Jotta A

Youtubeを見出すとキリがないのであまり見ないのであるが、クリスマスが遠くないので生徒達に英語のクリスマスソングでも聴かそうか、と思って、今や定番となっているマライア・キャリーの「All I want for Christmas is you」を検索すると、小さな少女が歌っているのを見つけた。アメリカじゃ有名な子どもかもしれない。歌が上手なのよりカワイイのが先。生意気に「きつく抱きしめて」なんて言ってる。


『消臭力』のミゲル君のように外国にはとんでもなく歌の上手な子どもがいるもんだ。しかし更に驚いたのはブラジルの少年、ジョッタ(Jotta A)である。幼い日のマイケル・ジャクソンを彷彿とさせる。とんでもない美声でなおかつウマイ!! おなじみの名曲をゴスペル風に自由にアレンジしてしまっているのも12歳とは思えない才能だ。聞いたことない人は一度聞いてみる価値アリ。


素人の子どものタレント発掘番組で登場するやたちまちスターになってしまった少年である。もう声変わりの時期だから今後はどうなるかわからないが、マイケルが少年時代の美声から声変わりした後、いよいよ活躍した例もある。

美声はそれだけでも人を酔わせる。
下は同じくブラジルの天才少女マヌエリとのデュエットで「ハレルヤ」。マヌエリが低音、ジョタが高音部を素晴らしい声で歌っている。二人とも教会の聖歌隊できたえてるらしい。教会の存在が歌のうまい層の厚さに影響してる。美少年と美少女が歌い上げるすばらしい掛け合い。日本ではなかなかお目にかかれないパフォーマンスだ。

ダウンロードしていつも聴いている私のお気に入り。

Jotta A。歌詞つきでアメイジンググレース。いろいろな歌手のアメイジンググレースを聴いたがこれを越えるものは聴いたことがない。


彼の母語はポルトガル語なので英語の歌詞と発音はあちこち間違っているが、そんなことは愛嬌。神も仏も信じない私だが、彼の歌を聴いていると思わず神の恩寵に涙したくなるくらいの歌唱である。スゴイ。

いろいろ他に聞いてみたいと思ってアマゾンで購入しようと調べたがポルトガル語のなじみのないゴスペルばかりなのが残念。

私は昔からクリスマスソングの中でも少年時代のマイケル・ジャクソンの「Mommy kisses Santa Clause」が大好きである。何回聴いても聞きほれる美声である。






IS2=1

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR