九博 ボストン美術館日本の至宝展

おなじみの九州国立博物館の特徴あるガラス壁。
大宰府
大宰府 posted by (C)オトジマ
博物館への通路は未来社会かタイムトンネルへの通路。
大宰府
大宰府 posted by (C)オトジマ

福岡に用があって行くついでに大宰府の九博ボストン美術館日本の至宝展を見てみた。作品は撮影禁止なので館内の様子はナシ。
大宰府
大宰府 posted by (C)オトジマ

5時閉館というのに、4時15分に入館したから駆け足である。閉館間際というのに入場者は多かった。平治物語絵巻は今回の目玉的な作品で、細かい絵の長い巻物なので見学者で大渋滞。


火事の場面は教科書などでおなじみの場面。実物は意外と小さく、武者の大群を細密な描写で実に生き生きと描く。血沸き肉躍るというのはこんな情景。実際の平安時代の戦についてリアルに想像できるのである。

この絵巻の全容(とはいっても現在は部分しか残っていない)は国立図書館の資料でみることができるので、興味ある方はコチラ。

今、契沖とともに人気の出ている曽我蕭白の作品が多い。この有名な龍はとーんでもなく大きな作品だった。元来が襖絵で全8枚で構成されているので横10mはあるんではないか。

スゴイ迫力と大胆な筆さばきには圧倒されるが、私には蕭白は今ひとつ理解できない。

尾形光琳の松島図も素晴らしい作品。ほとんど現代アート。屏風絵はとにかくデカイので迫力があって楽しい。


狩野永納の花鳥図屏風はオーソドックスな狩野派風。狩野派なんて現代人にはサッパリ良さがわからない類の絵であるが、大きな屏風で見るとたしかに美しい。お土産のポストカードを思わず買ってしまう。


お土産売り場は大賑わい。仏画とか水墨画とか地味な作品が多いので、お土産にしずらいかも。
大宰府
大宰府 posted by (C)オトジマ

写真ではわかりづらいが、ガシャポンの中身は仏画の掛け軸のミニチュア。こんな地味な物、誰が買うんだ??
P2246103
P2246103 posted by (C)オトジマ

1階には今回の展示以外のガシャポンもある。
P2246107
P2246107 posted by (C)オトジマ

ものによっては1000年も前の貴重な仏画から、光琳、等伯など、名品の数々が並ぶ。これらは明治初期に、若いながらも審美眼のあるアメリカ人、フェノロサやビゲローによって買い占められ、流出した。かえすがえすも残念ではあるが、そうでもしない限り、こんなには良い状態では残らなかったのかもしれない。当時は後進国だった日本の悲哀である。

しかし、今やこんな渋い展示に、九州全域から見物客が押し寄せる日本というのも当時からするとたいした文化国家になったものである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR