白洲正子

前回ポストの柳原白蓮は遡ると公家・藤原氏の由緒ある貴族・伯爵の出。伯爵令嬢つながりで、今回は白洲正子。白洲正子は、もう亡くなって15年が経っている

やや以前のことだが、BS朝日・資生堂「エコの作法」で 「辿る×白洲正子」 (2013年5月31日放送)を見た。

番組では白州次郎・正子夫妻の屋敷である武相荘を東洋文化研究家のアレックス・カーと花人・川瀬敏郎が訪ねる。さらにカメラが正子が愛した近江の寺を訪ねる。武相荘は武蔵・相模の境に位置することに由来するのだろうがブアイソウという読みがダジャレにもなっている。古い農家の作りで、内部もワビ・サビの世界。置かれている器や家具もあくまで渋い。白州次郎は神戸の富豪の息子、正子は伯爵家令嬢であるが、武相荘には一切の成金趣味やこれ見よがしの金持ち趣味が見られない。主の趣味の良さが歴然としている。ちなみに御両人とも亡くなった時、葬式もせず、戒名もないそうだ。これは真似しよう。なにせお金がかからない。武相荘は公開されている。コチラが公式サイト。


正子は特に何の専門家、という訳ではなかったのであるが、趣味のよさと審美眼の抜きん出た確かさ、という点で特に秀でた人物であったのだろう。白州正子のテリトリーは能・骨董・古典文芸・寺と仏像、など。華族の出らしく、実に品がよろしい。彼女の本を読んでみても、なかなか田舎の貧乏人にはついていけない感がある。

白洲
白洲 posted by (C)オトジマ

白洲は寺巡りの著作が多い。和辻哲郎の「古寺巡礼」に影響を受けてごく若い頃から近畿の古寺を巡っている。特に信仰心があるわけではないが、雰囲気のよい古寺が大好きらしい。まぁ、そこだけなら私にも見習えそうだ。彼女は当初は京・奈良の寺を巡ったが、西国三十三箇所を巡るうちに、近江の寺や石仏に魅せられて、近江関連の著作も多い。彼女はエッセイストとしていろんな雑誌の依頼に応じ寺以外にも各所を取材で巡っている。高千穂にも来ていて、天岩戸、櫛触社、二上社などを訪れ、深く感銘を受けている。

二上山
二上神社
二上神社 posted by (C)オトジマ

二上社
二上神社
二上神社 posted by (C)オトジマ

詳しくは知らないのであるが、白洲は国東には来ていないのではないか? 著作一覧を見ても、国東に関するものはない。もし来ていれば絶対に気にいったはずである。白洲には四国八十八箇所に関する著作も見当たらない。こちらはたぶん彼女の趣味に合わないのではないか。

ところで上記の番組に川瀬敏郎が出ており、武相荘にある植物で花を生けていた。20代の頃、すでに白洲に気に入られたらしい。流派に属さない花人である。川瀬は芸術新潮で活花エッセイ「たてはな神話」を連載していたので、名前は知っていたが、テレビで見たのは初めてであった。昔ネスカフェのCMに出てたらしいが、覚えてない。私は活花にも興味がなく、川瀬の作品もさして気にも留めてなかったのであるが、テレビで改めてみると、なかなか素敵だな、と大変遅まきながら思った。

コチラに川瀬の公式サイトがあり、芸術新潮で連載した「たてはな神話」に登場した作品が見れるので見ていただきたい。残念ながら写真が小さいが。
お金のある方は立派な写真集『川瀬敏郎 一日一花』が出版されているので買われるといいだろう。


川瀬の花を見ると、ほとんどが野の花か、雑木の枝である。花屋さんに売ってるものは使わないそうだ。ということはお金がかからないということである。流派にも作法にもとらわれないんだから、生まれてこのかた花を活けたことのないド素人の私にだってできるんじゃないの? さっそくマネして見ましょう、ということで庭に出てみた。テキトーに庭の花を切ってはみたものの、重大なことに気づいた。花を活けるには花器が必要なことに!それも花よりも花器のほうがよっぽど大切なことに思い至ったのである。花はタダでも雰囲気のある花器は当然高価なことも容易に想像がつく。さらにもう一つ遅まきながら気づいた。我家には床の間がない!!・・・川瀬さんのページを見ればわかるように活花というのは花や植物と器、周囲の雰囲気との調和で決まるものなんだなぁ・・・。

とりあえずダイソーから器を買ってきて何の工夫もなく撮った写真がコレ。御笑覧あれ。
アジサイ
アジサイ posted by (C)オトジマ

タカラズカ
タカラズカ posted by (C)オトジマ

ユキヤナギ
ユキヤナギ posted by (C)オトジマ






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

BS朝日はてれっと(大分弁?なんの想いもなく…)見ました。
このブログのお陰で白州次郎・正子を知ることができました。国東半島に来てくれたならどこが感動したでしょうか?正子さんの眼力(価値あるもの)を知ることができたでしょうネ。国東の宣伝をありがとうございました。
自分も正子さんと同じように二上社など神話の世界にはに魅かれます。そのうちゆっくり巡ってみたいです。
さて、今夜から宮崎山登り遠征します。ついでに西の正倉院、若山牧水など見てみようと思っています。

じなしさんへ

椎葉に行くんですね。暑いですからお気をつけて。泳ぐ用意をして来て、牧水公園の坪谷川で泳いだらどうですか?私は毎日、川に行ってます。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR