平戸城

今回の目的地は平戸島。平戸についてはその昔、南蛮貿易の拠点だった、ということしか知らない。ナビのおおせのままに運転するといつしか平戸大橋を渡り、平戸市街へ。延岡からおよそ350kmくらいか。約6時間の道のり。九州も狭いようで結構広い。

市役所の駐車場に車を置くと、すぐ横に平戸城登り口。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

城山の中腹に広場があり運動場になっている。
天守閣は樹林の陰で見えないが、乾櫓が見えている。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

立派な石垣と、磨り減った石段が歴史を感じさせる。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

北虎口門が見えてきた。ここは搦手だから裏口から登って来たことになる。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

北虎口門は現存遺構。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

入場料500円を払って天守のある本丸に登る。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

北虎口門を見下ろす
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

天守。もちろんコンクリート造。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸藩はおよそ6万石。平戸島と対岸の松浦郡・壱岐国という平野のない所領で6万石とはどうなってるんだろう?延岡藩の7万石とさして変わらない。維新後は内藤氏は子爵に対し松浦氏は伯爵!まぁ、ここらは官軍についた松浦氏と譜代藩だった内藤氏の違いだろう。平戸藩は藩庁を本土の松浦郡にではなく、離島の平戸島に置いている。こんな規模の藩で離島、というのも珍しいのではないか。元が水軍だから離島も苦ではなかったのかも。

天守からの眺めは絶景!! 天気が良くて空も海も青い。島は黒子島。左は平戸港。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

対岸は本土、田平地区。平成の大合併で対岸も平戸市となっている。手前は懐柔櫓。奇妙な名前だ。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸大橋方面。海面に速い潮流が見えている。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

内陸、市街地方面。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸港。海岸部の右手に去年建てられた平戸オランダ商館。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸港はごく小さな入り江だ。これが日本史に名を残す港だとは。正面の丘、左手にはザビエル記念教会があり、右手の中腹にある和風建築が松浦資料博物館。今回はここを見損ねた。またいずれ。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

市役所から市街地へ渡る幸橋。なんと300年前の石橋が現役。上から見てもそれとはわからない。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

P5057694
P5057694 posted by (C)オトジマ

平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

ボラがウジャウジャ。他の方のサイトでもこの橋関連でボラの写真があるので、ボラはこの橋の名物なんだろう。
平戸城
平戸城 posted by (C)オトジマ

海底から引き揚げられたオランダ船の鉄製イカリ。3mくらいあってけっこう大きく、現代のイカリとほぼ同じ形。一緒に陳列してある中国船のイカリが単なる石なのに、西洋はやはり進んでいたんだな。
P5057613
P5057613 posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR