日向往還 馬見原

九州山地中央部・国道218号沿いの五ケ瀬・山都・美里町にはいくつもウォーキングコースが設定されている。九州フットパスホームページを見ると「馬見原コース」というのがある。
ホームページを見てもマップが添付されていないので現地の観光案内所でもらおうか、と気軽に考えて出かけた。

馬見原の商店街。
P3120527
P3120527 posted by (C)オトジマ

ところが観光案内所はどこにもないし、エコツーリズムの案内所は休みだし、公民館にもガソリンスタンドにもそんなマップはない。
肉屋さんで聞くと、ご親切にあちこちと電話して問い合わせてくれたが、やはりない、とのこと。彼は「日向往還歴史ウォーク」というチラシを出してきた。この20日に開催されるウォークである。そのなかの「馬見原ご利益めぐりコース」という地図を書いてくれた。やむなくそれを歩くことにした。「ご利益」があるなら文句はない。

あとで気づいたのであるが、九州フットパスの馬見原コースは隣の五ケ瀬町を中心としたコースで五ケ瀬町で問い合わせるべきであった。

馬見原橋から出発。
P3120522
P3120522 posted by (C)オトジマ

一つ目のご利益のありそうなしめ縄が現れた。夫婦岩である。
P3120465
P3120465 posted by (C)オトジマ

まず、生目神社にお参り。
P3120468
P3120468 posted by (C)オトジマ

下を流れるのは五ヶ瀬川。
P3120469
P3120469 posted by (C)オトジマ

生目神社。小さな祠である。
P3120470
P3120470 posted by (C)オトジマ

中に上がってみる。
P3120474
P3120474 posted by (C)オトジマ

壁にギッシリとなにやらお願いが書いてある。
P3120473
P3120473 posted by (C)オトジマ

やはり、目のお願いだった。
P3120472
P3120472 posted by (C)オトジマ

コンタクトレンズのお願いがあるのが現代的。
P3120471
P3120471 posted by (C)オトジマ

神社脇に湧水がある。穴がかなり奥まである。
P3120476
P3120476 posted by (C)オトジマ

生目神社がすぐそばに小さなお稲荷さん。
P3120477
P3120477 posted by (C)オトジマ

またすぐそばにみすぼらしい神社。名前は加藤神社、と立派だ。熊本城を作った加藤清正である。
P3120480
P3120480 posted by (C)オトジマ

石段はそこそこ立派だが・・・。
P3120484
P3120484 posted by (C)オトジマ

これは観光スポットのひとつの石橋。長さ2mくらいのミニミニサイズ。
P3120485
P3120485 posted by (C)オトジマ

空き家ばかりの通りを歩く。
P3120486
P3120486 posted by (C)オトジマ

かつては店舗だったか、懐かしい木製サッシの建具の家。欄間の曲線が凝ってるな・・・・とよく見るとベニヤ板だった。
P3120487
P3120487 posted by (C)オトジマ

教尊寺。率直に言って安普請である。
P3120488
P3120488 posted by (C)オトジマ

寺から町を見下ろす
P3120489
P3120489 posted by (C)オトジマ

どうもここの「ご利益ルート」のパワースポットたちはいかにもスケールが小さくて朽ちかかっているものばかり。あまりパワーを期待できなさそうな。隣の五ケ瀬町には浄泉寺や三ケ所神社という立派な神社仏閣があるのに・・・・。

気をとりなおして五ヶ瀬川対岸に回る。なお、ここの「ご利益コース」にはマップがないばかりか、道案内の表示板もまったくない。まぁ、ごく狭い地域だから迷子になることもないが。さらには全然風光明媚でもない。

長久寺に向かう。
P3120491
P3120491 posted by (C)オトジマ

長久寺と鬼子母神。日蓮宗系の寺である。新しい寺のようで、新興のパワースポット然としている。
P3120492
P3120492 posted by (C)オトジマ

長久寺境内にある稲成
P3120494
P3120494 posted by (C)オトジマ

以前、桜の頃に来たことがあるが、まだウメ。
P3120495
P3120495 posted by (C)オトジマ

地図に寄れば、近くに次のご利益ポイントの天満宮がある。ということはこれは「♪天神様の細道じゃー♪」ということになる。
P3120503
P3120503 posted by (C)オトジマ

で・・・・・・。これがその天満社である。しょぼい・・・・。
P3120497
P3120497 posted by (C)オトジマ

しかし、すごいケヤキの巨木がある。
P3120498
P3120498 posted by (C)オトジマ

P3120500
P3120500 posted by (C)オトジマ

最後に商店街すぐ横にある明徳山。稲成があるようだ。
P3120504
P3120504 posted by (C)オトジマ

こんなすごい階段を登るんだから、さぞご利益のあるスポットがありそうだ。
P3120505
P3120505 posted by (C)オトジマ

最近BS朝日の五木寛之の「百寺巡礼」(再放送)を見ている。撮影は10年ほど前なので72,3歳の頃の五木氏が寺を回る。だいたい寺社は山の上にあるので五木氏はいつも石段を上がっている。それがスタスタと快調なのである。編集であんなに健脚に映ってるだけなんではないか、と疑っている。

ところが息せき切って頂上に達すると、何も建物はない。あの林の中に小さな祠があるだけ。
P3120506
P3120506 posted by (C)オトジマ

かつては杉の巨木があったが、台風で倒れ、株だけが残っている。
P3120507
P3120507 posted by (C)オトジマ

むこうの棚田あたりは宮崎県。ちょうど県境にある町なのである。
P3120510
P3120510 posted by (C)オトジマ

P3120512
P3120512 posted by (C)オトジマ

出発地の商店街に戻る。向こうの山の上が先ほどの稲荷の山。それにつけても人気のない街だ。車も通らない。石畳にして、古い街並みを演出してはいるがなにせ古い建物がない。観光地としてもパワー不足。
P3120518
P3120518 posted by (C)オトジマ

商店街の中ほどに火伏地蔵がある。
P3120514
P3120514 posted by (C)オトジマ

六地蔵。
P3120515
P3120515 posted by (C)オトジマ

写真店のショーウィンドー。昔の懐かしいカメラ。
P3120517
P3120517 posted by (C)オトジマ

昔のラジオ。当時は豪華だったんだろう。スピーカーは二つあるがステレオではないはず。東芝製。
P3120528
P3120528 posted by (C)オトジマ

牧水の歌碑がある。
 山の宿の固き枕に夢を呼ぶ秋の女神の衣白かりき
P3120520
P3120520 posted by (C)オトジマ

町の案内の各所に、かつて牧水が「馬見原は洒落た町なり」と言ったことが紹介されている。そうだったのかな・・・とも思ったが、彼がそう書いたのはなんと明治35年、延岡中学在学時の17歳の時、遠足でここらに来た時の日記。言ってみればまだ世の中を知らない田舎の若者の言葉にすぎない。そう考えるといかに歌聖の言葉とはいえあまり真に受けない方がいいのかも。
P3120521
P3120521 posted by (C)オトジマ

一軒だけ古そうな商家建築が残っている。新八代屋。
P3120525
P3120525 posted by (C)オトジマ

昔はこんな望楼があった。
P3120526e
P3120526e posted by (C)オトジマ

新八代屋の向かいの肉屋「肉のみやべ」はコロッケが名物らしい。
P3120524
P3120524 posted by (C)オトジマ

この店で道を聞いたのでハンバーガーを買ってみた。コロッケバーガー500円。
P3120529
P3120529 posted by (C)オトジマ

馬見原から近い五ケ瀬町のワイナリーでハンバーガーを食べる。
P3120533
P3120533 posted by (C)オトジマ

阿蘇からケムリが出ている。
P3120531
P3120531 posted by (C)オトジマ

「馬見原ご利益コース」は今一つパッとしないウォーキングコースであった。あまりお薦めできない。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR