佐賀の旅 高取邸

唐津の観光は虹の松原と唐津城だったが、高取邸が修復され公開されるようになって俄然厚みが増したのではないだろうか。

高取邸の主は明治の炭鉱経営者、高取伊好(これよし)--1850~1927--。多久藩士出身。飯塚の伊藤伝右衛門とちがい慶応出で学問もありスマートである。高取はここに敷地2300坪、建物300坪の広壮な屋敷を構えた。1998年に高取家より唐津市に寄贈された。

屋敷前の道路は狭い。屋敷内は松の木が多い。この写真では見えないが、向かいは九電の保養施設でこれまた大変立派な屋敷である。もとは高取家の屋敷だったという。そちらも見たいものだ。
高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

下:門を入ったところで洋風の応接室の外観が見える。
唐津
唐津 posted by (C)オトジマ

下:玄関
高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

下:松の庭木が立派である。
高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

下:海岸側の庭から見たところ。あの広いガラス窓の部屋からは唐津湾が見渡せる。
高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

下:庭には入れないが、外周を廻る歩道が設けられていて、塀越しに中を見れる。
高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

下:洋風の応接間
高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

実は内部は撮影禁止なのである。この応接間は入り口にあるのでそれに気付かず撮ってしまったのである。
屋敷内部は大変素晴らしい。修復したとはいえ、極力旧い部材を生かし、ぜいたくな材木の使い方だけでも見もの。例えば廊下の板の長さに驚く。能舞台も立派である。
しかし、いかんせん写真がないので説明しづらい。
幸い高取家関係者がたくさん写真を公開されているのでコチラを見て欲しい。

というところで写真は外観だけ。以下庭の写真。

下:庭の各所に唐津焼きの像が置いてある。
唐津
唐津 posted by (C)オトジマ

高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

高取邸
高取邸 posted by (C)オトジマ

ともかくここは飯塚の伊藤伝右衛門邸を上回る豪邸であるが、伊藤邸ではOKだった写真が取れないのが減点。昔の石炭成金というのはすごいものだな、と思った次第。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR