台風一過

昨夜から荒れた台風18号は夕方になると突然静かになった。門川でも五十鈴川の水位が上がって避難勧告が出ていた。
五十鈴川を見に行ってみる。小園の堰のあたり。すごい水位だ。堰は水没して全く見えない。
IMG_20170917_164939
IMG_20170917_164939 posted by (C)オトジマ

小園堰を上流側から見る。水流にやや段が見える。
IMG_20170917_165303
IMG_20170917_165303 posted by (C)オトジマ

分蔵橋から下流側。
IMG_20170917_164956
IMG_20170917_164956 posted by (C)オトジマ

小松の水田はまったく水没
IMG_20170917_165535
IMG_20170917_165535 posted by (C)オトジマ

ここには沈下橋があるのだが全体が沈下していて全く見えない。
IMG_20170917_165732
IMG_20170917_165732 posted by (C)オトジマ

分蔵の農道も水没。
IMG_20170917_170354
IMG_20170917_170354 posted by (C)オトジマ

五十鈴川の日豊線鉄橋
IMG_20170917_171114
IMG_20170917_171114 posted by (C)オトジマ

細島で。細島にはヤシの木の並木が多いが、これが台風の後で問題を起こす。
P9175070
P9175070 posted by (C)オトジマ

道路にはヤシの葉柄(ようへい)がたくさん落下している。
P9175071
P9175071 posted by (C)オトジマ

こんなにデカイのでタイヤで踏んで通過するわけにもいかない。
P9175072
P9175072 posted by (C)オトジマ

米の山で。もう青空が出た。
P9175082
P9175082 posted by (C)オトジマ

米の山からお倉ヶ浜を見下ろす。まだ波は高い。
P9175086
P9175086 posted by (C)オトジマ

伊勢ケ浜。日没になった。
P9175101
P9175101 posted by (C)オトジマ

若いライダーたちが自撮りしている
P9175113
P9175113 posted by (C)オトジマ

日之影 男淵の清流

地域の中学校はほどんど運動会。快晴である。
気温は高いので泳ぎに行くことにした。
数年前に泳いだ日之影川の男淵に行くことにした。

日之影川 熊本ナンバーの若者たちが泳いでいる
P9105026
P9105026 posted by (C)オトジマ

上から見ると超キレイ。飛び込みたい!
P9105025
P9105025 posted by (C)オトジマ

これが男淵(おぶち) 
P9105027
P9105027 posted by (C)オトジマ

人道がかかっている。今はウォーキングコースのトロッコ道のための橋であるが、かつては生活道路だった。
P9105029
P9105029 posted by (C)オトジマ

P9105030
P9105030 posted by (C)オトジマ

キレイだ。いよいよ飛び込んでみる。魚がたくさん。
P9105031
P9105031 posted by (C)オトジマ

これが水中。今一つ驚くような透明度ではない。北川の小川の方がややマシかな。
2016_0130_135717_002
2016_0130_135717_002 posted by (C)オトジマ

これが動画


男淵s

秋の気配

家の前に崖があってハゼが生えている。そのハゼがすでに紅葉している。ハゼの紅葉は遅くて12月になるものであるが、えらく早い。たぶん8月に雨がなかったせいだろう。
P9042541
P9042541 posted by (C)オトジマ

P9042543
P9042543 posted by (C)オトジマ

お倉ヶ浜の松原で
P9064976
P9064976 posted by (C)オトジマ

延岡植物園ではすでに実が黒く実っている
P9074986
P9074986 posted by (C)オトジマ

沖田川のハマボウの花は済んでいる。カモがたくさんいる。
P9072549
P9072549 posted by (C)オトジマ

P9072547
P9072547 posted by (C)オトジマ

北方の三椪小学校に行ってみた。数年前、閉校寸前に子供たちが運動会の練習をしているのを見たことがある。
わずかな数の子供たちの応援練習はなにか物悲しかった。
P9074995
P9074995 posted by (C)オトジマ

これは4年前、子どもたちが運動会の練習中。
P9058739
P9058739 posted by (C)オトジマ

センダンの大木。110年ほどの樹齢。根回り5.7m。小学校は歴史を終えてもこの木は残る。
P9074994
P9074994 posted by (C)オトジマ

閉校の碑。3年前の閉校。
P9074997
P9074997 posted by (C)オトジマ

最後の生徒は19名。
P9074996
P9074996 posted by (C)オトジマ

今日はあまりにも青空だったので鏡山に行ってみた。
P9085017
P9085017 posted by (C)オトジマ

今一つクリアでない。水平線がおぼろ。
P9084998
P9084998 posted by (C)オトジマ

こんな絶景なのに誰もいない。
P9085011
P9085011 posted by (C)オトジマ

そこらじゅうウサギのフンばかりだから、夜はウサギたちが大勢繰り出しているものと思われる。月見には絶好のポイント。
P9085009
P9085009 posted by (C)オトジマ

P9085015
P9085015 posted by (C)オトジマ

熊野江海水浴場にも人っ子ひとりいない。
P9085020
P9085020 posted by (C)オトジマ

今はもう秋、誰もいない海・・・・・・・・。トワエモアを思い出すのであった
P9085022
P9085022 posted by (C)オトジマ

秋が来た

9月になったとたんに涼しくなった。台風も本土に接近中。
お倉ヶ浜では大波でサーファーが大喜びかな? と思ったら・・・・・
サーファーゼロだった。波は大きいがすぐ崩れる。
P8312532
P8312532 posted by (C)オトジマ

しばらく海を見ていた二人組は突然来た大波でパニック。200波に1波くらい巨大な波が来たりするものだ。
P8312524
P8312524 posted by (C)オトジマ

沖をRoRo船の大王丸が行く。細島に寄港する。
P8312538
P8312538 posted by (C)オトジマ

お倉ヶ浜は9月中一般の立ち入りが制限されるとか。なんでもサーフィンの国際大会があるとかで、仮設会場が建設される。
okuragahama2.jpg

18歳以下のサーフィン国際大会。大きな大会のようだ。来てみよう。

雲も秋の雲
P8224948
P8224948 posted by (C)オトジマ

遠見山から延岡方面
P9014958
P9014958 posted by (C)オトジマ

遠見山から門川方面
P9014962
P9014962 posted by (C)オトジマ

中村防災ダムのそばではヒマワリが満開。見る人もいないような奥地である。もったいない。
P8292520
P8292520 posted by (C)オトジマ

P8292523
P8292523 posted by (C)オトジマ

ナミヤ雑貨店の奇蹟

朝鮮日報のコラムを読んでいたら、韓国で最も売れた日本人作家の本は、韓国で特に人気のある村上春樹の作品かと思いきや、実は東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」だそうだ。コラムは東野は一日に税金を100万円納めている、と驚嘆していた。韓国のウォンはおおむね円の100倍だから一日1億ウォンということになる。韓国の新聞はなんでもすぐ金の話に持っていく。

namiya 1

それはともかく、東野圭吾なんてかなり昔に読んだきり最近全然知らない。もちろんベストセラー作家であり、ドラマや映画の原作になっていることは知っているが、そうであればこそ読んでみたくなくなるという、アマノジャク傾向があるから読んでない。しかし、韓国でそんなに売れているのはどうしたもんだろう、と気になったので読んでみた。

結論的に言えばメチャメチャ面白い。売れてる作歌の作品にはハズレがないということか。アマゾンレビューを見ても、東野作品の中でももっとも面白い部類に入るようなレビューが多い。

これはミステリーやアクション系でもなく、シリアス系でも全然ない。タイムスリップの要素もあるからSF的なのかなという予断もあったが、全くSF的な要素はない。現代のおとぎ話的なハートウォーミングストーリーと言えばいいか。

以下ネタバレあり。
チンピラの若者たちが空き家に逃げ込む。空き家であるがシャッターの郵便受けに手紙が投げ込まれる。悩み相談の手紙である。若者は面白半分に返事を書く。すぐにその返事が来る。またその返答を書く。・・・・実はそのナミヤ雑貨店は商売外で手紙で人々の悩み相談に乗っていたことがあった。不思議な現象で40年前の過去の相談が今ここに投函されているのだ。チンピラたちは40年間の歴史をすでに知っているという強みを生かして返事を書く。それが過去を生きた人々に奇跡を起こし、悩みを相談した数名の人物たちの相互と、チンピラたちとの数奇なつながりが明らかになっていく・・・・・・。
ナミヤ雑貨店の奇蹟-s

東野は1958年生で私よりやや下で、物語の背景となる時代は東野や私の青春と重なるからおなじみのものだ。だから結構年配者でも楽しめるだろう。物語は都合のいい偶然の重なるご都合主義ばかりではあるが、ファンタジーと思えば楽しく読める。

この本については朝鮮日報で見た以外になんの予備知識もなかったが、なんとこのほど映画化が成り、9月から公開だという。今からひと月ほどはテレビでさんざんその名を聞くことになるだろう。

豪華な俳優陣。
namiya 4

予告編を見ると面白そうな・・・・・・


プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR