島ノ浦 三十三箇所 その4

--前回エントリからの続き--

遍路道の23番手前からの分岐を下ると、福聚寺の墓地に出る。寺は山の中腹にある。その周囲の斜面を墓が埋め尽くす。この区画には戦死者の官給墓石が並ぶ。
福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ

福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ

島野浦の町を見下ろす。土地が狭いので屋上を活用できるコンクリート建ての家が多い。
福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ

あの山の尾根筋が5番から10番くらいにあたる。集落の中に突き出た小さな尾根に1番の島野浦神社がある。
P4287294
P4287294 posted by (C)オトジマ

福聚寺の屋根
福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ

ここは川島にある福聚寺の出張所みたいなことが書いてあるが、ググっても川島の福聚寺が見当たらない・・
福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ

福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ


島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

なんと、あの大塩平八郎の娘(小山せき)がこの寺にいたことがあるという。ネットで調べると島野浦関連でしか出てこない。彼女はその後、延岡に移り、明治まで生きたという。この石碑の「伝説」という文字が気になる。どうやら小山せきが大塩の娘だという確たる証拠はないのかもしれない。
P4287300
P4287300 posted by (C)オトジマ

鐘を撞いてもいいが、町中に響き渡るので1回にしておいたほうがいい。
福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ

本堂横に観音堂がある。中は見れない。この境内に33番があってもいいはずなんだが・・・・
福聚寺
福聚寺 posted by (C)オトジマ

実はこのときは気づかずあきらめて麓に降りてしまったのだが、この観音堂前に33番があったのである。後で再び登って来て見つけた。このハナシバに埋もれている石仏である。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

ハナシバを横にどけて写真を撮る
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

境内から漁協方面に少し石段を下りた斜面の中腹に32番がある。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

32番の横には地蔵堂がある
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

ふてぶてしいネコがお供え物をくすねている。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

前回記したように、配布されている西国三十三観音巡りマップでは32・33番の順路はわかりにくい。一度全部回った後で「ふれあい館」横の路地から寺に上がったほうがわかりやすい。ちなみにそこらの老人達に地図を見せて32番33番のありかを尋ねたのであるがほとんどの人は知らなかった。地元の人も意外と知らないのである。「ふれあい館」の店員さんに聞くと20年ほども遠見場山に登ったことはない、という。

麓から寺を見上げる
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

寺から神社方面に降りる石段
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

ノスタルジーを感じさせる古い商店
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

集落の内部はどこまでも細い路地でつながっている。車というものを全く想定しないこんな集落は漁村では昔はありふれたものだったのではないか。宮野浦や蒲江でもこんな路地を見た。火事が起こったら大変だ。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

島野浦神社の社殿は真新しい
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

元の社殿にあった彫刻を生かしている。なかなかいい。
P4287319e
P4287319e posted by (C)オトジマ

大きなシャコガイが奉納されている
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

各戦争の鎮魂碑が並ぶ。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

日中戦争・太平洋戦争でこの小さな島から約100名の戦死者を出している!! とんでもない戦争だったんだなぁ。現在島の人口は約1000名。
P4287327e
P4287327e posted by (C)オトジマ

「江りい丸」遭難慰霊碑。昭和19年1月11日、広島から出航し、南方に兵員輸送中の輸送船・江りい丸は島野浦沖で米軍潜水艦の魚雷攻撃を受け、2450名中198名が死亡した。死亡者は確かに多いが、90%以上が助かっている方に驚く。真冬の海だよ。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

西国三十三箇所の第1番は神社の下の辻にあった。掲示板に挟まれているのでうっかりすると見過す。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

今回の巡礼では24番~31番を回りきれなかった。4時間歩いて足が棒になったので、また機会を改めてやって来ることにしよう。来てみれば島野浦はそんなに遠くない。

ともかく島野浦三十三箇所巡りは素晴らしい巡礼路である。海と山の景色を両方楽しめるし、船にも乗れる。宮野浦八十八箇所とともに延岡市が誇るべき文化遺産・自然遺産である。ぜひ皆さんにおすすめしたい。

中心部から一つ北の入り江にある宇津木地区にある島野浦小学校を見に行ってみた。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

昔とは校舎は変わったが、場所は同じだという。
実は私の母が若かった頃、この小学校で教員をしていた。昭和10年頃のことである。母は生きていれば97歳くらいである。教え子はまだご健在かもしれない。宮崎の師範学校を出て、すぐにここに赴任した。日豊線の市棚駅から山を越えて、海岸部に出たという。徒歩だったのではないか。小学校には小さな子から19歳の青年までいたという。小学生なのに母と年齢が変わらない!
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

小学校横のこの古い家屋は母も見ただろう。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

高速船乗り場で島の駐在さんと住民が歓談。その横を、船から降りて来た人たちがノーヘルでバイク、軽トラの荷台に人を乗せて走り去る。うーむ。法律はこのくらい柔軟に運用して欲しいね。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

午後2時35分の高速船で島を去る。楽しい5時間だったぁ。島野浦よ、ありがとう。
島野浦
島野浦 posted by (C)オトジマ

島野浦西国三十三箇所巡りマップ。 本物はフェリー乗り場に置いてあります。不必要に大きい地図なので持ち歩きには不便。
島野浦巡礼マップ50
島野浦巡礼マップ50 posted by (C)オトジマ

対岸の宮野浦八十八箇所関連レポートはコチラ

高千穂浅ヶ部八十八箇所関連レポートはコチラ



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR