FC2ブログ

クリスマスとお年玉はマンガで

毎年クリスマスの孫へのプレゼントには悩む。
小さいころならなんでもよかろうが、だんだん大きくなると何がいいんだ?
例えばひと頃は小学高学年や中学生ならミュージックプレーヤとかゲーム機が適当だった。
でも、今はスマホがあればなんでもできるのでスマホをすでに持ってる子にはあげるものがない。
孫たちは小学校中高学年くらいでまだスマホは持っていないが、さて・・・・・

そこにアマゾンのサイバーマンデー。ふと見るとアマゾン専用のタブレットであるファイア8インチが4980円! 
通常8980円だから4000円安い。私は7インチを持っているが、安物の中華タブレットに比べると電池の持ちが俄然いい優れものである。操作はアンドロイド系と同じであるが、専用のアプリストアにアプリが乏しいのが一番の難点。
まぁ、ユーチューブを見て、ヤフーニュースを見て、ブログを見て、くらいの軽い使用には全然さしつかえない。
61uH3MIUboL._SL1000_
61uH3MIUboL._SL1000_ posted by (C)オトジマ

これを買って、孫たちにキンドルでマンガをプレゼントすることにした。
昔は子供は「マンガばっかり読んでいるとバカになるよ!それより本を読みなさい」と言われたものであるが、近年では本どころか、マンガも読まなくなってきている。子供がマンガを読むのはヒマつぶしであるが、今ではユーチューブにいくらでもヒマつぶしがタダで転がっているので金を出してまでマンガを買わなくなっているのである。

日本の文化史の中でマンガは確固たる地位を得ている。
日本が世界に誇れる文化コンテンツは文学や美術なんかよりマンガの方が上になっているではないか?
アニメにしたってマンガを原作としている。
マンガは膨大な蓄積があるが質的には玉石混交である。
その中でも古典といっていい作品も出てきているんではないか。そんな作品を孫たちに読ませたい。

ところが孫たちは少女だから少女マンガとなる。私は少女マンガについて全く土地勘がない。
そこで娘に聞くと、鉄板なのは「リボンの騎士」「ベルサイユのばら」「君に届け」「フルーツバスケット」あたりじゃないの?と。
Screenshot_20190116-232323
Screenshot_20190116-232323 posted by (C)オトジマ

これは世代による。実は彼女は手塚の「リボンの騎士」や「ベルサイユのばら」は読んでいないくて、「君に届け」で思春期を過ごしたらしい。ネットでオススメ少女マンガを検索すると「君に届け」は必ず出てくる。少年マンガでは枚挙にいとまがないくらいおなじみの作品がある。「ドラえもん」「ドラゴンボール」コナン」「ワンピース」「スラムダンク」「キャプテン」「ドカベン」「タッチ」などなど。

アマゾンのキンドル版でとりあえず妹用に「ベルサイユのばら」と「ガラスの仮面」を購入。ガラスの仮面は50巻ほど出ていてまだ完結していないので初めの10巻ほど。それを端末内の本棚で見るとこんなふう
P1014460
P1014460 posted by (C)オトジマ

P1014464
P1014464 posted by (C)オトジマ

P1014462
P1014462 posted by (C)オトジマ

画像は大変鮮明で紙の印刷よりもキレイかもしれない。
Screenshot_20190116-232403
Screenshot_20190116-232403 posted by (C)オトジマ

姉用にはマンガマニアで成績優秀な教え子の女子高校生からお薦めを聞いて「聖おにいさん」と「とんがり帽子のアトリエ」を。どちらも全然知らない。コミックモーニングで連載中というから青年誌である。その女子高生によれば小学生でも大丈夫という。「聖お兄さんの」は私も読んでみているところであるが、はたして小学生にどうなんだろう???
P1054486
P1054486 posted by (C)オトジマ

キンドルで購入した本は同じアカウントで5台の端末まで共有できるらしい。私はPCやらスマホやらタブレットやらとっくに5台を超えていそうだが、全然大丈夫である。紙の本と比べると慣れるまではやや扱いづらい。たぶん慣れればこちらのほうが便利かも。とにかく場所を取らないのがいい。端末があれば何十冊でも何百冊でも持ち歩ける。不便なのは友達に貸せないとか、古本を売るとかができない。古本を安く購入もできない。さらにアマゾンが倒産すると消えそうだが、たぶん自分が消えるほうが先だろう。

これは数年前に私が買った蛭子能収の「地獄を見た男」。 紙の本は古本しかなくとても高価なのでやむなくキンドル版。
Screenshot_20190116-232450
Screenshot_20190116-232450 posted by (C)オトジマ

活字の本の場合、フォントサイズを自在に変えられるので老人にはとても便利。老眼鏡いらず。
Screenshot_20190117-010401
Screenshot_20190117-010401 posted by (C)オトジマ

ということで孫たちはマンガで情操豊かに育ってくれるかな?

冬は庭いじり

年末はひと月大忙しでブログを更新するヒマもなかった。正月でやっとひといきついている。
12月に隣の義妹が新築工事を始めるまえに旧宅の解体工事。
343
343 posted by (C)オトジマ

解体工事をする前にガーデンテラスの差し掛けを撤去して、ゴミにするのはもったいないので私の家に移設することにした。
IMG_20181214_083637
IMG_20181214_083637 posted by (C)オトジマ

移設したテラス。ついでにアルミサッシの窓枠も外してきてはめたらちょうどいい。
いろはアルミのブロンズだったが水性塗料で深緑に塗った。
IMG_20181219_133842
IMG_20181219_133842 posted by (C)オトジマ

こうやって完成した写真を見ると簡単そうだが、30年以上たって劣化したテラスを取り外して、再び設置するのはけっこう大仕事であった。ほとんどはボルトを緩めたり閉めたりと、波板に穴をあける作業で済む。いつもやってる職人ならなんてことはないだろうが、素人はこんな工事はめったにしないことだから試行錯誤である。
IMG_20181224_171816
IMG_20181224_171816 posted by (C)オトジマ

中は広い。幅は3間でおよそ6m、奥行き8尺だから2.4mほどある。波板代がおよそ1万5千円。秋の台風被害による突発需要の影響で波板の供給が不十分とかで、何軒もホームセンターを回ってやっと揃えた。
IMG_20181222_144232
IMG_20181222_144232 posted by (C)オトジマ

IMG_20181224_171757 (1)
IMG_20181224_171757 (1) posted by (C)オトジマ
南のエンドにはこれまた古い廃品のサッシ窓をとりつけた。
IMG_20190103_124655
IMG_20190103_124655 posted by (C)オトジマ

景観は海が見えてとても良い。
IMG_20190103_152551
IMG_20190103_152551 posted by (C)オトジマ

夏になったら植物が茂っていい雰囲気がでてくるんではないだろうか。
OI000006
OI000006 posted by (C)オトジマ

ファーウェイ

本日のニュースによれば、ウォール・ストリート・ジャーナルが 「米国政府は、中国メーカーHuawei Technologiesの通信機器を使用することを止めさせるため、同盟国の無線事業者に対して説得している」 と報じた。

zte2.jpg

つまりトランプはアメリカの同盟国である日本人もファーウェイ(華為技術)のスマホを使うな、といっている。
最近日本でもファーウェイはブランドが浸透して格安SIMではトップブランドといってもいい。
今年は同じく中華スマホのZTEがアメリカで販売禁止になった。イラン制裁に違反したとかいうアメリカの理屈であるが、ファーウェイの場合は情報がひそかに中国に漏れる、ということのようだ。

実は私はそのファーウェイとZTEの愛用者なのである。
左端はZTE、右端と左から2番目はファーウェイ、右から2番目は中華スマホのulephone
PB234360
PB234360 posted by (C)オトジマ

左のZTEは楽天モバイル新規加入で780円。データ専用のSIMでバイクのナビ用に使った。
右はファーウェイP8で同じく楽天新規加入で980円。何れも買ったときすでに型落ちとなっていたので安かったのである。
PB234364
PB234364 posted by (C)オトジマ

普通にアマゾンで買えばZTEは12000円ほど、P8は20000円ほどもする機種である。
アイフォンを使ったことがないので比較はできないが、両機種とも普通に電話する、ウェブを見る、動画を見るなどの機能で何の問題もなくとても信頼性のある機種だった。厚みも薄くて軽くて持ちやすい。あえていえば安いスマホの通例としてカメラが弱い。

こわれたわけではないがどちらも1年で買い替えた。
もっとカタログ数値の高いものを、ということでギアベストでulephoneを買った。写真の左。5.5インチでメモリーが大きい。しかし重さも重い。1年使っているうちにカメラに影ができるようになった。CCDの問題か。カメラはSONY製というのが売りだが・・・
PB234365
PB234365 posted by (C)オトジマ

最近、NTT系のOCNで新規加入でファーウェイNOVAが1800円というので楽天からOCNに乗り換えて上の写真右のファーウェイを入手。画面は5.8インチというけど縦に長くなっているだけで左の5.5インチより大きいという感じはない。しかしulephoneに比べると断然薄くて軽い。快適に使えている。やはりファーウェイだな。この機種はキャンペーンが済んだ今は16800円に戻っているからとても買い得だった。

妻はスマホ中毒でいわゆるスマホっ首になっているので、大きな画面で見れるように安いタブレットを買うことにした。
そしてアマゾンで10000円ほどの訳のわからんブランドの中華製を購入。まぁ、ウェブを閲覧するにはなんの問題もない。安いなりに音質、カメラの画質は悪い。見た目がチープという難点はあるが、機械音痴の妻には問題ないだろう。
写真の上がそれ。10インチなので大きい。
PB234358
PB234358 posted by (C)オトジマ

それをみて、私も10インチタブレッが欲しくなった。アマゾンファイアの7インチを持っているがOSが独自なのでアンドロイド系アプリが入れられない難点がある。それまたアマゾンのキャンペーンで数年前に4000円ほどで買ったもの。
アマゾンでタブレットを検索すると低価格で信頼性があり品質的にもレベルが高い、というとファーウェイの独壇場である。20000円ほどでLTE付きの機種を購入。上の写真の下。下の写真の上。

PB234363
PB234363 posted by (C)オトジマ

旅に持っていきナビにも使えるようにデータ専用SIMを入れてある。ラインを使えば音声電話もできる。
下のスマホが5.8インチのファーウェイNOVAだからナビの画面は断然大きい。

毎日使っているが、家ではスマホを使わなくなったのでスマホの電池が減らなくなった。2万円でこんな高品質のタブレットが買えるなんてファーウェイは素晴らしい。トランプが止めようとしたって無理なんじゃないかな。

ファーウェイは元来は通信機器の地上装置の会社だが携帯でも急成長している。今世界3位であるが、すでにアップルの背中は見えてきたし、サムスンだって遠からず追い越して世界一になる日も遠くないだろう。ZTEはアメリカ市場依存度が高かったのでアメリカの制裁で経営危機に陥ったが、ファーウェイは世界市場で満遍なく強いからトランプにいじめられても応えないだろう。それにしてもスマホの世界市場で日本ブランドの影も形もないのがさみしいが。

j神角寺と神角寺渓谷

今からしばらく忙しいので今年の紅葉の見納めに大分方面に出かけた。
100㎞圏内には岡城や普賢寺や用作公園など紅葉の名所はいくつかあり、毎年のように行っているので、今回は豊後大野市の神角寺に行ってみるか。神角寺には春に行ったことあるが、秋はないので紅葉があるのかどうか知らないが。

駐車場にある柿の木
PB144211
PB144211 posted by (C)オトジマ

サザンカが見事であるが写真にとると今一つ。とにかく雲が多いのが残念
PB144213
PB144213 posted by (C)オトジマ

寺の裏の展望台から南を望む。
PB144217
PB144217 posted by (C)オトジマ

PB144222
PB144222 posted by (C)オトジマ

モミジはほとんど落ち葉。日が陰った
PB144223
PB144223 posted by (C)オトジマ

PB144228
PB144228 posted by (C)オトジマ

88か所めぐりがあるが、コースがよくわからない。順路を示してくれると回ってみるのであるが。
PB144232
PB144232 posted by (C)オトジマ

神角寺から北に下ると神角寺渓谷がある。小さな川の流域である。
PB144248
PB144248 posted by (C)オトジマ

よく見ると小さなモミジの木がたくさん植えてある。おそらく20年もしたらかなりの紅葉の名所になるのではないか。
見物に来てる人に話すと、「それまで生きてますかね?」と。同感である。
PB144257
PB144257 posted by (C)オトジマ

渓谷だからあまり陽が差さない。
PB144259
PB144259 posted by (C)オトジマ

由布岳がチョコンと頭を出して見える。
PB144266
PB144266 posted by (C)オトジマ

城原八幡のそば、城原小学校横のモミジの名所、松原公園に行く。
PB144281
PB144281 posted by (C)オトジマ

PB144277
PB144277 posted by (C)オトジマ

写真で撮るとそこそこ美しいが、ここのベストを知っている者からすると、今年の紅葉は今一つかな。
PB144286
PB144286 posted by (C)オトジマ

まだ緑の木が残っているので来週ごろはもっといいかも。
PB144288
PB144288 posted by (C)オトジマ

PB144291
PB144291 posted by (C)オトジマ

PB144302
PB144302 posted by (C)オトジマ

PB144298
PB144298 posted by (C)オトジマ

PB144304
PB144304 posted by (C)オトジマ

城原八幡にも参拝して、お願い事をする。
PB144331
PB144331 posted by (C)オトジマ

PB144315
PB144315 posted by (C)オトジマ

PB144322
PB144322 posted by (C)オトジマ

PB144324
PB144324 posted by (C)オトジマ

PB144336
PB144336 posted by (C)オトジマ

神社前から祖母山能面を望む
PB144334
PB144334 posted by (C)オトジマ

大入島オルレ

快晴の日曜に大入島オルレを歩いてみる。
orule saiki


島にはフェリーと高速船と二つの方法がある。前回は車で渡り島を一周した。一周20㎞ほどあって海岸沿いに車道がある。
PB043918
PB043918 posted by (C)オトジマ

今回は歩くので、佐伯港から高速船に乗って島に渡る。200円。
PB043919
PB043919 posted by (C)オトジマ

対岸は佐伯市。高い山は彦岳。
PB043923
PB043923 posted by (C)オトジマ

船着き場にはのぼり旗が、オルレに来た人を迎える。オルレで島に金が落ちるのか疑問ではあるが。
PB044004
PB044004 posted by (C)オトジマ

杖がいっぱいあるので1本借りる。結局杖がいるほどには険しくはなかったのだが。
PB044001
PB044001 posted by (C)オトジマ

島の真ん中にある堀切の食彩館から北に向かって歩き始める。
PB043921
PB043921 posted by (C)オトジマ

PB043924
PB043924 posted by (C)オトジマ

ここでは車道ではなく、あえて集落の中の路地を歩くようなコースになっている。
PB043925
PB043925 posted by (C)オトジマ

PB043926
PB043926 posted by (C)オトジマ

島を出た家族が碑を建てている。空き家が多い。残っているのは老人ばかりというのは山間部と同じ。
PB043927
PB043927 posted by (C)オトジマ

恵比寿神社
PB043929
PB043929 posted by (C)オトジマ

神社の先に船隠という小さな入り江がある。オルレコースのハイライトの一つ。
PB043932
PB043932 posted by (C)オトジマ

入り江は堤防で外海と隔てられる。
PB043936
PB043936 posted by (C)オトジマ

その堤防の上を歩く。右が湾。左は外海とはいっても、そもそも佐伯湾の奥なので波はない。
PB043935
PB043935 posted by (C)オトジマ

そこからは海沿いを歩く。オルレ指定にともなって古い道が再整備されたのではないだろうか。
PB043940
PB043940 posted by (C)オトジマ

ほとんど波うち際
PB043941
PB043941 posted by (C)オトジマ

PB043947
PB043947 posted by (C)オトジマ

ミカン園の中も通る
PB043943
PB043943 posted by (C)オトジマ

コース北端の高松の船着き場。ここから南に折り返して山道に入る。
PB043953
PB043953 posted by (C)オトジマ

賀茂神社で一休み。
PB043954
PB043954 posted by (C)オトジマ

神社を過ぎると登りとなる。海岸から標高差170mほどを登るのでややきつい。
PB043959
PB043959 posted by (C)オトジマ

ツワの花が盛りだ
PB043967
PB043967 posted by (C)オトジマ

山頂に「空の展望所」があるはずだが見当たらない。 わからないまま下ると下り道の途中にそれがあった。
ヒオウギガイに願い事を書いている。
PB043969
PB043969 posted by (C)オトジマ

鶴御崎や大島が見える。
PB043970
PB043970 posted by (C)オトジマ

水平線に四国が見えるはずだが・・・・・
PB043972
PB043972 posted by (C)オトジマ

登りはキツイ坂だが下りはダラダラ坂である。逆に回ったほうが楽かも。
PB043976
PB043976 posted by (C)オトジマ

段々畑のあと。昔は人口3000人で島中段々畑だったそうだ。現在の人口は700人とか。
PB043978
PB043978 posted by (C)オトジマ

ここにも伊能忠敬が来ている。昔は日本全国弘法大師と永六輔が行っていないところはない、と言われたものだが、伊能の方が確実に行ってるだろう。最近は火野正平もそれに加わるか。
PB043982
PB043982 posted by (C)オトジマ

下りきったところが島の東岸の白浜でそこから西岸の堀切へはトンネルがある。島のくびれたところなので幅は200mくらいしかない。
PB043983
PB043983 posted by (C)オトジマ

今回はコースの南半分の遠見山は登らないのでいちおうここで終了であるが、出発地の堀切に着いたところで、高速船が汽笛を鳴らして出向してしまった。船は1時間に1本なので1時間待つ羽目になってしまった。
PB043993
PB043993 posted by (C)オトジマ

なんでも佐伯市はオーストラリアのグラッドストン市と姉妹都市らしくて、オーストラリアにちなんだ木が植えられている。コアラの食べるユーカリもある。
PB043990
PB043990 posted by (C)オトジマ

この木はネジのように渦巻いた幹が不思議なスノーツリー。
PB043997
PB043997 posted by (C)オトジマ

PB043998
PB043998 posted by (C)オトジマ

日没を見ながら島を去る。
PB044014
PB044014 posted by (C)オトジマ

人口激減の離島にこんなウォーキングコースを作るというのは島に活気を取り戻すのには多少の効果があるかもしれない。船で乗り合わせた島のバアチャンたちは「オルレの来たの?」と聞いてきた。人口が減るとフェリーの維持も大変だが、観光客が来れば一助ともなる。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR