生頼 範義展Ⅲ

生頼 範義(おおらい のりよし)展Ⅲが宮崎アートセンターで開催中。
いかに偉大なアーチストの回顧展とはいえ、なにせ三度目だから「またか」という感はまぬがれないが、娘が正月休みで帰省しているのを機に娘と見に行くことにした。

PC288127e
PC288127e posted by (C)オトジマ

ここでは顔出し写真みたいに写真撮影可。
PC288124e
PC288124e posted by (C)オトジマ

もう一枚
PC288128e
PC288128e posted by (C)オトジマ

第4展示室は写真撮影可。以前に出品された作品もある。

平井和正の狼男シリーズの表紙絵。正直、平井作品は一冊も読んだことがない。
PC288149e
PC288149e posted by (C)オトジマ

会場の作品なのでガラスに撮影者が映り込んでいる。小松左京「復活の日」より。北氷洋に浮かぶ潜水艦。よく雰囲気が出ている。
PC288138e
PC288138e posted by (C)オトジマ

ほとんどの作品はリキテックスだが、これはパステル。ペン画ももちろん素晴らしいし、本当に道具を選ばない人だ。
PC288141e
PC288141e posted by (C)オトジマ

もっとも生頼らしい軍艦の絵。いつも空がドラマティック。未完成らしいのであるが、どこが未完成なのかわからない。
PC288144e
PC288144e posted by (C)オトジマ

実際には絶対写真が現存しない戦闘場面はイラストレーターの想像力の産物。
PC288145e
PC288145e posted by (C)オトジマ

結論的に言えば、やはり見ればそれだけのことはある、ということ。早川文庫で見ていた表紙絵の原画が何枚も見れてあらためて生頼の才能に感じ入った。

次の2点は図録からの引用。(画質をかなり落としてあります。)

「目標 伊号潜水艦」(アントニー・トルー)。めちゃ面白かった小説。イギリス小説なので日本人は悪役だが面白い。インド洋での日英の争い。美しい南洋の島の入り江に停泊する伊号潜水艦。表紙だけで読みたくなる。
img086ee.jpg

「グッバイミッキーマウス」(レン・デイトン)朝焼けの中にたたずむP-51。無機的な武器にすぎないのになんと美しく情緒に満ちているんだろう。未読なので断言はできないが、小説よりも表紙絵の方がよくできているんじゃないんだろうか。
img087ee.jpg

展覧会場で販売される図録には展示されていない作品も多く含まれている。現在ではアマゾンでも買えるようだ。ただし第1巻は欠品のようで定価2800円に対し1万円以上のプレミアムがついた古書しかない。今回は第3巻までぴったり入る美しい箱が発売されている。1000円ほどするので安くはないが、図録はソフトカバーで腰がないので本立てに立てにくいから箱は便利かも。






日向市塩見の風車

日向高校近くを通ると塩見川のそばに大量の風車のある庭がある。
ペットボトルの風車はつねづねダサイと感じていたのであるが、思わず車を止めて見入ってしまった。
ダサイものでも数が集まれば壮観である。
PC178099
PC178099 posted by (C)オトジマ

PC178096
PC178096 posted by (C)オトジマ



PC178092
PC178092 posted by (C)オトジマ

PC178098
PC178098 posted by (C)オトジマ

オライオン飛行

たまたま図書館で手に取った「オライオン飛行」(高樹のぶ子)を読んでみた。「飛行」の文字に引っかかったのである。「飛行機」の話はなんにつけ興味がある。結論的に言うと、私にはとても面白かった。以下ネタばれあり。

PC138089
PC138089 posted by (C)オトジマ

リンドバーグやサン・デグジュペリ、日本では延岡の後藤勇吉など、飛行士が空の英雄だった時代がある。宮崎駿の「紅の豚」もそんな時代。多くの飛行士が世界各地で長距離飛行の記録に挑んだ。後藤勇吉は太平洋横断飛行に挑もうとしていたが、その練習中に事故を起こし死亡した。

霞ヶ浦で太平洋横断をめざし訓練中のヒコーキ野郎たち。左端が後藤勇吉。
blog_import_5244672a4a4f9
blog_import_5244672a4a4f9 posted by (C)オトジマ

門川海浜公園に立つ後藤勇吉像。ここの尾末湾も後藤が水上機の訓練をした場所。勇吉は延岡の英雄である。
blog_import_52446724ef562
blog_import_52446724ef562 posted by (C)オトジマ

小説の主人公、ジャピーと全く同時代人でライバルであったサン・テグジュペリはパリーサイゴン間の飛行に飛び立って航路を誤りリビアの砂漠に不時着してしまった。彼はそこで例の「星の王子様」に出会ったわけだ。テグジュペリの場合はそれが不幸中の幸いだった。当時の航空界の状況はウィキペディアのココに詳しい。

ジャピーのたどった航路。ゴールは東京羽田。
ジャピー map s

1936年に多額の懸賞金のかかった100時間以内でのフランスから東京への飛行に挑戦した飛行士たちがいた。32歳のフランス人、アンドレ・ジャピーもその一人。彼は夜も寝ずに超人的体力と気力で気象不良の長崎県野母崎上空にたどり着いた。出発から75時間後。当時の金で8億円の賞金と栄誉まであと1000㎞。しかしゴールの羽田に達するには燃料が不足した。そこで福岡の雁ノ巣飛行場で最後の給油をするつもりで航路を北寄りに変更した。福岡の直前の背振山系を越える時、視界不良と高度不足により山頂近くに激突して機体は大破、ジャピーも重症を負い、飛行は失敗した。ドラマはそこからはじまる。
ジャピー map2

ジャピーは地元民に救出され九州大学医学部病院に担ぎ込まれる。空の英雄ジャピーは有名人で当時の世界大国フランス人ということもあり、九大病院あげての手厚い看護と待遇を受ける。ジャピーはケガが完治するまでの数か月を医学部病院と九大の別府温泉病院で過ごす。ここまでは史実。その後はフィクションだろう。小説によれば、その間、一貫して看護にあたったのが担当看護婦の桐谷久美子である。

小説でも出てくる九大病院で看護婦たちと写った写真も実際にある。どれが当時18歳の桐谷久美子なのかと気になるが・・・・
japi4.jpg

英雄に美女とくれば当然恋に落ちる。二人は全く言葉が通じない中で秘密の恋をはぐくむ。しかしこの恋は決して安穏に成就する恋ではなかった。戦争へと向かう国際情勢、フランスの富豪家の息子としがない看護婦、肉体的な交感はできても会話が成り立たない二人。ジャピーは完治してフランスへ帰る。しかし久美子はその時身ごもっていた・・・・・・

こんな歴史の彼方に秘された悲恋話を、現在の時点から、福岡市在住の久美子の子孫にあたる若い娘とジャピーの形見の懐中時計を修理する時計屋の老人が読み解き、謎を解いていく・・・という話である。舞台はほどんど福岡と大分と佐賀。

まったくのフィクションだと思って読み始めたのであるが、試しにジャピーで検索してみると、沢山の記事がでてくる。私は全く知らなかったのであるが、ジャピーの遭難は当時の日本では大ニュースだったらしい。ジャピーが遭難した背振山には記念碑があるし、佐賀県神埼町のホームページにはジャピー遭難の記事がある。 --神埼市観光協会HPより転載--
japi3.jpg

japi2.jpg

ジャピーの乗っていた飛行機、コードロンC631シムーン。シムーンはフランス語で砂漠の熱風を意味し、イタリア語のギブリと同じ。マセラティ・ギブリというイタリア車がある。スタジオジブリのジブリは実は間違っている。VWの車の名前シロッコも同じ熱風の名称である。、コードロンC6314人乗りであるが、ジャピーは燃料積載のため機関員の乗る乗員席をつぶして燃料タンクを増設し、一人で飛行した。
japi.jpg

ジャピー 8

ジャピーの英雄譚は児童書にもなっている。「飛べ! 赤い翼」(ごんどうちあき著 1991年刊 小峰書店)。わりと簡単にジャピーの飛行をなぞり、墜落後、地元で救出にあたった人々や医師の話が主。全編を通しても「オライオン飛行」よりも情報量はずっと少ない。
PC148090
PC148090 posted by (C)オトジマ

さて、小説「オライオン飛行」(オライオンとはいわゆるオリオン座のこと)はジャピーと看護婦・桐谷久美子の切ない恋愛が主題である。ジャピーはほぼ傷が癒えると、別府にある九大の温泉病院に移り、リハビリと温泉治療に励むことになる。ここでは二人は病室ではなく孤立した家を与えられているのでしっかりと愛を育むことができたのである。ここは実在の施設で行ったことがあるので身近に感じられる。
P3231500
P3231500 posted by (C)オトジマ

広大な病院である。敷地のほとんどは森林。
P3231486
P3231486 posted by (C)オトジマ

入口から建物までが遠い。
P3231498
P3231498 posted by (C)オトジマ

鶴見岳が見える。
P3231496
P3231496 posted by (C)オトジマ

市街地の真ん中とは思えないような森の小道。ジャピーと久美子はここを散歩しキスを交わしたのかも。
P3231490
P3231490 posted by (C)オトジマ

ジャピーは帰国後、戦争を生き延びた。ティグジュペリは戦時中はP-38に乗っていて戦死している。戦後は南太平洋の仏領で飛行機に携わり1974年に亡くなった。小説中では久美子も戦後まで生き延びる。その後の二人がどうなったのか、子供がどうなったのかに興味がそそれた方は原作を読んでいただきたい。いかにもロマンティックな悲恋物語である。映画に好適な素材なので映画化されるかも。宮崎駿の「風立ちぬ」も飛行機を交えた悲恋譚である。「紅の豚」と同時代であるからジブリならお手の物。ぜひジブリに作って欲しいな。


北郷・西郷

上天気の日曜なのでちょっとドライブ。五十鈴川。
PC118017
PC118017 posted by (C)オトジマ

宇納間地蔵へ。2時すぎなのにもう陽がささない。
PC118020
PC118020 posted by (C)オトジマ

全長寺山門
PC118021
PC118021 posted by (C)オトジマ

PC118023
PC118023 posted by (C)オトジマ

全長寺
PC118024
PC118024 posted by (C)オトジマ

地蔵はここから300段ほど石段を上がる。いい運動になる。
PC118028
PC118028 posted by (C)オトジマ

ゼエゼエいって石段を登り切ってもこんな堂があるだけ。
PC118029
PC118029 posted by (C)オトジマ

宇納間の小さな盆地
PC118030
PC118030 posted by (C)オトジマ

寺社にある砲弾型モニュメントは日清・日露戦役の鎮魂碑が多いものだが、これは単なる境内整備の記念碑。
PC118033
PC118033 posted by (C)オトジマ

いつも年末は西郷の林業センターのモミジバフウの紅葉を見に来る。程良い。
PC118085
PC118085 posted by (C)オトジマ

PC118042
PC118042 posted by (C)オトジマ

PC118057
PC118057 posted by (C)オトジマ

黄色い葉も美しい。
PC118052
PC118052 posted by (C)オトジマ

黒くなった葉は裏から日光を透過してみると真っ赤に見える。
PC118069
PC118069 posted by (C)オトジマ

PC118075
PC118075 posted by (C)オトジマ

我が家のボロ車もテレビCMの一場面に見えなくもない。
PC118045
PC118045 posted by (C)オトジマ

国東 人形たち

旧千燈寺まで来たのですぐ近くの五辻不動尊にも寄る。すでに日が傾いていた。
PC027936
PC027936 posted by (C)オトジマ

PC027948
PC027948 posted by (C)オトジマ

周防灘、姫島方面
PC024262
PC024262 posted by (C)オトジマ

姫島
PC024263
PC024263 posted by (C)オトジマ

ここに彫刻がある。3年前に設置されているので初めて見る。
PC024267
PC024267 posted by (C)オトジマ

イギリスの彫刻家、アントニー・ゴームリー氏の作品。自身を型として鋳型をつくり鉄を流し込んで作られたのでほぼ作者本人のコピーらしい。身長が180㎝ほどある実物大だ。赤さびがなかなかいい。
PC024261
PC024261 posted by (C)オトジマ

当初、ここに設置されると聞いた時には、なんと場違いで、宗教的場所に不謹慎な・・・・と、思ったものだが、こうやって時が経過してみると、悪くないと思える。担当者の英断だ。仁王の新たなデザインと思えばいいのかも。
PC024259
PC024259 posted by (C)オトジマ

しかし、陰部もあらわなのがどうなのかな・・・・と気にならんではないので・・・・・
PC027945
PC027945 posted by (C)オトジマ

赤フンドシをつけてみた。お地蔵さんに赤い前垂れを奉納するようなもの・・・・。
PC027946
PC027946 posted by (C)オトジマ

しかし、芸術作品を冒涜する、と批判されそうなのではずして帰った。
姪が日向高校に在学中のこと。高校の玄関に「輝きの像」という銅像が立っている。通称「かがやき君」。これが全裸なのがいかがなものか、と生徒会で問題になり、パンツをはかせよう、という意見が本気で議論されたとか。

日向高校の「かがやき君」。入学するとここで記念写真を撮るのであるが、乙女にはいささか気恥ずかしいような。
P4110005em
P4110005em posted by (C)オトジマ

田染で路傍のあちこちにカカシの村人たちがたむろしているのを見た。
PC020157
PC020157 posted by (C)オトジマ

半島の海側、国東市に降りてくると田んぼにやたらたくさんのカカシが展示されている。「富来の案山子祭」というらしい。
すでに稲刈りは済んでいるわけだからカカシとしてではなく村おこしの一環らしい。
PC027951
PC027951 posted by (C)オトジマ

PC027952
PC027952 posted by (C)オトジマ

けっこうな労力がかかっている
PC027953
PC027953 posted by (C)オトジマ

吉弘楽は国東市、楽庭八幡社に伝わる舞楽。
PC027956
PC027956 posted by (C)オトジマ

峯入り行
PC027959
PC027959 posted by (C)オトジマ

大不動岩屋

PC024239
PC024239 posted by (C)オトジマ

奇岩の岩峰があちこちに。国東らしい風景。
PC024238
PC024238 posted by (C)オトジマ

天念寺耶馬
PC027882
PC027882 posted by (C)オトジマ

小さな石橋が見える。無明橋である。数年前、あそこに登った。スリルがあって子供を連れていくと喜ぶだろう。
PC024235
PC024235 posted by (C)オトジマ

岩峰に大きな洞穴があるところはなんだか神秘的である。日本ではたいがい宗教的な祠があるようだ。
豊後大野の普光寺には磨崖仏がある。国東でもあちこちにある。国東市国見町の千燈寺近くに大不動岩屋がある。
さして登山をする必要もなさそうなので行ってみることにした。県道31号から林道が入っている。

県道からの分岐点に尻付岩屋がある。
PC027920
PC027920 posted by (C)オトジマ

中にはノッベラボーの仏様たちが・・・・。火災によるものだろう。
PC027921
PC027921 posted by (C)オトジマ

右は尻付岩屋。なんだか先の道が細くなっていそうなのでここの路肩に車を置いて、徒歩であがることに。
PC027925
PC027925 posted by (C)オトジマ

実はこの先で道は広くなり、普通に車が走れる。なんと岩屋直下近くまで車で行けたのである。もし知っていたら車で行ったのに・・・・・・。
PC027885
PC027885 posted by (C)オトジマ

向こうの山は千燈岳。
PC027884
PC027884 posted by (C)オトジマ

やはり道案内があると心強い。
PC027886
PC027886 posted by (C)オトジマ

車道だし造林地の中なのであまり楽しくない。
PC027887
PC027887 posted by (C)オトジマ

ここが車道の終点。車を置く場所は十分ある。ここから岩屋までは木道の階段で200段ほど。10分もかからない。
PC027917
PC027917 posted by (C)オトジマ

PC027893
PC027893 posted by (C)オトジマ

視界が開け見えてきた。
PC027897
PC027897 posted by (C)オトジマ

洞穴からの眺め。ちょうど開口部方向が逆光でうまく写真が撮れない。
PC027899
PC027899 posted by (C)オトジマ

右下に洞穴。右の崖の上は鷲巣岳の山頂方向。
PC027905
PC027905 posted by (C)オトジマ

けっこう広い。
PC027906
PC027906 posted by (C)オトジマ

昔、原始人が住んだかどうか。かなり険しいところなので日常住むにはやや不便かも。水場は近い。
PC027909
PC027909 posted by (C)オトジマ

大がかりな祠はない。足跡が多いところを見るとトレッカーは多いようだ。
PC027900
PC027900 posted by (C)オトジマ

小さな大師像・不動が置いてある。
PC027907
PC027907 posted by (C)オトジマ

こんな斜面にある。
PC027914
PC027914 posted by (C)オトジマ

なんだかもろい礫層に見えるが、溶結凝灰岩なのでとても堅い。石ころは引っ剥がせない。
PC027911
PC027911 posted by (C)オトジマ

近所の旧千燈寺に寄ってみた。静寂な古刹跡であるが、実はとてもウンコくさい。ギンナンである。
PC027934
PC027934 posted by (C)オトジマ

紅葉してたらさぞいいだろう、と期待したが赤くはなっていない。
PC024240
PC024240 posted by (C)オトジマ

PC024248
PC024248 posted by (C)オトジマ

仁王。顔に陽が射している。
PC024251
PC024251 posted by (C)オトジマ

ところが・・・・・。吽形の方が・・・・
PC027929
PC027929 posted by (C)オトジマ

なにやら大きなヒビが入ってるとかでセメントで補修中。
PC024247
PC024247 posted by (C)オトジマ

PC024242
PC024242 posted by (C)オトジマ


国東 秋の名残

フォト蔵が1週間も不具合が続き写真をアップロードできなかったが、ようやく復旧したので先週の国東詣でのレポート。

今年の紅葉はすでに岡城や見立で満喫したのであまり期待はしないで国東に行った。

奇岩が連なる田染の間戸耶馬のそばに二宮神社がある。
PC027830
PC027830 posted by (C)オトジマ

PC027832
PC027832 posted by (C)オトジマ

あいかわらず仁王は素晴らしいが紅葉はしていない。黄色いレベル。
PC024156
PC024156 posted by (C)オトジマ

PC024158
PC024158 posted by (C)オトジマ

PC027842
PC027842 posted by (C)オトジマ

PC024162
PC024162 posted by (C)オトジマ

この岩峰に夕日観音がある。田染小崎の田んぼを見下ろす絶景の地。今回はパス。
PC024163
PC024163 posted by (C)オトジマ

田染小崎。山の上から見ないとよくわからない。
PC024165
PC024165 posted by (C)オトジマ

数年ぶりに富貴寺に寄ってみる。
PC024166
PC024166 posted by (C)オトジマ

いまひとつ紅葉してない。しかし平日なので人出が少ないのがいい。
PC024175
PC024175 posted by (C)オトジマ

PC027848
PC027848 posted by (C)オトジマ

PC027855
PC027855 posted by (C)オトジマ

PC024174
PC024174 posted by (C)オトジマ

PC024183
PC024183 posted by (C)オトジマ

数年前に来た時は素晴らしい紅葉だったがここらは三脚のカメラマンがひしめいて写真を撮るのが大変だった。
PC024196
PC024196 posted by (C)オトジマ

PC024195
PC024195 posted by (C)オトジマ

定番の紅葉コース、長安寺。
PC024206
PC024206 posted by (C)オトジマ

PC027864
PC027864 posted by (C)オトジマ

ここも今ひとつ
PC027879
PC027879 posted by (C)オトジマ

PC027869
PC027869 posted by (C)オトジマ

PC027875
PC027875 posted by (C)オトジマ

ここの仁王は小ぶりだが端正で彫がしっかりしている。私の好きな仁王。
PC024217
PC024217 posted by (C)オトジマ

カキがたわわ。
PC024200
PC024200 posted by (C)オトジマ
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR