松江

中国地方、特に島根県では屋根瓦が独特の石州瓦で、九州の人間には珍しい。古い民家が古く見えない。
P9243240
P9243240 posted by (C)オトジマ

P9243242
P9243242 posted by (C)オトジマ

P9243245
P9243245 posted by (C)オトジマ

松江市の宍道湖畔に「イングリッシュガーデン」がある。よさげな響きなので寄ってみた。無料なのがうれしい。
P9243248
P9243248 posted by (C)オトジマ

目の前は宍道湖。穏やかな湖面に接している。
P9243274
P9243274 posted by (C)オトジマ

P9243275
P9243275 posted by (C)オトジマ

P9243286
P9243286 posted by (C)オトジマ

P9243259
P9243259 posted by (C)オトジマ

P9246041
P9246041 posted by (C)オトジマ

コスプレ少女たち。みんなに注目されて楽しいだろうなー。イベントがらみだろう。
P9243254
P9243254 posted by (C)オトジマ

P9246055
P9246055 posted by (C)オトジマ

花に乏しい時期のせいか、あまりイングリッシュガーデンという感じには乏しい。面積も小さい。いまひとつメンテナンスに気合が入っていない。そして、ここはそもそも県営の複合施設で各種行事や研修のための建物が主体の施設なのである。ガーデンはその付帯施設なのである。
P9246057
P9246057 posted by (C)オトジマ

大きな建物がいくつかある。福祉作業所関連のイベントが開催中だった。
P9246048
P9246048 posted by (C)オトジマ

屋内に巨木の森がある。
P9246051
P9246051 posted by (C)オトジマ

やや期待外れのイングリッシュガーデンであった。すぐそばを一畑電鉄が走っており、駅も設置されている。

松江といえばやはり松江城だろう。山陰で一番の観光スポット。土曜なので駐車場を探すのが容易ではない。なんとか城に隣接する県庁の駐車場にアキを見つけた。県庁は本来三の丸だったらしい。県庁から登城する。
P9246060
P9246060 posted by (C)オトジマ

P9246062
P9246062 posted by (C)オトジマ

モミジの大木。紅葉がキレイだろうなぁ。
P9246063
P9246063 posted by (C)オトジマ

いきなりすごい洋館がある。興雲閣。1903年竣工。2回はイベント実施中で見れなかった。
P9246066
P9246066 posted by (C)オトジマ

P9246068
P9246068 posted by (C)オトジマ

元来は明治天皇の行幸を迎えるための施設だから豪華。でも行幸は実現しなかった。
P9246072
P9246072 posted by (C)オトジマ

天守に向かう
P9246075
P9246075 posted by (C)オトジマ

見えてきた
P9246076
P9246076 posted by (C)オトジマ

なかなか立派な城だ。現存12天守の一つだが意外にも国宝ではなかったのが昨年国宝に指定された、というので話題になった。実は戦前は国宝だったものが戦後、国宝の基準がきびしくなって、創建がいつか判然としない、という理由で国宝解除され重文に格下げされていたもの。それが棟札の発見で慶長年間の建築ということがわかり、国宝に復帰したもの。
P9246077
P9246077 posted by (C)オトジマ

お城ブームと国宝指定ということで訪問者が激増したらしい。
以下、電池が切れたのでSJ4000の画像なので画質が悪いし、超広角になっている。
2016_0108_071704_002
2016_0108_071704_002 posted by (C)オトジマ

2016_0108_071732_003
2016_0108_071732_003 posted by (C)オトジマ

SJ4000が暗所に弱い。柱がいかにも現存らしい古色を帯びている。
2016_0108_072049_008
2016_0108_072049_008 posted by (C)オトジマ

最上階から。正面の山の切れ込みに本来なら大山が見えるらしい。
2016_0108_072850_018
2016_0108_072850_018 posted by (C)オトジマ

宍道湖方面
2016_0108_073038_022
2016_0108_073038_022 posted by (C)オトジマ

城の中を横切り、城の北側にある武家屋敷街へ。堀には多数の観光船が行きかう。
P9246086
P9246086 posted by (C)オトジマ

堀と彼岸花
P9246082
P9246082 posted by (C)オトジマ

たしかに武家屋敷街の趣はあるが、公開武家屋敷は一軒だけ。そもそも古い屋敷が残ってないようだ。
2016_0108_084723_002
2016_0108_084723_002 posted by (C)オトジマ

堀端の松の木が立派。
2016_0108_083653_012
2016_0108_083653_012 posted by (C)オトジマ

着物の女性が。近所にレンタル着物屋がある。
2016_0108_083545_011
2016_0108_083545_011 posted by (C)オトジマ

ラフカディオ・ハーン旧居には臨時の祭壇。なんでもハーンの命日だとか。
2016_0108_082810_001
2016_0108_082810_001 posted by (C)オトジマ

ハーンの年譜を見ると松江にはたったの3年余りしか住んでいない。それなのに松江は小泉八雲を観光の目玉にしているのである。日本に13年滞在したうち東京に8年住んでいる。国木田独歩が1年もいなかった佐伯が国木田を売り物にしているよりはましか。







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR