北薩摩 盛夏

鹿児島県は旧国でいうと薩摩と大隅であるが、その境目が難しい。錦江湾北端の霧島市、昔の国分、加治木の鹿児島空港あたりから東が大隅になる。薩摩の北東端あたりが姶良市、そこに蒲生麓がある。蒲生(かもう)は日本一の巨木という蒲生八幡の大楠が名所である。麓だから武家屋敷街もあるが、暑さに負けて街歩きはしなかった。

蒲生八幡。参拝者だか観光客だか人出が多い。若い人が多いところを見るとパワースポットか。
P7162179
P7162179 posted by (C)オトジマ

立派な神社である
P7162162
P7162162 posted by (C)オトジマ

あれが例の大楠
P7162160
P7162160 posted by (C)オトジマ

確かに見事な大楠である。上の枝はかなり伐られている。
P7162175
P7162175 posted by (C)オトジマ

樹齢約1,500年、根周り33.5メートル、高さ約30メートルで日本一の巨木だとか。
P7162170
P7162170 posted by (C)オトジマ

P7162168
P7162168 posted by (C)オトジマ

ウロを塞いでいる。中には8畳ほどの空洞があるとか。立派に住めそうだ。トトロがいるのか。
P7162164
P7162164 posted by (C)オトジマ

蒲生から遠からず、入来麓の近くに藺牟田池がある。火山活動による堰止湖で、火口湖ではないらしいが、かなり高い所にある。
P7172492
P7172492 posted by (C)オトジマ

えらく水がきたない。茶色に濁っていて白鳥がかわいそう。これは池に泥炭層が蓄積していることによるもの。
P7172497
P7172497 posted by (C)オトジマ

北海道では湿地によくあるが、こんな暖地で泥炭層が形成されるのは珍しいそうだ。
P7172499
P7172499 posted by (C)オトジマ

この池は湖沼のライフサイクルでは晩期にあたり、湖底には堆積物が厚くたまり、広い湿地として尾瀬ヶ原のようになるのも遠くないらしい。池の西岸は広い泥炭地になっている。浮島もあちこちに散らばる。かなり浅い。
P7172500
P7172500 posted by (C)オトジマ

正面の山が飯盛山。標高432m。山頂は広場になっている。
P7172501
P7172501 posted by (C)オトジマ

ホテルや民有地や畑もあるが、池はまるごと公園になっているようだ。いかんせんあの水では泳げない。
P7172503
P7172503 posted by (C)オトジマ

湖畔にステキな家が建っている。無人の廃屋のようだ。
P7172506
P7172506 posted by (C)オトジマ

建て主はかなりセンスが良さそう。
P7172507
P7172507 posted by (C)オトジマ

塀の中は樹木が生い茂っている。もったいない。
P7172510
P7172510 posted by (C)オトジマ

ともかく暑い薩摩の旅であった。往復700㎞。

ZTE

原付で遠出するとき、スマホのカーナビソフト、あるいはグーグルマップを利用する。

ところがカーナビソフトは液晶がつきっぱなしで電池の消耗が早い。完全に電池がなくなるのは不安になるのでやむをえずカーナビソフトを切ることになる。とても不便である。

まぁ、スマホの電池容量がそもそも大きければいいのであるが、スマホはおいそれと変えられない。スマホは新規契約なら格安だが、普通に買うとけっこう高い。そこで、新たに原付用スマホを新規契約することにした。

私が使っている格安SIMの楽天モバイルの場合、通話付きSIMでデータ3GBの場合月1600円。しかし、カーナビ用ならデータ通信のみで、それも通信速度が最低のベーシックプラン525円。新規契約でスマホ本体も安く買える。楽天セールで980円のZTEブレイドを購入。性能はまったくベーシック。RAM1GB, ROM 8GB, Android5.・・・。まぁ、ナビだけと思えば十分だろう。
img_feature_01.png


左は去年買ったHUAWEIP8.これも980円だったが十分な性能。右が今度買ったZTEブレイド。両方とも普及品の中華スマホである。ZTEはアマゾンで10000円弱の実勢。つかってみると十分通常使用に耐える。
P7022115
P7022115 posted by (C)オトジマ

ZTEはROMが8GBしかない。購入時点ですでにその多くを削除できないシステムアプリや楽天関係アプリに占拠されているので、追加できるアプリに限りがあって、10個も入れれば満杯になる。まぁ、安いので割り切りが必要。

それを原付に設置するとこうなる。
P7024777
P7024777 posted by (C)オトジマ

ベーシックプランで通信速度が最大200kbpsに制限されているから、追従性はどうかな、と思ったが、原付で走行する分には全く問題ない。数万円するバイク専用ナビを買うよりはよっぽど経済的ではないだろうか。おまけにスマホだからふだんは通話以外のインターネット視聴に使える。車でも歩行中でもナビとして使えるのはもちろんである。通信費は年に6300円。
P7024780
P7024780 posted by (C)オトジマ

梅雨の細島で

梅雨のひぬまに細島でウォーキング。港の駅に車を置いてスタート。
P6292110
P6292110 posted by (C)オトジマ

おなじみの妙国寺で。
P6292071
P6292071 posted by (C)オトジマ

P6292073
P6292073 posted by (C)オトジマ

ヒギリ。毎年ここでヒギリを見る。
P6292076
P6292076 posted by (C)オトジマ

P6292080
P6292080 posted by (C)オトジマ

本堂にウチワ太鼓がたくさん。日蓮宗はウチワ太鼓をたたいて勤行する。
P6292075
P6292075 posted by (C)オトジマ

官軍墓地を見下ろす。
P6292082
P6292082 posted by (C)オトジマ

双子? 犬の双子は普通だな・・・・
P6292092
P6292092 posted by (C)オトジマ

豚の双子ではなく、玄関先の置物
P6292106
P6292106 posted by (C)オトジマ

花の中の優雅なカマキリ
P6292103
P6292103 posted by (C)オトジマ

”細島シークレットガーデン”(私の勝手な呼称)ではアジサイが満開。
P6292098
P6292098 posted by (C)オトジマ

P6292095
P6292095 posted by (C)オトジマ

細島小のプール。泳いだら気持ちよさそう。
P6292099
P6292099 posted by (C)オトジマ

椎茸問屋の川長物産の倉庫。ここでガレージセールをやっていた。
P6292109
P6292109 posted by (C)オトジマ

無料でお持ち下さい、とある。
P6292111
P6292111 posted by (C)オトジマ

この大きな箕を貰って帰った。椎茸乾燥や選別に使っていたものか。ご主人の話では昭和30年頃のものだとか。
P6292112
P6292112 posted by (C)オトジマ

細島港には最近クルーズ船来航が多い。Mr.Max近辺をウロウロ歩く中国人を見かけると寄港している証拠。
P6131911
P6131911 posted by (C)オトジマ

P6131913
P6131913 posted by (C)オトジマ

P6131916
P6131916 posted by (C)オトジマ

バーゴ。いわゆる乙女座であるが、中国語では処女星。そのままだ。台湾の船らしい。
P6131917
P6131917 posted by (C)オトジマ

ナッソーと記載があるので船籍はバハマ。カリブ海とは縁のなさそうな船だ。
P6131920
P6131920 posted by (C)オトジマ

P6131921
P6131921 posted by (C)オトジマ

中国木材

都農から国富にかけて広域農道を走るとやたらと丸太を積んだトラックに出会う。行く先はどれも日向方面である。
空き地にすごい量の丸太を積み上げた集積場も見かける。

そういえば山でも伐採地が多いような・・・・・・。高千穂で
P5110719
P5110719 posted by (C)オトジマ

やはりトラックの行く先は細島の中国木材でした。
IMG_20170516_150900
IMG_20170516_150900 posted by (C)オトジマ

丸太の集積
IMG_20170516_150819
IMG_20170516_150819 posted by (C)オトジマ

空から見るといかに巨大かがわかる。中国木材のホームページより。
hososima.jpg


中国木材遠景。とても広い。
IMG_20170516_150044
IMG_20170516_150044 posted by (C)オトジマ

コチラに工場の完成予定鳥瞰図がある。 それぞれの工場アイコンをクリックすると工場内部の様子がわかって面白い。

すごい量の製材板が積んである。自然乾燥してるんだろうね。
IMG_20170516_144839
IMG_20170516_144839 posted by (C)オトジマ

IMG_20170516_144603
IMG_20170516_144603 posted by (C)オトジマ

桁違いの量だ。細島の地場の製材所とは全く趣を異にする。こんなに杉板の需要があるんか?
IMG_20170516_144802
IMG_20170516_144802 posted by (C)オトジマ

製材工場のなかにバイオマス発電所がある。
IMG_20170516_150037
IMG_20170516_150037 posted by (C)オトジマ

発電所。あれだけの丸太を製材すればすさまじい量の端材が出るから燃料には困らない。
IMG_20170516_145139
IMG_20170516_145139 posted by (C)オトジマ

スギ丸太の皮。燃料になるようだ。
IMG_20170516_145334
IMG_20170516_145334 posted by (C)オトジマ

この調子で杉の需要があれば、伐採が進んで山の風景も変わるだろう。

Eye em

世の中SNSばやり。フェイスブックやツイッター・・・・。実は私はフェイスブックもツイッターもそれが始まって日本ではまだ一般化してなかったころにすでにアカウントを取っている。まぁ、いろいろ事情があってほとんど投稿していないが。

若い女性の間ではインスタグラムが流行している。これは写真を一枚投稿するだけでコメントもなくてもOKだが、こってりとした内容を盛るには不適。操作もいとも簡単で、スマホからの投稿専用である。しかし、見てみたらわかるが、とかく若い女性の食い物の写真やや、加工された顔写真ばかり。あまり年配者が割って入る雰囲気がない。
insta
insta posted by (C)オトジマ

しかし、利用法はある。写真俳句、写真短歌には持ってこいだろうとおもう。盛んに投稿している人もいる。

そこで、もっと大人でも利用できるものはないか、と探すとちょうどいいものがある。「Eye em」である。
やはり写真投稿アプリであるが、ドイツ生まれらしい。PC版では日本語バージョンはなさそうだ。すべて英語での表記だから、簡単な英語を読むことをいとう人には不適かも。
eyeem 1
eyeem 1 posted by (C)オトジマ

スマホ版ではある程度日本語表示があるが、やはり英語主体である。
P5110667
P5110667 posted by (C)オトジマ

見てみるとインスタグラムと異なり圧倒的に風景写真が多い。絶景の写真ばかりで、クオリティも高い。ほんとにその人が撮ってるの?という疑問が湧くくらいすごい写真も多い。まぁ、ネット上のどこかからパクってきてもバレはしないだろう。

eyeemが面白いのは投稿した写真を売るシステムがあること。アップロードしたらそのままマーケットに出されるということでもないが、手続きを踏めばとにかく国際的に売れる可能性があるということ。
写真は国際的な写真トレードで有名なゲッティが売買してくれるという。買う方はおよそ9000円ほどで購入するが、売る方には500円しか支払われないとか。えらくギャップがあるが、ズブの素人の写真が売れるというのなら500円でも御の字だ。ホントに売れてるのかどうかはよくわからないが、ネット上には「売れた」、というレポートもある。まぁ、アフリシエイト広告でもおいそれとは収入は得られないんだがら、似たようなものだろう。

国際的な反応があるのも楽しい。アップロードするとほとんど直ちに世界中から「いいね」が寄せられる。どういうシステムになっているんだか知らないが。ということで、過去に取った写真を次つぎとアップロードしているところだ。
eyeem 2
eyeem 2 posted by (C)オトジマ



プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR