ナミヤ雑貨店の奇蹟

朝鮮日報のコラムを読んでいたら、韓国で最も売れた日本人作家の本は、韓国で特に人気のある村上春樹の作品かと思いきや、実は東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」だそうだ。コラムは東野は一日に税金を100万円納めている、と驚嘆していた。韓国のウォンはおおむね円の100倍だから一日1億ウォンということになる。韓国の新聞はなんでもすぐ金の話に持っていく。

namiya 1

それはともかく、東野圭吾なんてかなり昔に読んだきり最近全然知らない。もちろんベストセラー作家であり、ドラマや映画の原作になっていることは知っているが、そうであればこそ読んでみたくなくなるという、アマノジャク傾向があるから読んでない。しかし、韓国でそんなに売れているのはどうしたもんだろう、と気になったので読んでみた。

結論的に言えばメチャメチャ面白い。売れてる作歌の作品にはハズレがないということか。アマゾンレビューを見ても、東野作品の中でももっとも面白い部類に入るようなレビューが多い。

これはミステリーやアクション系でもなく、シリアス系でも全然ない。タイムスリップの要素もあるからSF的なのかなという予断もあったが、全くSF的な要素はない。現代のおとぎ話的なハートウォーミングストーリーと言えばいいか。

以下ネタバレあり。
チンピラの若者たちが空き家に逃げ込む。空き家であるがシャッターの郵便受けに手紙が投げ込まれる。悩み相談の手紙である。若者は面白半分に返事を書く。すぐにその返事が来る。またその返答を書く。・・・・実はそのナミヤ雑貨店は商売外で手紙で人々の悩み相談に乗っていたことがあった。不思議な現象で40年前の過去の相談が今ここに投函されているのだ。チンピラたちは40年間の歴史をすでに知っているという強みを生かして返事を書く。それが過去を生きた人々に奇跡を起こし、悩みを相談した数名の人物たちの相互と、チンピラたちとの数奇なつながりが明らかになっていく・・・・・・。
ナミヤ雑貨店の奇蹟-s

東野は1958年生で私よりやや下で、物語の背景となる時代は東野や私の青春と重なるからおなじみのものだ。だから結構年配者でも楽しめるだろう。物語は都合のいい偶然の重なるご都合主義ばかりではあるが、ファンタジーと思えば楽しく読める。

この本については朝鮮日報で見た以外になんの予備知識もなかったが、なんとこのほど映画化が成り、9月から公開だという。今からひと月ほどはテレビでさんざんその名を聞くことになるだろう。

豪華な俳優陣。
namiya 4

予告編を見ると面白そうな・・・・・・


浸食・運搬・堆積  自由研究

5年生の孫の自由研究を手伝って3年目。毎年、何がいいのか頭を悩ます。
去年は昔の「あかり」の研究をさせたら大変面白かった。たぶん面白がっているのは孫ではなくて指導係の私。
コチラに過去記事。
「灯りの研究1」
「灯りの研究2」
「灯りの研究3」

九州、特に肥後豊後には古い石橋が多いので、アーチの研究をさせようと計画していた。
まずは事前学習として有名な児童文学、今西 祐行の「肥後の石工」を読ませた。
次に高千穂の天翔大橋に行き近代的なコンクリートアーチ橋を見せ、さらに昔のアーチ構造の代表例である熊本の山都町の通潤橋を見に行った。
IMG_20170730_121114
IMG_20170730_121114 posted by (C)オトジマ

自由研究のミソは実際に子供に体験させることにある。アーチの研究ではなんらかの方法で子供にアーチ橋を作らせてみよう、というつもりだった。その材料に考えあぐねた。実際にレンガとセメントでミニサイズのアーチ橋を作らせることも考えたが、上に子供を歩かせてみると考えると最低でも100個くらいはレンガが必要になるんじゃないか?そうなると大人のDIY作業となり小学生の研究には大がかりすぎるし、レンガ代だけでも1万円はいる。発泡スチロールでは軽すぎて自重で締まるアーチを体験できない。・・・・ということでアーチは取りやめた。

子どもが理科の教科書で「浸食とか堆積を読んだことがある」というのを聞いて、これだ!と決めた。
水が大地に及ぼす働きは中学の地学で学ぶように「浸食・運搬・堆積」である。これなら砂浜で簡単な実験ができそうだ。
おまけに孫は久留米在住だから、7月の朝倉の大水害は隣の市にあたる。土石流による水害はこの3つが同時に起こる。

これは日田市での土砂くずれ
92ss


砂浜で子供に浸食の実験をさせた。平たい砂山を作って上から100均のジョーロで水をかける。
この経験によればジョーロは100均ではなく大きな本物のジョーロの方が絶対良い。
IMG_20170811_125705
IMG_20170811_125705 posted by (C)オトジマ

とんがった山ができるものと想定していたが、実際にはそううまくはいかない。
浸食

中学の地学では堆積では「れき・砂・泥」のできかたとか堆積の順番とかを学習する。そこでその実験。
まずれき・砂・泥を同量準備。れき・砂は五十鈴川河口でたやすく入手できる。砂が粒が大きすぎてやや失敗。泥が、なかなか回りにない。近所の田んぼから手に入れた。
IMG_20170814_132900
IMG_20170814_132900 posted by (C)オトジマ

本来ならば下かられき・砂・泥の順に堆積するはずだから、逆に泥・砂・れきの順にビンにいれて水を満たす。
それをよくシェイクして数時間放置すると・・・・  右が最初で、左が数時間後。
edit 堆積
edit 堆積 posted by (C)オトジマ

あまり歴然とはわかりづらい。これは砂粒が大きすぎたのでれきとほぼ同時に堆積してしまったから。砂場の砂くらい細かなものにすればキレイに分離したはず。

今の中学地学では学ばないが、川の浸食・堆積作用により川は平野部では必ず蛇行する。我々は現代の徹底的に管理・改修された川しか目にしていないので気づきにくいが・・・。樺太をグーグルマップで見るとぞっとするような蛇行だらけだ。
Chikugo_River_s

三日月湖もたくさん見える。ここらは昔の敷香あたりだから、戦前は日本領である。
私が子供の頃は日本一長い川は石狩川だった記憶がある。石狩川はその後流路改修(捷水路)が進んでどんどん短くなり現在では当初より100㎞も短くなっている。 下は石狩川河口近辺の捷水路と旧石狩川。
Ishikari_River_s

孫は久留米市に住んでいるから、久留米で蛇行を調べる。すると、今まで気にも留めなかったが、筑後川はかつてはすさまじく蛇行していた形跡を見ることができるのである。現行筑後川と福岡・佐賀県の県境の異常な乖離を見るとわかる。県境が改修以前の筑後川である。
Chikugo_River_s

これは久留米市城島近辺。昔の城島町で酒どころ。佐賀県側に深く城島町が入りこんでいる。
佐賀県境ss

こんど福岡に行くときにはぜひこの入り組んだ県境を見てみたいと思った。

孫の完成した自由研究
IMG_20170816_104241
IMG_20170816_104241 posted by (C)オトジマ

夏去りぬ

夏休みの間預かっていた孫たちを久留米に送り届けた。あと残り1週間の夏休み、彼らは家の中でつまらない日々を送らねばならない。
こちらにいた間は毎日海や川やプールに連れて行ったものであるが。可哀想だが、楽しい日々も必ず終わりが来る。

まぁ、それはお守りをする祖父母も同じ。「孫は来てよし、帰ってよし」、だそうだから。
そこでこの夏の思い出を振り返ってみることにした。

お倉ヶ浜
2016_0101_113206_019
2016_0101_113206_019 posted by (C)オトジマ

楽天で買ったボディボード1300円くらいだったか。とても楽しめた。
P8174892
P8174892 posted by (C)オトジマ

P8174878
P8174878 posted by (C)オトジマ

北浦、阿蘇海水浴場。波がなくて彼女らは退屈した。クラゲも出没。
2016_0105_144323_003
2016_0105_144323_003 posted by (C)オトジマ

IMG_20170816_135247
IMG_20170816_135247 posted by (C)オトジマ

波頭津浜に二度行ったが二度ともお天気が今一つ。波も小さい。
P7260270
P7260270 posted by (C)オトジマ

久しぶりに日向市の石並川に行ってみた。駐車場設備が整っているので人出が多い。
isinami s1


人の多い所は濁っているが、人のいないところはこのくらいの透明度。
2016_0106_141126_002
2016_0106_141126_002 posted by (C)オトジマ

自分の子供の小さい頃は、毎日のように来ていた。昔は駐車場がなくて人出は少なかった。
isinami 2


動画で。




金ケ浜 お倉ケ浜

孫たちに安物のボディボードを買ってあげたら、すっかりはまってしまった。
IMG_20170811_132624
IMG_20170811_132624 posted by (C)オトジマ

はじめは要領を得なかったが、次第に上手になってきた。うまくすると30m以上滑走する。下の子はまだ3年生で体も小さく泳ぎも怪しいのでサーファーの波待ちするような深いところまでは行かせられないが、十分楽しんでいる。
2016_0101_112700_014
2016_0101_112700_014 posted by (C)オトジマ

お倉ヶ浜で
2016_0102_160212_006
2016_0102_160212_006 posted by (C)オトジマ

離岸流があることを子どもに十分伝えておかないと危険である。
2016_0101_112738_015
2016_0101_112738_015 posted by (C)オトジマ

2016_0101_113127_018
2016_0101_113127_018 posted by (C)オトジマ

台風が去ってパッタリ波が小さい。が、孫たちにはちょうどいいくらいか。
2016_0101_113208_020
2016_0101_113208_020 posted by (C)オトジマ

お倉ヶ浜の市営駐車場は盆休みでほぼ満車。ナンバープレートを見ると全国各地から来ている。
IMG_20170811_134451
IMG_20170811_134451 posted by (C)オトジマ

そこで孫の自由研究を思いついた。駐車している100台以上の車のナンバーを調べて県別に分類し、日本地図に落としてみる、というもの。簡単そうだが、3年生には結構大仕事であった。スマホですべての車のナンバーを撮影させて、家に帰って分類させた。するとこの日、8月12日のその時間、25県から来ていた。最も多いのは宮崎県ではなく、なんと福岡県で23台。次は大阪の16台、次が宮崎の14台。最遠は北海道旭川ナンバー。東北・中部が少ないものの全国から来ている。お倉ヶ浜がいかに全国的なサーフスポットかを示す自由研究だった。
P8130326
P8130326 posted by (C)オトジマ


これはお倉ヶ浜から3㎞ほど南下した金ヶ浜。どっちかというとこちらの方がサーファーに人気かな。
IMG_20170815_152638
IMG_20170815_152638 posted by (C)オトジマ

ここには公共駐車場がなくて、この太平洋ドライブインに停める。サーファーは多いが、ドライブインはとても繁盛してる風には見えない。率直に言って廃墟寸前・・・・
IMG_20170815_153338
IMG_20170815_153338 posted by (C)オトジマ

この日も波は小さかったが孫たちは大喜び。ほとんど波のなかった波頭津とは大違い。
IMG_20170815_152535
IMG_20170815_152535 posted by (C)オトジマ

IMG_20170815_155853
IMG_20170815_155853 posted by (C)オトジマ

金が浜には伝説によればハマグリはいないはずだが。孫たちにもこの二つの浜についての弘法大師の伝説を語って聞かせたばかりなのに、波打ち際でいきなり孫が大きなハマグリを拾った。探してみると、形は小さいがハマグリがけっこう見つかる。たちまち晩御飯のお吸い物に足りるくらい見つけた。まぁ、孫の手前、持ち帰らずに全部放流してしまったが・・・。
IMG_20170815_163239
IMG_20170815_163239 posted by (C)オトジマ

こちらが「金ケ浜お倉ケ浜」に関する伝説。みやざきの神話と伝承10より。

 昔、この浜辺で毎日ハマグリを採って、暮らしを立てていた女人があった。1人をお倉といい、もう1人をお金といった。
 あるとき、いつもの通り2人は浜に出て、せっせとハマグリを採っていた。そこへ年老いた旅の僧が通りかかった。お金のそばに来て「そのハマグリ少しいただけないか」と頼んだ。
 お金は欲深い人柄であった。「かごの中はハマグリではなく、石ころばかりですよ」と言いながら、僧には見向きもしなかった。
 僧は黙って立ち去った。しばらく行くと、お倉がハマグリを採っていた。僧はお倉に向かって、「あなたが採っているハマグリを少しいただけないか」と頼んだ。
 情け深いお倉は快く応じて、ハマグリを差し出した。僧は厚く礼を言ってその場を立ち去った。僧はしばらく行くと立ち止まって、何事かじゅ文を唱えていたが、だれにともなく、「これから後、向こうの浜は石ばかりとなり、ハマグリはみんなこちらの浜に寄ってくるであろう」と言った。
 お金が持ち帰ったかごの中のハマグリも、みんな石になっていた。
 このあと、お金がハマグリを採っていた浜辺には、ハマグリがいなくなったが、お倉が採っていた所ではたくさん採れるようになった。土地の人々はこの話をいつまでも伝えて、お金ケ浜とお倉ケ浜を区別した。


まぁ、実際には昔からどちらの浜にもハマグリはいるらしい。

土々呂でカヤック

8月12日、土々呂海岸で土々呂海洋クラブによる「はまべであそぼ!」という行事があった。
ちょうど孫たちが来ているのでカヤックに乗せてみよう。
朝9時に土々呂の浜に集合。土々呂選出の市会議員や消防団やボランティア総出。
まず、開会式がある。朝早いのでまだ人出は少ない。
2016_0101_093607_002
2016_0101_093607_002 posted by (C)オトジマ

ヨットやディンギーは多少の経験が必要らしいので、すぐに乗れるカヤックに乗る。
2016_0101_094646_001
2016_0101_094646_001 posted by (C)オトジマ

霧島山、海咲丘方面。
2016_0101_094651_002
2016_0101_094651_002 posted by (C)オトジマ

だいぶ沖に出た。海浜公園方面を振り返る。
2016_0101_094912_003
2016_0101_094912_003 posted by (C)オトジマ

洋望崎方面。沖合堤防のせいでほとんど波はないが、水質も芳しくない。
2016_0101_094915_004
2016_0101_094915_004 posted by (C)オトジマ

湾の中ほどから先には行くな、という指示。
2016_0101_100236_011
2016_0101_100236_011 posted by (C)オトジマ

30分ほど湾内をぐるぐる回ったら飽きてしまったが、孫たちにはいい体験だった。
2016_0101_100553_013
2016_0101_100553_013 posted by (C)オトジマ

子どもの頃は、海水浴場の貸しボートで鯛名、赤水まで漕ぎ出していたものである。あの頃は水の透明度が高く、水面下の岩礁を見ながら漕ぎまわるのはとても楽しかった。昔の話となってしまった。
海洋クラブの皆さん、ありがとうございました。

玄関模様替え

例年12月になり、寒くなると出かけることもなくなるので、家周りをいじる。
今年はどういうわけかこのクソ暑いのにあちこちリフォームした。
家自体は30年以上前の超安普請なので、どんなに素人が弄り回そうが全然悔いがないのが気楽だ。

以前の玄関まわりはこうだった。
P4162728
P4162728 posted by (C)オトジマ

これでもアーチを作ったり玄関の目隠しにラティスを置いたり工夫はしていた。ドア左の濃緑色のパネルはゴミ捨て場で拾ってきた押し入れ用スノコに色を塗ったもの。ヒノキだから上等である。

ドア周りの外壁サイディングがダサいのが気になっていた。今ではあまり見かけない。30数年前の流行である。
P4172289
P4172289 posted by (C)オトジマ

これは最近。ラティスを入れ替えたところ。市販のものではなく野地板を格子に組んで着色した。
IMG_20170704_132519E
IMG_20170704_132519E posted by (C)オトジマ

ドア周りにやはり野地板を着色して張った。ドア横の明り取り窓は小窓をつけた。
IMG_20170721_073508e
IMG_20170721_073508e posted by (C)オトジマ

今度はドアのいかにもなチープ感が気になってきたのでドアにも色を塗った。
IMG_20170801_163651
IMG_20170801_163651 posted by (C)オトジマ

本物の板張りにする手も考えたが、ドアの重量が増えてヒンジの負担が大きくなるのはどうかな、と気になったので板の目を描きこんだ。
IMG_20170803_161458e
IMG_20170803_161458e posted by (C)オトジマ

ドア前のモルタル床にも飴色で着色。
IMG_20170804_141738d
IMG_20170804_141738d posted by (C)オトジマ

今度は倉庫へのドアがべニア張りなのが気になってきた。
IMG_20170804_141804e
IMG_20170804_141804e posted by (C)オトジマ

夏休みは孫と水遊び

夏休みに入って孫の相手で大忙し。今年は小学生の姉妹に4歳の妹も加わって3名のお守りで大変。
この1週間は孫たちが臨海学校や登校日で久留米に帰っているので中休みをいただいた。

梅雨明け以来、ほぼ雨の日がないので連日水遊び。

子供用のボディボードを買ったので庭のプールで練習。さすがに狭すぎるか・・・
IMG_20170724_091028
IMG_20170724_091028 posted by (C)オトジマ

これは伊勢ケ浜。ここは幼児には波が大きすぎる。
IMG_20170724_131546
IMG_20170724_131546 posted by (C)オトジマ

IMG_20170724_135258
IMG_20170724_135258 posted by (C)オトジマ

伊勢ケ浜から山ひとつ越えた内湾の御鉾ヶ浦に河岸を変える。ここはウソのように波がないので、幼児には好適だが小学生のお姉ちゃんたちには退屈。
IMG_20170724_142329
IMG_20170724_142329 posted by (C)オトジマ

ここでアクシデント。妻がポケットにスマホを入れたままうっかり幼児のお相手に水に入り、見事スマホ水没。即時に逝ってしまった。トホホ・・・・・・・。


蒲江の波頭津にも遠征。初心者のボディボードには適当な波が期待できる。
平日なのであまり、というかほとんど人がいない。数組のサーファーだけ。


サーフボードを担ぐのは小学生の姉妹。両親と一緒に始めたら親がボードに立てないうちにあっという間にできるようになったとか。サーフィンも小さいうちに始めなきゃね。
P7260271
P7260271 posted by (C)オトジマ

ボディボードも少々コツがいる。なかなか要領を体得できない。次回はYoutubeで予習していくかな。
P7260253
P7260253 posted by (C)オトジマ

波待ちのサーファーたち。波頭津は遠浅であるが台風がないと大きな波は期待できない。
P7260272
P7260272 posted by (C)オトジマ

門川町営プールにも行く。4歳児は流れるプールでは足がつかないが、一度泳がせたら味をしめてしまった。
2016_0405_235205_002
2016_0405_235205_002 posted by (C)オトジマ

アクションカメラで水中撮影。その後気づかぬうちにカメラがポケットから逃げ出し流れるプールをプカプカと流れていたらしい。監視員のお姉さんが私に持って来てくれた。なぜ持ち主がわかったんだろう?
2016_0405_234012_023
2016_0405_234012_023 posted by (C)オトジマ

今や老人と言えどもいったんスマホの効用を知るともう手放せなくなる。スマホが水没した妻はさっそくラインができなくて困ってしまった。楽天からNMPで他社に乗り換えて機種を格安で手にいれることも考えたが、楽天のように最初から新規加入で機種が安い、というのはあまりなさそうなので、楽天モバイルのまま、アマゾンで安いスマホを買うことにした。

そりゃ金に糸目をつけなければなんぼでもいいスマホは買えるが、信頼できて格安となると限られる。
妻はファーウェイを2年使ってとても信頼性があったのでファーウェイとも思ったが、SIMサイズが2年前の標準であるマイクロSIMに限られているので選択肢が狭まる。結局エイスース ZenFone 3 Maxにした。ROM2GB、ストレージ16GB、android6、液晶5.2インチ、指紋認証、・・・・。カメラがやや貧弱そうではあるが、まぁ、これだけあれば普通に使えるだろう。機械オンチの妻に高機能高価格は必要ない。購入時点で14705円。1週間後の今なんと1000円値下がりしている!クヤシイ。
zen.jpg


使ってみた。当たり前ではあるが、普通に問題なく使える。耐久性は今後を見てみないとわからない。
エイスースは台湾の大手メーカーだから中国の聞いたこともないメーカーよりはマシなはず。


プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR