中川のチューリップ

毎年、この時期になると、鹿川の中川集落のチューリップがテレビで流れる。チューリップは珍しくもないが、背景の比叡山、矢筈岳がなかなかいい。


より大きな地図で 中川 を表示

地図で場所を確認して、いつものように槇峰から鹿川方面に網ノ瀬川沿いに入る。比叡山の麓に来ると、路肩という路肩に登山者の車が停車。県外車も多い。カラフルな登山服の中高年登山者が大勢うろついている。駐車場には地元の農産品の即売所も。4月7日は比叡山の山開きとか。(下の写真は2011年撮影)
P9046762
P9046762 posted by (C)オトジマ

これは比叡山の対岸の矢筈岳。
中川
中川 posted by (C)オトジマ

八重桜越しに。
北方
北方 posted by (C)オトジマ

比叡山周辺はえらく車が多かったが、それを過ぎると、パッタリ出会わない。おや?中川のチューリップは閑古鳥か?
離合もできない狭い道で網ノ瀬川を渡り、中川集落に入ると、どこから湧いて出たか、たくさんの見物人と車で大賑わい。テントの即売店、交通整理のガードマン、パトカー、特設駐車場・・・。山深い小さな集落に何ごと?!
中川
中川 posted by (C)オトジマ

これがチューリップ畑の全景。実はタンボ2枚分しかない。おまけに散り始めている。地面が丸見え。
中川
中川 posted by (C)オトジマ

借景に価値がある。絶景である。左が比叡山、右が矢筈岳。真ん中の谷を網ノ瀬川が削っている。
中川
中川 posted by (C)オトジマ

中川
中川 posted by (C)オトジマ

ここは球根採取用の畑で、観賞用ではないとか。
中川
中川 posted by (C)オトジマ

招かれてもいないのに、タダで勝手に見物に行ってあぜ道を踏み荒らしておいて、文句を言えたものではないが、チューリップはさほどのことはない。たまたま門川の知り合いにも出会ったが「狭いね。それにエラク遠かった・・・」という感想。でも、写真に撮るとえらくいいところに見える。ともかく、中川集落の皆さん、ご苦労様でした。

もと来た道を帰るつもりが、交通整理員によって別の道に誘導された。広い道で等高線沿いに丹助岳の裏を巻いて青雲橋方面に至る道。たしかにこれは遠い。実はこれが公式ルートらしくて、たくさんの車とすれ違った。あれだけの車が網ノ瀬川沿いのせまい県道214号に流れ込んだら大渋滞だ。

槇峰で気になっていた槇峰鉱山強制連行中国人慰霊碑を見に行った。先月慰霊祭があったはず。毎年テレビのニュースで流れる。
P4076700
P4076700 posted by (C)オトジマ

黒木知事時代に建ったんだなぁ。かなり昔だ。
北方
北方 posted by (C)オトジマ

鉱山労働で亡くなった中国人の氏名が刻んである。ソ連の日本兵のシベリア抑留や北朝鮮の拉致よりヒドイかも。忘れてはならない日本の過去がこんな山奥に。
北方
北方 posted by (C)オトジマ


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さほどたいしたことない...私は言えません。

花は並べればいいってものではない、のがよ~くわかりました。村人は「うちらは素人じゃけん!」と言っているのもよくわかるような気がする。今後こつこつ進化を希望しますねぇ。
このあたりは宮崎の「フローランテ宮崎」を参考にして欲しいなぁ。
人工の自然はさておき、県北の大崩山(←この名前も凄い)周辺や北方山奥は凄いですよねー。

ミワ君へ

そうそう、無償で遠来の客に一場の目の保養を提供されている地主や集落の皆さんへ、失礼を顧みず、つい率直な感想を書いてしまいました。現在ではシバザクラやアジサイなど各所で花を公開されている篤志の皆さんがおられます。オープンガーデンと同様で、見物客が来て花を愛でてくれることが生きがいになっておられるのではないでしょうか。中川でもダンゴを買いましたが、せめて現地で何か地元産品を買って帰るよう心がけています。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR