南薩 盛夏 2

枕崎、火の神キャンプ場の朝。けっこうたくさんの人がキャンプしていた。あの岩場の上にもテントが。危なそう。
P7172288
P7172288 posted by (C)オトジマ

海から屹立するのは立神岩
P7172287
P7172287 posted by (C)オトジマ

火の神公園の一角に平和祈念展望台がある。大戦末期戦艦大和を旗艦とする第二艦隊が鹿児島沖で壊滅したことに対する慰霊碑である。
P7172274
P7172274 posted by (C)オトジマ

ウィキペディアによれば坊の沖海戦で日本側の戦死者3700名に対し米軍はたったの12名!! 航空機が10機撃墜されただけ。
めちゃくちゃ割に合わない戦闘である。コスパ最悪で愚の骨頂。いかに「聖戦」とか「祖国防衛」の美名を言っても、作戦立案にあたった幹部たちの無責任というそしりは免れない。
P7172273
P7172273 posted by (C)オトジマ

この沖200㎞あたりで大和は沈没した。
P7172269
P7172269 posted by (C)オトジマ

海を見ている若者は山幸彦。おなじみの海幸彦・山幸彦の神話である。この人物はカゴの舟に乗っているのでてっきり海幸彦だと思っていたら、この物語の主人公は山幸彦であった。「山幸彦」の本名が「火遠理命ホオリノミコト」だから「火之神公園」と命名されたとか。また山幸彦が竜宮に行く途中立ち寄ったのがここらで、枕崎近辺の異名が「鹿篭(かご)」と言い、「鹿児島」の語源になったとか。
P7172282
P7172282 posted by (C)オトジマ

また、山幸彦は竜宮に行くのであるが、その竜宮のあった場所が番所鼻(ばんどころばな)である。

番所鼻は枕崎と指宿の中間にある。番所鼻公園になっている。きっと昔は藩の番所があったはず。私の生まれた所は土々呂の「御番所」というところであるが、旧藩時代には港への舟の出入りを監視する番所があった。
P7172300
P7172300 posted by (C)オトジマ

開聞岳を遠望する絶景の地。伊能忠敬は測量中にここを訪れ、この地の絶景をたたえたという。
P7172301
P7172301 posted by (C)オトジマ

不思議なのは丸い穴の形をした入り江があること。入り江というより池である。人工的に岩を並べたのか、と思ったが、それにしては閉鎖しているから港として役に立っていない。ハハーン、これはマールだな、と推測した。公園内で説明版をさがすとはたしてこれは火山活動によるものであった。薩摩地域には鰻池や山川港をはじめあちこちにマールがある。
P7172311
P7172311 posted by (C)オトジマ

番所鼻から見た開聞岳にも雲。「ラピュタ」の竜の巣みたいだ。
P7172297
P7172297 posted by (C)オトジマ

開聞岳を見るもう一つの絶景ポイントが瀬平自然公園である。確かに絶景なんだが、あのコンクリート擁壁のダサイ絵が台無しにしている。仮に絵が傑作だとしても全体として台無しであることには全然変わりない。自治体関係者が良かれと思って頑張るほど絶景を台無しにすることはよくある。
P7172315
P7172315 posted by (C)オトジマ

これはあの擁壁の先で撮影。ダサイ擁壁は見ないで済むが風情を添える松の木がない。
P7172316
P7172316 posted by (C)オトジマ

これは内陸部の開聞駅あたりから。
P7172321
P7172321 posted by (C)オトジマ

これは長崎鼻あたりから。雲が切れることはなかった。
P7172324
P7172324 posted by (C)オトジマ

長崎鼻の「フラワーパーク」に寄って見た。夏の盛りだから花は咲いてないだろうが、ついでだ。朝九時の開場時間に入ったのでほとんど観光客がいない。ほぼ独占状態である。
P7172331
P7172331 posted by (C)オトジマ

P7172342
P7172342 posted by (C)オトジマ

とにかくメチャクチャ暑い日なのでゆっくり歩いて見る気色にならない。
P7172345
P7172345 posted by (C)オトジマ

ジャカランダ。かなり古そうな木だ。日南の道の駅南郷以外にもあったんだな。
P7172348
P7172348 posted by (C)オトジマ

奄美の建物。熱帯の雰囲気横溢。
P7172362
P7172362 posted by (C)オトジマ

田中一村の絵の中の風景みたいだ。
P7172360
P7172360 posted by (C)オトジマ

一村はアダンの木も描いている。
P7172381
P7172381 posted by (C)オトジマ

アコウの木が何本もある。巨木なのでもともとここにあったのかと思ったらよそから移植したとか。
P7172377
P7172377 posted by (C)オトジマ

P7172380
P7172380 posted by (C)オトジマ

温室の中でアリアケカズラが満開。いやがうえにも暑い。
P7172385
P7172385 posted by (C)オトジマ

この半温室が見事。
P7172416
P7172416 posted by (C)オトジマ

鮮やかな花が咲き乱れる秘密の花園。
P7172413
P7172413 posted by (C)オトジマ

写真撮影スポットがあちこちに用意されている。
P7172401
P7172401 posted by (C)オトジマ

P7172391
P7172391 posted by (C)オトジマ

広大な敷地にすごい数の花が咲き乱れる。素晴らしい。さすが県立である。宮崎のフローランテも素晴らしいが、ここはまた趣が違っている。開園して20年以上たっているが、決して管理がだれていない。また気候のいいころ再訪したい。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR