3月末の花

明日から4月ということで春たけなわ。しかし今日は風が強く寒かった。明日、日曜の花見は少しは暖かくなるだろうか?
地元各所の花々についついシャッターを切りたくなる。

門川神社の裏山を地元篤志家が花園にしようとしている。
菜の花、桃、桜がいっせいに咲き、通りがかる人々も思わず車を止めて写真を撮る。
2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

日向市細島の御鉾ヶ浦公園
2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

牧水歌碑 「ふるさとのお秀が墓に草枯れむ海に向へる彼の岡の上に」お秀とは細島の女性。ココに詳しい。お秀と牧水は恋仲だったのか?
2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

本日、北浦、阿蘇の道の駅近辺。旧国道には桜の老木が並んで花盛りだが、見る人もない。
2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

尻浦展望台から
2012 春
2012 春 posted by (C)オトジマ

薄紅に葉はいちはやく

遠見山にヤマザクラを見に行った。ヤマザクラは満開。ソメイヨシノは咲初めで4月1日の日曜あたりが見頃のようだ。

下:牧山から庵川方面を見下ろす。
遠見山
遠見山 posted by (C)オトジマ

下:門川の背後の唐松山の中腹にもズラリとヤマザクラの白い斑点が並ぶ。
遠見山
遠見山 posted by (C)オトジマ

遠見山
遠見山 posted by (C)オトジマ

下:谷の山側から見た遠見山東斜面。
遠見山
遠見山 posted by (C)オトジマ

下:この木は白い花もさりながら赤い若葉がきれいである。
遠見山
遠見山 posted by (C)オトジマ

若山牧水が「うす紅に葉はいち早く萌えいでて 咲かむとすなり山ざくら花」と歌ったのはこの赤い若葉のことであった。40年前の延岡高校生の頃には気にもかけなかった歌であるが、この歳になってやっと牧水の詠嘆が理解できるようになった。遅すぎ。

下:延岡高校の歌碑

田の原

宮崎市では昨日がサクラの開花宣言であったが、ソメイヨシノの見頃は来週の日曜あたりか。ヤマザクラでも見ようと思い広域農道を日向市方面にドライブに出かけた。

下:高森山のヤマザクラ。
P3251640
P3251640 posted by (C)オトジマ

下:広域農道のループ部にある休憩所で。遠景は日向市内。ここのソメイヨシノはまだまだ。
P3251639
P3251639 posted by (C)オトジマ

下:別の場所ではほぼ満開のソメイヨシノもあった
P3251641
P3251641 posted by (C)オトジマ

下:田の原地区、田の原分校は素敵な建物だが2年前から休校中とか。「いきいき集落」には子供がいなくなっている。
P3251651
P3251651 posted by (C)オトジマ

見事な石垣の田んぼ
P3251653
P3251653 posted by (C)オトジマ

田の原の農産物直売所に、田の原地区を案内する立派なガイドマップがあった。これを見ながら地区内を観光してみる。
(クリック拡大で詳細を見れる)

(クリック拡大で詳細を見れる)


この地図はあまりあてにならない。山道をうろうろしていると小さな集落があちこちにある。「菅原神社」を探したがよくわからなかった。土々呂の霧島神社と同名である「霧島神社」は偶然道端で見つけた。リーフレットに麗々しく紹介されているので壮麗な神社をイメージしていたのであるが、かなり粗末なお宮であった。丸太の鳥居。
P3251645
P3251645 posted by (C)オトジマ

P3251646
P3251646 posted by (C)オトジマ

下:田の原地区の広域にわたって地籍調査中のようで、そこらじゅうに赤いリボンがぶら下がっていて景観を害する。


田の原地区のは「野別」姓が多い。ここに特有の姓である。かつて社会党の国会議員を務めた野別隆俊氏もここの出身ではないか? かつて美々津地域は「野別府」と言われたらしいからそこからきた姓かもしれない。

下:田の原から石波川を下ると遊泳場のそばで高速道路の石波川架橋工事をしていた。
P3251655
P3251655 posted by (C)オトジマ

下:遊泳場の上の橋から上流を望む。高速道路工事がチラッと見える。どうやら遊泳場は工事による破壊を免れたようでよかった。20年前にはよく子供を連れてここに来ていたものだ。
P3251658
P3251658 posted by (C)オトジマ

百町原では田に水を入れている。遠くの日向灘とあいまって不思議な光景。
P3251661
P3251661 posted by (C)オトジマ

沖田ダムのヤマザクラ 2012

去年、沖田ダムのヤマザクラに関して書いたのは3月30日だった。この近所の山のヤマザクラは今が盛りみたいだから、沖田ダムも見頃か、と期待して出かけた。

もうすれ始めたのか、いまから咲くのか判然としないが、真っ白というわけではない。
沖田ダム
沖田ダム posted by (C)オトジマ

沖田ダム
沖田ダム posted by (C)オトジマ

下:去年来た時にはこの木が真っ白だった。
沖田ダム
沖田ダム posted by (C)オトジマ

沖田ダム
沖田ダム posted by (C)オトジマ

下:彼岸が過ぎてヘビも出てきたがいささか寒くて動けない様子。どこかに行かないと車に轢かれるよ。
沖田ダム
沖田ダム posted by (C)オトジマ

4日前に沖田津々良林道を、門川側の津々良から入って沖田ダム500m手前で土砂崩れのためにダムに達することができなかったが、こちら側には「通行止め」のバリケードがある。門川側にはなかった。
沖田ダム
沖田ダム posted by (C)オトジマ

小野の集落の小高い山の中腹に小さな社があった。
灰高天神宮である。(拝高天神宮という幟もあった)
小野
小野 posted by (C)オトジマ

小野
小野 posted by (C)オトジマ

ピンクの桜が遠くから目立つ。社のまわりにたくさん植えてあった。10年もすれば名所になるだろう。
小野
小野 posted by (C)オトジマ

小野
小野 posted by (C)オトジマ

下:正面に愛宕山を見る。
小野
小野 posted by (C)オトジマ

春来たり

彼岸が来て、あたりじゅうに春の芽吹きが。
歳をとるごとに春の訪れがうれしくなってきた。
ありきたりの風景に思わずシャッターを切る。

下:ツクシの群落。ツクシってこんなに密集してたんだっけ?
12春
12春 posted by (C)オトジマ
下:門川神社の菜の花。桜はまだまだ。
12春
12春 posted by (C)オトジマ

下:宮崎市の総合文化公園のサクラ。満開なのでたぶんヤマザクラ。3月21日現在ソメイヨシノはまだ全く咲いてない。
県立美術館
県立美術館 posted by (C)オトジマ

下:総合文化公園の駐車場にはクロガネモチがたくさんあって赤い実をつけている。今の時期各所でこの赤い実がたわわになっているのを見るが、鳥は食わないのか?鳥が寄ってきているところは全然見ない。
県立美術館
県立美術館 posted by (C)オトジマ

県立美術館
県立美術館 posted by (C)オトジマ

下:林道沖田津々良線で見た馬酔木が満開。
津々良線
津々良線 posted by (C)オトジマ

下:庭のツワの群落にも若葉が出てきた。
ツワ
ツワ posted by (C)オトジマ
下:けっこう一回分のオカズにはなるくらい取れる。
ツワ
ツワ posted by (C)オトジマ

沖田津々良線は不通

林道沖田津々良線は去年の春に一度通った。そのエントリはココ。

沖田ダムのヤマザクラがそろそろ咲いた頃だと思って、またこの林道経由で沖田ダムまで行ってみようと出かけた。
去年の渇水の春と違い、今年は津々良川も水量が多い。
津々良線
津々良線 posted by (C)オトジマ

下:ツツジがキレイ。
津々良線
津々良線 posted by (C)オトジマ

最近雨が続いたせいか各所でガケくずれや路盤の痛みが多い。雨のとき道が水路になるのを防ぐため、流路をカットして道路脇に水を逃がすためのゴム板が各所に埋めてある。ゴムなので車は乗り越えられる。
津々良線
津々良線 posted by (C)オトジマ

去年は問題なかったコンクリート吹きつけも崩壊寸前のヒビだらけ。
津々良線
津々良線 posted by (C)オトジマ

あと数百メートルで沖田ダムというところで大規模な崩落に行く手を阻まれ残念ながら撤退。3月下旬現在全く通行不能。くれぐれも津々良側からは進入しないように。
津々良線
津々良線 posted by (C)オトジマ

沖田ダムのヤマザクラは次回日曜に期待。
意外と我が家の近所に満開のヤマザクラがあった。
12春
12春 posted by (C)オトジマ

永願寺 奥の院

門川町に永願寺という寺がある。
以前に門川八十八箇所関連で書いたことがある。
関連エントリは

永願寺は昔は中村地区にあったものだが、明治時代に町の中心部に近い加草に移転したものである。車のなかった時代には中村の奥は門川でも僻地だったはずである。昔の寺の跡が奥の院として今なお中村に残っている。門川八十八箇所はこの奥の院を中心として配置されていたのではないだろうか。

下:防災ダムに行く道のちょっと下に上がり口がある。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

下:小さな堂がある。近年建てられたもの。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

下:中に由緒ある仏像があるらしいが、カギがかかっていて見ることはできない。ガラス窓越しに見ると。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

下:古い墓が残っている。江戸時代、室町時代に遡るようだ。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

下:右の墓石の年銘を見ると元和五年とあるから、1619年。江戸時代初期である。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

下:大師。奉納者の名が刻んである。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ
下:左は七十六番金倉寺とある。実物は香川県善通寺市にある。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

下:アンパンマンは現代の大師か?
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ

境内に寺の沿革が書いた石碑がある。まだ新しい。
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ
永願寺 奥の院
永願寺 奥の院 posted by (C)オトジマ


より大きな地図で 永願寺 奥の院 を表示

宮水神社

日之影町の役場から遠くないところに宮水神社がある。由緒ありそうな神社なので寄ってみた。

下:石段横の白いモルタルがやや残念。
宮水
宮水 posted by (C)オトジマ

宮水
宮水 posted by (C)オトジマ

下:ここの拝殿内にも随神がいる。高千穂と同じく二本竹。
宮水
宮水 posted by (C)オトジマ

下:拝殿横に古い墓が。
宮水
宮水 posted by (C)オトジマ

下:越前守三田井親武君之墓、とある。落書きをしたけしからん奴もいる。子供かな?
宮水
宮水 posted by (C)オトジマ

三田井氏といえば高千穂郷の地頭を務めた豪族である。
この墓の由来は下の看板に詳しい。この神社がそもそも三田井親武を祀るために創建されたもののようである。web上でもこの看板を写したものがあるのでココを参照
宮水
宮水 posted by (C)オトジマ

岩戸の野仏 再び--4

上岩戸、大猿渡(おおそたり)に二嶽神社がある。

岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:高千穂神楽26番、「柴引」の塑像がある。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:拝殿内部。左右に随神がいる。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ
下:随神
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:境内から見下ろす。川向こうの左右殿あたりの県道7号線改良工事が見える。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:県道207号、黒原近辺の庚申塔群。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:粋な前掛けの大師
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:コミュニティバスの黒原バス停に堂がある。鍵がかかっているのは他の大師堂と異なる。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:格子戸から中を覗くと、古そうな木彫りの仏像がたくさん。バリエーション豊富だ。ご開帳はいつなんだろう。近くで仔細に見たら面白そうだ。木仏なので石の大師と異なり軽いからなるほど盗まれる可能性は多分にある。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸の野仏 再び--3

以下、岩戸で見かけた大師堂と石仏たち。

下:トタン屋根にコンパネの床張り。生活観に満ちた普段使いの大師堂。雨は降り込み放題だから塗装コンパネはいいチョイスではある。いかにもバラック風で味気ないが。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:不動は背後の炎、(迦楼羅焔-かるらえん)が赤いと迫力が増す。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:岩戸神社からさらに岩戸川沿いに上流にいったところ、左右殿にある大師堂。新しいのはいいが、ブロックむき出しはあまりにも味気ない。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:才田の大師堂。こちらは新しいが木造。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:上岩戸大橋を渡って岩戸川左岸、県道207号を下る。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:左端は十一面観世音菩薩。四国八十八箇所62番は天養山宝寿寺(愛媛県西条市)。高千穂の大師や神社ではこの青竹の二本組みをよく見かける。門松みたいなものか。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:岩井谷近辺。かなたに上岩戸大橋が見える。梅が満開。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸の野仏 再び-2

野方野集落の県道204号から50mくらい入ったところにログハウスの地蔵堂がある。周囲には五輪塔やら庚申塔やらいっしょくたに吹きだまっている。

岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:ここも彩色。前回の地蔵堂は石仏に着彩であるが、コチラは木像。色数が多くて派手である。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:稚拙だが悪くない。光背のうずまきがなかなかいい。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

下:黒焦げの木像が隅に置いてある。火事で焼けたものか。だから新たに仏像を作ったのかもしれない。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

地元の老人会が立てた「野方野地蔵堂遺跡」という碑が立ている。ここには他の堂とちがい石の大師がいない。だから大師堂ではなく、地蔵堂なのか。

近所の民家にお城があった。お城より、その上のしだれ桜が気になる。一月後が見事だろう。
岩戸
岩戸 posted by (C)オトジマ

岩戸の野仏 再び

高千穂は各所に地蔵堂が見られる。岩戸地区で何箇所か地蔵堂を見た。いまなお集落の住民にきれいに守られている。ここの仏たちは彩色されれいる。それも遠くない昔にお色直しされているようだ。

コチラは以前にアップした

ラルフ マコーリー

以前に紹介したアート関連ブログLines and Colorsを読んでいたら、ラルフ・マコーリー(Ralph McQuarrie)がこの3月3日に亡くなった、という追悼記事があった。もとより私は全然知らない人である。しかし、絵を見たらあながち知らない人ではないような気がした。

イラストレーションで活躍した人でとりわけスターウォーズ関連のコンセプトデザインで名を成したらしい。スターウォーズの名場面はこの人のアイデアによるところが多いらしい。

スターウォーズは随所に目を奪うファンタスティックな景観が出てくる。中でも夕焼けの未来都市を背景に飛行体が飛行している場面などは印象的だ。

下:クリック拡大でキレイに見える。




とにかく素晴らしいテクニックとイマジネーションである。詳しく画像を見たい人はココにあるので見ていただきたい。詳細な画像ではないがダウンロードもできる。デスクトップ画像にいかが?

スターウォーズのイラストレーションというと生頼範義を思い出す。「帝国の逆襲」では作品が世界中で使われた伝説的なイラストレーターである。昔は宮崎市に在住であったから地元の作家でもあった。現在ではどうだか知らないが。

下:生頼範義のスターウォーズポスター




雛人形

子供がいなくなると年中行事と縁遠くなる。節分の豆撒きも桃の節句のおひな様も登場しない。倉庫でホコリをかぶったまま。

一昨年、日田の豆田地区に行ったおり、日田醤油の「天領ひな御殿」で見た雛人形をアップして今年の雛飾りとしよう。

下:大礼服を着ているところを見ると明治天皇か、あの時代のものか。
日田 豆田 ひな
日田 豆田 ひな posted by (C)オトジマ

下:江戸時代に出どころに由緒ありそうな古い雛も多数あった。とにかくすごいコレクションの数である。ここを見たらよその雛祭りは見る必要はないくらいの物量である。
日田 豆田 ひな
日田 豆田 ひな posted by (C)オトジマ

日田 豆田 ひな
日田 豆田 ひな posted by (C)オトジマ

日田 豆田 ひな
日田 豆田 ひな posted by (C)オトジマ

下:超巨大雛。一体数百万かけて京都の人形屋に作らせたとか。


下:これは所かわって柳川、御花に飾ってあった雛。さげもんがすごい。
柳川 御花
柳川 御花 posted by (C)オトジマ

NHKの「ひるブラ」で佐賀市の「ひな祭り」が紹介されていた。雛人形の物量では日田醤油にはぜんぜんおよびそうもないが、雛が展示されている古い建物をハシゴして廻るツァーは建物を見るだけでも楽しそうだった。3月21日の春分の日まで開催されているので折りあらば行ってみたい。

佐賀城下ひなまつりの公式サイトはココ





ゼロの頂点 SL 200円版

延岡のローソンをのぞくと、BOSSゼロの頂点の2缶連結のSLシリーズがあったので店頭にあった5組を買ってきた。全部で6種だからあと一個足りない。そのうちどこかで捜そう。

昨日の小さいタイプと違い、こちらはなかなかリアルである。
左から、58654、C62,C10


下:一番下はD51


日本のSLは基本的に黒なので並べてみてもあまり変わり映えがしない。しかし、これがコーヒーのオマケなんだから毎日缶コーヒーを飲む習慣のある人にとってはとても得である。私も勤め人の頃は日に何本も同僚とおごり、おごられしていたものだが、現在はほとんど自販機でコーヒーを買うことはない。


これを見ると、昨日のデフォルメタイプは買うんじゃなかった、と思う。ヤフオクで売り払おうか。

サントリーのBOSSサイトはコチラ

下の小さいほうがBOSSのオマケのD51

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR