ニシタチ霧島フラッグ 

いつも愛読している宮崎在住のデザイナー、三輪氏のブログに面白い記事があった。
三輪氏がニシタチ霧島フラッグのコンペで受賞したとのこと。(クリックで拡大)
securedownload.jpeg

宮日に出た霧島酒造の広告のようだが県北版では見当たらなかった。
三輪氏の部分だけ拡大してみる。三輪氏は延岡市出身で宮崎市で活躍しているデザイナーである。
miwa5.jpg


ニシタチ霧島フラッグとは宮崎市の商店街西橘通りの装飾バナーのこと。霧島酒造がスポンサーとなって毎年コンペを実施している。去年の分までは霧島酒造のホームページで見れるが今回の分はまだアップされてないようだ。

私が気になったのはデザインに使われている「門川町のビー玉」の方。
bi-dama3.jpg


門川町には松野工業というビー玉のメーカーがあり、ビーズなども作っている。松野工業は大阪に本社があり、門川は生産工場である。いつも見ていながら普段はまったく意識にも上らない工場であるが、たしか10号線沿いの文化センターの向かいにあったはず・・・。しかし改めて見てみると、その大きな建物は酒販会社になってしまっていた。アレ、倒産したのかな?と裏に回ってみると、移転してました。看板もないので表通りからではまるでわからないジミ~な会社。
松野工業のホームページはコチラ

P2234183
P2234183 posted by (C)オトジマ

子供の頃はビー玉で遊んだものだが現代の子どもには縁遠い。ビー玉やビーズにどれだけ需要があるのか知らないが門川では長年操業している貴重な誘致企業である。会社のホームページによれば門川では87名を雇用している。

会社ホームページには三輪氏デザインにあるようなキレイな模様入りが見当たらない。
matsuno.jpg




ウメ満開

どこでもウメが花盛り。2週間前に行った立野でも今頃万回になっているはず、ということで再訪してみた。
今日だか昨日だかの新聞に満開が報じられたとかで、今日はウォーキングの中高年がチラホラ見える。
P2180024
P2180024 posted by (C)オトジマ

たしかに満開で、ウメだらけ。桃源郷とはここのことか?
P2180027
P2180027 posted by (C)オトジマ

満開といえど、サクラのような派手さはない。奥ゆかしいウメの花である。
P2180035
P2180035 posted by (C)オトジマ

P2180039
P2180039 posted by (C)オトジマ

P2180043
P2180043 posted by (C)オトジマ

P2180048
P2180048 posted by (C)オトジマ

P2180050
P2180050 posted by (C)オトジマ

梅園のあちこちに脚立が置かれ、上に伸びたシュートの剪定がされている。木が多いだけに大変な作業だ。
P2180055
P2180055 posted by (C)オトジマ

P2180058
P2180058 posted by (C)オトジマ

P2180060
P2180060 posted by (C)オトジマ

P2180064
P2180064 posted by (C)オトジマ

ウォーキングコース運営の中心になっているミカン農家の黒木さん宅でまたミカンをたくさん買って帰った。コツブで皮が薄く、とても甘い。無量試食のポンカンもおいしかった。黒木さん手製のサツマイモスティックもおいしいので是非。

今週末までは満開が楽しめるのでは。見てあげる人がいないともったいないので是非お出かけを。

サクラ咲く

あたたかな15日、そこらを回ってみたらもう満開のサクラがあった。場所は土々呂、妙見の櫻台住宅地。
P2150016
P2150016 posted by (C)オトジマ

P2150015
P2150015 posted by (C)オトジマ

メジロがたくさん来てるんだが、写ってないね・・・・
P2150017
P2150017 posted by (C)オトジマ

これは去年の春、同じ団地から土々呂湾をのぞむ
P1011704
P1011704 posted by (C)オトジマ

本格的なサクラにはあと一月以上ある。このまま一挙に暖かくはならないんだろうな・・・

馬と日本縦断の青年 門川通過

うわさでは最近、馬を2頭連れた若者が日本縦断の途中、県内を通過中とか。そしたら今日、妻がその馬を土々呂駅で見た、言うではないか。さっそく土々呂駅に見に行ってみると、すでに忽然と姿を消していたが、後で国道10号に出てみたら、いましたいました、セブンイレブンの前で会う事ができた。さっそく写真をとらせてもらった。
P2120003
P2120003 posted by (C)オトジマ

北海道大学獣医学科の山川晃平(24)君である。北海道を昨年8月に出発して日本縦断の半年の旅に出た。都井岬の野生馬に会いに行くらしいからそろそろゴールも近い。国道10号線ではよく日本縦断の旅人、徒歩やリヤカーや自転車や原付やを見かけるが、馬は大変珍しい。それも和種どさんこという小さな馬である。壮挙である。

馬はおとなしくてとてもかわいい。行く先々で人々になでまわされいるようだ。ホースセラピーである。門川では福祉施設にも立ち寄ったようだ。各地で保育園や老人施設を馬で慰問している。この馬たちを見ると絶対100%の人がナデナデしたくなる。本日付の彼のブログでは門川の小学生が抱きついている写真がある。
P2120004
P2120004 posted by (C)オトジマ

さっそくセブンにいたお客や彼を待ち構えていたいた人々が集まってきた。そのつど写真を撮られたり、相手をしたりしなければならないのでなかなか歩みがはかどらないようだ。
P2120009
P2120009 posted by (C)オトジマ

もらった差し入れが鞍にくくりつけてある。お人よしの多い日向路ではあまりにもたくさん差し入れをいただくので、荷物が増えて馬の負担になるので断ることもあるとか。ここでも飲み物や食べ物がオバちゃんたちから手渡されていた。
P2120005
P2120005 posted by (C)オトジマ

P2120006
P2120006 posted by (C)オトジマ

馬の首に募金箱が下がっている。私もお賽銭と思って上げておいた。物入りの長旅だから食べ物よりお金のほうがありがたいに違いない。
P2120007
P2120007 posted by (C)オトジマ

馬が大変な点に、飼い葉と馬糞がある。ウマのクソは大量なだけに歩道に置いていくのははばかられそうだが、どうしているのか?聞いてみるとこのオレンジ色の容器に回収して運ぶそうだ。犬の散歩のフン回収とは量がまるで違う。
P2120008
P2120008 posted by (C)オトジマ

大学の実習牧場にいた半野生状態の和種どさんこが処分されるこになり、そのままでは馬肉になるところを彼が買い取ったそうだ。2頭とも15歳だから若くはない。道中の飼い葉は道端の草や購入する場合もあるようだ。ガソリンが要らないのは確かだ。なぜ2頭なのかというと一頭に荷物を積み、一頭に騎乗する予定だった。しかし大方は引きウマでの道中。道交法ではウマは引いている分には歩行者扱いだとか。犬を連れているのと同じ。乗ったら車道ということ。

P2120011
P2120011 posted by (C)オトジマ

私のじいさんは鉄道開通以前、槇峰鉱山の銅を運ぶ馬車引きだったとか。そこまで遡らなくとも昭和30年代、私が子供時代までは馬車は珍しくなかった。普通に貨物運送に携わっていた。我家の隣が鍛冶屋さんで、馬車の修理に来ていた。当時は国道といえども砂利道で大きなマグソが落ちていても眉をひそめる人はいなかったが、現代は犬のフンでも不謹慎な時代だから馬の旅は大変だろうな。馬連れだ宿泊先も限定される。さらにこの寒さの中で野営もいとわず馬と3500kmを歩きとおしている山川君はエライ。なかなか好感の持てる青年であった。

山川晃平君の日本縦断ブログはコチラ

延岡では2月に「リヤカー日本縦断」の田中克成という人物が大きな講演会を開くそうだ。自著の販売が目的の行脚らしいからこれはビジネスである。入場料1500円も取るというので驚いたが、高すぎじゃね??リヤカーよりウマのほうがはるかに話題性とアピール度が高いし、田中さんよりも山川君の講演会を聞いてみたいな。

これは数年前見かけたリヤカー日本一周。犬も連れている。こんな木製の自製リヤカーで日本一周もつんかい?
cart
cart posted by (C)オトジマ

寺 三つ

ウォーキングついでに気軽に立ち寄れるのは神社や寺。

まずは土々呂の極楽寺の紅梅。背景はイチョウの枝。
P2062565
P2062565 posted by (C)オトジマ

本堂の屋根瓦に阿吽がいたのに今頃気づいた。
P2062569e
P2062569e posted by (C)オトジマ

延岡、松山の本東寺は梅の古木が有名である
P2062587
P2062587 posted by (C)オトジマ

これが慧日梅。この寺の山号が慧日山なので。パッと見には驚くようなほどには見えない。そもそも座論梅もそうだが、梅は古木だからといって巨木になるわけではないようだ。まだ2分咲きくらいか。
P2062585
P2062585 posted by (C)オトジマ

P2062586
P2062586 posted by (C)オトジマ

P2062600
P2062600 posted by (C)オトジマ

日蓮宗なので日蓮の像がある
P2062601
P2062601 posted by (C)オトジマ

本堂から慧日梅を見る
P2062602
P2062602 posted by (C)オトジマ

鐘楼のそばの紅梅
P2062588
P2062588 posted by (C)オトジマ

境内の墓地にに藤江監物の墓がある。墓石がいくつもあってどれが献物のやらよくわからない。ここの墓は元禄から享保にかけてだからかなり古い。藤江監物は江戸時代延岡藩家老で岩熊井堰建設に功のあった人物だが悲劇の死をとげた。
P2062594
P2062594 posted by (C)オトジマ

ウィキペディアによれば監物の墓は以下のように5箇所もある。どれが本物? どれも本物かな?

雲峰山昌竜寺 - 宮崎県西臼杵郡日之影町舟ノ尾
藤江監物父子墓所 - 宮崎県西臼杵郡日之影町七折
藤江監物墓所 - 宮崎県東臼杵郡美郷町西郷区田代
藤江監物墓所 常楽寺 - 宮崎県延岡市野地町4-3840
藤江監物墓所 慧日山本東寺 - 宮崎県延岡市松山町

今山の下、北小路の台雲寺
P2062616
P2062616 posted by (C)オトジマ

山門に古い仁王がいる。阿吽ともほぼ同じ立ち姿。口でしか判別できない。ピンクレディーが踊っているような・・
P2062607e
P2062607e posted by (C)オトジマ

ここには延岡藩最後の藩主・内藤政挙公の墓がある。内藤家は市役所裏の三福寺が菩提寺のはずで、城山にも累代の墓所がある。
P2062610
P2062610 posted by (C)オトジマ

内藤家の墓所と並んで延岡の大地主、谷家の墓地もある。
P2062614
P2062614 posted by (C)オトジマ

内藤家の墓地はこのようなレンガで囲われている。内藤記念館、旧延岡高女でおなじみの黒いレンガ。見立高山の鉱さいで焼いたとか。
P2062611
P2062611 posted by (C)オトジマ

延岡 菜の花ロード

テレビで延岡の菜の花ロードを見た。去年も行ったが寒くて震え上がった。今日はいい天気であったかいので歩いてみよう。

五ヶ瀬川の堤防に菜の花が植えられている。遠景は高平山。
P2062570
P2062570 posted by (C)オトジマ

P2062574
P2062574 posted by (C)オトジマ

案内板にはピンクのサクラが描かれている。ヒカンザクラがズラリと植えられているがまだ幼木。ツボミはいっぱいついているがまだ咲いていない。あと1~2週間後のようだ。咲けばキレイだろう。
P2062572
P2062572 posted by (C)オトジマ

東側起点あたりに河口から5kmの標識。松山橋あたりから歩いたので往復2kmほど。野田の松尾橋あたりから歩くなら往復3kmほどずっと菜の花のなかを歩けるだろう。対岸にも植えれば周回路になるんだが。
P2062582
P2062582 posted by (C)オトジマ

P2062578
P2062578 posted by (C)オトジマ

市中心部から高速道路インターへの接続道路沿いなのでややウルサイ
P2062581
P2062581 posted by (C)オトジマ

P2062577
P2062577 posted by (C)オトジマ

立野の梅

去年は2月2日に都農町の立野のウメを見に行っている。去年はほど良い開花だったので今年もそろそろいいんじゃないか、ということで行ってみた。去年も見た美々津ゴルフ場下のヒカンザクラ。
P2032480
P2032480 posted by (C)オトジマ

P2032472
P2032472 posted by (C)オトジマ

P2032469
P2032469 posted by (C)オトジマ

立野の駐車場に着くとなにやらTVクルーの取材中。どうやら立野ウォーキングコースの取材だか宣伝だかのようだ。
P2032487
P2032487 posted by (C)オトジマ

女性が持っているのは都農町のキャラクターの「つのぴょん」。男性は立野ウォーキングコース設立の中心メンバーの黒木さん。
P2032486
P2032486 posted by (C)オトジマ

駐車場からすぐの所に売家がある。昨春も昨秋も来たときには家主の老人と話した。見晴らしの良いここに隠居所として建てたということだった。売りに出たのは高齢で管理が大変だ、とかいう話だ。
P2032490
P2032490 posted by (C)オトジマ

背後に丘、東に宮崎平野と日向灘が望める高台にある優良物件です。
P2032493
P2032493 posted by (C)オトジマ

山林というけれど実は広い庭で大きな池もある。興味ある方は不動産屋さんへ。
P2032492
P2032492 posted by (C)オトジマ

で、肝心のウメは? いささか早すぎた。多くの木はほとんど咲いていない。チラホラ咲いている木もある、と言う程度。
P2032495
P2032495 posted by (C)オトジマ

P2032505
P2032505 posted by (C)オトジマ

P2032511
P2032511 posted by (C)オトジマ

P2032496
P2032496 posted by (C)オトジマ

P2032503
P2032503 posted by (C)オトジマ

P2032504
P2032504 posted by (C)オトジマ

さがすと咲いている木もある
P2032516
P2032516 posted by (C)オトジマ

やはり咲いていればキレイ
P2032517
P2032517 posted by (C)オトジマ

毎回コース途中の浄土寺で昼食。無住の小さな寺。
P2032522
P2032522 posted by (C)オトジマ

今日のお弁当は門川のスーパー「さの」の恵方巻。おいしゅうございました。
P2032521
P2032521 posted by (C)オトジマ

寺の下にため池がある。
P2032529
P2032529 posted by (C)オトジマ

P2032530
P2032530 posted by (C)オトジマ

P2032534
P2032534 posted by (C)オトジマ

伸びたシュートを剪定している。
P2032536
P2032536 posted by (C)オトジマ

P2032545
P2032545 posted by (C)オトジマ

P2032546
P2032546 posted by (C)オトジマ

P2032547
P2032547 posted by (C)オトジマ

ここらは咲いている
P2032549
P2032549 posted by (C)オトジマ

P2032550
P2032550 posted by (C)オトジマ

立野ウォーキングコースの梅の満開は来週(2月第二週)あたりではないだろうか。2月8日の日曜もいいかもしれない。是非歩いてみて下さい。
P2032553
P2032553 posted by (C)オトジマ

高台に行くと高速道路と海が見える
P2032561
P2032561 posted by (C)オトジマ

立野のキャラクター「みかん太郎」と「梅娘」。黒木さんのミカンを買って帰ったらとってもおいしかった。
P2032559
P2032559 posted by (C)オトジマ
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR