ハイセンス

テニスの4大大会、オーストラリア・オープンが始まった。時差がないので昼間見れる。
今朝は朝9時から錦織の緒戦だというのでうっかり見始めたら、なんと4時間近い試合になってしまい、ずっとテレビの前に釘付け。テニスを見始めると大変だ。ウィンブルドンなんかは夜中になるのでとても最後までつきあいきれない。

試合はノーシードのロシア選手クズネツォフに錦織が大苦戦したものの、何とか勝った。

それはさておき、オーストラリアオープンで気になるのは背後の広告。例年この大会ではメーンスポンサーがKIAである。韓国の自動車メーカーで現代自動車の子会社でいわばトヨタ・ダイハツみたいな関係。しかしダイハツと異なり世界展開する有力ブランドである。現代の廉価版というところか。オーストラリアオープンのKIAに関しては以前に書いた。  コチラに過去記事
P1168368
P1168368 posted by (C)オトジマ

コートは四周をLEDの表示看板で囲まれていて、随時表示が変化するが、最もテレビに映る両エンド側はKIAでほぼ固定。
左右のサイド側はおおむねエミレーツやハイセンスが交互に表示されているようだ。

錦織
P1168381
P1168381 posted by (C)オトジマ

エミレーツは中東の航空会社、ハイセンスは中国の電器メーカーである。KIAの韓国と言い、新興国の企業の勢いが感じられる。一時代前には世界中で威張っていたソニーやトヨタなどの日本企業はえらく影が薄くなっている。

そもそも、このオーストラリアオープンのメーン会場となっているメルボルンのスタジアムが命名権で「ハイセンスアリーナ」になってしまっているのである。以前はボーダフォンアリーナだったのがハイセンスにとって変わられた。

メルボルンのハイセンスアリーナ
Hisense-Arena-700x450.jpg

多くの日本人には「ハイセンス」ブランドはまだなじみが薄いか、安かろう悪かろうの粗悪品くらいに思われているのではないだろうか。しかし、今やテレビを中心とした家電品では世界的に日本ブランドは影が薄く、サムスンやLGといった韓国ブランドに席巻されていた。そこに最近は中国メーカーがOEMではなく自分のブランドで浸透しつつある。

実は・・・・・・
錦織の対戦相手クズネツォフの背後にもハイセンスがあるが、テレビの枠の下端にあるHisenseブランドに注意!!
P1168374
P1168374 posted by (C)オトジマ

なにを隠そう、我が家のテレビがそのハイセンスなのである。アマゾンで検索すると「海信」といういかにも中華風なブランドでも表示される。

2011年にアナログから地デジへの切り替えがあり、全国民的にテレビを買い替えて、シャープやパナソニックが大儲けしたのはついこないだ。そのシャープが地デジ特需の宴の後、あっという間に経営が傾いたのは周知のとおり。

それはさておき、我が家もその時、薄型テレビに買い替えた。当時はまだプラズマか液晶どちらが優位か、と言われた頃で、我が家は理論的に黒の再現性が優れているはずのプラズマを買った。日立の43型で当時ヤマダ電機で17万円ほどした。その後、すぐにプラズマは進化する液晶との勝負に敗れ廃れてしまった。私の見通しはいつも甘い。

それからたった6年で我が家の日立WOOははじの10㎝ほどが映らなくなった。内臓録画機構にも不具合が生じたので買い替えることにした。信頼できるはずの日本製が6年で壊れるのであるから、もう日本製でなくともいいんではないか?Mr.Maxの店頭で50型の2K・Hisenseが6万円ほどで買える。4KでもHisenseなら43型で6万円ほど。でも4K放送は2020年頃かららしいので2Kで十分。

妻はPanasonicとかSHARPなどの信頼あるブランドがいいんではないか?と不安がったがそれは盲目的な国産信仰。数か月経過するが、ハイセンスはなかなかよろしい。なんの不満もない。アメリカで不当に高い日本ブランド家電が駆逐されてしまったのも無理はない。中華家電あなどれず。じつは昨年冷蔵庫も壊れてしまい、ヤマダ電機で検討した結果、コスパに優れたハイアールにしたのである。これまた中華家電の有力ブランド。これまた省エネで実に具合がよろしい。

さらに我が家の中華ブランド。
一昨年、Lenovoのスマホを買った。それにOCNの格安SIMを挿して使用した。lenovo916 s

北京直送のLenovoは5.5インチの大画面で価格を考えればまずまずの性能であったが、たくさんの怪しい中華アプリを削除できないのが鬱陶しかった。同じころ、妻には楽天モバイルから格安通話SIMとHUAWEI(ファーウェイ)のスマホをセットで買った。acend s
 
Huawei Acend620 という機種。楽天では10000円ほど。アマゾンで15000円ほど。とくに特筆する性能はないが、何一つ不満もない初心者にはとてもまっとうなスマホで、超ITオンチの妻もこれにはなじんで大変愛用している。1年たってみてHuaweiというブランドは信頼できるブランドだと確信した。そこで私もHuaweiに機種変更することにした。

楽天モバイルのWeb広告を毎日監視していたら、 Huawei P8 lite が980円で買えるキャンペーンがあったので速購入。当時アマゾンでは20000円以上はした機種である。後継機種が出て現在は20000円を切っている。SIMもOCNから楽天に切り替え。MNP手数料を負担しても十分安い買い物である。
P1058360
P1058360 posted by (C)オトジマ

ひと月使ってみた結論は、なかなか良い。楽天モバイルからの購入なので怪しいアプリは全然はいってないし、性能的には何の不満もない。厚みも薄くてデザインもグッド。最近、国際的にもHuaweiの躍進は素晴らしく、ブランド別販売量で世界3位となっているが、遠からずサムスンやアイフォンを追い越すのではないだろうか。とても日本ブランドのスマホには質・量ともに太刀打ちできそうもない。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR