八紘台

宮崎市に行く所用があって、お昼のコンビニ弁当を食べるのに、思いついて平和台に行ってみた。はたして何年ぶり?もしかすると40年ぶりとか50年ぶりとかかも知れない。妻は生まれてはじめて来た、と言う。県民とは言いながら、県北にいると宮崎市はなかなか縁遠い。おそらく妻は60年の県民生活で県庁に行ったことがないと思う。

八紘台
八紘台 posted by (C)オトジマ

戦後世代は平和台としかなじんでないし、本来の八紘台の時代よりも平和台の時代の方がはるかに長くなってしまったが、私はどうにも平和台はなじめない。日中戦争の最中、太平洋戦争の直前に建てられたあの塔は平和とは縁がないのではないか?塔にはしっかり八紘一宇と書いてあるし、八紘台でぜんぜんかまわない。

人物は私の叔父やいとこたち。叔父は大阪で鉄工所を経営し軍需成金となり、羽振りがよかった。塔には八紘一宇とあるから、戦前か戦時中の写真と思う。戦後10年ほどの間、八紘一宇の文字は撤去されていた。まだ新品の頃。周囲に樹木は少なく、松の大木が生えている。
hakko-3
hakko-3 posted by (C)オトジマ

八紘台
八紘台 posted by (C)オトジマ

四方に四神が立つ。武人・工人・ 農人・漁人の姿。なかなか見事な彫刻である。彫刻家・日名子実三が塔のデザインを無償でやらせて欲しい、と申し出があり、相川勝六県知事が依頼したという。
八紘台
八紘台 posted by (C)オトジマ

塔の基部には玄室がある。扉にも細密な彫刻。中は現在空洞のようだ。
P4146763
P4146763 posted by (C)オトジマ

塔に用いられた石材は国内や、世界各地から集められた。知事は軍にも石の収集を依頼し、軍は派遣先の各部隊に各2個ずつ送るよう命じた、という。当時は日中戦争のさなかで、派遣軍はおおむね中国戦線にいた。現地部隊の中には、現地の遺跡や建築物から石を抜き取って送ったと思われるものも多いらしい、と聞いたことがある。詳しくはUMKが製作した番組で紹介されたことがあるのでコチラで。

河南省・前田隊、とある。
八紘台
八紘台 posted by (C)オトジマ

山東省・水野隊
八紘台
八紘台 posted by (C)オトジマ

南京日本居留民会、とある。これはどこかの建造物から抜き取ったとしか思えない。
八紘台
八紘台 posted by (C)オトジマ

長岡市教育会
P4146765
P4146765 posted by (C)オトジマ

たくさんの石に奉納団体名が刻んであるが、70年の間に風化が進んで読み取れなくなりつつある。

ほとんどの石が黒ずんでいるなかで、半透明でピカピカの石。どうやら石英のカタマリのようである。
八紘台
八紘台 posted by (C)オトジマ

塔から下の広場を見下ろす。
P4146759
P4146759 posted by (C)オトジマ

塔の石については「八紘一宇」の塔を考える会(代表 税田啓一郎氏)が研究を重ねている。成果は書籍にはなっているようだが、ネット上に活動記録が見当たらないのが残念である。コチラにはPDFで若干の報告があるが、肝心の資料は添付されてない。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

昔の写真はええなぁ

平和台公園はご指摘のとおり、略奪の石で作ったのが話題になりそれ以来、観光リストから外れました。15年ほど前のこと。
このあたりは天皇の話にも関係があり、あまり触りたくない事柄である。ただし今ブームの神話も実はこの手の話だから、観光と天皇の話を切る訳も行かず…そっとしておこう状態ですね。

私は随分昔、延岡から遠路遙々この地をチャリで尋ねたことがあります。「平和公園はどこですか?」と聞いてしまったら「ずっ~~と西」と言われたことがある、宮崎市の人は冷てーと思った。「そりゃ長崎や!」と突っ込んでくれたら良かったのに.......高校の冬の話。

そうなの?

観光ルートじゃないの?昔は青島やこどもの国とならんで、主要観光スポットだったけどね。確かにパワースポットとも言いかねるし、高層ビルが増えた時代には驚くような高さでもないし・・・ 歴史的由来を知らない人には興味が湧きにくい塔かもしれないね。私も今後二度と行かないような気がします。

今はね

よそ者が我が家に来たら、シーガイアからの太平洋、フローランテ宮崎の芝生、宮崎神宮で一礼、一平のレタス巻き、若者ならおぐらのチキン南蛮でしょうか。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR