バラが咲いた 2018

今年も我が家にバラが咲いた。
手入れの必要がなくほっとけばじゃんじゃん咲くモッコウバラとナニワイバラではあるが、やはり咲けば美しい。
P4137816
P4137816 posted by (C)オトジマ

P4137850
P4137850 posted by (C)オトジマ

ナニワイバラはあまりの繁殖で巨大化したので半分伐ってしまったので今年はややおとなしい。
P4157911
P4157911 posted by (C)オトジマ


P4137818
P4137818 posted by (C)オトジマ

コデマリもついでに咲いている。
P4137817
P4137817 posted by (C)オトジマ

P4137846
P4137846 posted by (C)オトジマ

屋根の上は白いモッコウバラ。開花が黄色とずれていて、まだ咲かない。
P4137812
P4137812 posted by (C)オトジマ

動画で見ていただいたほうが全体像がわかる。

遠見山のサクラ

ヤマザクラは見頃を過ぎたようだが、遠見山に出かけてみた。牧山のサクラは3分咲きくらいか。昔から門川のサクラの名所であるが、老木が多くて元気がない。
P3227338
P3227338 posted by (C)オトジマ

牧山から門川方面を見ると山肌に白いヤマザクラがいっぱい。
P3227339
P3227339 posted by (C)オトジマ

先日、カンムリウミスズメの観察に行ったビロウ島。ここらのソメイヨシノはまだ二分咲きくらいか。
P3227347
P3227347 posted by (C)オトジマ

ヤマザクラ。今日は四国も見えた。
P3227352
P3227352 posted by (C)オトジマ

P3227351
P3227351 posted by (C)オトジマ

今日は雨上りで空気が澄んでいる。遠く鰐塚山地までくっきり見える。直線で80㎞ほど。
P3227357
P3227357 posted by (C)オトジマ

谷の山にて。背景のブリ見山はピンク色。
IMG_20180322_132126
IMG_20180322_132126 posted by (C)オトジマ

ヤマザクラ
IMG_20180322_132147
IMG_20180322_132147 posted by (C)オトジマ

IMG_20180322_132250
IMG_20180322_132250 posted by (C)オトジマ

とりあえず今年の花見第一弾。
IMG_20180322_132159
IMG_20180322_132159 posted by (C)オトジマ

ところが、遠見山山頂で弁当を食っていると、背後から音もなく近づいて妻の弁当をさらおうとした悪い奴がいる。
P3227342
P3227342 posted by (C)オトジマ

遠見山名物ドロボートンビである。始めから頭上に飛んでいるのに気づいていたから気を付けていたのに一瞬のスキをついて妻のベントーのチクワとメンチカツをかっさらおうとした。プラケースだけ奪って飛んで行ったが残念ながら中身を落としていった。
その後も執拗に頭上で我々を狙っていた。私も以前にレタス巻きを奪われたことがある。

金磯 お御蔵さん

昨日、ビロウ島に行った時に門川湾外から牧山にある巨大な海食洞を見た。
金磯までバイクで15分ほどなので行ってみる。たぶん陸路で近づけるはず。
P3172748
P3172748 posted by (C)オトジマ

牧山から細島方面を見下ろす。伐採で見通しがきいている
P3180735
P3180735 posted by (C)オトジマ

金磯に降りた。あの岬の先端あたりに洞穴がある。
P3180737
P3180737 posted by (C)オトジマ

車道がなくなったところで磯に降りる。ここから洞穴までは500mほどだが、岩場の上り下りが多いので老人や女性にはキツイかも。
P3180739
P3180739 posted by (C)オトジマ

金磯というのはこの色から。鉄を含んだ岩石があり、赤く染まっている。戦時中の資源不足の頃には採鉱されていたとか。
しかし、赤い岩石のところはごく一部だからきわめて小規模な鉱山だったはず。
P3180738
P3180738 posted by (C)オトジマ

P3180740
P3180740 posted by (C)オトジマ

海の中にも鉱脈が伸びている。硫化鉄である。
P3180743
P3180743 posted by (C)オトジマ

ここだけいつも海水も赤く濁っている。
P3180744
P3180744 posted by (C)オトジマ

一部ロープがあるところを見ると祠に行く人があるのか、魚釣りの仕事か
P3180745
P3180745 posted by (C)オトジマ

P3180746
P3180746 posted by (C)オトジマ

磯にはサンゴがいっぱい。付近の海底から打ち上げられている。
P3180767
P3180767 posted by (C)オトジマ

海食洞が見えてきた。
P3180749
P3180749 posted by (C)オトジマ

振り返るとこんなふう。絶壁を壁伝いにいくので怖がりの人には無理かも。
P3180754
P3180754 posted by (C)オトジマ

P3180761
P3180761 posted by (C)オトジマ

祠や鳥居は完全に洞穴内にあるので風雨はかからない。
IMG_20180318_142858
IMG_20180318_142858 posted by (C)オトジマ

巨大な洞穴である。お御蔵さん、と呼ばれる。
IMG_20180318_143022
IMG_20180318_143022 posted by (C)オトジマ

船の上から見たら鉱石を掘ったあとの人工の穴かと思ったが、やはり海食洞である。穴は今の海面から20mほど上にあるので、穴が開いたのはそうとう昔のことだろう。ここらの岩は1400万年前の尾鈴山の火山活動の火砕流堆積物の溶結による石英安山岩だとか。
P3180762
P3180762 posted by (C)オトジマ

お御蔵さん

ビロウ島のカンムリウミスズメ

門川町の主催する「かどがわ知っとく塾」の講座の一環として町の鳥・カンムリウミスズメの観察会があった。
本来なら2月に生息地・繁殖地であるビロウ島に上陸する予定であったが、当日の天候不良で中止になった。
今日は瀬渡し船で洋上のカンムリウミスズメを観察する予定。
瀬渡し船には20名ほどが乗船して出発。

乙島を海側から見る。
IMG_20180317_133027
IMG_20180317_133027 posted by (C)オトジマ

門川を洋上から見ることはなかなかない。
IMG_20180317_133104
IMG_20180317_133104 posted by (C)オトジマ

山肌に白いヤマザクラがチラホラ見える。見頃は来週か。
P3172740
P3172740 posted by (C)オトジマ

冠山や尾鈴山が見える。
P3172760
P3172760 posted by (C)オトジマ

ビロウ島が見えてきた。
P3172759
P3172759 posted by (C)オトジマ

さっそくカンムリウミスズメが見えた。
P3172786
P3172786 posted by (C)オトジマ

10mくらいまでは船を近づけても逃げない。体長25㎝くらいで小さい水鳥だ。一生を海の上で過ごす。陸上に上がるのは産卵・繁殖のときだけ。その繁殖地がこのビロウ島なのだ。
P3172758
P3172758 posted by (C)オトジマ

皆さん写真撮りに熱中。連写しまくり。船がすごく揺れるのでカメラの狙いを定めるのは容易ではない。
IMG_20180317_142231
IMG_20180317_142231 posted by (C)オトジマ

この日は結局この4羽しか見れなかった。うじゃうじゃいるわけではなさそうだ。
P3172803
P3172803 posted by (C)オトジマ

ビロウ島の太平洋側に回ると大きなうねりが打ち寄せるて船がえらく揺れてキャーという叫び声が上がる。
IMG_20180317_140434
IMG_20180317_140434 posted by (C)オトジマ

島にはカモメと釣り人。瀬渡し料金4500円払って来る釣り人がたくさん。
P3172770
P3172770 posted by (C)オトジマ

P3172764
P3172764 posted by (C)オトジマ

これはハクセイ。頭に飾り羽があるのが特徴
IMG_20180118_150420
IMG_20180118_150420 posted by (C)オトジマ

ヒナ。ビロウ島でカラスに襲われ死んでいたものを持ち帰ってハクセイにしたようだ。
IMG_20180118_150428
IMG_20180118_150428 posted by (C)オトジマ

遠見半島
IMG_20180317_142943
IMG_20180317_142943 posted by (C)オトジマ

遠見半島にもヤマザクラが咲き始めている
P3172807
P3172807 posted by (C)オトジマ

これは私の住む住宅地にある一本桜のヤマザクラ。満開。
IMG_20180317_150613
IMG_20180317_150613 posted by (C)オトジマ

P3172809
P3172809 posted by (C)オトジマ

記念にもらった門川町マスコット、カドッピー。
IMG_20180317_233844
IMG_20180317_233844 posted by (C)オトジマ

ひな山

バイクで国道388号西門川を走っていたら「ひな山」の看板。そういえば、三ヶ瀬でそんな行事をやってるって聞いたことあるな。
すかさず三ヶ瀬方面に乗り入れ。山村である。
P3017195
P3017195 posted by (C)オトジマ

営農研修施設で開催中。民家でひっそりやってるのかと思ったらけっこう大ごと。住民総出で歓迎。ぜんざいや甘酒の接待もある。
P3017192
P3017192 posted by (C)オトジマ

展示場に入ってみる。入口からなんだか期待が持てる。
P3017175
P3017175 posted by (C)オトジマ

これが「ひな山」。たいしたことなさそうだが、実際つくるとなると大変。山村ならでは。
P3017181
P3017181 posted by (C)オトジマ

P3017182
P3017182 posted by (C)オトジマ

ひな人形以外にもいろんなものが飾ってある。古い佐土原人形のひな。こんなのがいいなぁ。
P3017176e
P3017176e posted by (C)オトジマ

軍人人形。今じゃありえない人形だ。
P3017177
P3017177 posted by (C)オトジマ

住民から寄せられた五段飾りがいくつも。こんな山村なのに結構立派なひながたくさんある。家は広いから飾るところはいくらでもあるんだろう。
P3017183
P3017183 posted by (C)オトジマ

これは明治時代のひなだとか。
P3017179
P3017179 posted by (C)オトジマ

これも上の人形の所有者と同じ女性の所有する抱き人形。箱入りのままで残っている。貴重品だ。
P3017180
P3017180 posted by (C)オトジマ
P3027210
P3027210 posted by (C)オトジマ

特筆すべきはこの木箱。なんとランドセルである。昭和20年、戦後の物資不足の頃、指物大工だった父親が小学生の娘の為に作ったランドセル。さすがに指物大工だけに薄い板でしっかり作ってある。肩紐は戦時中の銃のヒモの流用だとか。
P3017185
P3017185 posted by (C)オトジマ

幾何学模様も父親が描いたとか。
P3017184
P3017184 posted by (C)オトジマ

昔の教科書はA5版くらいの小型本なので小さなランドセルでことたりたのだろう。
P3017186
P3017186 posted by (C)オトジマ

開催は3月5日まで。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR