富岡城

城マニアのサイトをのぞくと全国の城を回っている方は大勢いて、いろんな城が見れる。そんな城たちの中で富岡城を麓から見上げた写真にはインパクトがある。こりゃ天空の城だ!行って見たい!---この写真はウィキペディアより---
Tomioka_Castle_01
Tomioka_Castle_01 posted by (C)オトジマ

城に詳しくない人は「富岡城」と聞くと世界遺産で有名な富岡製糸場のある群馬県富岡市か、と勘違いするが実はここ天草の苓北町にある。現在、天草と言うと宇土半島側から進入するのであちらが表のような気がするが、昔は天草西端の富岡が天草の中心地だった。陸路が発達してなかった頃は海路の方が便利なので九州北部からアクセスするなら島原半島や長崎に近く、天然の良港である富岡は優れた立地である。県庁所在市の熊本市から富岡まで車で3~4時間はかかるが長崎からだと市内の茂木港から船で45分で来る。島原・天草一揆だって今の行政区画の感覚からするとなんで島原と天草がひとくくり?と思うが、船だと天草の鬼の池港から対岸の島原半島口之津までフェリーでほんの30分にすぎない。天草は本来は肥後とよりも長崎方面との結びつきが強かったのだろう。その玄関口がこの富岡であった。
amakusa drive6


島原・天草一揆軍も最初は富岡城を襲った。その時には難攻不落の城を落とすことはできなかった。富岡の特異な地形も城の防御に適する。海のなかに突出した陸繋島なので陸路からは狭い砂州によって扼されて進入路が限られる。

富岡は不思議な地形をしている。
tomioka map70
志岐城は中世以降志岐氏の居城。戦国時代にはキリシタン大名志岐麟泉の城下であった。今の町営温泉「麟泉の湯」はこの武将の名にちなむ。富岡城は江戸時代以降。肥前唐津城主・寺沢広高は関が原の戦功により天草郡4万2千石を得る。唐津から来るとすると海路しかなく富岡は便利な場所。港のすぐそばに富岡城を築いた。島原の乱後は幕府の直轄領となり代官所が置かれた。

富岡海水浴場の駐車場で車中泊をした。目の前には大きなホテルもあり、ウラ寂れたところではない。城はすぐ近く。
PA256657
PA256657 posted by (C)オトジマ

朝日に輝く富岡城。手前は海ではなく池。堀の役目をした。袋池という。
PA256660
PA256660 posted by (C)オトジマ

池の堰堤にも立派な塀が作られている。
PA256661
PA256661 posted by (C)オトジマ

PA256704
PA256704 posted by (C)オトジマ

山頂近くまで車でアクセスできる。ここは「城」ではなく正式には「ビジターセンター」という名称らしい。
朝7時半頃に行ったので誰もいない。建物はまだ施錠されて入れないが、構内には入れる。
PA256665
PA256665 posted by (C)オトジマ

広い!
PA256667
PA256667 posted by (C)オトジマ

PA256668
PA256668 posted by (C)オトジマ

実はこの城はまるごと復元というか模擬。本来の城は江戸時代初期には破却されている。復元にしてもえらく立派である。たぶん本来の城よりずっと立派かも。人口1万人にも満たない小さな自治体になぜこんなカネがあった?? その秘密は城からも見える火力発電所である。莫大な電源立地交付金が町を富裕にしている。町営の「麟泉の湯」という立派な温泉施設もそのカネ。
PA256669
PA256669 posted by (C)オトジマ

銅像が4人経っている。後ろの二人は江戸期のこの地の代官鈴木重成とその兄の鈴木正三。重成は石高4万石余が天草には過大に過ぎると幕府に願い出て聞き入れられず、切腹して抗議した。幕府はそれを受け入れ石高半減に応じ、領民の負担は軽くなり、地元の恩人となった。正三は重成の死後、天草の復興に尽力した。なるほどね。前の二人はビッグネームの頼山陽と勝海舟。ナゼ?説明板によれば単にここを訪れたことがあるだけのようだ。やや牽強付会。左の礎石に町長のデカイ署名がある。
PA256670
PA256670 posted by (C)オトジマ

PA256671
PA256671 posted by (C)オトジマ

富岡は九州オルレのコースになっている。城周囲を回って麟泉の湯まで行く、12kmほどのコース。
PA256673
PA256673 posted by (C)オトジマ

袋池と富岡の町
PA256677
PA256677 posted by (C)オトジマ

富岡港の天然の防波堤である砂嘴が見える。曲崎という。
PA256672
PA256672 posted by (C)オトジマ

その曲崎を地表から見るとこんなふう。漁港から北方を見る。グーグルストリートより。
tomioka sasi


まだ開いてないので入れなかった。
PA256678
PA256678 posted by (C)オトジマ

はるか彼方に長崎半島が見える。
PA256680
PA256680 posted by (C)オトジマ

復元だか再現だか史実に忠実だかどうか怪しいが、これだけスゴイと見ごたえがある。すでに立派な城である。
PA256681
PA256681 posted by (C)オトジマ

かなたの対岸に九電の発電所が見える。
PA256682
PA256682 posted by (C)オトジマ

PA256683
PA256683 posted by (C)オトジマ

石垣の下のほうはホンモノのようだ。古色が残る。
PA256685
PA256685 posted by (C)オトジマ

PA256689
PA256689 posted by (C)オトジマ

4本の棒は旗竿。
PA256690
PA256690 posted by (C)オトジマ

堂々たる威容。いかに模造の城とはいえ素晴らしい。
PA256692
PA256692 posted by (C)オトジマ

城の麓に神社。ここから城に上がれる。オルレのコースになっている。
PA256702
PA256702 posted by (C)オトジマ

カマキリがお参りしていた。
PA256708
PA256708 posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

富岡

富岡にも行かれたんですね。
しかし、ずいぶん立派な復元城ですね!これは絶対に史実と違う(笑)

僕はお城には行かずに、ふもとの白岩崎キャンプ場でテント泊しました。
フナムシが多くて閉口しました。テントの中に入ってくるんですよ(笑)
もうここではキャンプしません!

苓北火力発電所の前を往復しましたが、主力発電所の規模は凄いですね!
敷地から送電線まで、何から何までケタ違い。感嘆しました。

らじさんへ

富岡城を見ないとはもったいなかったですね。ヨーロッパでは戦災で破壊された街並みを平気で復元してるんですから日本も厳密な史実にこだわらず復元してもいいんじゃないか、と思いますよ。とくに明治新政府により破却された城は全面復元して欲しいです。らじさんも結構あちこち行ってますね。うらやましい。私は50代半ばになってやっと遠くに行けるようになりました。子どもがいるうちは県内から出ることもめったになかったくらい。ですから年の割りに名所を全然知らなかったです。今、学生時代の無銭旅行以来40年ぶりにウロウロしてるんです。あいかわらず経費は最低限でいっさいグルメなしですが楽しいです。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR