志布志

志布志の観光案内を見ると、安楽社の大クスがある。巨樹は見てみたい。
P4300455
P4300455 posted by (C)オトジマ

でかいが、写真ではスケール感がわからない
P4300456
P4300456 posted by (C)オトジマ

宮司によれば、去年の台風で大枝が何本か折れて枝ぶりがだいぶ寂しくなったそうだ。
P4300457
P4300457 posted by (C)オトジマ

蒲生の大クスが1500年で、これが1300年。全国で10位以内の大クスだという。
P4300466
P4300466 posted by (C)オトジマ

P4300473
P4300473 posted by (C)オトジマ

珍しいものがある。普通は仁王や狛犬があるべきところに、石の随神が。かつて見たことはない。
P4300464
P4300464 posted by (C)オトジマ

P4300459
P4300459 posted by (C)オトジマ

P4300460
P4300460 posted by (C)オトジマ

元禄年間の奉納だからかなり古い。1692年だから約320年前。屋外にあるにしては状態がいい。
P4300458
P4300458 posted by (C)オトジマ

これは随神を納める。普通は楼門の中にあるものだが。
P4300471
P4300471 posted by (C)オトジマ

阿形。宮司の話では外にある石の随神はこの木像をモデルにして作られたとか。それにしてはあまり似てない。
P4300470
P4300470 posted by (C)オトジマ

吽形。袖の形が特徴的。手にしてたはずの武器は見当たらない。失われたか。これが元禄依然というととても保存がいい。着色は近年のものだろうが。
P4300468
P4300468 posted by (C)オトジマ

ありがたい神社であった。宮司からいろいろお話も聞けた。これは安楽山宮神社といって、同じ町内にある田ノ浦山宮神社とセットになっているらしいが、そこまでは行く時間がなかった。
P4300472
P4300472 posted by (C)オトジマ

安楽社からしばらく行くと、志布志の街中に宝満寺がある。全然予備知識はないので何が有難いのやらサッパリ知らない。
駐車場にテントがいっぱい。なにごと???
P4300520
P4300520 posted by (C)オトジマ

舞台もしつらえてある。志布志お釈迦祭り? ははーん、いわゆる花祭りだな。釈迦の誕生日。それにしては盛大。
しかし、まったく人けがない。聞こうにもだれも見当たらない。
P4300521
P4300521 posted by (C)オトジマ

目をむくように豪華なアーチがある。
P4300475
P4300475 posted by (C)オトジマ

造花かと思ってよく見るとなんと生花。それも高価な花ばかり。
P4300477
P4300477 posted by (C)オトジマ

P4300503
P4300503 posted by (C)オトジマ

P4300491
P4300491 posted by (C)オトジマ

境内の中にもすごい花の築山ができている。
P4300481
P4300481 posted by (C)オトジマ

花だけ見てもすごい財力だ。
P4300483
P4300483 posted by (C)オトジマ

ポスターによれば前日がお釈迦祭りだったとか。藤の花で作ったアズマヤ。
P4300488
P4300488 posted by (C)オトジマ

どこにも見事な花ばかりだが、全く見物人がいない。もったいない。
P4300498
P4300498 posted by (C)オトジマ

奈良時代に創建されたという古刹。明治の廃仏毀釈で廃寺になったが昭和になってこの堂が再建されたという。
P4300478
P4300478 posted by (C)オトジマ

本来の堂宇は廃仏毀釈でなくなっているのが残念。明治新政府はアフガニスタンのタリバン同様に文化財の価値を知らない野蛮な政府であった。その本拠地がここ薩摩・大隅であった。岡倉天心やフェノロサがいなかったらもっとひどいことになっていただろう。全国の城がほとんど壊されたのも返す返すも残念だ。
P4300485
P4300485 posted by (C)オトジマ

P4300487
P4300487 posted by (C)オトジマ

P4300495
P4300495 posted by (C)オトジマ

ちょっとした庭園があり、池の上の巨岩を抱くようにクスの巨木が生えている。
P4300514
P4300514 posted by (C)オトジマ

岸壁に何やら祠があるが、立ち入り禁止。崩落のおそれがある。
P4300518
P4300518 posted by (C)オトジマ

P4300517
P4300517 posted by (C)オトジマ

池にはレンガの太鼓橋。珍しい。
P4300516
P4300516 posted by (C)オトジマ

山頭火の句碑がある。どこでもあるなぁ。弘法大師みたいな人だ。昭和5年にここらを歩いている。
家をもたない 秋が ふかうなった   山頭火
P4300506
P4300506 posted by (C)オトジマ

思わぬところでお釈迦様の思し召しで美しい花を見れたありがたい寺であった。

人吉盆地

行橋の「原田侑美術館」で原田の絵、「青蓮寺」を見てから是非この寺に行ってみたい、と思っていた。
img004
img004 posted by (C)オトジマ

人吉盆地は宮崎県境からすぐではあるが、一度も踏み入れたことがない。青蓮寺のある多良木は東西に細長い人吉盆地の東のどんづまりにあるから高速道路で行くよりも、西米良から山越えで行ったほうが近い。西都から国道219号で一ツ瀬川を遡る。

一ツ瀬ダム。九州一の発電能力を持つ。
P3180547
P3180547 posted by (C)オトジマ

一ツ瀬ダムは巨大なダム湖を持つ。今は渇水期。
P3180549
P3180549 posted by (C)オトジマ

西米良村の「かりこぼうず大橋」。木製トラス橋である。杉6000本を使ったとか。
P3180551
P3180551 posted by (C)オトジマ

西米良村中心部の村所。東米良はダム湖に水没した。同じ県内でなあるがはじめてここに来た。生きてる間に再び来ることはないかも。ここからしばらく行くと県境である。
P3180553
P3180553 posted by (C)オトジマ

多良木の青蓮寺に到着。原田の絵からなんとなく人里離れた山の中を想像していたのであるが、県道33号に面した集落の中の開けたところにある。原田の絵のまんま、といえばそのまんまである。寺の屋根には珍しい直線基調のライン。
P3180558
P3180558 posted by (C)オトジマ

茅葺の堂であるところがこの寺の魅力。1443年頃の建立。ただし今の姿は255年前の大修理後の姿だという。ともかく古い由緒ある建築である。建立以来屋根の葺き替えは数十回に及ぶという。
P3180562
P3180562 posted by (C)オトジマ

外から拝んで帰ろう、と思っていたらちょうど待機しておられたボランティアの方が内部を案内してくれた。さらに寺の由緒、人吉盆地の支配者であった相良氏の来歴、阿弥陀仏の詳細までたいへん熱心に解説していただいた。普段は中の阿弥陀三尊は拝観できないがこの連休は公開しているという。鎌倉期の大変繊細な彫。大変有難い像である。
seirenji.jpg

seirenji2ss.jpg

人吉の名所はおおむね青井阿蘇神社と人吉城である。どちらも市の中心部にごく近い。
青井阿蘇神社も茅葺屋根が特徴的である。立派な楼門。藩主相良氏の崇敬を受けてきた。
P3180565
P3180565 posted by (C)オトジマ

拝殿。参拝客や観光客で賑わっていた。
P3180586
P3180586 posted by (C)オトジマ

相良氏の居城、人吉城へ。2万2千石という小藩であるが、城構えはなかなか立派。相良氏は鎌倉時代に駿河相良から地頭着任以来700年間、一貫してこの地を支配し続けた稀な領主である。延岡はその間どれだけ領主が交代したことか。
P3180616
P3180616 posted by (C)オトジマ

P3180588
P3180588 posted by (C)オトジマ

石垣天辺の武者返しは西洋式の築城術で幕末に追加されたとか。
P3180590
P3180590 posted by (C)オトジマ

城の下は球磨川が天然の堀となっている。城は桜がいっぱい。あと10日もすれば花見で賑わうのではないか。
P3180595
P3180595 posted by (C)オトジマ

P3180601
P3180601 posted by (C)オトジマ

P3180600
P3180600 posted by (C)オトジマ

P3180602
P3180602 posted by (C)オトジマ

二の丸跡。杉の木が植えてある。太さからすると明治以降の植林だろう。飫肥城と同じ風景。
P3180603
P3180603 posted by (C)オトジマ

人吉市街。頂上の本丸跡まで行ってみるが、何もない。もともと天守はなかった。
P3180608
P3180608 posted by (C)オトジマ

向山神社の石灯篭

初詣がてらにウォーキングに出かける。神社は全国津々浦々にあるが人情として遠い神社の方が有難い気がする。高千穂の向山神社に行くことにした。高千穂神社や岩戸神社は人出が多すぎる。

丸小野谷から歩き始める。集落から山の上にある神社への参道にあたる道は高千穂オルレのルートともなっている。
P1028280
P1028280 posted by (C)オトジマ

P1028281
P1028281 posted by (C)オトジマ

P1028282
P1028282 posted by (C)オトジマ

一面の茶畑
P1028283
P1028283 posted by (C)オトジマ

野仏に出会うと心がなごむ。
P1028285
P1028285 posted by (C)オトジマ

P1028286
P1028286 posted by (C)オトジマ

オルレのルートは民家の中を貫通している。
P1028288
P1028288 posted by (C)オトジマ

P1028291
P1028291 posted by (C)オトジマ

斜面に茶畑
P1028293
P1028293 posted by (C)オトジマ

P1028294
P1028294 posted by (C)オトジマ

落ち葉が積もっているところを見ると、最近オルレはウォーカーが少ないのかな。途中二組に出会ったが。
P1028298
P1028298 posted by (C)オトジマ

杉の伐採地だけが視界が開けていた。
P1028299
P1028299 posted by (C)オトジマ

鳥居に到着
P1028300
P1028300 posted by (C)オトジマ

仁王がお出迎え
P1028302
P1028302 posted by (C)オトジマ

P1028304
P1028304 posted by (C)オトジマ

素晴らしい仁王である。昔の人にしか彫れないデザインである。
P1028307
P1028307 posted by (C)オトジマ

阿形
P1028310
P1028310 posted by (C)オトジマ

吽形
P1028311
P1028311 posted by (C)オトジマ

神社のありがたみは参道にある。杉の根がいい雰囲気だ。
P1028317
P1028317 posted by (C)オトジマ

参道が長い
P1028315
P1028315 posted by (C)オトジマ

家内安全を祈る
P1028320
P1028320 posted by (C)オトジマ

今回は石灯籠の上に載っている石像に気づいた。向山神社に参ったら石灯籠に注目!
P1028326
P1028326 posted by (C)オトジマ

石灯籠は鳥居から本殿まで10対ほどあるが、そのうち幾対かには七福神などが乗っている。これは何だろうか?
P1028324
P1028324 posted by (C)オトジマ

これは猿のようである。ナゼ?烏帽子をかぶっているので猿回しか延岡の登り猿みたいである。
P1028325
P1028325 posted by (C)オトジマ


P1028327
P1028327 posted by (C)オトジマ

P1028330
P1028330 posted by (C)オトジマ

打ち出の小槌を持ってるから大黒か
P1028332
P1028332 posted by (C)オトジマ

女性に見える。弁天かな。
P1028334
P1028334 posted by (C)オトジマ

頭が長いので福禄寿か。膝が欠けている。どうやら4月の熊本地震で灯篭がいくつか転倒したような形跡がある。
P1028338
P1028338 posted by (C)オトジマ

P1028339
P1028339 posted by (C)オトジマ

P1028343
P1028343 posted by (C)オトジマ

赤い鯛を抱えた恵比須。もともとは真っ赤だったのかも。奉納者名があるが、奉納年記載されてないのでいつのものかわからない。明治か、江戸時代までさかのぼるかも。
P1028346
P1028346 posted by (C)オトジマ

もともとは手水鉢なんではないか。担いだヒョウタンが水盤になっている。
P1028349
P1028349 posted by (C)オトジマ

ここに限らず仁王の背中は手抜き。チマチョゴリ風になっている。
P1028314es
P1028314es posted by (C)オトジマ

楽しい石像たちのいる向山神社であった。

北郷・西郷

上天気の日曜なのでちょっとドライブ。五十鈴川。
PC118017
PC118017 posted by (C)オトジマ

宇納間地蔵へ。2時すぎなのにもう陽がささない。
PC118020
PC118020 posted by (C)オトジマ

全長寺山門
PC118021
PC118021 posted by (C)オトジマ

PC118023
PC118023 posted by (C)オトジマ

全長寺
PC118024
PC118024 posted by (C)オトジマ

地蔵はここから300段ほど石段を上がる。いい運動になる。
PC118028
PC118028 posted by (C)オトジマ

ゼエゼエいって石段を登り切ってもこんな堂があるだけ。
PC118029
PC118029 posted by (C)オトジマ

宇納間の小さな盆地
PC118030
PC118030 posted by (C)オトジマ

寺社にある砲弾型モニュメントは日清・日露戦役の鎮魂碑が多いものだが、これは単なる境内整備の記念碑。
PC118033
PC118033 posted by (C)オトジマ

いつも年末は西郷の林業センターのモミジバフウの紅葉を見に来る。程良い。
PC118085
PC118085 posted by (C)オトジマ

PC118042
PC118042 posted by (C)オトジマ

PC118057
PC118057 posted by (C)オトジマ

黄色い葉も美しい。
PC118052
PC118052 posted by (C)オトジマ

黒くなった葉は裏から日光を透過してみると真っ赤に見える。
PC118069
PC118069 posted by (C)オトジマ

PC118075
PC118075 posted by (C)オトジマ

我が家のボロ車もテレビCMの一場面に見えなくもない。
PC118045
PC118045 posted by (C)オトジマ

三次

三瓶山に行くためには三次で高速を降りる。日が暮れるまで三次をウロウロしてみた。
三次なんて普通は全く縁のない町で、ネットで三次の観光案内を見てもパッとしない町である。
広島県北部の盆地の町。市の真ん中を流れる江川は瀬戸内海ではなく日本海の江津に流れ込む。

市街地には古そうな商店も点在する。
PB047069
PB047069 posted by (C)オトジマ

PB047070
PB047070 posted by (C)オトジマ

PB047071
PB047071 posted by (C)オトジマ

PB047065
PB047065 posted by (C)オトジマ

PB047066
PB047066 posted by (C)オトジマ

PB047067
PB047067 posted by (C)オトジマ

PB047073
PB047073 posted by (C)オトジマ

少し郊外に古そうな寺があるので寄ってみた。
PB047063
PB047063 posted by (C)オトジマ

PB043749
PB043749 posted by (C)オトジマ

鳳源寺(ほうげんじ)臨済宗妙心寺派。三次藩5万石藩主浅野家の菩提寺であった。
PB047062
PB047062 posted by (C)オトジマ

PB047061
PB047061 posted by (C)オトジマ

三次市街地を見下ろす
PB043747
PB043747 posted by (C)オトジマ

PB047052
PB047052 posted by (C)オトジマ

PB043737
PB043737 posted by (C)オトジマ

モミジの木がたくさん。一部が紅葉している。これは1週間前だから今はずっと紅葉が増していると思う。
PB043746
PB043746 posted by (C)オトジマ

PB047059
PB047059 posted by (C)オトジマ

PB043739
PB043739 posted by (C)オトジマ

赤穂四十七士を祀る祠、義士堂がある。兵庫県の海辺の赤穂とはずいぶん離れているが・・・・・・
PB047046
PB047046 posted by (C)オトジマ

この女性は浅野内匠頭の妻、阿久利姫。彼女は三次藩藩主浅野長治の娘。ここから赤穂藩に嫁いだ。阿久利姫は夫・浅野長矩が切腹した後、落飾して瑤泉院と称した。遺髪がこの寺に安置された。そういうわけでここは赤穂浪士に関連がある訳だ。実家と嫁ぎ先が同姓なのは赤穂も三次も広島藩浅野家の分家だから。
PB047049
PB047049 posted by (C)オトジマ

PB047048
PB047048 posted by (C)オトジマ

PB047050
PB047050 posted by (C)オトジマ

三次の観光案内を見ると「奥田元宋美術館」というのがある。
PB047083
PB047083 posted by (C)オトジマ

奥田元宋は日本画家。そういえば見たことあるな。
g-yush.gif

季節柄、紅葉の絵が並ぶ。山岳と滝がテーマだったようだ。しかし、実際の山岳や紅葉の素晴らしさは絵では再現できないんではないだろうか。いまひとつ感銘を受けない大作群であった。
g-shuken.jpg

奥田元宋の妻は奥田小由女 。人形作家であり、彼女の作品の展示室もある。文化勲章受賞者のご主人の添え物か、とも思ったが、見てみるとなかなかの物である。訪問者は実は奥さんの人形に感銘を受けるんではないだろうか。
s-hanamichi.jpg

かわいい日本人形か、ビスクドールなんかじゃないかと思っていたら意外な人形だった。けっこう大きい。
s-aitenshin.jpg

この美術館はここに映る満月が名所らしい。満月の日には夜間開場しているとか。
PB047077
PB047077 posted by (C)オトジマ

山の斜面に建つが、奥田の絵のようなモミジはなく、ヒノキ林に囲まれる。
PB047079
PB047079 posted by (C)オトジマ

なんと前日まで上村松園展をやっていて、この時は片付け作業をしていた。知っていたら前日来てたのに!残念!
PB047081
PB047081 posted by (C)オトジマ


プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR