サバイバルファミリー

矢口史靖監督の作品にはハズレがない。見て絶対に損した気にならない。前作「ウッドジョブ」「ロボジー」については過去記事を参照。

survival8s.jpg

2月に公開されたのが「サバイバルファミリー」である。タイトルだけでもう面白いのが確実な気がする。
全く予備知識なしなので、家族がどこかの島か山の中でサバイバル生活をするのか、と思っていた。
実はまるで異なる。大停電に見舞われた家族がどうそれに対処したか、という物語である。

小日向文世演じるサラリーマン鈴木さん一家。名字からしてありきたりである。
東京のマンションに住み、夫婦と大学生の息子・高校生の娘がいる。
ある朝、目覚めると停電していた。なんとか身じまいをしてそれぞれ会社が学校に行く。
ところが停電は広域で、車も水道も、あらゆるライフラインが切れている。電気的な装置は一切停止しているのである。

会社では仕事にならなくて自宅待機、学校も休講になる。停電は長引き、食料や水の不足に見舞われ、人々は疎開を始める。鈴木一家も妻の実家の鹿児島に疎開しようと羽田空港に自転車で行くが、飛行機も動かない。
一家は自転車で鹿児島を目指すことになる。
20170125_survival0.jpg

アメリカの映画なら役立たずの父親が家族の危機に直面したら、隠し持っていたスーパーパワーを発揮して、難局を突破する、みたいなことになりそうだが、小日向演じる父親は全く役に立たない。つまり観客に近くて身につまされる。

そもそもマスコミやインターネット携帯電話すべてが機能を失っているので一家は外界の大局的な状況を把握するすべがない。映画の視点は常に一家と共にあるので政府の動きや東京電力の動きは観客にもまったくわからない。観客は一家と共に出来する難事に立ち向かうことになる。

静岡県内と想定される町はゴミが散乱し廃墟感が漂う。遠景にコスモス薬品がある。現在東日本にはコスモス薬品はないのでこれも山口県での撮影と思われる。
survival6s.jpg

食料がない、という状況は終戦直後にはあった。スーパーから食品や水やローソクが消えるというのは2011年の大震災直後の首都圏でもあった。そんな状況では金や貴金属は価値をもたなくなってくる。映画の中ではロレックスの100万円の時計を差し出しても米屋は米を1合も売ってくれない。とにかく田舎に行かねば飢え死にすることになる。

一家は車の止まった高速道路を走る。
survival3s.jpg

高速道路ではたくさんの人々が徒歩や自転車やスケボーで郊外や地方を目指している。どこかの高速道路を閉鎖して撮影したようだ。はたして日本でそれが可能か?実は山口県の山口宇部道路を閉鎖して撮影している。看板類はいかにも東名高速らしく差し替えている。山口県が映画撮影に協力していて、映画の半分ほどは山口県でのロケだという。山口特有の黄色いガードレールが映らないよう工夫したとか。

一家は食料が途絶えたとき岡山県の農家に救われる。そこで豚を捕まえる場面。
survival2s.jpg

この場面の撮影も大変だったとか。練習なしの一発勝負で俳優に豚を捕まえさせた。撮影全般に吹き替えやCGなしで俳優に実際にやらせることでリアル感を出している。

すべての電気的な機械類が動かない中で蒸気機関車だけは動いている。SL山口号である。一家は2か月の行軍の末に山口までたどり着き、どういうわけかSL山口号に乗って鹿児島に到着することができた。
170204_ニュース2_1

さすがに桜島を背景にSLが走るシーンはCG合成である。たどり着いた鹿児島の漁村集落での生活はそれまでの苦難に比べれば極楽のようであった。実際の撮影は例によって山口県でなされたようだ。その2年後に世界中を襲った停電は自然に解消する。停電の原因は映画のテーマではない。電気がないという状況で人はどう対処できるか、というのがテーマだ。

一度大震災や原発事故を経験した日本人はこの映画の提起する状況は決して破天荒な話ではない。あの時、東京では計画停電が計画された。私も東京のマンションに住む娘を思いやった。一晩電気がつかないとどうなる?トイレに行くのも大変だ。町の店からはローソクも懐中電灯もカップ麺も姿を消した。
blog_import_5244632482fb2.jpg

3・11直後、日向市のMr.Max日向店でトイレットペーパーを買い占める人。私じゃないよ。
blog_import_5244632e252ef
blog_import_5244632e252ef posted by (C)オトジマ

私が娘に送ったローソクや懐中電灯類。懐中電灯や非常灯ヘッドランプなどが7個も入ってる!!! こんなに送ってどうする?アホか。
blog_import_5244631b0dd46
blog_import_5244631b0dd46 posted by (C)オトジマ

一家は1000㎞に2か月もかかっている。自転車だからそんなにかからないはずだが・・・・。いかなママチャリといえども一日50㎞くらいは稼げるはず。それに私だったら高速道路か、一般国道、すなわち国道1号と2号を走るだろう。しかし一家はえらい田舎道を走って苦難に遭うのがいまひとつ解せないところかな。

若者は1週間くらい風呂なし、着替えなしで野宿できるくらいの練習をしておかないと。
かつて女子中学生達を川にキャンプに連れて行ったら「私毎日シャンプーしなければならないんですけど、どこでするんですか?」と聞いてきた。「せんでいい!! 一晩くらいシャンプーせんでも死にはしない」と怒ったら、こっそり川の中でしていた。「シッコはどこでするんですか?」「ヤブの中でしろ」「無理です」・・・・・・。トイレ専用のテントを一つ用意するはめになった。

娯楽作品として見てもとても面白く、笑えるし、社会派作品としても重要な問題提起をしている。お薦めの映画である。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR