この世界の片隅に

昨年のキネマ旬報日本映画ベストワンに選ばれたのはアニメ作品「この世界の片隅に」であった。去年のメガヒット「君の名は」ではなかったのである。映画関係のプロの間では「君の名は」よりも「この世界の片隅に」の方が圧倒的に評価が高かった、といえる。大変遅まきながら延岡の映画館で今上映中なので見に行った。



なにやら戦時中の呉を舞台にしている、くらいしか知らずに、ほとんど予備知識なしで見る。 原作者の漫画家・こうの史代も監督の片渕須直も私には全然おなじみではない。

広島市で生まれた女性「すず」の戦前の子供時代から呉に嫁いだ戦中、終戦を迎えるまでを描く。ほとんどはささいな日常生活の描写である。しかし時代が戦中だけに終盤にはどうしても戦争の様子は描かれる。呉は軍港であるから米軍の執拗な攻撃にさらされる。しかし呉の初空襲は終戦間際の昭和20年3月と意外に遅い。広島は隣町だから原爆も関係してくる。軍人ではない一般市民のすずにも悲劇は襲う。
sekai1 s

原作はこうの史代の雑誌連載マンガである。3巻組でそこそこ長い。アニメ化にあたってはかなり端折った部分もあるようだ。平凡な女性である主人公は嫁いで主婦となるだけだから何も波乱万丈なドラマは起こらない。当時の女性に起こる普通の境遇を淡々と描く。戦前、戦中の様子を丹念に調べてよく描いている。古い広島市街の様子、瀬戸内の漁村、農村のようす。食べ物への執着、かまどで炊事をし、井戸に水汲みに行く、五右衛門風呂のフロを炊く生活。高度経済成長以前の戦後までは見られた生活。かろうじて私の世代まではおぼろな記憶がある。そこらを見るだけでも見ごたえがある。
sekaino2 s

「君の名は」とは全く異なる世界と物語構成である。大人のはずの主人公とその夫は妙に子供っぽく見えて年齢不詳の感があるが、やがて慣れる。主人公「すず」の独白が多用されていて、声優はとぼけた味わいの「のん」が演じる。話は起伏に乏しいのに、2時間たつと彼女の語りが妙に印象に残る。この映画ではのんの評価がとても高いらしい。

片渕監督はこの作品のヒットで監督としての名声を不動のものにした、といえる。原作を読んだときに神様が耳元で「この作品を作れ」とささやいた、と表現している。そして作品を構想していた時NHK朝ドラ「あまちゃん」に出ていた「のん」の声を聴き、また神様が「彼女の声を使え」とささやいた、と語っている。実際にのんが声を演じたのはその3年後のことになる。構想から完成まで6年。息の長い仕事だ。人生くさらずにがんばればどこかで神様がささやいてくれるものなんだな。

予算、スポンサーゼロからスタートし、監督の執念だけで完成させた。このような地味な良心的作品は客を呼べないというのが常識なのに、じわじわと成績を上げ、興収20億を突破したというのは、うれしい誤算だろう。次作にはドンと予算がつくだろう。期待したい。大変な力作である。2度見ると、更に味わいが深いのかもしれないので、機会があればまた見ようと思う。

こちらにNHKによる、監督インタビュー。




屋根をかける人

門井慶喜 「屋根をかける人」

門井は美術関係をテーマにした推理物が得意。最近は建築にも興味があるようだ。
この作品は建築家ヴォーリズがテーマなので手に取ってみた。
ヴォーリズの来日から死ぬまでの来歴が描かれている。
P2148406
P2148406 posted by (C)オトジマ

一昨年、滋賀県の近江八幡を訪れたときヴォーリズを知ったのであるが、幾多の洋館を設計したこととメンソレータムで有名(だった)な近江兄弟社を設立したことくらいだった。ウィキペディアでは一応概略を知ることはできるが、事実の羅列では印象に残らない。こういうふうに物語として構成してもらうと、人物の仕事や人となりが時代的背景に浮き上がってくる。まぁ、あくまでフィクションであるからすべてを事実として受け取ることはできないが、歴史的な事実にはウソはないだろう。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)は日露戦争最中の1905年、25歳の時に来日している。近江八幡の商業学校英語科教師として赴任する。熱心なクリスチャンで海外伝道を志していた。教師をしつつ学生と聖書の研究会を開いた。それがたたって解職。その後、生計のために建築設計に携わる。大学で多少は理科系をかじってはいたが実は建築には全然素人だった。

最初期の建築、福島教会。
Fukushima
Fukushima posted by (C)オトジマ

持ち前のずうずうしさと商人根性で見よう見真似で始めたのである。アメリカからプロの設計家も雇い設計事務所を開設する。キリスト教関係のつてで得た同志社の礼拝堂の施工が成るとそれが実績となって仕事が次々と舞い込む。明治から大正にかけてはキリスト教の再布教期で全国各地で盛んに教会やYMCAが建てられた。宣教師や牧師もアメリカ人が多いから同郷のよしみでヴォーリズに注文する。大繁盛である。むろんカトリックではなくプロテスタント。

同志社
Doshisha
Doshisha posted by (C)オトジマ

実績を積む中でキリスト教関連だけでなく世俗建築も受注できるようになる。大きな顧客がNHK朝ドラ「朝が来た」で有名になった広岡浅子である。この大富豪の自宅・別邸、彼女の経営する大同生命関係のビルディングなど次々と受注。養子であった広岡家当主の妹、子爵令嬢一柳満喜子と結婚する。

大丸心斎橋店。現在はない。惜しまれつつ改築中。この外壁は保存されるそうだ。
DAIMARU
DAIMARU posted by (C)オトジマ

また、アメリカでたまたま会ったメンソレータムの社主から日本でのメンソレータムの販売権を得た。これが万能薬として大ヒット。これまた事業の大きな柱となる。近江兄弟社である。兄弟とはキリスト教用語で同志くらいの意味。私はこの薬の実物を見たことも使ったこともないが。

近江八幡にある一柳記念館。一柳とは帰化したヴォーリズの日本姓である。
P6052414
P6052414 posted by (C)オトジマ

P6052413
P6052413 posted by (C)オトジマ

近江八幡郵便局。
P6052491
P6052491 posted by (C)オトジマ

近江八幡で。来日2年後、1907年建築のアンドリュース記念館。アンドリューズはヴォーリズの友人。
P6052512
P6052512 posted by (C)オトジマ

ドアにヴォーリズ建築第1号、という張り紙が見える。
P6052514
P6052514 posted by (C)オトジマ

アメリカとの戦争が始まるころには老境に至る。
戦中は敵国民としてつらい目にあう。その中で日本に帰化して日本名を名乗るが、仕事もなく軽井沢に籠る。戦後、彼は近衛文麿の依頼を受け、マッカーサーに天皇に神格否定をさせた上で寛大な処分をするよう仲介する。小説によれば実際にはマッカーサーとは面談していないようだ。小説中ではその功で昭和天皇と面会する機会を得ている。1964年に近江八幡で84歳で亡くなっている。

格別面白い本ではないが、ヴォーリズという建築家の数奇な運命を知るには好著。

以前にも書いたが、近江兄弟社は1974年にメンソレータムの商標権を失った。代わってロート製薬がそれを獲得した。さらにロート製薬はアメリカのメンソレータム社を買収して完全に自社ブランドとしている。
Mentholatum s

サバイバルファミリー

矢口史靖監督の作品にはハズレがない。見て絶対に損した気にならない。前作「ウッドジョブ」「ロボジー」については過去記事を参照。

survival8s.jpg

2月に公開されたのが「サバイバルファミリー」である。タイトルだけでもう面白いのが確実な気がする。
全く予備知識なしなので、家族がどこかの島か山の中でサバイバル生活をするのか、と思っていた。
実はまるで異なる。大停電に見舞われた家族がどうそれに対処したか、という物語である。

小日向文世演じるサラリーマン鈴木さん一家。名字からしてありきたりである。
東京のマンションに住み、夫婦と大学生の息子・高校生の娘がいる。
ある朝、目覚めると停電していた。なんとか身じまいをしてそれぞれ会社が学校に行く。
ところが停電は広域で、車も水道も、あらゆるライフラインが切れている。電気的な装置は一切停止しているのである。

会社では仕事にならなくて自宅待機、学校も休講になる。停電は長引き、食料や水の不足に見舞われ、人々は疎開を始める。鈴木一家も妻の実家の鹿児島に疎開しようと羽田空港に自転車で行くが、飛行機も動かない。
一家は自転車で鹿児島を目指すことになる。
20170125_survival0.jpg

アメリカの映画なら役立たずの父親が家族の危機に直面したら、隠し持っていたスーパーパワーを発揮して、難局を突破する、みたいなことになりそうだが、小日向演じる父親は全く役に立たない。つまり観客に近くて身につまされる。

そもそもマスコミやインターネット携帯電話すべてが機能を失っているので一家は外界の大局的な状況を把握するすべがない。映画の視点は常に一家と共にあるので政府の動きや東京電力の動きは観客にもまったくわからない。観客は一家と共に出来する難事に立ち向かうことになる。

静岡県内と想定される町はゴミが散乱し廃墟感が漂う。遠景にコスモス薬品がある。現在東日本にはコスモス薬品はないのでこれも山口県での撮影と思われる。
survival6s.jpg

食料がない、という状況は終戦直後にはあった。スーパーから食品や水やローソクが消えるというのは2011年の大震災直後の首都圏でもあった。そんな状況では金や貴金属は価値をもたなくなってくる。映画の中ではロレックスの100万円の時計を差し出しても米屋は米を1合も売ってくれない。とにかく田舎に行かねば飢え死にすることになる。

一家は車の止まった高速道路を走る。
survival3s.jpg

高速道路ではたくさんの人々が徒歩や自転車やスケボーで郊外や地方を目指している。どこかの高速道路を閉鎖して撮影したようだ。はたして日本でそれが可能か?実は山口県の山口宇部道路を閉鎖して撮影している。看板類はいかにも東名高速らしく差し替えている。山口県が映画撮影に協力していて、映画の半分ほどは山口県でのロケだという。山口特有の黄色いガードレールが映らないよう工夫したとか。

一家は食料が途絶えたとき岡山県の農家に救われる。そこで豚を捕まえる場面。
survival2s.jpg

この場面の撮影も大変だったとか。練習なしの一発勝負で俳優に豚を捕まえさせた。撮影全般に吹き替えやCGなしで俳優に実際にやらせることでリアル感を出している。

すべての電気的な機械類が動かない中で蒸気機関車だけは動いている。SL山口号である。一家は2か月の行軍の末に山口までたどり着き、どういうわけかSL山口号に乗って鹿児島に到着することができた。
170204_ニュース2_1

さすがに桜島を背景にSLが走るシーンはCG合成である。たどり着いた鹿児島の漁村集落での生活はそれまでの苦難に比べれば極楽のようであった。実際の撮影は例によって山口県でなされたようだ。その2年後に世界中を襲った停電は自然に解消する。停電の原因は映画のテーマではない。電気がないという状況で人はどう対処できるか、というのがテーマだ。

一度大震災や原発事故を経験した日本人はこの映画の提起する状況は決して破天荒な話ではない。あの時、東京では計画停電が計画された。私も東京のマンションに住む娘を思いやった。一晩電気がつかないとどうなる?トイレに行くのも大変だ。町の店からはローソクも懐中電灯もカップ麺も姿を消した。
blog_import_5244632482fb2.jpg

3・11直後、日向市のMr.Max日向店でトイレットペーパーを買い占める人。私じゃないよ。
blog_import_5244632e252ef
blog_import_5244632e252ef posted by (C)オトジマ

私が娘に送ったローソクや懐中電灯類。懐中電灯や非常灯ヘッドランプなどが7個も入ってる!!! こんなに送ってどうする?アホか。
blog_import_5244631b0dd46
blog_import_5244631b0dd46 posted by (C)オトジマ

一家は1000㎞に2か月もかかっている。自転車だからそんなにかからないはずだが・・・・。いかなママチャリといえども一日50㎞くらいは稼げるはず。それに私だったら高速道路か、一般国道、すなわち国道1号と2号を走るだろう。しかし一家はえらい田舎道を走って苦難に遭うのがいまひとつ解せないところかな。

若者は1週間くらい風呂なし、着替えなしで野宿できるくらいの練習をしておかないと。
かつて女子中学生達を川にキャンプに連れて行ったら「私毎日シャンプーしなければならないんですけど、どこでするんですか?」と聞いてきた。「せんでいい!! 一晩くらいシャンプーせんでも死にはしない」と怒ったら、こっそり川の中でしていた。「シッコはどこでするんですか?」「ヤブの中でしろ」「無理です」・・・・・・。トイレ専用のテントを一つ用意するはめになった。

娯楽作品として見てもとても面白く、笑えるし、社会派作品としても重要な問題提起をしている。お薦めの映画である。

生頼 範義展Ⅲ

生頼 範義(おおらい のりよし)展Ⅲが宮崎アートセンターで開催中。
いかに偉大なアーチストの回顧展とはいえ、なにせ三度目だから「またか」という感はまぬがれないが、娘が正月休みで帰省しているのを機に娘と見に行くことにした。

PC288127e
PC288127e posted by (C)オトジマ

ここでは顔出し写真みたいに写真撮影可。
PC288124e
PC288124e posted by (C)オトジマ

もう一枚
PC288128e
PC288128e posted by (C)オトジマ

第4展示室は写真撮影可。以前に出品された作品もある。

平井和正の狼男シリーズの表紙絵。正直、平井作品は一冊も読んだことがない。
PC288149e
PC288149e posted by (C)オトジマ

会場の作品なのでガラスに撮影者が映り込んでいる。小松左京「復活の日」より。北氷洋に浮かぶ潜水艦。よく雰囲気が出ている。
PC288138e
PC288138e posted by (C)オトジマ

ほとんどの作品はリキテックスだが、これはパステル。ペン画ももちろん素晴らしいし、本当に道具を選ばない人だ。
PC288141e
PC288141e posted by (C)オトジマ

もっとも生頼らしい軍艦の絵。いつも空がドラマティック。未完成らしいのであるが、どこが未完成なのかわからない。
PC288144e
PC288144e posted by (C)オトジマ

実際には絶対写真が現存しない戦闘場面はイラストレーターの想像力の産物。
PC288145e
PC288145e posted by (C)オトジマ

結論的に言えば、やはり見ればそれだけのことはある、ということ。早川文庫で見ていた表紙絵の原画が何枚も見れてあらためて生頼の才能に感じ入った。

次の2点は図録からの引用。(画質をかなり落としてあります。)

「目標 伊号潜水艦」(アントニー・トルー)。めちゃ面白かった小説。イギリス小説なので日本人は悪役だが面白い。インド洋での日英の争い。美しい南洋の島の入り江に停泊する伊号潜水艦。表紙だけで読みたくなる。
img086ee.jpg

「グッバイミッキーマウス」(レン・デイトン)朝焼けの中にたたずむP-51。無機的な武器にすぎないのになんと美しく情緒に満ちているんだろう。未読なので断言はできないが、小説よりも表紙絵の方がよくできているんじゃないんだろうか。
img087ee.jpg

展覧会場で販売される図録には展示されていない作品も多く含まれている。現在ではアマゾンでも買えるようだ。ただし第1巻は欠品のようで定価2800円に対し1万円以上のプレミアムがついた古書しかない。今回は第3巻までぴったり入る美しい箱が発売されている。1000円ほどするので安くはないが、図録はソフトカバーで腰がないので本立てに立てにくいから箱は便利かも。






オライオン飛行

たまたま図書館で手に取った「オライオン飛行」(高樹のぶ子)を読んでみた。「飛行」の文字に引っかかったのである。「飛行機」の話はなんにつけ興味がある。結論的に言うと、私にはとても面白かった。以下ネタばれあり。

PC138089
PC138089 posted by (C)オトジマ

リンドバーグやサン・デグジュペリ、日本では延岡の後藤勇吉など、飛行士が空の英雄だった時代がある。宮崎駿の「紅の豚」もそんな時代。多くの飛行士が世界各地で長距離飛行の記録に挑んだ。後藤勇吉は太平洋横断飛行に挑もうとしていたが、その練習中に事故を起こし死亡した。

霞ヶ浦で太平洋横断をめざし訓練中のヒコーキ野郎たち。左端が後藤勇吉。
blog_import_5244672a4a4f9
blog_import_5244672a4a4f9 posted by (C)オトジマ

門川海浜公園に立つ後藤勇吉像。ここの尾末湾も後藤が水上機の訓練をした場所。勇吉は延岡の英雄である。
blog_import_52446724ef562
blog_import_52446724ef562 posted by (C)オトジマ

小説の主人公、ジャピーと全く同時代人でライバルであったサン・テグジュペリはパリーサイゴン間の飛行に飛び立って航路を誤りリビアの砂漠に不時着してしまった。彼はそこで例の「星の王子様」に出会ったわけだ。テグジュペリの場合はそれが不幸中の幸いだった。当時の航空界の状況はウィキペディアのココに詳しい。

ジャピーのたどった航路。ゴールは東京羽田。
ジャピー map s

1936年に多額の懸賞金のかかった100時間以内でのフランスから東京への飛行に挑戦した飛行士たちがいた。32歳のフランス人、アンドレ・ジャピーもその一人。彼は夜も寝ずに超人的体力と気力で気象不良の長崎県野母崎上空にたどり着いた。出発から75時間後。当時の金で8億円の賞金と栄誉まであと1000㎞。しかしゴールの羽田に達するには燃料が不足した。そこで福岡の雁ノ巣飛行場で最後の給油をするつもりで航路を北寄りに変更した。福岡の直前の背振山系を越える時、視界不良と高度不足により山頂近くに激突して機体は大破、ジャピーも重症を負い、飛行は失敗した。ドラマはそこからはじまる。
ジャピー map2

ジャピーは地元民に救出され九州大学医学部病院に担ぎ込まれる。空の英雄ジャピーは有名人で当時の世界大国フランス人ということもあり、九大病院あげての手厚い看護と待遇を受ける。ジャピーはケガが完治するまでの数か月を医学部病院と九大の別府温泉病院で過ごす。ここまでは史実。その後はフィクションだろう。小説によれば、その間、一貫して看護にあたったのが担当看護婦の桐谷久美子である。

小説でも出てくる九大病院で看護婦たちと写った写真も実際にある。どれが当時18歳の桐谷久美子なのかと気になるが・・・・
japi4.jpg

英雄に美女とくれば当然恋に落ちる。二人は全く言葉が通じない中で秘密の恋をはぐくむ。しかしこの恋は決して安穏に成就する恋ではなかった。戦争へと向かう国際情勢、フランスの富豪家の息子としがない看護婦、肉体的な交感はできても会話が成り立たない二人。ジャピーは完治してフランスへ帰る。しかし久美子はその時身ごもっていた・・・・・・

こんな歴史の彼方に秘された悲恋話を、現在の時点から、福岡市在住の久美子の子孫にあたる若い娘とジャピーの形見の懐中時計を修理する時計屋の老人が読み解き、謎を解いていく・・・という話である。舞台はほどんど福岡と大分と佐賀。

まったくのフィクションだと思って読み始めたのであるが、試しにジャピーで検索してみると、沢山の記事がでてくる。私は全く知らなかったのであるが、ジャピーの遭難は当時の日本では大ニュースだったらしい。ジャピーが遭難した背振山には記念碑があるし、佐賀県神埼町のホームページにはジャピー遭難の記事がある。 --神埼市観光協会HPより転載--
japi3.jpg

japi2.jpg

ジャピーの乗っていた飛行機、コードロンC631シムーン。シムーンはフランス語で砂漠の熱風を意味し、イタリア語のギブリと同じ。マセラティ・ギブリというイタリア車がある。スタジオジブリのジブリは実は間違っている。VWの車の名前シロッコも同じ熱風の名称である。、コードロンC6314人乗りであるが、ジャピーは燃料積載のため機関員の乗る乗員席をつぶして燃料タンクを増設し、一人で飛行した。
japi.jpg

ジャピー 8

ジャピーの英雄譚は児童書にもなっている。「飛べ! 赤い翼」(ごんどうちあき著 1991年刊 小峰書店)。わりと簡単にジャピーの飛行をなぞり、墜落後、地元で救出にあたった人々や医師の話が主。全編を通しても「オライオン飛行」よりも情報量はずっと少ない。
PC148090
PC148090 posted by (C)オトジマ

さて、小説「オライオン飛行」(オライオンとはいわゆるオリオン座のこと)はジャピーと看護婦・桐谷久美子の切ない恋愛が主題である。ジャピーはほぼ傷が癒えると、別府にある九大の温泉病院に移り、リハビリと温泉治療に励むことになる。ここでは二人は病室ではなく孤立した家を与えられているのでしっかりと愛を育むことができたのである。ここは実在の施設で行ったことがあるので身近に感じられる。
P3231500
P3231500 posted by (C)オトジマ

広大な病院である。敷地のほとんどは森林。
P3231486
P3231486 posted by (C)オトジマ

入口から建物までが遠い。
P3231498
P3231498 posted by (C)オトジマ

鶴見岳が見える。
P3231496
P3231496 posted by (C)オトジマ

市街地の真ん中とは思えないような森の小道。ジャピーと久美子はここを散歩しキスを交わしたのかも。
P3231490
P3231490 posted by (C)オトジマ

ジャピーは帰国後、戦争を生き延びた。ティグジュペリは戦時中はP-38に乗っていて戦死している。戦後は南太平洋の仏領で飛行機に携わり1974年に亡くなった。小説中では久美子も戦後まで生き延びる。その後の二人がどうなったのか、子供がどうなったのかに興味がそそれた方は原作を読んでいただきたい。いかにもロマンティックな悲恋物語である。映画に好適な素材なので映画化されるかも。宮崎駿の「風立ちぬ」も飛行機を交えた悲恋譚である。「紅の豚」と同時代であるからジブリならお手の物。ぜひジブリに作って欲しいな。


プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR