佐賀の旅 大砲

佐賀藩は幕末に科学技術を振興し、反射炉の建設、大砲の鋳造などをしていることは有名だ。だからあちこちに大砲が置いてある。

下:本丸歴史館にあるカノン砲10分の1模型
佐賀の技術
佐賀の技術 posted by (C)オトジマ

下:24ポンドカノン砲レプリカ  佐賀博物館
佐賀の技術
佐賀の技術 posted by (C)オトジマ

下:アームストロング砲レプリカ。口径57mmで施条があり命中性、速射性にすぐれた砲。上野の彰義隊攻撃に威力を発揮したという。  佐賀博物館
佐賀の技術
佐賀の技術 posted by (C)オトジマ

下:驚いたのがコレ。臼砲という兵器があるがまさにウスである。口径と砲身の長さがあまり変わらない。命中精度はほどんど期待できそうにない。これは実物。
佐賀の技術
佐賀の技術 posted by (C)オトジマ

下:小さいけれどムクの銅のカタマリだけにかなり重そうだ。昔のことだから運搬は大変だったろう。
佐賀の技術
佐賀の技術 posted by (C)オトジマ

下:冠軍という刻印。官軍ではない。まさに軍のトップという意味だそうだ。
佐賀の技術
佐賀の技術 posted by (C)オトジマ

下:モルチール砲というそうだ。


下:武器だけでなく他の最新技術にもトライしていた。蒸気機関車の模型を走らせている様子。遊園地の電車くらいはある大きさだ。十分人間が乗れそうだ。実用化寸前といってよさそうだ。蒸気船の模型も置いてある。お殿様が視察に見えたところのようだ。 (クリック拡大)



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR