仙崎砲台

朝からあまりに快晴だったから青い海を見たくて蒲江へ。以前に行ったことのある仙崎山に行ってみる。

入津湾、西之浦。
P5123674
P5123674 posted by (C)オトジマ

西野浦の林道上がり口に「つつじ祭り」の大きな横断幕があるが、たぶんひと月前くらいが最盛期だったはずで、全く咲いてない。
P5123714e
P5123714e posted by (C)オトジマ

快晴で海はベタなぎ。むこうの島影が四国なのかどうかは自信がない。グーグルマップで確かめようとしたら電波がなかった。
P5122953
P5122953 posted by (C)オトジマ

南のほうには蒲江の元猿山。深島。と遠方には宮崎県北浦方面。
P5122946
P5122946 posted by (C)オトジマ

はるか眼下には定置網
P5122948
P5122948 posted by (C)オトジマ

遊歩道が公園から山頂の仙崎砲台に伸びている。
P5123677
P5123677 posted by (C)オトジマ

砲台から仙崎公園を見下ろす。
P5122949
P5122949 posted by (C)オトジマ

西を見ると入津湾、西之浦。
P5122950
P5122950 posted by (C)オトジマ

砲台。旋回砲があったはず。15㎝カノン砲と言われる。詳しくは以前に書いたので省略。
P5123703
P5123703 posted by (C)オトジマ

P5123679
P5123679 posted by (C)オトジマ

真ん中の穴に旋回砲塔の軸があったはず。
P5123701
P5123701 posted by (C)オトジマ

砲台は石組みをモルタルで固めている。石はここで現地調達。しかしセメントや大砲を上げるのが大変だっただろう。麓から400mもの山の上である。仙崎山を要塞化するためにまず道路が作られたはず。
P5123704
P5123704 posted by (C)オトジマ

周囲の穴は弾薬置き場だったらしい。砲塔は3基ある。
P5123700
P5123700 posted by (C)オトジマ

別のところに機銃座と思しきもモルタルの台。
P5123691
P5123691 posted by (C)オトジマ

周囲には柱が立っていた形跡が。今と違い70年前は樹林がなかっただろうから掩蔽するための天幕があっただろう。
P5123693
P5123693 posted by (C)オトジマ

砲台のかたわらに古い空き瓶が落ちていた。サントリーの角瓶かな、とよく見ると「ダイコク ブドウシュ」とローマ字で銘がある。大黒葡萄酒ということ。聞いたことのないブランド。帰って調べると、戦前には割と大手の洋酒会社だったらしい。瓶の中身も葡萄酒という保証はなく、ウイスキーの可能性もある。戦後は三楽オーシャン、さらにメルシャンと社名が変わっていてさすがにそこらは聞いたことがある。断言はできないが、戦中、この砲台に勤務していた兵隊たちが飲んだ酒瓶かもしれない。
P5142959
P5142959 posted by (C)オトジマ

さらに岬の突端にある仙崎地蔵尊に行ってみる。砲台から車で10分ほど。西野浦の集落からはえらく遠い。
P5123718
P5123718 posted by (C)オトジマ

もともとここにあったのだが、戦時中仙崎山の要塞化にともない麓の海岸近くに移転させられた。それを昭和61年に再びここに復元したもの。並んでいる石の地蔵たちは特別なものには見えない。
P5123719
P5123719 posted by (C)オトジマ

地蔵尊からは視界が北のほうに開けている。正面には長く海に突き出す鶴御崎が見える。鶴見崎は陸軍の要塞地帯だった。丹賀要塞、先端にも砲台群がある。
P5123717
P5123717 posted by (C)オトジマ

これは地蔵尊よりかなり麓より。仙崎にも88か所遍路道があるのかも。
P5123727
P5123727 posted by (C)オトジマ

麓の集落を見下ろす。
P5123725
P5123725 posted by (C)オトジマ

今回は動画も撮ってみた。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR