春を探して 祝子

祝子川流域の桑平までは若い頃、仕事がらみで度々来ていたが、そこから先に行くのは、20年前に大崩山に登山して以来。別に用事も山登りもないが、行って見た。

桑平を過ぎると、谷はいきなり狭くなり、川には巨石がゴロゴロ。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

川沿いに立つ廃墟。発電所の跡か。この建物は他の方のブログでもまま見かける。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

祝子ダム。ダム近辺にはサクラ並木があり、花見によさそう。いかんせん遠い。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

ダムのしばらく上流に廃校がある。祝子川小中学校。平成15年に廃校になっている。この1月に放映されたNHK「こころ旅」でこの学校に養護教諭として勤めた女性からの手紙が紹介されていた。さすがに火野正平はここまで自転車で来ることはなかった。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

校庭には巨石の石垣が? 販売用の採石なのか・・・・
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

祝子川キャンプ場下の橋から大崩山方面。
あの山の向こうにある谷筋、鹿川キャンプ場近辺と雰囲気がよく似ている。途中の谷沿いの遠い道もほぼ同じ。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

集落には10軒ほど家がありそうだ。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

キャンプ場下の川原。花こう岩の巨石がゴロゴロ。写真ではスケール感がわからないが、とんでもなく大きな石ころ。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

花こう岩の岩盤をくりぬいて渓谷が流れる。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマ

西南戦争では西郷隆盛は延岡の激戦から鹿児島に逃れる途中、ここで宿泊したという。延岡からここまで来るのも容易ではなかったろうが、ここから高千穂経由で九州山地を縦断して鹿児島まで行軍したという彼らの驚異的な脚力は想像を絶する。
祝子
祝子 posted by (C)オトジマa href=

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じなし

ずいぶん前とはいえ…大崩山に登られたのですね。
じなしは6~7年ほど前の秋に男3人で登りました。登山口から30分ほどの大崩山荘に泊まりましたが、夜は木の実が屋根に降り落ちる音で眠れませんでした。
大崩山でクエル=崩れるや、ナメ=一枚岩の河原、ダキ=岩壁?などの意味を知りました。厳しい山でしたがその景観は素晴らしく忘れられません。宮崎県北部の山々は岩肌がそそり立つ、じなしお気に入りのエリアです。そして何より天孫降臨の古事記の世界は引き込まれるものがあります。夜神楽には一度行ってみたいですね。

じなしさんへ

後にも先にも1回だけ大崩山に登りました。経験者の同行があればこそ。朝7時頃に登り始め、麓に帰り着いた時には夜の闇の中でした。素人だけなら確実に遭難。今じゃ体力に自信がありません。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR