ハイセンス

テニスの4大大会、オーストラリア・オープンが始まった。時差がないので昼間見れる。
今朝は朝9時から錦織の緒戦だというのでうっかり見始めたら、なんと4時間近い試合になってしまい、ずっとテレビの前に釘付け。テニスを見始めると大変だ。ウィンブルドンなんかは夜中になるのでとても最後までつきあいきれない。

試合はノーシードのロシア選手クズネツォフに錦織が大苦戦したものの、何とか勝った。

それはさておき、オーストラリアオープンで気になるのは背後の広告。例年この大会ではメーンスポンサーがKIAである。韓国の自動車メーカーで現代自動車の子会社でいわばトヨタ・ダイハツみたいな関係。しかしダイハツと異なり世界展開する有力ブランドである。現代の廉価版というところか。オーストラリアオープンのKIAに関しては以前に書いた。  コチラに過去記事
P1168368
P1168368 posted by (C)オトジマ

コートは四周をLEDの表示看板で囲まれていて、随時表示が変化するが、最もテレビに映る両エンド側はKIAでほぼ固定。
左右のサイド側はおおむねエミレーツやハイセンスが交互に表示されているようだ。

錦織
P1168381
P1168381 posted by (C)オトジマ

エミレーツは中東の航空会社、ハイセンスは中国の電器メーカーである。KIAの韓国と言い、新興国の企業の勢いが感じられる。一時代前には世界中で威張っていたソニーやトヨタなどの日本企業はえらく影が薄くなっている。

そもそも、このオーストラリアオープンのメーン会場となっているメルボルンのスタジアムが命名権で「ハイセンスアリーナ」になってしまっているのである。以前はボーダフォンアリーナだったのがハイセンスにとって変わられた。

メルボルンのハイセンスアリーナ
Hisense-Arena-700x450.jpg

多くの日本人には「ハイセンス」ブランドはまだなじみが薄いか、安かろう悪かろうの粗悪品くらいに思われているのではないだろうか。しかし、今やテレビを中心とした家電品では世界的に日本ブランドは影が薄く、サムスンやLGといった韓国ブランドに席巻されていた。そこに最近は中国メーカーがOEMではなく自分のブランドで浸透しつつある。

実は・・・・・・
錦織の対戦相手クズネツォフの背後にもハイセンスがあるが、テレビの枠の下端にあるHisenseブランドに注意!!
P1168374
P1168374 posted by (C)オトジマ

なにを隠そう、我が家のテレビがそのハイセンスなのである。アマゾンで検索すると「海信」といういかにも中華風なブランドでも表示される。

2011年にアナログから地デジへの切り替えがあり、全国民的にテレビを買い替えて、シャープやパナソニックが大儲けしたのはついこないだ。そのシャープが地デジ特需の宴の後、あっという間に経営が傾いたのは周知のとおり。

それはさておき、我が家もその時、薄型テレビに買い替えた。当時はまだプラズマか液晶どちらが優位か、と言われた頃で、我が家は理論的に黒の再現性が優れているはずのプラズマを買った。日立の43型で当時ヤマダ電機で17万円ほどした。その後、すぐにプラズマは進化する液晶との勝負に敗れ廃れてしまった。私の見通しはいつも甘い。

それからたった6年で我が家の日立WOOははじの10㎝ほどが映らなくなった。内臓録画機構にも不具合が生じたので買い替えることにした。信頼できるはずの日本製が6年で壊れるのであるから、もう日本製でなくともいいんではないか?Mr.Maxの店頭で50型の2K・Hisenseが6万円ほどで買える。4KでもHisenseなら43型で6万円ほど。でも4K放送は2020年頃かららしいので2Kで十分。

妻はPanasonicとかSHARPなどの信頼あるブランドがいいんではないか?と不安がったがそれは盲目的な国産信仰。数か月経過するが、ハイセンスはなかなかよろしい。なんの不満もない。アメリカで不当に高い日本ブランド家電が駆逐されてしまったのも無理はない。中華家電あなどれず。じつは昨年冷蔵庫も壊れてしまい、ヤマダ電機で検討した結果、コスパに優れたハイアールにしたのである。これまた中華家電の有力ブランド。これまた省エネで実に具合がよろしい。

さらに我が家の中華ブランド。
一昨年、Lenovoのスマホを買った。それにOCNの格安SIMを挿して使用した。lenovo916 s

北京直送のLenovoは5.5インチの大画面で価格を考えればまずまずの性能であったが、たくさんの怪しい中華アプリを削除できないのが鬱陶しかった。同じころ、妻には楽天モバイルから格安通話SIMとHUAWEI(ファーウェイ)のスマホをセットで買った。acend s
 
Huawei Acend620 という機種。楽天では10000円ほど。アマゾンで15000円ほど。とくに特筆する性能はないが、何一つ不満もない初心者にはとてもまっとうなスマホで、超ITオンチの妻もこれにはなじんで大変愛用している。1年たってみてHuaweiというブランドは信頼できるブランドだと確信した。そこで私もHuaweiに機種変更することにした。

楽天モバイルのWeb広告を毎日監視していたら、 Huawei P8 lite が980円で買えるキャンペーンがあったので速購入。当時アマゾンでは20000円以上はした機種である。後継機種が出て現在は20000円を切っている。SIMもOCNから楽天に切り替え。MNP手数料を負担しても十分安い買い物である。
P1058360
P1058360 posted by (C)オトジマ

ひと月使ってみた結論は、なかなか良い。楽天モバイルからの購入なので怪しいアプリは全然はいってないし、性能的には何の不満もない。厚みも薄くてデザインもグッド。最近、国際的にもHuaweiの躍進は素晴らしく、ブランド別販売量で世界3位となっているが、遠からずサムスンやアイフォンを追い越すのではないだろうか。とても日本ブランドのスマホには質・量ともに太刀打ちできそうもない。


セウォル号とポセイドン

韓国の旅客船セウォル号の遭難から1週間が経つ。日に日に死亡者が確認されていくが生存者の報はない。水中の暗闇で飲まず食わずに1週間以上生きるのはほぼ不可能だろうが、一縷の望みをかけて救出作業が続く。

事故当初は逆さまに転覆したわけだからうまくすれば船内に空気だまりができてそこに生存者が残っているのではないかと期待された。そんな例は日本でもある。

まず思い出したのは映画「ポセイドンアドベンチャー」(1972年アメリカ)。
パニック映画のはしりとなった大スペクタクル映画。日本でも大ヒットした。
私は大阪・梅田OS劇場のシネラマ大画面で見たので印象深い。
51DbbCHxq+L.jpg


クルーズ客船のポセイドンが地中海を航海している。ちょうど大晦日の夜で船内の乗客はカウントダウンパーティに興じている。そこに巨大津波がやってきて船は転覆する。天地が逆になって浸水が起こりパニックとなった船内で大方の乗客と船員が命を落とす中で、勇敢な神父に率いられた数名が苦難の末に救出される。最後は海上に沈み残った船底に穴を開けて救出されたと記憶している。セウォル号の場合は転覆して、完全水没しているのでやや異なる。船底に穴を開けることも検討されたが、残った空気が漏れてしまい、水が浸入するので生存者がいた場合を考えて実現しなかった。

知らなかったのであるが、これは何度も映画化、ドラマ化されている。
これは1972年版の予告編。楽しげなパーティが突然パニックに・・


2006年版の予告編


隣国の大事故なので日本でも関心が高い。この手の事故はフィリピンやインドネシアあたりでもちょくちょく聞くが、日本ではあまり詳報されない。安全基準がいいかんげんな発展途上国ならさもありなん、ということだ。しかし韓国はすでに先進国の域に達しているから、「なぜこんな信じられない事故が?」ということになる。事故原因は過積載やズサンな貨物固定、未熟な操縦、さらに事故後の船員たちの乗客無視の対応など、ほとんど人災。

朝鮮日報から
2014041602060_thumb.jpg


朝鮮日報電子版で事故関連記事を毎日読んでいると、「先進国」という言葉がよく出てくる。「こんな後進国型の巨大事故を起こすようでは韓国は先進国として恥ずかしい」とか「携帯電話世界最先端の韓国でなぜこんなズサンな事故が?!」とか。韓国のマスコミ論調はつねに韓国の自尊と自嘲を揺れ動く。強烈な愛国心あればこそ。他の国ではあまり見られない光景なのではないか?「世界一の造船大国がなぜ日本の中古船を使っているのか?」という記事もある。ここにも自尊と自嘲がある。日本では奄美大島航路で18年も使われた中古フェリーだったが韓国では最大最豪華な客船だったのである。

日本では9年前のJR福知山線脱線事故が思い出される。これもまったく人災だった。批判は運転士に無謀なスピードを強いたJR西の管理体制に向けられたが、「国の恥さらし」という世論はなかったように思う。「あまりに時間に細かすぎる余裕のない国民性」が論じられたことはあるが、「PUNCTUAL」は反省されるどころか、いよいよ日本の鉄道の美点として語られることの方が多い。

今回の事故は高校生の被害者が多いだけにより悲劇的。一挙に300名の若者が死ぬなんてそうあるものではない。韓国では国の方針で修学旅行が中止された。そもそも修学旅行というのも日本的な風習で日本統治時代の名残だろうからやめたほうがいいのかも。ガクランはとうに廃止された。昔から「克日」が国是の韓国である。ニュースを見ていて奇異に感じたのは学生たちのメガネ。韓国にはえらくメガネの若者が多いが、それが皆が皆、驚くような大きなクロブチ眼鏡なのである。ほとんど四角いトンボめがね。童顔に巨大なクロブチなのでまるでアラレちゃん状態。それが流行なんだろうが、流行は流行の圏外から見ると奇異にしか見えない、という典型である。

KPOPに詳しくないのでこの人物がだれなのか知らないが、高校生たちのメガネはこれよりもっと大きい。
eruga2_convert_20110112100001.jpg

朝鮮日報では興味深い関連記事を見た。コチラ
セウォル号のセウォルとは漢字では「世越」と記し、世界を超越するという意味らしい。そもそもこの船会社のオーナーは新興宗教の教組だという。会社幹部はすべてその宗教団体信者でオーナーは社員に自分のことを「アヘ」と呼ばせるが、それはヤハウェ、あるいはエホバ、すなわちキリスト教・ユダヤ教の唯一神の名である。教義的には根本主義派キリスト教系のようだ。韓国はキリスト教が盛んで聖書根本主義的な福音派が多い。霊感商法で悪名高い統一教会も韓国生まれである。金儲けと宗教には熱心でも船の安全管理には徹底的に手を抜いた船会社に神の恩寵はなかった。フィクション中の人物とはいえ自分の命を賭して他の乗客を救ったポセイドン号の英雄的神父とは同じ神を信じながらエライ違いである。

ウィンブルドン現象

ウィンブルドンの時期がやってきた。昨夜、テレビで森田あゆみとガイドソバの対戦を見た。日本選手が勝てる試合は見てて素直に面白い。今回は予選・本戦合わせて日本選手が13人出場しているそうである。日本のテニスファンにとっては錦織の試合がメーンイベントになるだろう。今夜の錦織も相手が格下なのでストレート勝ち。

下:錦織-ククシュキン(カザフスタン)戦より


それはともかく、ウィンブルドン現象という言葉がある。
ウィキペディアからそのまま引用すると・・・

20-50クラブ???

20-50クラブという耳慣れぬ言葉が最近韓国系メディアに頻出する。

初めて聞いたのは最近の朝鮮日報電子版。このほど韓国の人口が5000万人を突破し、一人当たりGDPも今年2万ドルを突破したことから、韓国が大国の指標である「20-50クラブ」に入ることができた、つまり韓国が世界中にたった7カ国しかない先進大国として世界中に認知された、という誇らしげな記事である。本日6月23日付けではこの続報として『韓国の「20-50クラブ」入り、周辺国が羨望の視線』、『「20-50クラブ」脱落の危機に直面する韓国』という記事が見える。本日のYahooトピックスでは「韓国の人口5000万人突破」と言う記事で朝鮮日報の関連記事を紹介している。

下:朝鮮日報記事 (クリックで拡大で詳細、さらにクリック)


私はヨン様現象が巻き起こった8年ほど前からずっと朝鮮日報電子版の日本語版を愛読している。そこで気付くのは韓国人のランキング好き。年がら年中さまざまな指標による世界ランキングを作り、韓国が何位だ、と大騒ぎするのである。実は高度経済成長期やバブル期の日本にもそんな風潮があった。やれGNP世界2位になった、とか造船世界1位だとか、自動車生産がアメリカを追い越したとか。昨今では日本はすっかり内向きになってだれもそんなことは気にしなくなった。まぁ、大人になったということ。老大国のフランス人やイギリス人はそんなこと気にしないだろう。韓国はまだそんなことばかり気にしてる訳だから国家も国民も若い。

そんな韓国が言う20-50クラブという指標だからどうせ韓国人が創作したものだろうと思って気にもかけなかったのであるが、Yahooトピックスでも見かけたので、おや? 私が知らないだけで世界的に知られている指標なのかな?と気になった。そこで調べてみると、Googleで検索したかぎりは最近の韓国系メディアの発した情報以外にほとんど見かけない、という結果。つまり韓国人以外は知らない、あるいは一般にはほとんど知られていない言葉だということ。

20-50(一人当たりGDP 20,000ドル、つまり20サウザンド、人口50,000,000人、つまり50ミリオンで20-50)というのがたまたまちょうど今年韓国が達成する数字なので、これを持ってきたようだ。別に、10-40、30-60、40-100とか何でも良さそうである。たとえば現在では韓国人が騒ぐ「20-50クラブ」には、アメリカ・日本・ドイツ・イギリス・フランス・イタリア・韓国が該当するが、これをより所得の高い30-50クラブとすると、韓国だけがはずれる。やはり韓国中心の恣意的な指標のようである。

しかし、朝鮮日報が言うように植民地レベルから出発して伝統的な世界の列強、米英仏独日に追いつこうかという「20-50」水準に到達した例は韓国以外になく、今後も当分現れそうにない、というのは確かであるから驚くべきことなのかもしれない。台湾の発展度合いは韓国レベルであるが、人口が現状の2000万から5000万になることは考えられない。次の20-50の可能性があるのはスペイン、ロシア、ブラジルか。スペインは20-50どころか30-50のレベルであるが、人口がまだ400万ほど足りない。とにかく人口5000万人という枷があると可能性のある国は限られるのでこんな奇妙な指標は広く使われることはないだろう。

下:単純に一人当たりGDPの多い順。

資料:社会実情データ図録より

面白いのでいろいろと試してみた。

世界の人口ランキングを見ると1000万以上の国が約80カ国ある。東京都よりは少ないが、神奈川県や大阪府よりは多いのでそこそこの国であるから20-10クラブのグラフにしてみた。一挙に少なくなる。シンガポールやブルネイ、ホンコン、カタールなどのアジアの都市国家がいなくなる。


人口を東京都+埼玉県クラスの2000万人にすると20-20クラブ。このほうが語呂がいい。日本の順番がどんどん上がる。


所得を最先進国レベルの4万ドルにすると 40-50クラブ。たった4カ国になった。日本てこんなに豊かだったの?? 多分に円高のおかげ。購買力平価を加味すると日本の順位はドーンと下がるのが実情。


今度は人口を1億以上に限る40-100クラブ。これを20-100にしても結果は同じである。こうやってみると日本は韓国に比べるととんでもない先進国であることがわかる。それにしては日本は韓国に比べ元気がないなぁ。人口が2倍半あるからGDPで逆転は考えられないが、一人当たりGDPではそのうち逆転する可能性は多分にありそうだ。


まぁ、多くの日本人にとっては20-50クラブなんて興味のない話ではある。しかし朝鮮日報を読んでちょっと驚いたのは、世界で初めてこの20-50ラインに到達した国はアメリカでもドイツでもなく、なーーんと日本なのである!! ちょうどバブルの頃の1987年であるが、当時はそんな話題は聞いたこともなかった。なにせ日本の人口は長年1億人台を保っているわけだからそんな奇妙な指標が問題になるわけはないのである。いずれにせよ、日本関連の否定的情報が大好きな韓国マスコミではあるが、20-50クラブという概念を持ち出せば、この輝かしい到達点に初めて到達した国があろうことか大嫌いな日本であったという、いささか不愉快な事実にも触れざるを得ないのであった。


話は変わって、韓国マスコミの直近の話題で聞き捨てならないのは「日本が核武装に向けて法律を整備した」という大ニュース。日本ではそんな重大ニュースは全く聞かないが、韓国マスコミでは既定の事実として普通に語られている。日本は韓国にとって仮想敵国であるから、国防上の重大事というわけである。これは6月20日に国会を通過し成立した「原子力規正委員会設置法案」に「原子力利用についてわが国の安全保障に資する」という文言があることを言っている。

下:朝鮮日報記事 (クリックで拡大で詳細、さらにクリック)


日本国内では現在消費税法案の行方で大騒ぎであり、朝日新聞を見ても核武装関連の記事は見当たらない。「赤旗」ではさすがに法案通過の前後にそれぞれ市田書記局長の談話を載せているが、消費税関連記事と比べると小さい扱いだ。この法案は「原発の半永久的稼動に道を開くものである」、という重大問題があるという点を重視しており、「安全保障に資する」という点については触れてはいるが付けたし的。「核武装化」を懸念する共産党の本気度はほとんどない、と考えていいだろう。だいたい安保条約に縛られている限りアメリカがそれを許す訳がないじゃないか。

韓国で最大手の新聞である朝鮮日報でも、日本関連のニュースではこの手の曲解は珍しくない。またこの記事にも見られるようにセンセーショナルな見出しに釣られて読むと本文は単なる憶測というパターンも多い。東京からの距離で言うと韓国も九州も似たようなものであるのにナゼに韓国では日本に関するいい加減な情報がまことしやかに語られるのか不思議である。台湾や中国ではもっとヒドイかもしれないが。いわゆるクォリティペーパーという類がない国々ではある。

また韓国マスコミは日本関連のニュースソースとして安直にネットから持ってくる悪癖がある。ネット上にはリア充ではないウサバラシを韓国・中国罵倒に情熱を傾けて解消するヒマ人がウジャウジャいるが、彼らのたわごとを日本の有力なオピニオンとして紹介することがある。すると「一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う」的に反日感情がさらに醸成されるというわけだ。ひるがえって日本では、少なくとも大手マスコミのNHKや朝日新聞が韓国について悪意や敵意を秘めたトンチンカンな記事を垂れ流しているとは思えない。まぁ、記者達のジャーナリストとしての質的な基準が彼我では違うのかもしれない。

日食ナシ

朝起きると分厚い雲なので日食はあきらめてまた寝た。
近隣でも草川小学校では朝早く登校し学校で日食観察を予定していた。門川中学校のあるクラスでは担任が個人で大枚3万円をはたいてクラス全員分の日食メガネを買ったクラスもあるというから、本当に残念。こればかりはネットで画像や動画を見てもちっとも面白くない。

下:ムダになった198円のメガネと透過光の影を見るために作った穴あき紙。


3年前の7月には部分日食があった。そのときには晴天ではなかったが、雲の合間にチラチラと日食を見ることができた。あの時には今回のようには「目を傷めるから日食メガネを使用するように」、というくどいほどの警告はテレビでもなかったような気がする。当時の写真を引っ張り出してみると私はカラーフィルムのネガで観察している。もしかするとあの時目を傷めたんだろうか??

下:2009年の写真。雲越しだと肉眼でも大丈夫


下:デジカメのレンズの前にカラーネガフィルムを置いて撮影。


下:フライパン返しの影を撮ってみると


下:穴の形が日食の太陽と同じ形になる。


金環食の時にはどんな形の影ができるのか楽しみにしていたんだが・・・・  

ココには早くも素晴らしい画像がたくさん出ている。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR