杉安近辺

杉安の近くですごい観音像を見た。紅白の幔幕も張られていてなんらかの祭事らしい。
P1182291
P1182291 posted by (C)オトジマ

P1182293
P1182293 posted by (C)オトジマ

台座の装飾が極彩色ですごい迫力。真新しい。どんだけお金がかかっているのやら。
P1182296
P1182296 posted by (C)オトジマ

台座の内部
P1182295
P1182295 posted by (C)オトジマ

真言宗系の観音寺。信者の方に聞くと観音ができたのは5年前だとか。
P1182298
P1182298 posted by (C)オトジマ

境内あちこちにいろんな仏像が立つ。どれも中国製のようだ。
P1182292
P1182292 posted by (C)オトジマ

建物も仏像も何もかも新しい。怪しいといえば怪しいが活発な活きた宗教という雰囲気が横溢している。
P1182299
P1182299 posted by (C)オトジマ

西都市は西都原古墳群で有名だが、一ツ瀬川の対岸の台地の上には茶臼原古墳群がある。
野焼きが済んだ大きな前方後円墳。看板がないと単なる荒地の丘にも見える。
P1182457
P1182457 posted by (C)オトジマ

茶畑の中に土まんじゅうのような円墳がポツポツとある。
P1182287
P1182287 posted by (C)オトジマ

台地は一面の畑。畜舎が多い。
P1182289
P1182289 posted by (C)オトジマ

P1182449
P1182449 posted by (C)オトジマ

尾鈴山方面
P1182447
P1182447 posted by (C)オトジマ

向こうの山は九州山地
P1182288
P1182288 posted by (C)オトジマ

台地の夕暮れ
P1182444
P1182444 posted by (C)オトジマ

川南に宮崎バイオマス発電所が完成していた。ホームページによれば鶏糞を燃やすんだとか。年に13.2万トンも処理して11,350KWの発電能力がある。まぁ、シロウトにはそれがどれだけスゴイのかスゴクないのかよくわからん。
P1182285
P1182285 posted by (C)オトジマ

速川神社

杉安の森林公園から一ツ瀬川沿いの国道219号をやや遡ると杉安峡、杉安ダムがある。
P1182403
P1182403 posted by (C)オトジマ

P1182401
P1182401 posted by (C)オトジマ

P1182402
P1182402 posted by (C)オトジマ

ダムの少し下流に速川神社の案内と鳥居が立っていたので、軽い気持ちでお参りしてみることにした。神社は国道から川をはさんで対岸にあるようだ。
P1182406
P1182406 posted by (C)オトジマ

しかし、鳥居の下に置いてあるたくさんのツエが先行きの難路を予感させる・・・
P1182407
P1182407 posted by (C)オトジマ

P1182408
P1182408 posted by (C)オトジマ

沈下橋を渡る
P1182409
P1182409 posted by (C)オトジマ

広い川原。渇水期でほとんど水がない
P1182411
P1182411 posted by (C)オトジマ

国道のある対岸を振り返る
P1182413
P1182413 posted by (C)オトジマ

対岸すぐに神社があると思っていたら大間違い。すれ違う人に聞くとここから1km近くの登り道だという。
P1182415
P1182415 posted by (C)オトジマ

谷底なので陽が差さない
P1182416
P1182416 posted by (C)オトジマ

道はコンクリート舗装されている。えんえんと上り坂。年寄りには大変だ。
P1182419
P1182419 posted by (C)オトジマ

P1182420
P1182420 posted by (C)オトジマ

鳥居が見えてホッとするが、まだまだ遠い。
P1182421
P1182421 posted by (C)オトジマ

やっと見えてきた。えらい山奥だ。地図で見ると川底からの標高差が110mもある。立派な山登りだ。
P1182426
P1182426 posted by (C)オトジマ

P1182434
P1182434 posted by (C)オトジマ

P1182428
P1182428 posted by (C)オトジマ

神社はかなりの急傾斜の沢の一番奥に作られている。
P1182432
P1182432 posted by (C)オトジマ

初詣の参詣者は多かったようで真新しい絵馬が大量にぶら下がっていて、進学・健康・良縁を願っている。
P1182433
P1182433 posted by (C)オトジマ

ブラッと立ち寄るつもりが難行苦行の参詣であった。きっと霊験あらたかに違いない。

参道にずっと並ぶ柵を見ると古レール。昔、一ツ瀬川流域にははるか上流、椎葉に至る森林軌道があったが、そのレールではないだろうか。
P1182422
P1182422 posted by (C)オトジマ

国道にある神社の駐車場そばに索道があった。
P1182439
P1182439 posted by (C)オトジマ

対岸までケーブルが延びている。これに乗ったらさぞかしスリルがあるだろう。たぶん乗せてはくれないと思うが・・
P1182440
P1182440 posted by (C)オトジマ

クロネコが何か荷物を置いていってた。神社のお守りだった。神社専用の索道らしい。神社までは車は行かないから神官や巫女さんはこの難路を毎日歩くのであるが、こっそりこの索道に乗ってるのかも。
P1182441
P1182441 posted by (C)オトジマ

戦後すぐくらいの米軍地図。森林軌道が描かれている。旧国鉄杉安から上流へ伸びている。この地図では右岸なのでちょうど速川神社のあたりを走っていたのかもしらない。この鉄道に関してはコチラに過去記事
杉安s

sugiyasu.jpg

杉安 高塚山 

日曜日、穏やかな日和なのでウォーキングへ出かける。西都の高塚山。

杉安MAPs

西都の杉安に森林公園があるようだが、ネット上で公式サイトを探しても地図を探しても見当たらない。ウォーキング専門のコチラのサイトに現地に設置してある看板のイラストがあるだけ。

正面にこんもりと見えるのが高塚山
P1182400
P1182400 posted by (C)オトジマ

森林公園の管理棟そばに車を置く。建物は無人。
P1182301
P1182301 posted by (C)オトジマ

管理棟あたりからの展望。一瀬川流域の平野が眼下に。
P1182304
P1182304 posted by (C)オトジマ

管理棟から100mくらい上に行くと登山口になる。
左は車道、真ん中が健脚コース、右側に探鳥コース。健脚ではないので右に行く。
P1182372
P1182372 posted by (C)オトジマ

P1182371
P1182371 posted by (C)オトジマ

これが探鳥コース。平坦でいかにも容易そう。まぁ、しかしいずれにせよ同じ高さの山頂に至るんだから物理的には仕事量は同じで、なだらかな分、距離は長い。ここから山頂まで30分ほどはかかる。
P1182313
P1182313 posted by (C)オトジマ

P1182315
P1182315 posted by (C)オトジマ

こんな感じの広葉樹林が山頂まで続く。道は歩きやすい。
P1182318
P1182318 posted by (C)オトジマ

木の間から一瀬川が見える。
P1182319
P1182319 posted by (C)オトジマ

山頂が近づき明るくなる
P1182324
P1182324 posted by (C)オトジマ

山頂は整備されている。標高は300mほどの低山であるがけっこう汗が出るくらいはあるほど良いハイキングコース。
P1182325
P1182325 posted by (C)オトジマ

山頂のアズマヤからの展望。宮崎平野が見える。木が繁っているので四周が見える訳ではない。
P1182334
P1182334 posted by (C)オトジマ

コース案内の看板があるが何も見えない・・・
P1182362
P1182362 posted by (C)オトジマ

下りは健脚コースをとる。
P1182335
P1182335 posted by (C)オトジマ

実はこの高塚山には八十八箇所めぐりがある。おそらく麓から山頂に至るへんろ道があるんだろうが、最近はお参りする人が少ないのではないか。石仏にはお供えや供花の類は見当たらない。山頂が88番というわけでもない。左が36番。
P1182326e
P1182326e posted by (C)オトジマ

左は37番
P1182330e
P1182330e posted by (C)オトジマ

44番、45番
P1182336e
P1182336e posted by (C)オトジマ

46番、 55番
P1182340e
P1182340e posted by (C)オトジマ

P1182351
P1182351 posted by (C)オトジマ

札所(石仏)があると道しるべになるし、鑑賞するたのしみもあってとても楽しい。
P1182350
P1182350 posted by (C)オトジマ

ここの石仏は番号だけあって寺の名前、本尊の名前、奉納の年月日、奉納者名がないのが残念。
P1182343
P1182343 posted by (C)オトジマ

しかし、なかなか立派な彫りで、味わいがある。
P1182338
P1182338 posted by (C)オトジマ

P1182355
P1182355 posted by (C)オトジマ

P1182356
P1182356 posted by (C)オトジマ

P1182359
P1182359 posted by (C)オトジマ

P1182361
P1182361 posted by (C)オトジマ

台座のみで仏のいない札所。だれか持ち去ったのか? 石仏は台座から分離しておりその気になれば簡単に持ち去れる。そんなバチあたりが今後増えないとも限らない。
P1182360
P1182360 posted by (C)オトジマ

始めの健脚コース入り口に戻った。つまり、へんろ道は健脚コースにあたる。
P1182369
P1182369 posted by (C)オトジマ

管理棟のそばには寝転がっている珍しい仏がいる。
P1182305
P1182305 posted by (C)オトジマ

麓から管理棟につづく車道わきに遍路道への入り口があった。左側に遍路道がある。
P1182379
P1182379 posted by (C)オトジマ

奥に行くとさっき下った健脚コースに至る
P1182386
P1182386 posted by (C)オトジマ

文字が読みづらいがおそらく71番。麓に行くほどほど番号が大きいようだ
P1182382
P1182382 posted by (C)オトジマ

大きな石碑は、大正14年に荷馬車組合が立てたもの。
P1182390
P1182390 posted by (C)オトジマ

65番、59番
P1182377e
P1182377e posted by (C)オトジマ

10番、73番
P1182392e
P1182392e posted by (C)オトジマ

麓で遍路道の入り口を探したがわからなかった。ネット上にも情報は見当たらない。西都市の市史に書いていないだろうか? ここの森林公園は県の管理のようだが、せっかく立派な八十八箇所という文化財があるんだからぜひ遍路道の整備もお願いしたいな。「宗教」じゃなくて遊歩道と考えればいいのである。おそらく周回路になっているのではないかと思うがどこにも案内板がないのでわからない。 世はウォーキングブームであるから各地にあったこのようなささやかなローカル八十八箇所が再整備されてまた賑わうことを願っている。

山道のコースは私の推測。国道219号から森林公園への入り口は旅館の横の小さな道なのでややわかりづらい
高塚山MAPs

タイのかぐや姫

ここに時々コメントを頂いているDurianguanはタイ人である。もちろんハンドルネーム。日本のアニメのファンでなかんずくジブリのファンらしい。タイで「かぐや姫の物語」が公開されたというのでさっそく見に行ったとかで劇場の写真をおくってもらった。

立派な劇場だ。日本でいえば「スカラ座」か。
ca-01__Scala-front.jpg

cb-01__Lido-front.jpg

「かぐや姫の物語」のバナー
cb-02__Lido-billboard.jpg

ドラエモンもいる。どうやら3D版の「STAND BY ME ドラえもん」のようだ。日本の半年遅れの公開だから早い。きっと「かぐや姫」よりも人気があるにちがいない。
ca-03__Scala-inside.jpg

2014年12月25日公開、とある。正月映画である。
ba-02__Scala-billboard sm

タイでは「かぐや姫」の評価は高いらしい。まぁ、アニメファンなら評価が高いのは当然だが、興行的にはどうなんだろうか。日本でも大成功とはいいがたくジブリ作品ではめずらしく大赤字となった。

ジブリの発行する雑誌「熱風」の今月号を読んでいたらアジア諸国のアニメ製作事情についての特集があった。
P1162237
P1162237 posted by (C)オトジマ

それによればタイという国は意外や意外、CG先進国で、CGの製作技術が高くスタッフも充実しているとか。アジアには国家的にソフト産業を育成している国が多い。アニメとかCGとかは日本では専門学校が扱う範疇であるが、タイでは大学が担い、日本よりもずっと充実した環境で学べるとか。

日本ではアニメやCGに向かう若者の熱気はとっくに峠を越してしまい、どちらかというとハードなわりには報われない職業と感じられているが、アジア地域ではカッコよくて儲けらる職業として大人気なのである。だから有能な人材が集まる。タイではCG製作で日本に比べても能力が高く納期が早いという。しかし仕事の多くは日本やアメリカの下請けである。日本のどこが発注するのかというとゲーム業界やパチンコメーカーである。最近パチンコ屋に行った事がないので全然知らなかったが、今やパチンコ台はCG抜きにはありえないようだ。

例えば下のような例。タイのDuriangunはこれを見て「北斗の拳」の大ファンだ、と言っていた。これもおそらくタイ製なんだろうね。


東南アジアの米とゾウの国、というイメージのタイであったが今や大工業国になりつつある。車でも日産マーチは全くタイ製である。そのうちどんどんタイ製の車が増えるだろう。ピックアップトラックなんてタイ製の方が断然カッコイイのである。これは三菱のタイ製トラック。日本じゃ見かけないがタイでは大人気。
thai truck

黒木

八女から矢部川を遡ると黒木の町に至る。小さな盆地でかつては独立した町であったが、現在では八女市に併合されている。大藤が有名だ。それと女優の黒木ひとみの出身地としても知られているかな。ここに古い町並みが残っているらしいので寄ってみた。
黒木s6



津江神社は大楠が有名だという。たしかに驚くような巨木。こんな巨木で直幹でウロになってないとは珍しい。
P1112422
P1112422 posted by (C)オトジマ

成人式の晴れ着の女性も大楠の前で記念写真
P1112424
P1112424 posted by (C)オトジマ

神社の中なら見る
P1112426
P1112426 posted by (C)オトジマ

P1112425
P1112425 posted by (C)オトジマ

中心街の裏の細い通りのここらが古い町並みのようだが、あまり保存状態は良くなくて古い家屋の密度は低い
P1112430
P1112430 posted by (C)オトジマ

コテ絵が満載の家
P1112431
P1112431 posted by (C)オトジマ

P1112432
P1112432 posted by (C)オトジマ

P1112436
P1112436 posted by (C)オトジマ

この家は修復されているようだ
P1112438
P1112438 posted by (C)オトジマ

P1112439
P1112439 posted by (C)オトジマ

これはメーンストリート。恐ろしいほど人影まばら。バイパスが抜けているので車も少ない。向こうの端に大藤がある。
P1112440
P1112440 posted by (C)オトジマ

古い商家がいくつか残っている。これは修復済みのようだが、公開されていない個人宅。
P1112441
P1112441 posted by (C)オトジマ

旧松木家住宅。公開されている。かつては酒屋だったようだ。
P1112443
P1112443 posted by (C)オトジマ

内部。
P1112445
P1112445 posted by (C)オトジマ

P1112447
P1112447 posted by (C)オトジマ

古い商家が3軒並んでいるが使われていないようだ。
P1112450
P1112450 posted by (C)オトジマ

朽ちつつある。もったいない。いまなら保存できるのに。
P1112449
P1112449 posted by (C)オトジマ

裏を見るとほとんど廃墟
P1112452
P1112452 posted by (C)オトジマ

3連休というのにこんなゴーストタウン状態だと対処のしようがないのかな・・・
P1112455
P1112455 posted by (C)オトジマ

黒木は矢部川流域の中心でかつて交通が未発達な頃は商業の要として栄えたのだろう。人口も最大時で2万7000人ほどあったらしいが、現在では半分以下になっているとか。全国的にこんな町は多いだろうが人口減はここで止まらず、さらに加速しますよ。恐ろしい。

矢部川を遡るといけどもいけども古くて寂れた集落が続く。
P1112463
P1112463 posted by (C)オトジマ

八女 福島

せっかく八女まで来たんだから夕方少し福島の町を歩いてみた。

3連休なのに人影ほとんどなし。わずかに若い女性連れがウロウロしていた。とにかく寒い。
P1102204
P1102204 posted by (C)オトジマ

P1102175
P1102175 posted by (C)オトジマ

P1102181
P1102181 posted by (C)オトジマ

P1102184
P1102184 posted by (C)オトジマ

P1102185
P1102185 posted by (C)オトジマ

P1102199
P1102199 posted by (C)オトジマ

あれ? 洋食屋さんが閉店してる。目立ってたのに。お店もなかなか大変だね。
P1102177
P1102177 posted by (C)オトジマ

これは3年前、営業していた頃の写真。
P5051782
P5051782 posted by (C)オトジマ

房屋さんは屋根が覆われている。補修するのかな?
P1102202
P1102202 posted by (C)オトジマ

これは3年前の同じ建物。
P5051817 imazato
P5051817 imazato posted by (C)オトジマ

波トタンだって錆びればいい味出します
P1102186
P1102186 posted by (C)オトジマ

祇園社の柵は砲弾型。珍しい。日清・日露の後は砲弾の奉納も流行ったから柵も砲弾にしたのかな。
P1102187
P1102187 posted by (C)オトジマ

祇園社
P1102188
P1102188 posted by (C)オトジマ

金物屋さんみたいだが種苗店。
P1102203
P1102203 posted by (C)オトジマ

無量寿院
P1102205
P1102205 posted by (C)オトジマ

P1102210
P1102210 posted by (C)オトジマ

ケヤキの巨木。老木で枯れかかっている
P1102211
P1102211 posted by (C)オトジマ

本堂は自由に上がれる
P1102213
P1102213 posted by (C)オトジマ

ご本尊
P1102214
P1102214 posted by (C)オトジマ

とても華やかだ
P1102215
P1102215 posted by (C)オトジマ

踏切で幼児が遊んでいる。キケン!? 実は30年くらい前に廃線になった矢部線の線路跡。福島駅の跡が公園になっている。
P1102221
P1102221 posted by (C)オトジマ

公園の横の歩道が藤棚になっている。500mもあるそうで壮観だ。
P1102223
P1102223 posted by (C)オトジマ

P1102224
P1102224 posted by (C)オトジマ

藤の巨木がねじれて絡み合ってる。きっと藤は自分でもどうなっているのかわからないのではないか?
P1102225
P1102225 posted by (C)オトジマ

藤棚の支柱が古レールなのである。こんなところに廃線の記念が。
P1102226
P1102226 posted by (C)オトジマ

矢部線は黒木まで伸びていた。これは終点黒木駅跡に展示されている機関車C11
P1112457
P1112457 posted by (C)オトジマ

矢部線は昭和20年9月に開通し、昭和60年に廃線。あんな終戦の混乱時に開通したというのもすごい。
P1112458
P1112458 posted by (C)オトジマ

P1112459
P1112459 posted by (C)オトジマ

八女オルレ

3連休にどこかへ、と九州オルレを調べたら、最近八女で新しくコースが開設されているのを知った。古墳や茶園を廻るコースで初心者にも大丈夫という割とラクなコースのようだ。やや遠いが息子のいる久留米のすぐそばだから行ってみるか。

コチラに公式ページがあるが、地図がいまひとつ。

私が地理院地図に記入してみた。
八女マップss

●スタート地点へは堀川バス福島ターミナルから黒木・星野方面行きに乗り上山内下車、330円。バス停近くに山の井公園。
●ゴール地点の八女リハビリ病院からは国道3号線まで徒歩約600km。そこに西鉄バス福島高校バス停があり、福島バス停まで170円。福島バス停は堀川バス福島ターミナルのすぐそば。
●バスは行きも帰りも頻繁に出ているので時刻表を見るほどでもない。
●車は八女市役所に置くとバス停に近いし、福島の町並み見物にも近い。


福島のバス停近辺。市役所からすぐ。
福島 バス停s

ゴール付近。ゴール点から国道3号のバス停までは近い
岩戸山 バス停


コースは例によって周回路ではないのでどちらから出発するにしてもどこかでバスなどを利用せざるを得ない。
八女福島にある堀川バスの福島ターミナルからバスに乗って星野川が平野部に出るところにある上山内で下車。山の井公園がスタート地点。公園とはいいながら水神さんがある広場でかなり殺風景なところ。

どんど焼きの準備。この日八女のいたるところでどんど焼きを見た。私の地域では見た事がない行事だ。
P1112254
P1112254 posted by (C)オトジマ

これは矢部で見たどんど焼きのようす。人々が集まってなにか食べている。
P1112462
P1112462 posted by (C)オトジマ

星野川
P1112245
P1112245 posted by (C)オトジマ

山の井公園の水神。9時35分出発。
P1112247
P1112247 posted by (C)オトジマ

ちょうど1月20日にある「童男山ふすべまつり」の準備で人々が集っていた。
P1112246
P1112246 posted by (C)オトジマ

八女と古代朝鮮にはなんらかの関連があるようだからオルレを誘致したのかな
P1112253
P1112253 posted by (C)オトジマ

山道のコースにはいるとすぐに古墳が目に入る。
P1112260
P1112260 posted by (C)オトジマ

それからしばらく行くと丘の上に童男山古墳がある。石造りの玄室に入れる
P1112266
P1112266 posted by (C)オトジマ

P1112267
P1112267 posted by (C)オトジマ

玄室から外を見る
P1112269
P1112269 posted by (C)オトジマ

茶園が多い
P1112273
P1112273 posted by (C)オトジマ

コースの大方は軽トラックなら走れそうな農道である
P1112274
P1112274 posted by (C)オトジマ

落ち葉の積もったところも多い。3連休だがほとんど人はいない。いっしょのバスに乗ってきた年配の男性を一人見ただけ。
P1112277
P1112277 posted by (C)オトジマ

1.3km地点に犬尾城がある。中世の山城なのでそういわれないと素人には城とはわからない。
P1112281 - コピー
P1112281 - コピー posted by (C)オトジマ

山頂を切り開いてちょっとした広場になっている
P1112289 - コピー
P1112289 - コピー posted by (C)オトジマ

北側、広川町方を眺める
P1112283 - コピー
P1112283 - コピー posted by (C)オトジマ

クヌギの落ち葉が厚く積もっている
P1112292 - コピー
P1112292 - コピー posted by (C)オトジマ

P1112305
P1112305 posted by (C)オトジマ

戦後、丘陵地帯に開拓地が開かれたようだ。パッとしない果樹園や遺棄された農地が目立つ。
P1112301 - コピー
P1112301 - コピー posted by (C)オトジマ

P1112297 - コピー
P1112297 - コピー posted by (C)オトジマ

冬枯れのなかに農業廃棄物や打ち捨てられた小屋が点在しているので全然風光明媚とは言い難い
P1112303
P1112303 posted by (C)オトジマ

3.4km地点。このコースのハイライト、八女中央大茶園の風景が現れた。向こうに見える展望台まで登る
P1112307
P1112307 posted by (C)オトジマ

P1112309
P1112309 posted by (C)オトジマ

ちょっと他所では見られないような茶畑の風景である。これが新緑・新茶の頃なら緑がさぞ美しいだろうが、今は真冬で曇っていることもあり、緑が今ひとつ。
P1112311
P1112311 posted by (C)オトジマ

向こうは八女福島の町
P1112318
P1112318 posted by (C)オトジマ

展望台には石仏が集合。どこかの八十八箇所巡りからの選抜チームのようだ。
P1112325
P1112325 posted by (C)オトジマ

茶畑を歩く
P1112334
P1112334 posted by (C)オトジマ

大きな茶工場もある
P1112337
P1112337 posted by (C)オトジマ

大茶園から先はほぼ平坦地の農村の中を歩く。
P1112342
P1112342 posted by (C)オトジマ

5km地点あたり。 日本国中どこにでもある近郊の農村風景なのであまり面白くない。
P1112356
P1112356 posted by (C)オトジマ

大きな工場もある
P1112360
P1112360 posted by (C)オトジマ

P1112361
P1112361 posted by (C)オトジマ

P1112362
P1112362 posted by (C)オトジマ

路傍の仏。
P1112363
P1112363 posted by (C)オトジマ

6.4km地点の一念寺。立派な寺である。
P1112371
P1112371 posted by (C)オトジマ

P1112372
P1112372 posted by (C)オトジマ

P1112374
P1112374 posted by (C)オトジマ

八十八箇所巡りがある。ここに八十八箇所すべての本尊の石仏が並ぶので一度に八十八箇所を回れる。
P1112375
P1112375 posted by (C)オトジマ

なかなか立派な彫りである。
P1112382
P1112382 posted by (C)オトジマ

だんだん人口密度が高い集落になる
P1112393
P1112393 posted by (C)オトジマ

コース上に酢の醸造所がある。江崎酢醸造元である。
P1112397
P1112397 posted by (C)オトジマ

ここらは江崎関連の建物が並んでいる。代々続く醸造元らしい。この江崎食品も醸造関係であるが、江崎酢醸造元とは兄弟だそうだ。こちらがお兄さんにあたる。オルレの紹介記事で「ここで昔ながらのラムネを飲もう」、というのを見かけたので寄ってみた。
P1112402
P1112402 posted by (C)オトジマ

日曜だからどうかと思ったが社長さんがじきじきに出てこられた。
P1112400
P1112400 posted by (C)オトジマ

店頭でラムネを販売しているのかと思っていたらそうでもない。「ラムネを下さい」というとどこか奥から持ってこられた。そのうえオルレのウォーカーからはお金はいただかないことにしている、というではないか。それはありがたくいただいてドレッシングを買った。韓国人がたくさんやってくるようになっても大丈夫かな?太っ腹な社長さんありがとう。

ブドウ畑が荒れ果ててカラスウリ畑になっている
P1112405
P1112405 posted by (C)オトジマ

8.1km地点の丸山塚古墳が見えてきた
P1112408
P1112408 posted by (C)オトジマ

丸山塚古墳
P1112410
P1112410 posted by (C)オトジマ

ゴールの八女リハビリ病院が見えてきた
P1112412
P1112412 posted by (C)オトジマ

丘の上の立派な病院である。最後の一登り。
P1112415
P1112415 posted by (C)オトジマ

病院に着いた。
P1112419
P1112419 posted by (C)オトジマ

どうやらゴールはこの道路脇のカンセが立つ小さな空き地のようだ。えらくそっけないゴールである。9.2kmを歩いてきた者に対するいたわりも何もない。トイレやバス停があるわけでもない。
P1112420
P1112420 posted by (C)オトジマ

マップをみるとここから1kmほど先、国道3号のそばにに八女市岩戸山歴史文化交流館、というのがある。ただし27年秋オープン。そこができたらそこがゴールになるんではないだろうか。岩戸山古墳もあるし、ゴールにふさわしい。
あまり風光明媚とはいいがたいコースだが、新茶の季節なら目が洗われるような新緑が美しいのではないだろうか。

宿にしたホテルAZ八女店。国道3号のそば。オルレにはちょうどいい場所にある。ここから八女福島の堀川バスターミナルまで徒歩10分ほど。ゴールの八女リハビリ病院からも2kmくらいだから徒歩でも可能。
P1112421
P1112421 posted by (C)オトジマ

シングルルームに2段ベッド。一人3300円で朝食付き。寝るだけだからこれで十分。
P1112242
P1112242 posted by (C)オトジマ

川南遊学の森

どこかウォーキング、と思って調べると川南に「川南遊学の森」というのがあった。

ウォーキングを専門に集めている方のサイトで見るとなかなか面白そうだ。コチラ

こないだ行った都農の「立野ウォーキングコース」のすぐ近くである。広域農道の山元小学校あたりから山のほうに入る。しばらく山道を行くと村上牧場という大きな農場があり、畜産試験場もある。いたるところ石灰の消毒で白い。数年前の口蹄疫流行の記憶が消えない。

ここが「遊学の森」。町や町の観光協会のホームページがアッサリとしか書いてないな、と思ったら町営ではなく県の施設であった。人里はなれたところで全然人の気がない。
P1092165
P1092165 posted by (C)オトジマ

駐車場には全然車がない。
P1092123
P1092123 posted by (C)オトジマ

この細い道から周遊路に入る。広い園内に縦横に歩道が廻っていて、いかようにでもコースがとれる。
P1092124
P1092124 posted by (C)オトジマ

歩道は砕石が撒かれてよく整備されているが、落ち葉や枯れ枝が多く、ほとんど利用されていないようだ。
P1092126
P1092126 posted by (C)オトジマ

落葉樹の樹林は冬枯れで明るい。宮崎県は照葉樹林帯だから自然にはこうはならない。
P1092130
P1092130 posted by (C)オトジマ

山頂の展望台からは日向灘が見える。サクラが多いので春に花見に良さそうだ。
P1092132
P1092132 posted by (C)オトジマ

P1092135
P1092135 posted by (C)オトジマ

夏場に来ると汗だくになるし、ヤブカやハチやダニやマムシの心配があるので意外に冬がいいのかも。
P1092138
P1092138 posted by (C)オトジマ

杉の樹林では枯葉が厚く積もる。フカフカだ。
P1092136
P1092136 posted by (C)オトジマ

木段が腐り荒れ果てた道もある
P1092139
P1092139 posted by (C)オトジマ

常緑樹や杉の樹林は暗くて見通しがきかない
P1092143
P1092143 posted by (C)オトジマ

「親水の森」というから川原でもあるか、と思ったら樹林の中のせせらぎ
P1092146
P1092146 posted by (C)オトジマ

ここはよく手入れされている
P1092149
P1092149 posted by (C)オトジマ

棚田のあと。ほとんどヤブ。
P1092152
P1092152 posted by (C)オトジマ

炭焼き釜があった
P1092154
P1092154 posted by (C)オトジマ

炭焼き体験のためのもの
P1092158
P1092158 posted by (C)オトジマ

現在中は空っぽ
P1092155
P1092155 posted by (C)オトジマ

釜の中から外を見ると
P1092157
P1092157 posted by (C)オトジマ

駐車場方面に戻る
P1092159
P1092159 posted by (C)オトジマ

これがビオトープだというが・・・。ただのヤブ。ビオトープなんていわずに水溜りといえばいいのに。冬枯れで水もたまってないが。
P1092161
P1092161 posted by (C)オトジマ

1時間半ほど歩いたがまったく人に会わないし職員の姿もない。利用者もほとんどいないのではないか。昼間だから姿は見えないが最もここを利用しているのはイノシシたちのようだ。いたるところを掘り返している。
P1092163
P1092163 posted by (C)オトジマ

根っこをえらく掘っている。植木用に誰かが盗掘しようとしてるのかとも思ったが、根切りをしてないのでたぶんイノシシのしわざ。
P1092141
P1092141 posted by (C)オトジマ

5000歩ほど歩いた。寒い日だったがけっこう汗が出た。しかし寂しすぎ。多少は人の気があったほうがいい。

辻辻には案内看板があるので迷うことはないが、園内はかなり広いのでマップをプリントアウトして持っていったほうが良さそうだ。公式ページのコチラにマップがある。

初詣は青島

東京に帰る娘を空港に送るのに宮崎市方面へ。普通なら空港直通の電車で帰るところだがドライブがてら青島に初詣に行くことにした。一昔前なら青島まで3~4時間、下手すると5時間は覚悟した行程だが高速道路開通や国道の改良で門川から青島まで1時間半。すでに4時ごろだったので影が長い。おまけに超寒い。
P1022078
P1022078 posted by (C)オトジマ

一昨年来た時には赤錆びて見苦しかった欄干が新品になっている。
P1022079
P1022079 posted by (C)オトジマ

P1022083
P1022083 posted by (C)オトジマ

P1022087
P1022087 posted by (C)オトジマ

寒風吹きすさぶ夕刻にもかかわらず大勢の善男善女がお参り。
P1022088
P1022088 posted by (C)オトジマ

熊手や破魔矢を買う人も多い
P1022090
P1022090 posted by (C)オトジマ

ありとあらゆるおみくじが。
P1022092
P1022092 posted by (C)オトジマ

P1022098
P1022098 posted by (C)オトジマ

満潮のようだ
P1022100
P1022100 posted by (C)オトジマ

良い子達、落ちたら凍え死ぬよ!
P1022103
P1022103 posted by (C)オトジマ

お参りのあとは娘を送って空港へ。見送りデッキもとんでもなく寒いがけっこう大勢の若い女性達が飛行機を見物していた。
P1022115
P1022115 posted by (C)オトジマ

屋上に小型機が展示してある。航空大学で使っていた練習機。
P1022114
P1022114 posted by (C)オトジマ

出発しようとするボンバルディア機。小さいプロペラ機と思っていたら意外と大きい。
P1022112
P1022112 posted by (C)オトジマ

離陸したところ。暗いのでブレブレ
P1022119
P1022119 posted by (C)オトジマ

空港内は二日というのに大賑わい
P1022120
P1022120 posted by (C)オトジマ

P1022122
P1022122 posted by (C)オトジマ
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR