番
P5110682
P5110682 posted by (C)オトジマ

いきなり急登である。こんなはずでは・・・・・。
P5110692
P5110692 posted by (C)オトジマ

25番
P5110696
P5110696 posted by (C)オトジマ

結局、山頂まで標高差230mずっと急登。おばさんたちはフーフーいいながら頑張る。どこから登っても同じだった。
遍路道というより登山道である。
P5110699
P5110699 posted by (C)オトジマ

標高655mの尾根にでるとあとはアップダウンはあるものの比較的平坦な道となる。ただしほとんど人工林内で見晴らしは悪い。
P5110686
P5110686 posted by (C)オトジマ

P5110715
P5110715 posted by (C)オトジマ

下野越、という分岐点。昔の峠道と尾根筋の遍路道が交わる。
P5110707
P5110707 posted by (C)オトジマ

36番
P5110708
P5110708 posted by (C)オトジマ

P5110713
P5110713 posted by (C)オトジマ

急に視界が開ける。伐採地である。40番がある。
P5110717
P5110717 posted by (C)オトジマ

P5110719
P5110719 posted by (C)オトジマ

浅ヶ部を見下ろす。空気の透明度は今一つ。
P5110716
P5110716 posted by (C)オトジマ

反対側は下野方面。遠くに祖母山。
P5110720
P5110720 posted by (C)オトジマ

正面に尖った二上山、左手に諸塚山
P5110721
P5110721 posted by (C)オトジマ

尾根筋をどんどん進む
P5110728
P5110728 posted by (C)オトジマ

いきなり68番に飛ぶ。47番から67番はどういうわけだか、遠く離れた全く別のコースに置かれる。
P5110731
P5110731 posted by (C)オトジマ

珍しく岩場の尾根になる。
P5110734
P5110734 posted by (C)オトジマ

69番がある。左の大師には天保10年の銘。1839年。今から178年前。
P5110735
P5110735 posted by (C)オトジマ

お祈り
P5110738
P5110738 posted by (C)オトジマ

しばし絶景を眺める
P5110740
P5110740 posted by (C)オトジマ

焼山寺山方面と麓の88番方面への分岐点。おばさんたちの体力が限界なので焼山寺コースはやめ。
P5110742
P5110742 posted by (C)オトジマ

ほとんどの札所に石の祠があるが、石の板一枚でおそらく100㎏から200㎏はありそう。ここまで人力で担ぎ上げた昔の人の体力にあきれる。それも一つや二つではない。札所一カ所につき石板4枚と石仏があるからとんでもない労力である。
P5110744
P5110744 posted by (C)オトジマ

遍路道は林道に分断される。しばし林道を歩く。地理院地図には載ってない道である。
P5110749
P5110749 posted by (C)オトジマ

林道に76番がある。この案内板は現地の道とはカーブが逆で全く役にたたない。
P5110753
P5110753 posted by (C)オトジマ

ここらは本来の遍路道が林道工事で分断されているせいで連続性がなく、どこに次の遍路道がつながっているのかとても分かりづらい。少なくとも今日は林道から77番の遍路道にはいる案内板は見かけなかった。道路わきを注意しつつ歩いたが、結局わからなかった。 役場のホームページからダウンロードしたガイドマップのPDFがまたここらのイラストがあいまいでさっぱりわからない。
前回は下からここまで上がってきたので迷わなかったが、今回は道を見失った。

遍路道をさがしつつ林道を降りていくといつしか里まで降りてしまった。
P5110754
P5110754 posted by (C)オトジマ

来た道を振り返る。先ほど景色を見た伐採地が見える。
P5110760
P5110760 posted by (C)オトジマ

3時間の行程だった。
P5110757
P5110757 posted by (C)オトジマ

本来ならここ88番に降りてくるはずだった。10個ばかり仏様を見損ねた。
P5110764
P5110764 posted by (C)オトジマ

MAP浅ヶ部65
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR