中華パッド

IT機器の進歩と廉価化はメチャクチャに早い。
私のような貧困ラインにいる者にとってはi-padなどは4万円ほどするのでちょっと買ってみようか、という訳にはいかない。ipad-miniやNEXUSなどの7インチタブレットでも3万円程度。安くて2万円台後半。生活必需品でもないし、さして必要でもないから全然買う気はなかった。待っとけばそのうち安くなるに決まっている。

中華パッドというジャンルがある。多くは1万円未満の7インチタブレット。しかしノーブランドの中華製格安音楽プレーヤではいくつもガラクタをつかまされた経験があるのでどうなんだが、と思っていたが、購入者のレビューやブログで調べてみると、中華パッドにも使えそうなものもあるようだ。
円安が進行しているので短期的には値下がりよりも値上がりの方がありえそうなので、試しに買ってみることにした。

それが、このREGALIA(レガリア)。amazonで12700円。7インチ中華パッドの中ではかなり高価な方に属する。安いのは4000円台である。コチラを参照。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

amazonの商品説明では以下。
マルチタスクも超高速処理でサクサク動く1.6GHzデュアルコアCPU+1GB RAM搭載
視野角に優れた高精細1024*600 7インチIPS液晶
余裕の16GB内蔵メモリ + 最大32GB microSD(HC)カード対応
デザイン性と強度に優れるメタル製ミドルフレームを採用
Android4.0 OS搭載 / 初期日本語設定。日本語マニュアル付属


タブレットは初めて扱うので他との比較はできないが、とりあえずのレビューを。

これはWifiモデルだから、まずは無線ラン環境を作る必要があり、別途無線ルータを2500円で購入。設定はサルでもできるくらいだという購入者レビューにもかかわらず、結構面倒だった。パソコン初心者にはキビシイかもしれない。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

レガリアの感触は悪くない。造りはしっかりしているようだし、外観もチープ感はない。ディスプレイは精細でキレイ。
デジカメの写真を取り込んで見るととても美しい。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

画面サイズは新書版よりやや小さい。本を読むとすると若者にはいいだろうが、年寄りにはやや小さいか。やはり目の悪い人には10インチの方がオススメ。ただし電車の中で使うとしたらやはり7インチくらいがベスト。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

マンガのドラエモンを読む。拡大できるので年寄りでも可。おなじみのマンガでも英語で読むとまた楽しい。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

もちろん最大の面白さはインターネットができることだ。
アンドロイドは初めて使うが別に予備知識はいらないと思う。おおむね体感的に操作できる。なにせこの商品にはまったく取説というかマニュアルというものがないのであるから、必然的に体感で試行錯誤以外にない。商品説明にある「日本語マニュアル付」というのはほとんど虚偽記載と考えていい。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

グーグルマップも見れるが、この機種にはGPSがついてないのでスマホみたいにナビがわりには使えない。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

Youtubeも普通に見れる。内蔵スピーカの音は小さくて最悪なのでイヤホンで聞くか、外部スピーカに接続して聞くとなかなかいい音質になる。フトンの中で寝ながら楽しめる。最近目が悪くなってきたのでフトンの中の読書が進まなくなったが、これなら楽しく睡眠につけそうだ。落語や音楽を聴くときには画面表示を消灯して電池消耗を防げる。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

アンドロイドなのでグーグルプレイに無料のアプリがたくさんある。おいおいインストールして試してみよう。
Regalia
Regalia posted by (C)オトジマ

こんなキカイはアッという間に陳腐化し時代遅れになるので耐久性や過剰な品質はムダ。1年使えば上等くらいの気持ちでいい。5年も10年も持つ高品質は全然期待されない。だから日本製品でなければ、という消費者マインドも薄いのではないか。

下の写真は、私が7,8年前に娘の誕生日に買ってあげたMP3プレーヤである。韓国のアイリバー製でなかなかグッドデザイン高品質で当時12000円ほどしたような気がする。出始めのipodよりはずっと安く、ituneを経由しないでMP3を聴けた。しかし、容量たったの128MB!! 20曲くらいしか入らないのである。表示もモノクロで小さな液晶だ。当時は普通だった。しかし下にある同じ価格のRegaliaはこのアイリバーに比べると人力車とプリウスほども性能差がある。人力車とプリウスには150年の時代差があるというのに、コチラはたった7年!
P2186030
P2186030 posted by (C)オトジマ

日本メーカーがボチボチとタブレットを開発している間に中国では無数の中小メーカーが数え切れないくらいの種類のアンドロイドタブレットを次から次へと日本製品の5分の1の価格で世界市場にぶちまけている。これでは勝負にならない訳だ。

中華パッド、レガリアを使った結論。主に使うブラウザは反応も早く、ストレスは感じない。その他の機能もハードよりもアンドロイドOSに依拠している訳だから中華だから、といって特に劣っているということはないのではないか?デフォルトの文字入力パッドをShimejiに入れ替えると、俄然入力が楽になったが、スマホやタブレットの文字入力に全く不慣れなこともあり、キーボードを持つPCに比べると隔靴掻痒の感あり。基本は閲覧中心と思ったほうがいい。いつも見るサイトを全部ブックマークに入れるとネットサーフィンも快適。慣れればPC無しでも過ごせるかもしれない。早い起動と持ち運べる便利さもPCにはない。こりゃー便利だ。あとはいつまで持つか、である。

※カメラの画質は今ひとつ。ないよりマシという程度。
※レガリアは当初から表示は完全に日本語化されているが、文字自体は簡体字ではないものの、中華フォントでしばしば字体に違和感がある。とはいえ実用上全然問題ない。
※電池のもちはあまりよくない。ブラウザ連続使用で2時間もたない。電池が最大の弱点。外に持ち歩く機会の多い人は、電池容量に信頼の置けるキンドルとかNEXUSにしておいた方が無難かも。
※その後、10インチ中華パッドがどんどん安くなっている。どうせ買うなら最初から10インチの方が良さそう。画面の面積比は2倍あるが、価格は1.3倍程度しか差がない。
※ちょうど1年後の報告。ついに電源がいかれた。バッテリは遠の昔に劣化してしまっていたが、AC/DC電源の差込口がひん曲がって接触不良を起こし、使えなくなった。別途電源ケーブルを買いさえすればいいのであるが、面倒になって放置している。田舎で屋外にwifiスポットは皆無であるからどうせ屋外では使えない。そうなら次は10インチにするかな。







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今後楽しみですね

デジタルの世界は進む進む。
次は一体何が世間の中心になっているのでしょうか?楽しみです。

ミワ君へ

かなり時代に遅れてる私はスマホもラインにも取り残されています。この中華パッドでやっとタッチパネルに追いつきました。こりゃー便利だ。昔、パソコンを覚えた頃にはマウスもハードディスクもない、という今じゃ想像できない時代。今のスマホなんてほとんど魔法か超未来社会の現出のようです。もう、未来は来ている!
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR