伊万里・松浦

いつも参考にしている「郷愁小路」に伊万里の大川内山という焼き物の里がある。ステキそうな街なので行って見る。

P3201814
P3201814 posted by (C)オトジマ

有田から伊万里への途中で見た見事なモクレン。
P3201810
P3201810 posted by (C)オトジマ

というところで夕暮れ時に大川内山に到着。谷の奥にある小さな焼き物集落。
P3201815
P3201815 posted by (C)オトジマ

夕暮れでもう人通りがない
P3201816
P3201816 posted by (C)オトジマ

大川内山は鍋島焼の藩窯があったところである。
P3201822
P3201822 posted by (C)オトジマ

さして風情のある街とは言い難い・・・・
P3201826
P3201826 posted by (C)オトジマ

P3201828
P3201828 posted by (C)オトジマ

P3201827
P3201827 posted by (C)オトジマ

P3201829
P3201829 posted by (C)オトジマ

P3201833
P3201833 posted by (C)オトジマ

ここは焼き物に関心のない人にはいよいよ面白くない街だった。
P3201832
P3201832 posted by (C)オトジマ

今夜は松浦市の道の駅「海のふるさと館」で車中泊の予定だが日没前に「星鹿城」に行ってみる。
岬の突端に小高い丘がある。
P3201861
P3201861 posted by (C)オトジマ

P3201859
P3201859 posted by (C)オトジマ

山頂に立派な展望台がある。電源立地による交付金か。
P3201860
P3201860 posted by (C)オトジマ

半島はなだらかな丘陵になっている。
P3201847
P3201847 posted by (C)オトジマ

松浦市には電源開発と九電の火力発電所が隣接して二つある。唐津から玄海原発、松浦とここらは九州の電源地帯である。
P3201837
P3201837 posted by (C)オトジマ

正面に平べったい鷹島が見える。この島には「モンゴル村」がある。
---元寇、弘安の役の折、元軍の大艦隊はこの湾に集結した。おりしも襲った台風により、軍船の多くが破損、沈没。元の将兵は命からがら鷹島に上陸。船と帰る手段を失った10万人がこの島に残され、日本の軍勢の掃討戦の犠牲になった。この島と周辺の海域は日本史に残る激戦の舞台なのである。海底には今なお元の軍船の残骸が残る。----
P3201839
P3201839 posted by (C)オトジマ

この星鹿城は鎌倉時代の城の遺構であはるが元寇とは直接関係ない。ただし周囲に元寇の折の防塁のあとが残っているとか。
さすがに800年前の戦の跡は見ることはできないだろうが、いずれ鷹島にもぜひ訪れたい。現在は橋が架かっているので渡るのは簡単だ。

玄界灘
P3201848
P3201848 posted by (C)オトジマ

日没の方角をみると平戸島が見える。
P3201857
P3201857 posted by (C)オトジマ

平戸島の向こうには明日行く予定の生月島も見える。
P3201852
P3201852 posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR