北方 慈眼寺

チューリップの中川への帰り道、北方、曽木の慈眼寺に寄ってみた。別に何の予備知識もないが、ナビに寺のマークがあるから寄ってみただけ。

曹洞宗弘誓山慈眼寺とある。住職は久峩さん。延岡市内では佑国寺や寳藏寺が同じ曹洞宗でいずれも久峩さんという住職だが親戚か?
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

寺は古いが、建物は新しい。
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

山門前にある六地蔵塔
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

境内になにやら台が設置されて、ご婦人方がご接待の様子・・・
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

ああっ!「甘茶もらい」だ! そういえば4月8日は花祭り。聞くと本来は8日だが、日曜日の7日にしたそうである。
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

子供の頃、同級生達が花祭りの日には土々呂の極楽寺に「甘茶もらい」に行っていた。私は檀家ではないので行ったことはなく、自分の檀那寺の三福寺は遠いのでこれまた行ったことはなく、結局一度も甘茶もらいの経験はないのであるが、こんなところで体験できるとは!子供の頃からの夢?が偶然かなった。

これがお土産のセット。ペットボトルの甘茶に甘茶粉末、花の種、花祭りの解説書など・・・ 妻は恐縮してお賽銭を2度もあげていた。
P4076739
P4076739 posted by (C)オトジマ

しみじみと甘茶を味わってみた。何十年ぶりに飲むような・・
甘茶とはアマチャヅルとは全く違う、ガクアジサイの変種であるアマチャから作られる。かなり甘いが、砂糖とは異なりなんらかのクセがある。昔の人には貴重な甘味源だったと思われる。

慈眼寺のそばにTR高千穂線の曽木駅がある。というより、あった、というべき。荒れ果てている。
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

かつて北方町時代には「日本唯一干支の町」が売り文句であった。曽木は子。
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

線路は撤去されて、次第に鉄道の影が薄れつつある。
曽木
曽木 posted by (C)オトジマ

久しぶりに見たような青空の風景。川水流の国道218号近辺を見下ろす。
P4076695
P4076695 posted by (C)オトジマ

五ヶ瀬川上流方面
川水流
川水流 posted by (C)オトジマ

川水流から五ヶ瀬川を渡り、北方ゴルフ場に向かうと、門川の松瀬の国道388号への短絡路への分岐点にイチゴ売りの軽自動車が停まっている。看板に注目!
P4076694
P4076694 posted by (C)オトジマ

車に張られたダンボールの「息子ですよ」。店舗の看板にしては奇妙であるが、いつもここを通る人にはすぐ意味がわかるのである。じつはこれは門川のイチゴ農家が直売していて、以前からこの場所でご婦人がやっておられた。さては代替わりしたんだな、と思って聞いてみたら、やはり彼女の息子さんだった。お母さんは引退したわけではなく、川水流の国道218号沿いでやってらっしゃるという。

コチラが国道218号にあるお母さんの本店。
P4076699
P4076699 posted by (C)オトジマ

延岡―曽木間の高速開通でゴルフ場下の車が減ってしまったので218号に進出したという。曽木―蔵田間が開通したらいよいよ大変だ。新しい場所を探さないと。彼に聞くと、勝手にどこでやっても良い訳ではないらしい。

松瀬越えで見かけたキリの花
P4076692
P4076692 posted by (C)オトジマ





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR