生月島・平戸島

生月町博物館「島の館」に寄ってみる。生月島は隠れキリシタンと鯨漁で名高いが、どちらも歴史の中のことなので現在それを見ることはできない。資料館で見るほかない。

江戸時代の鯨漁のジオラマがよくできている。迫力がある。しかしこんなもんでクジラが捕れたもんかなぁ。
P3212009
P3212009 posted by (C)オトジマ

P3212008
P3212008 posted by (C)オトジマ

港に曳航されたクジラを解体している。鯨油の採取と塩クジラの加工が主。加工場は大規模である。
P3212014
P3212014 posted by (C)オトジマ

鯨の頭蓋骨の一部。これで一部だからいかにでかいかわかる。
P3212010
P3212010 posted by (C)オトジマ

鯨漁に携わった益富組は享保年間から明治はじめまでのおよそ150年間に捕獲した鯨はなんと21790頭におよび、収益は332万両、最盛期の従業員3000人という大企業であった。平地が少なく年貢収入の乏しかった松浦藩財政に大きく貢献した。あの手投げのモリと手漕ぎの船でよく巨大な鯨がそんなに捕れたもんだ。昔はよっぽどいんたんだろうな。

明治以降に使われたっ捕鯨銃。重さが10kgもあるので撃つのは大変。
P3212012
P3212012 posted by (C)オトジマ

銃から打ち出されるモリ。上端のものは破裂した状態。
P3212013
P3212013 posted by (C)オトジマ

近代鯨漁が導入されノルウェー式の捕鯨砲が使われた。
P3212017
P3212017 posted by (C)オトジマ

隠れキリシタンは実は今でもいる。長い禁教期に秘かに信仰されたためにいつしか変容し、明治期にカトリックが再布教された折には合流できないほど変わってしまった。すでにカトリックではなくなっていたのである。極秘にに信仰されたために新たな信者の流入はなく、新規の布教もできなかった訳で縮小再生産の結果、現在では小数の老人しか信者はいないようだ。

これが聖母子像。そう言われなければこれがマリアとイエスだなんて気づかない。カモフラージュか変容か。
P3212023
P3212023 posted by (C)オトジマ

これが受胎告知の図。右が聖母マリアで左が天使、中央が神様。天使の証拠に羽が生えている。
P3212021
P3212021 posted by (C)オトジマ

島の館から生月大橋を見る。
P3212028
P3212028 posted by (C)オトジマ

館浦の町の裏通り。細い路地に家が密集。古い漁師町の通例。
P3212030
P3212030 posted by (C)オトジマ

P3212029
P3212029 posted by (C)オトジマ

P3212031
P3212031 posted by (C)オトジマ

生月島を後にして平戸島に戻る。川内で鄭成功廟を見た。なんでこんな所に明の英雄、鄭成功が?
P3211864
P3211864 posted by (C)オトジマ

P3211865
P3211865 posted by (C)オトジマ

廟のそばの展望台
P3211871
P3211871 posted by (C)オトジマ

展望台か千里が浜を見る。素晴らしい浜である。
P3211869
P3211869 posted by (C)オトジマ

川内の集落。蒲鉾が名物。実は鄭成功はここで生まれた。
P3211884
P3211884 posted by (C)オトジマ

集落には鄭成功記念館がある。一昨年来た時にはなかったから新しいものである。
P3211883
P3211883 posted by (C)オトジマ

P3211882
P3211882 posted by (C)オトジマ

P3211875
P3211875 posted by (C)オトジマ

P3211876
P3211876 posted by (C)オトジマ

鄭成功についてはウィキペディアによれば------
中国明代の軍人、政治家。元の諱は森。字は明儼。日本名は福松。清に滅ぼされようとしている明を擁護し抵抗運動を続け、台湾に渡り鄭氏政権の祖となった。俗称を国姓爺。台湾・中国では民族的英雄として描かれており、特に台湾ではオランダ軍を討ち払ったことから、孫文、蒋介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されている


鄭成功と平戸の関係は以下-----
日本の平戸で父鄭芝龍と日本人の母田川松の間に生まれた。成功の父、芝龍は大陸は福建省の人で、平戸老一官と称し、平戸藩主松浦隆信の寵をうけて川内浦に住み、浦人田川マツを娶り2子を生んだ。2人に、福松と七左衛門と名付けた。 たまたま、母マツが千里ヶ浜に貝拾いにいき、俄に産気づき家に帰る暇もなく、浜の木陰の岩にもたれて出産した。この男児こそ、後の鄭成功である。幼名を福松(ふくまつ)と言い、幼い頃は平戸で過ごすが、7歳のときに父の故郷福建につれてこられる。

このように鄭成功は日系の中国人で、ここで生まれている。先ほどの鄭成功廟は台湾にある本来の鄭成功廟から分祀を受けている。これは幼名福松母子である。着物の合わせが不自然なところを見ると台湾製の石像かもしれない。台湾の鄭成功廟にもこれとほぼ同じものがある。
P3211877
P3211877 posted by (C)オトジマ

近松門左衛門作の人形浄瑠璃に『国性爺合戦』(こくせんやかっせん)がある。1715年の初演というから鄭成功がオランダから台湾を解放して50年後のこと。当時としては昔話ではなく現代劇だった訳だ。

川内のほぼ真裏の山の上に川内峠がある。絶景らしいので寄ってみた。
IMG_20160321_132107
IMG_20160321_132107 posted by (C)オトジマ

峠とはいうものの大きな駐車場や展望台を備えた大きな公園になっている。野焼きがされて草原になっているので新緑の頃が美しいだろう。
IMG_20160321_132112
IMG_20160321_132112 posted by (C)オトジマ

確かに絶景。真下に千里が浜の海水浴場が見える。海がきれい。対岸は九州本島で平戸市の田平地区から佐世保市方面。鉄川与助の作になる田平教会がある。
P3212032
P3212032 posted by (C)オトジマ

P3212033
P3212033 posted by (C)オトジマ

目を北に転じるとさきほどまでいた生月島が見える。
IMG_20160321_132040
IMG_20160321_132040 posted by (C)オトジマ

古江湾。海が青い。リゾート地に最適そうなビーチがあちこちにある。
IMG_20160321_132057
IMG_20160321_132057 posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR