屋根をかける人

門井慶喜 「屋根をかける人」

門井は美術関係をテーマにした推理物が得意。最近は建築にも興味があるようだ。
この作品は建築家ヴォーリズがテーマなので手に取ってみた。
ヴォーリズの来日から死ぬまでの来歴が描かれている。
P2148406
P2148406 posted by (C)オトジマ

一昨年、滋賀県の近江八幡を訪れたときヴォーリズを知ったのであるが、幾多の洋館を設計したこととメンソレータムで有名(だった)な近江兄弟社を設立したことくらいだった。ウィキペディアでは一応概略を知ることはできるが、事実の羅列では印象に残らない。こういうふうに物語として構成してもらうと、人物の仕事や人となりが時代的背景に浮き上がってくる。まぁ、あくまでフィクションであるからすべてを事実として受け取ることはできないが、歴史的な事実にはウソはないだろう。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)は日露戦争最中の1905年、25歳の時に来日している。近江八幡の商業学校英語科教師として赴任する。熱心なクリスチャンで海外伝道を志していた。教師をしつつ学生と聖書の研究会を開いた。それがたたって解職。その後、生計のために建築設計に携わる。大学で多少は理科系をかじってはいたが実は建築には全然素人だった。

最初期の建築、福島教会。
Fukushima
Fukushima posted by (C)オトジマ

持ち前のずうずうしさと商人根性で見よう見真似で始めたのである。アメリカからプロの設計家も雇い設計事務所を開設する。キリスト教関係のつてで得た同志社の礼拝堂の施工が成るとそれが実績となって仕事が次々と舞い込む。明治から大正にかけてはキリスト教の再布教期で全国各地で盛んに教会やYMCAが建てられた。宣教師や牧師もアメリカ人が多いから同郷のよしみでヴォーリズに注文する。大繁盛である。むろんカトリックではなくプロテスタント。

同志社
Doshisha
Doshisha posted by (C)オトジマ

実績を積む中でキリスト教関連だけでなく世俗建築も受注できるようになる。大きな顧客がNHK朝ドラ「朝が来た」で有名になった広岡浅子である。この大富豪の自宅・別邸、彼女の経営する大同生命関係のビルディングなど次々と受注。養子であった広岡家当主の妹、子爵令嬢一柳満喜子と結婚する。

大丸心斎橋店。現在はない。惜しまれつつ改築中。この外壁は保存されるそうだ。
DAIMARU
DAIMARU posted by (C)オトジマ

また、アメリカでたまたま会ったメンソレータムの社主から日本でのメンソレータムの販売権を得た。これが万能薬として大ヒット。これまた事業の大きな柱となる。近江兄弟社である。兄弟とはキリスト教用語で同志くらいの意味。私はこの薬の実物を見たことも使ったこともないが。

近江八幡にある一柳記念館。一柳とは帰化したヴォーリズの日本姓である。
P6052414
P6052414 posted by (C)オトジマ

P6052413
P6052413 posted by (C)オトジマ

近江八幡郵便局。
P6052491
P6052491 posted by (C)オトジマ

近江八幡で。来日2年後、1907年建築のアンドリュース記念館。アンドリューズはヴォーリズの友人。
P6052512
P6052512 posted by (C)オトジマ

ドアにヴォーリズ建築第1号、という張り紙が見える。
P6052514
P6052514 posted by (C)オトジマ

アメリカとの戦争が始まるころには老境に至る。
戦中は敵国民としてつらい目にあう。その中で日本に帰化して日本名を名乗るが、仕事もなく軽井沢に籠る。戦後、彼は近衛文麿の依頼を受け、マッカーサーに天皇に神格否定をさせた上で寛大な処分をするよう仲介する。小説によれば実際にはマッカーサーとは面談していないようだ。小説中ではその功で昭和天皇と面会する機会を得ている。1964年に近江八幡で84歳で亡くなっている。

格別面白い本ではないが、ヴォーリズという建築家の数奇な運命を知るには好著。

以前にも書いたが、近江兄弟社は1974年にメンソレータムの商標権を失った。代わってロート製薬がそれを獲得した。さらにロート製薬はアメリカのメンソレータム社を買収して完全に自社ブランドとしている。
Mentholatum s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR