孫に送る本

孫の誕生日にはだいたい本を送っている。例年名の通った定番の絵本や図鑑を送っていたが、4年生になったので読み物を送ることにした。

しかし今の子供が何を喜ぶのか読んで面白いと思うのか全く見当がつかない。私が子供の頃には児童書はごく限られていたが、現在は創作物が主流となりすごい数が出版されている。そこで、アマゾンを「児童書・高学年」で検索してみて上位に来るもののレビューを読んでみた。ほとんどの人が「面白い」といっているものから適当に3点選んで買ってみた。今の児童書の作家は全然知らないので作家名は気にかけなかったが偶然「岡田淳」が2冊重なってしまった。孫に送る前に3冊とも読んでみた。

P6184000
P6184000 posted by (C)オトジマ

2分間の冒険 (岡田淳)
6年生の悟は学校の日常生活の中でふとしたことから異世界に放り込まれる。奇妙な仕組みとルールが支配する異世界で危機に陥る。悟はほかの大勢の子供たちとドラゴンとのなぞなぞ対決をさせられるはめになる。はじめはバラバラだった仲間たちと信頼関係を作り上げる中で最終的に危機を脱する・・・・・みたいな話。

ファンタジーはどういうわけかドラゴンをやっつける話が多いが。この話では定番のドラゴン退治が日常のすぐ隣にあって子どもの好きななぞなぞでやっつける、など深刻であるべき冒険譚を茶化しているのが面白い。芥川の「杜子春」のように長い物語が実は2分間の夢だった・・・みたいな構成である。大人が読んでも結構面白い。

びりっかすの神様 (岡田淳)
4年生の始は転校した先の学校の教室で奇妙なものを見る。びりっかすさんという妖精である。クラスのビリの人にまとわりつく妖精なのであるがビリの人にしか見えない。当初始はクラスになじめず孤立していたがびりっかすさんをめぐって成績下位の子たちと共同し最終的にはクラス全体の成績向上と団結を勝ち取る・・・・・みたいな話。

学校生活の日常の中にさえないオジサンの妖精があらわれる、というところが面白いところ。子供向け作品だから荒唐無稽なのは仕方ないが、大人が読むとかなり無理がある。岡田淳は学校生活の中で軽妙なファンタジーを作る名手らしい。今の子供の世界は学校か家庭かスポーツクラブか塾か、くらいしかない狭い世界だから学校が舞台になるのは当然だ。

霧のむこうのふしぎな町 (柏葉幸子)
静岡に住む6年生のリナは東北地方の山中の銀山跡にいる親戚のところで夏休みを過ごすことになる。しかし銀山に行く途中で異世界に迷い込んでしまう。そこは全く子供の本ならではの国籍不明のお伽の町で、リナはそこでカタカナの名前の不思議な住人たちと奇妙な経験をしながらひと夏を過ごし人間的に成長する・・・・みたいな話。

1975年の作品ではあるが舞台背景のせいか時代は感じさせない。どうやら山形県あたりを舞台にしているようだが、そのような土着的・和的テイストは全くなく国籍不明。少女向け和製ファンタジーのロングセラーらしい。年老いた私にとってはは全然面白くないが子供に面白いのかもしれない。こんど孫に感想を聞いてみよう。日本の子供が非日常の世界を体験するとしたら、学校が長期休暇となる夏休みの可能性が高い。そこで夏休みに田舎に行って奇妙な体験をする、というのも子供向けファンタジーの定番のようだ。アニメでは「となりのトトロ」もその例。

本を読む楽しさに「読み始めたらやめられず朝が来た」というような醍醐味がある。アマゾンの児童書レビューを見ていると上橋菜穂子の作品にそのような記述が目立つ。上橋作品は多いがどれにもそんなレビューを見ることができる。直近の本屋大賞1位は上橋菜穂子「鹿の王」である。本屋大賞1位作品は文句なしに面白いので一般書としても大変力のある作家だということがわかる。しかし私は全く上橋菜穂子の作品を読んだことがない。ということで試しに代表作「精霊の守り人」もアマゾンで買ってみた。
P6184001
P6184001 posted by (C)オトジマ

精霊の守り人 (上橋菜穂子)
最近NHKが「大河ファンタジー」として本腰を入れて綾瀬はるか主演で実写ドラマ化している。シリーズ第1作となるこの作品はすでに刊行20年が経ち児童書では古典にもなりつつある。アニメ化もされている。アニメやRPGでよくありそうな時代・国籍不明でご都合主義の魔法飛び交うファンタジーというのはどうにも読む気になれないのであるが、とにかく孫にお薦めできるかどうか気になるので読んでみる。

ごく短く端折ると・・・・中世の中国だか中央アジアだかみたいな雰囲気の王国が舞台。用心棒稼業をする女剣士バルサが偶然皇子を救う。その後、父の皇帝に追われる身となった数奇な運命の皇子の用心棒として刺客や異世界の怪物と闘いながら最終的には王国の危機を救う・・・・みたいな話。

きっとこれはファンタジーの王道を行くような作品だろう。児童書に分類されるので総ルビでジブリの二木真希子さんのイラストもちりばめられている。しかし世界観はしっかり描かれているし、文章や心理描写は成人向けレベルで、戦闘場面描写もリアリティがあるので全然児童書を読んでいるという気はしない。さらに成人向け作品みたいに無駄に長くないので読みやすい。血沸き肉踊り、読み始めたら止まらない・・・・というほどはないがこれなら続編を読んでもいいかなという気になる。
しかし小学生にはどうなんだろう。4年生の孫の顔を思い浮かべるとやや難しいかな、という気がする。5年か、6年生になった頃でいいかな。というところでこの本は今年の誕生日には送らないことにした。

平和台公園

所要で宮崎に行ったので平和台に寄った。土曜日のせいか駐車場は満杯。

地元テレビのローカル番組でこの駐車場に数十年もいるホットドッグ屋のオバサンが紹介されていた。ここで買っていたお客さんにインタビューすると皆さん子供のころからその味に親しんでいるとか。ふと記憶をたどると私は路上の移動店舗のホットドッグなんて一度も買ったことがない。それどころかホットドッグというものを買った記憶もほとんどない。だいたいそんな露店は怪しい、という感覚が先に立つ。しかし何十年も同じ場所で営業しているくらいなら十分な信用のある店といっていい。といいうような理屈はさておき、そのホットドッグを買ってみよう。
P6183959
P6183959 posted by (C)オトジマ

土曜でお昼時ということもあるのか大盛況。「ヤング食品」という屋号であるが、中のオバちゃんは70過ぎである。
P6183960
P6183960 posted by (C)オトジマ

普通、ホットドッグというとパンの割れ目に長いソーセージが入ってるもんだが、これは薄っぺらい魚肉ハムとあとは大量のキャベツ。全然ホットドッグではない。しかしこれが意外とうまいのである。キャベツとドレッシングが絶妙。昔はソーセージを入れていたらしいが、調理が面倒なので今のスタイルにしたとか。車の中で普通の小さな家庭用パン焼きトースターで焼く。250円也。
P6183962
P6183962 posted by (C)オトジマ

38年も続くというのはオバちゃんの人柄もあるにちがいない。

ホットドッグを食べながら公園の案内看板を見る。この公園はあの八紘一宇の塔しかないと思ったいたら、とても広大でいくつものウォーキングコースがある。もっともラクそうな池回りコースを歩いてみた。まず池まで降りる。
P6183963
P6183963 posted by (C)オトジマ

人工せせらぎで子供たちが遊ぶ。いい公園だなぁ。
P6183964
P6183964 posted by (C)オトジマ

P6183968
P6183968 posted by (C)オトジマ

池はけっこう大きい。一周2000m。
P6183965
P6183965 posted by (C)オトジマ

やたらカメが多い。イシガメと思ったら、顔に縞模様があるのでミドリガメのようだ。祭りの露店で買った小さなカメを飼いきれなくなって捨てたものか。
P6183969
P6183969 posted by (C)オトジマ

ヘビもいます。
P6183991
P6183991 posted by (C)オトジマ

遊具広場は家族連れがたくさん。駐車場の車はこの人々だったか。
P6183974
P6183974 posted by (C)オトジマ

かわいい自転車とヘルメット。きっと双子だな。
P6183972
P6183972 posted by (C)オトジマ

P6183976
P6183976 posted by (C)オトジマ

P6183983
P6183983 posted by (C)オトジマ

P6183986
P6183986 posted by (C)オトジマ

休日なのにウォーカーはあまりいない。
P6183987
P6183987 posted by (C)オトジマ

ここの池には沼スギが多い。ラクウショウ(落羽松)ともいうアメリカ原産の杉の仲間。
P6183981
P6183981 posted by (C)オトジマ

マングローブのように水中からでも生えている。普段見ないので異様に感じる。
P6183995
P6183995 posted by (C)オトジマ

根元は板根のようになっているものもある。
P6183996
P6183996 posted by (C)オトジマ

巨木の群落。きっと成長が早いんだろう。
P6183999
P6183999 posted by (C)オトジマ

根元を見ると杉と思うが梢をみると明らかに異なる。
P6183998
P6183998 posted by (C)オトジマ

宮崎市にはたくさんの立派な公園がある。市の規模が大きいうえに市と県の施設がダブルであるからである。県北民からみると大変うらやましい。






細島 水ヶ浦

細島商業港。 対岸は牧島山。
P1010001
P1010001 posted by (C)オトジマ

細島商業港の牧島山の麓に水ヶ浦という小さな公園がある。磯場にある親水公園である。
P3020844
P3020844 posted by (C)オトジマ

崖の下に沿っているので細長い
P6073915
P6073915 posted by (C)オトジマ

日向市市街地方面。遠くに東郷町の冠山が見えている。
P6073908
P6073908 posted by (C)オトジマ

対岸の験潮場あたり
P6073909
P6073909 posted by (C)オトジマ

ここに湧水がある。
P6073912
P6073912 posted by (C)オトジマ

湧水があるので水ヶ浦と呼ばれる。細島は江戸時代から日向国第一の港として栄えた。港に立ち寄る船がここで水を補給したとか。
P6073911
P6073911 posted by (C)オトジマ

P6073913
P6073913 posted by (C)オトジマ

上の案内板には、背後の牧島山に豊かな照葉樹林があるので澄んだ水が得られる・・・というようなことが書かれているが・・・・?

数年前に米の山から撮影した牧島山。25年ほど前に旭化成のヘリが山頂に激突して10名が亡くなる惨事があった。
img_3
img_3 posted by (C)オトジマ

確かに現在は鬱蒼たる森に覆われているが、はたして昔もそうだったのだろうか? 下の写真は戦前のものであるが、ご覧のように牧島山はまったくのハゲ山である。牧島という名前からして昔は馬の放牧場だった名残である。
hataura
hataura posted by (C)オトジマ

山頂から細島港を見下ろす。森林がなかったので展望が効いたということ。
makisima
makisima posted by (C)オトジマ

昔の写真を見るとどこでも山の樹影が薄い。薪炭採集のため常に森林に圧力がかかっていたので里に近い山ではどこも鬱蒼たる森はなかったのである。ということで上の県が設置した水ヶ浦の来歴案内にはいささか疑義が残る。

水ヶ浦から馬ケ背のある日向岬を望む。
P6073914
P6073914 posted by (C)オトジマ

小さな公園なのに看板多すぎ。同じ看板が3枚も。はなはだ美観を損ねている。
P6073910
P6073910 posted by (C)オトジマ

確かにアズマヤで焚火をした不心得者はいる・・・・
P6073916
P6073916 posted by (C)オトジマ

細島の秘密の花園

フラリと細島へ。たまたま港にクルーズ船が来ていた。おなじみのコスタ・ビクトリアである。75000t。
P6023875
P6023875 posted by (C)オトジマ

P6023877
P6023877 posted by (C)オトジマ

片雲の風に誘はれて、漂白の思ひやまず・・・・・。いいなぁ、お金持ちは。
P6023881
P6023881 posted by (C)オトジマ

所属港はイタリア・ジェノバとある。いつもは中国人が多いが、今回は割と白人系が多いようだ。夕方の出港まで県北各地の観光地にバスに分乗して出かける。今、高千穂の神楽を大勢で見てるはず。神楽はどもかく、途中の新緑と渓谷美がいいだろう。
P6023882
P6023882 posted by (C)オトジマ

春に細島小学校上の個人の庭園に行った。山の斜面の段々畑の跡に各種の花木を植えて、公開の花園としている。サクラは今一つだったが、そろそろアジサイの頃か。
P6023884
P6023884 posted by (C)オトジマ

アジサイと紅葉が同時に見れる!
P6023888
P6023888 posted by (C)オトジマ

P6023890
P6023890 posted by (C)オトジマ

今日は誰も来ていない
P6023895
P6023895 posted by (C)オトジマ

まだツツジがある。アジサイは驚くほどは大量にはないし、まだ満開ではない。
P6023886
P6023886 posted by (C)オトジマ

細島商業港が見える
P6023889
P6023889 posted by (C)オトジマ

動画で。


プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR