普光寺

harbyさんのブログで最近大分県豊後大野市の普光寺が紹介されていた。磨崖仏が有名らしいが、全然知らなかった。阿蘇方面に行く道すがら寄ってみた。

寺に近づくと大きな駐車場が二つもある。参拝者が多いことを物語るが、この日は我々と他の一台だけ。

参道の入り口。民家の庭先を歩いていく。
P8143498
P8143498 posted by (C)オトジマ


普通、寺は山の上にあって石段を登るものだが、ここでは谷底に向かって降りていく。
P8143452
P8143452 posted by (C)オトジマ

鬱蒼と木が茂り、いかにも湿気の多そうな参道である。
P8143450
P8143450 posted by (C)オトジマ

山門が現れる。屋根には草が茂る。「ピアノ寺」と書いた赤いノボリとハングルの表示。
P8143455
P8143455 posted by (C)オトジマ

harbyさんのブログでは「荒廃していて残念だ・・・」みたいに描かれていた。harbyさんのように30年前を知らないので荒廃しているんだか、これが普通なんだか判断しがたい・・・。
木の間から洞穴と磨崖仏がいきなり現れる。来ていた若いカップルの女性が「ワァ!ビックリしたぁ。すごーい。」と嘆声を上げる。
P8143458
P8143458 posted by (C)オトジマ

寺の境内から谷間に降りて、洞穴まで行く道がある。道や茂みは荒れ気味だが楽に行ける。久しく整備されていない感はある。
P8143462
P8143462 posted by (C)オトジマ

磨崖仏が現れる。不動明王である。大きい。11.4mあるという。鎌倉時代の作らしいからかなり古い。800年ほど昔か。
P8143463
P8143463 posted by (C)オトジマ

磨崖仏の横には二つの洞穴があり、手前の洞穴には舞台がある。
P8143464
P8143464 posted by (C)オトジマ

舞台の上には電子ピアノが箱をかぶって置かれている。自動演奏で鳴らすこともあるようだ。行事とかまとまった観光客があれば鳴らすのかもしれない。背後が野外音楽堂のように半球形の洞穴なので音の響きは素晴らしいはずだ。対岸の寺の境内でもよく聞こえると思う。ぜひ聴いてみたい。
P8143471
P8143471 posted by (C)オトジマ

中央には譜面台があり、楽譜が開かれたまま。古めのJ-POP.
P8143474
P8143474 posted by (C)オトジマ

向こうに寺の境内がある。
P8143484
P8143484 posted by (C)オトジマ

洞穴の天井に巨大なハチの巣が。
P8143473
P8143473 posted by (C)オトジマ

もう一つの洞穴には護摩堂があるが、ロープが張られて進入禁止らしいので遠慮した。
P8143469
P8143469 posted by (C)オトジマ

洞穴には多数の石仏が並んでいる。
P8143477
P8143477 posted by (C)オトジマ

洞穴内にも磨崖仏がある。これは小さい。
P8143476
P8143476 posted by (C)オトジマ


本堂にはピアノがある。自由に演奏していい。上手に弾けたらお供えの缶飲料を一個もらえるとか。娘が弾いてみたが、手入れがよくないようで鍵盤の動きがよくないようだ。
P8143490
P8143490 posted by (C)オトジマ

P8143492
P8143492 posted by (C)オトジマ

本堂は小さく格別なものではないが、磨崖仏と石窟のロケーションが素晴らしい寺である。たしかにharbyさんの言われるように、やや荒れ気味のようだが、住職だけでこの広い谷を整備するのは大変だ。行政の力も借りてこの地域の宝を生かして欲しいと思う。

「ゆっくり自然浴」のみっきーさんのブログに今年のアジサイの写真があった。アジサイの時期にはピアノの自動演奏をやっているらしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR