中島記念館

日向市東郷町に美術館が誕生した。
東郷町に工場を持つメディキットが工場敷地内に作った中島記念館である。

メディキット工場。かつてはマツダの新車の配送デポだったところ。
P9174163
P9174163 posted by (C)オトジマ

メディキット創業者の中島弘明氏がかねて蒐集した絵画・陶磁器を展示する。絵画は日本画が中心で、平山郁夫、東山魁夷、横山大観などのビッグネームが名を連ねている。リーフレットによれば洋画もルノアール、ユトリロ、ビュッフェなどがあるという。展示作品は順次入れ替えられるという。メディキットは今や県内有数の有力地場企業だけに、この美術館の設置もその勢いを示すものである。

リーフレットに載っている作品群。


開館は昨日、9月16日(日)であったが、ちょうど台風16号の荒天で散々だったのではないだろうか。月曜は休館日であるが、祝日は営業するというので台風一過の本日出かけてみた。広域農道を通ってわが家から30分。

美術に深い造詣はないのでほとんど単なる物見遊山。日本画中心というからいよいよあまり関心はないが、美術館は建物が素晴らしかったりする場合が多いので、建物への関心は大いにある。

美術館は現工場より一段高いところにある。周囲は広い空き地が広がる。工場拡張に備えたものか。
中島記念館
中島記念館 posted by (C)オトジマ

というところでこれが中島記念館。事務的な四角い建物で面白くはない。入館料500円。
中島記念館
中島記念館 posted by (C)オトジマ

お祝いの花がいっぱい。ここが展示室入り口。
実質的には初日であるから混雑を避けたいのでちょうど昼食時間を狙って行って見たが、いくつもある広い駐車場はガラガラ。館内にいた訪問者は数名だったので拍子抜け。


どこにも「撮影禁止」の表示はない。が常識として展示作品は撮影しなかったので絵の写真はなし。展示室入り口の廊下から覗いたところ。帰りしなに受付で聞いたらやはり撮影お断りだとか。掲示が必要。
中島記念館
中島記念館 posted by (C)オトジマ

こちらは陶磁器の展示室で小さい部屋だ。
中島記念館
中島記念館 posted by (C)オトジマ

展示室は2つで合わせてもさして広くはなく、展示作品も少ないので、全部見ても10分くらいか。

絵画は今回は全部日本画。知らない作家もいるが、高名な作家の作品も並ぶ。上にあげた以外にも、加山又造、高山辰夫、小倉遊亀、上村松園、片岡球子、伊東深水、杉山寧、などなど。・・・がインパクトに欠ける小さな作品ばかりという印象。デパートの美術品即売会を見ているようだ。富士山を描いた作品が多い。売り絵としては富士山が無難だという話を聞いたことがあるから、いかな大家の作品と言えど売り絵のために量産されたものか? まぁ、美術の素人の邪推であるから、ご本人で見に行って確かめたほうがいいでしょう。

陶磁器は20点ほどで少ないが、沈壽官、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門など、田舎ではなかなか見れない高名な作家の超絶技巧を見ることができる。高価な品なんだろうなぁ、とは思うがこれまた焼き物を見る眼がなく、その素晴らしさを堪能できるほどではないので、あっという間に見終わる。

私の個人的な印象はともかく、こんな山奥の田舎にはもったいないような立派な美術館ではある。人間お金が余ると、美術品を蒐集し、美術館を建てる、というのは一つのパターンのようである。古くは王侯貴族、近代になると大資本家たち。日本でも石橋美術館、山種美術館、出光美術館など金持ちの建てた美術館は多い。地方では医者がコレクションを公開する美術館もよくある。

島根には足立美術館がある。これまた立志伝中の人物が都会で財を成して故郷の山の中に建てた美術館。収蔵作品は横山大観を中心とした日本画主体なのでさして興味はないが、庭園の立派さで有名であるから、それを見てみたい。
近くでは鹿児島の福山には病院院長が作った松下美術館がある。昔の精神病院の病棟が展示室になっていてなかなか面白い。

最近では千葉のホキ美術館が話題になる。ホキはメディキットと同業の医療用キット製品メーカー、ホギメディカルのオーナー保木将夫氏が建てた。メディカル商品は儲かるようだ。ホキ美術館は写実絵画専門美術館として明確な方向性があり、NHKの日曜美術館でもたびたび登場する。森本草介、野田弘志、諏訪敦、石黒賢一郎など思わず見たくなる今が旬の画家たちが収蔵されている。美術素人でもその超絶技巧に感動できるはずだ。

館の外にはカフェがある。前面ガラス張りで景色がよさそう。客はいなかった。ここは「飲み物は外の自動販売機で買ってください」とある。安くて済むので助かる。儲ける気はないようだ。いつまで持つか心配だが。
中島記念館
中島記念館 posted by (C)オトジマ

カフェから見下ろす構内の風景。植栽がまだ新しい。下の広場は工場用地か。10年もしたら落ち着いていい雰囲気になるのかもしれない。
中島記念館
中島記念館 posted by (C)オトジマ

開館したてでも人出はさしたることはないから、今後時がたつにつれいよいよ来館者は少ないだろうなぁ、と感じた。どうせ建てるんならもうすこし便の良いところにすれば良かったのに・・・とも思うが、入場料で採算をとろうなんてそもそも期待してないだろう。それより郷土に錦を飾る方を重視したようだ。

このエントリに場所を調べるアクセスが多いので案内と地図を添付しておく。
 
●月曜休館(月曜が祭日の場合は火曜日休館)
●大人500円、高・大学生250円、中学生以下無料
●問い合わせ先 0982-69-3500 http://www.medikit-art.jp
●北から来る人は、日向市新生町交差点を右折し、国道327号を椎葉方面へ。
●南から来る人は、美々津の耳川大橋手前の信号を左折して県道51号を耳川沿いに西へ。中野原の国道327号との合流点を右折すると間もなく左折。(下の地図をクリック拡大で詳細)



より大きな地図で 中島記念館 を表示




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たのしみです

宮崎県の未登の九州百名山(地図帳)はあと4座が残っています。
 南から矢岳(現在登山禁止)、花切山、石堂山と三方岳です。
 その三方岳登山に楽しみができました。登る日が来るまでオープンしといてくださいね。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR