日出の旅 拾遺

日出で見たもの、いろいろ。

下:滝廉太郎像
日出
日出 posted by (C)オトジマ
滝廉太郎の像が城の前、というか小学校の前にある。実は滝家は江戸時代、日出藩の家老職をつとめた上級武士の家柄であった。滝自身は東京の生まれで、父の転勤にともない竹田市をはじめ各地を移り住んだのであるが、日出に住んだ事はなかった。しかしいまだに滝家累代の墓は日出にあるので、ゆかりのある土地ということである。

下:同じところにある帆足萬里像
日出
日出 posted by (C)オトジマ
帆足萬里は江戸時代後期の学者。藩校教授を務めたり、藩政改革に取り組んだりしたこともある。三浦梅園、広瀬淡窓と共に豊後三賢の一人と言われているらしい。学問でも儒学一辺倒ではなく、蘭学にも取り組み、三浦梅園と通じるところが多かったとか。詳しくはウィキペディアで。

藩校、致道館。シロアリに食われボロボロになった門がつっかえ棒でかろうじて建っている。いさぎよくあきらめて、建て替えたほうがよさそうである。
日出
日出 posted by (C)オトジマ

玄関の木鐸。城下ガレイを模してるのか。来訪者はコレをたたいて来訪を伝える。
日出
日出 posted by (C)オトジマ

建物自体はありふれた木造住宅で、内部も畳敷きの部屋がいくつかあるだけ。格別な陳列物もない。窓ガラスから別府湾が見える。庭では何やら発掘作業中。
日出
日出 posted by (C)オトジマ

下:的山荘真下の漁協にあった看板。かなり怒っている。確かに、的山荘の庭園にノラネコが住み着いていた。日向市の日向岬にも捨て猫が多く、ネコがウジャウジャいるのと似た現象か。
日出
日出 posted by (C)オトジマ

下:二の丸館の前の武家屋敷。非公開
日出
日出 posted by (C)オトジマ

下:的山荘の隣に大手焼酎メーカー「二階堂」の社長宅がある。的山荘の一部を買い取ったものだろうか。昔、金鉱王、今、焼酎王、というところか。近くにある二階堂酒造工場敷地内には二階堂美術館もある。美術館の隣は例の琴音ちゃん遺体遺棄事件の発端となったマルショク日出店である。
日出
日出 posted by (C)オトジマ

日出城界隈の街灯は二階堂の提供。
DSCN9090
DSCN9090 posted by (C)オトジマ

二階堂はノスタルジックなTVCMが有名。二階堂公式ページのココにアーカイブとロケ地一覧がある。Youtubeでは実際のCMを見ることができる。ロケ地を見ると九州各地が多いが、お膝元の日出は出てこないようである。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR