靴箱を自作

玄関に家を建ててから35年間も鎮座している靴箱がいかにも昭和感をかもしている。
まぁ、そのままでも不都合はないが、いっちょ自作してみるか。
IMG_20180624_110121
IMG_20180624_110121 posted by (C)オトジマ

とにかく金をかけたくないので手持ちの端材でなんとか工夫することにする。
金具の蝶番とマグネット留め具だけは1000円ほどで購入。

おおきな杉板の荒材があったので寸法にカット。ベニヤ板はカビの生えた端材があった。
IMG_20180624_110055
IMG_20180624_110055 posted by (C)オトジマ

電動カンナも普通のカンナもまともなものはないので、荒材のまま使用する。サンダーをかけてごまかす。
IMG_20180624_114835
IMG_20180624_114835 posted by (C)オトジマ

苦心惨憺の末、なんとかスクリューネジで組み立てた。端材の寄せ集めだから材質も色も厚みもマチマチ。
IMG_20180625_172152
IMG_20180625_172152 posted by (C)オトジマ

フタは本当に曲りなりにもムク板で作ったが、中板はコンパネ。外から見えないのでよしとする。
IMG_20180625_172212
IMG_20180625_172212 posted by (C)オトジマ

最後に水性塗料で塗りたくってボロをかくす
IMG_20180627_114453
IMG_20180627_114453 posted by (C)オトジマ

スリッパや靴を入れてみた。30㎝以上の大足は入らない。
IMG_20180627_114618
IMG_20180627_114618 posted by (C)オトジマ

角にサンダーをかけてエイジングする。これで荒材でも成り立つようになる。実は板のソリがひどくてあちこち立て付けが悪いが、なんとか実用には耐えるようになっている。引き戸だったものを開き戸にしたので奥行きが7㎝ほど引っ込んだ。狭い玄関がやや広くなった。
IMG_20180627_114252
IMG_20180627_114252 posted by (C)オトジマ

新築なった日向市役所

このほど日向市役所が新築されたので見物してみた。延岡市役所も新しくなったし、門川役場も新築工事が始まる。

外装が全面杉板で覆われているのが特徴。西側の旧庁舎側。
P5118785
P5118785 posted by (C)オトジマ

北に面した玄関。
P5118799
P5118799 posted by (C)オトジマ

東側
P5118788
P5118788 posted by (C)オトジマ

メチャキレイ。
P5118786
P5118786 posted by (C)オトジマ

P5118789
P5118789 posted by (C)オトジマ

壁にはコンクリートが見えないように杉板が隙間なく張られている。今はキレイだが・・・・・・
P5118787
P5118787 posted by (C)オトジマ

屋外の建物周囲はいわばウッドデッキになっている。雨ざらしだ。果たしてどのくらい耐用年数があるんだろう?
P5118800
P5118800 posted by (C)オトジマ

見るからに薄っぺらなパネル。5年後どうなる?
P5118802
P5118802 posted by (C)オトジマ

P5118803
P5118803 posted by (C)オトジマ

一階フロア。市民対応の窓口が並ぶ。スッキリと見晴らしがいい。
P5118794
P5118794 posted by (C)オトジマ

相談室。個室でこんなのがいくつも並んでいる。
P5118793
P5118793 posted by (C)オトジマ

トイレ回りもウッディ。
P5118792
P5118792 posted by (C)オトジマ

P5118796
P5118796 posted by (C)オトジマ

サイン類はすべてオレンジ色で統一される。各受付が「~のこと」となっているのが面白い。最近のトレンドかな?
P5118795
P5118795 posted by (C)オトジマ

どこもスッキリしているが、そのうち物であふれかえるようになるのでは?
P5118797
P5118797 posted by (C)オトジマ

玄関にはランがたくさん。お義理のお祝いはランと相場が決まっている。
P5118798
P5118798 posted by (C)オトジマ

基本はコンクリート打ち放しでそれに杉板パネルを張り付けて木質感を出している。公共建築に地元産の木材を使うのは全国的トレンドだとか。とりわけ宮崎県は全国有数の林業県であるし。
P5118804
P5118804 posted by (C)オトジマ

隣接する旧庁舎。おもわず廃虚か?と見紛う。まだ引っ越し中なので使用中である。
P5118805
P5118805 posted by (C)オトジマ

新品と並べると、よくこんなキタナイ建物で仕事してたな。古くなっても味や貫禄が出ない建築。たった築40年で廃虚。
P5118806
P5118806 posted by (C)オトジマ

一見の価値ある建築である。田舎ではこんな大きなビルが建つことはめったにないし、ビジネスライクではなく、こだわりが感じられる珍しい例。しかし経年変化が気になる。宮崎県庁などは古くなるほどに味わい深くなっているが、これはどうなんだろう?

白カブこと株四郎の息子の小株四郎で見学記念。
P5118807
P5118807 posted by (C)オトジマ

キャンプツーリングの準備

連休前半はどうやら天気がよさそうであるから、2泊3日でカブでキャンプツーリングに行ってみよう。

去年はスズキバーディで行ったが、今年はカブ110にしたことだし、ちょっと工夫してみよう。
テントやシュラフなどシートなどかさばるものを積む工夫をする。RVボックスに詰め込めなくはないが、
他に何も持っていけないので、外に積む工夫がいる。

まず、ダイソーに行って40㎝角の金網を買ってきた。
IMG_20180426_135332
IMG_20180426_135332 posted by (C)オトジマ

それを折り曲げる。簡単に曲がる。
P4268239
P4268239 posted by (C)オトジマ

ダイソーのアルミの針金で荷台に固定する。
P4268245
P4268245 posted by (C)オトジマ

好みでもっと長い金網を使ってもいいだろう。なにせ100円の製品だから重量物には向かない。
P4268244
P4268244 posted by (C)オトジマ

シートやテントの骨を積んだところ。
P4268240
P4268240 posted by (C)オトジマ

固定するのは長さ20㎝ほどの固定フック付きのゴムひも。ダイソーには20㎝、25㎝、30㎝と3種類それぞれ3本入りがある。便利。
P4268243
P4268243 posted by (C)オトジマ

荷台の両側に同じものを取り付ける。
P4268242
P4268242 posted by (C)オトジマ

RVボックスの中にはシュラフや携行缶やカメラなど。
IMG_20180426_155006
IMG_20180426_155006 posted by (C)オトジマ

試しにこれで細島を走行してみると・・・・
IMG_20180426_141715
IMG_20180426_141715 posted by (C)オトジマ

御鉾ヶ浦で自転車旅の青年と出会った。話を聞くと、徳島から出発で日本一周だとか。仕事をやめて、期限を決めない気ままな旅だ。もちろん野宿旅。「この公園でキャンプしても大丈夫ですかね?」と言ってた。まぁ、ここらじゃ誰も文句言うまい。いいなぁ。私のカブを見て、あなたも日本一周ですか?と聞かれる。私も行きたいのはやまやまではあるが・・・・
IMG_20180426_142526
IMG_20180426_142526 posted by (C)オトジマ

IMG_20180426_143427
IMG_20180426_143427 posted by (C)オトジマ

日向高校の生徒たちが大勢歩いている。今日は新学期恒例の紺青ウォーキングであった。全校生徒で日向岬を20㎞ほど歩いて根性をきたえるウォーキングだ。昔でいえば遠足だね。
教え子たちが多数いるので気づいたj女子生徒達から次々と「せんせーーい‼」と声をかけられた。
IMG_20180426_145228
IMG_20180426_145228 posted by (C)オトジマ

次に日向市街地の国道10号線でいかにも旅の僧といういで立ちの人が歩いているので呼び止めて話を聞いた。
日本一周ですか?と聞くと、「まぁ、そんなところですが、あなたも旅の途中ですか?」とカブのキャンプ装備を見る。
なかなか面白い方だったので、写真を撮ってインスタに載せていいですか?と聞くと、どうもネットは苦手で、あまり世間に知られたくないので写真を撮るのは構わないけれど、ネットにアップロードしないでくれ、ということなので写真はとらなかった。
ブログもツイッターもインスタもしないという。あくまで修行のための旅らしい。

うろ覚えでイラストを描くとこんな風だったかな?杖を持っていたかどうか怪しい。
旅の僧s

歳の頃は40代くらいに見えた。身分は一応出家らしい。出身は愛知だが、岡山から歩き旅を始めている。寺が岡山なのか。
岡山からスタートし四国を回って九州に渡り鹿児島まで行って今度は北上中という。厳冬期は四国で野宿をしていたとう。とても寒かったがなんとかなるもんですよ、と。とにかくつらくはない、楽しくて充実しているとか。種田山頭火みたいなものか。

昔は門付けというか托鉢で回る旅の僧がいたものである。私が子供の頃にはまだいた。深編笠をかぶり尺八を持った虚無僧である。子ども心には怖かった。家の前で鈴(りん)を鳴らして経を上げて施しをもらう。母が弁当箱にご飯を入れていた記憶がある。今ではそんなことはしないらしい。お金がかかるでしょう、と聞くと食うだけですからそんなにかかりませんよ、という。今夜、家に泊っていきませんか?と誘うと丁重に断られた。たぶんそれでは修行にならないからだろう。

いろんな人が日本縦断の旅をしてるんだなぁ。そうえいばこないだ北川の市棚の川で出合った自転車日本縦断のドイツ人一家にその二日後、臼杵市街地で会った。車で追い越しざま、声をかけたので長話はできなかったが、私のことを思い出してくれた。一日30㎞くらいのペースだ。

日本は縦断するのにほどよいスケールの国なんではないだろうか。ロシアを歩いて横断とか中国を一周とかはおいそれとはできないだろうが、鹿児島から北海道まで3000㎞というのは挑戦しがいはあるが、不可能ではない距離。これがオランダとか韓国では端から端まで500㎞もないくらいだから物足りない。




自転車世界周遊のドイツ人家族

カブで国道10号線、北川町市棚近辺を北上していると、路肩になにやら見かけない複雑な機械が止めてある。バイクならぬトライク。
荷物がたくさんあるところを見ると旅行者か? 
IMG_20180420_131224
IMG_20180420_131224 posted by (C)オトジマ

下の沈下橋に降りてみると、外人の家族が水遊びをしている。
P4208132
P4208132 posted by (C)オトジマ

P4208127
P4208127 posted by (C)オトジマ

さては延岡あたりのALTか?ALTなら日本語OKだろう、と思って「どこから?」と聞くと「Please, English」という。「From where?」 なんとドイツからという。「Very beautiful river, and very good day!」と川を差す。子どもたちは丸裸で泳いでいる。
P4208129
P4208129 posted by (C)オトジマ

それも4か月かけて日本縦断する途中。沖縄から北上してきたという。まぁ、昨今そんな外国人旅行者もいるだろうけど、驚くべきは彼らは2歳ほどと5歳ほどの幼児を連れているのである。ありえねー!
IMG_20180420_134327
IMG_20180420_134327 posted by (C)オトジマ

この時すでに2時半頃。市棚から宗太郎峠を越えて街のある佐伯まで50㎞ほどはコンビニもなく人家も稀な山中である。
その夜、どこで泊まったのだろうか? たぶん野営だろうが、子どもたちは大丈夫なんだろうか?ともかくすごいサバリバルファミリーである。

私のブログに書くことを了承してもらい、お名前を聞き、ネットアクセス先も聞いた。是非、今後の旅の様子をフォローさせていただきたかったのであるが、ネットにアクセスする手段を持ってないからブログを当面更新できない、という。つまりスマホやノートパソコンなしでこの無謀な旅行をしているということ。ナビもないマップもない、電話もない、日本語は話せない、田舎では老人ばかりだから英語は通じない、ということ。

名前はティム・ホールマン氏。Tim Hollman. 検索するとホームページがある。ブログはココ
長文の紀行文が並ぶが、ドイツ語なのでおいそれとは読めない。グーグル翻訳で見る以外にない。

どうやら世界中を家族で旅しているようだ。冒険心だけでなくお金もあるようだ。彼のブログから写真を転載する。同じ自転車が見える。髭がないころ。
tim 2s

ロシアに行ってる。シベリア鉄道でロシアを横断し、モンゴルに行っている。
tim4s.jpg

tim 1s

tim3s.jpg

こんな風に自転車を漕いでいる。子供はおんぶしてるんだろうか。
tim5s.jpg

ティムさん、御無事で旅行を継続してください。子供たちが心配だ。
この先、大分方面に北上中です。見かけたら皆さん、サポートしてください。



黄砂

今日は目が悪くなったか、と勘違いするくらい景色がオボロに見えた。
ニュースによれば黄砂とか。あまりにひどいので写真に撮った。
これは我が家から見下ろした門川の町。対岸の遠見半島がうっすらとなっている。
IMG_20180416_170536
IMG_20180416_170536 posted by (C)オトジマ

土々呂の海咲が丘から見た土々呂湾。
IMG_20180416_171852
IMG_20180416_171852 posted by (C)オトジマ

延岡市街方面。愛宕山がやっと見える。可愛岳(えのたけ)はまったく見えない。
IMG_20180416_171847
IMG_20180416_171847 posted by (C)オトジマ

伊形の東九州平田病院すらやっと見えるくらいヒドイ。
IMG_20180416_172021
IMG_20180416_172021 posted by (C)オトジマ

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR