ラサ工業

さて見立の英国館に転がっていた「ラサ工業50年史」のことである。
ラサ工業は見立鉱山を経営していた会社である。現在でも排水管理のためか現地に事務所がある。
P8211657
P8211657 posted by (C)オトジマ

「ラサ」という日本語らしからぬ社名であるが、大正時代以来の伝統ある社名である。ラサとは沖縄東方海上に浮かぶ絶海の孤島の名称で沖大東島ともいう。洋上の孤島は海鳥の繁殖地になることがままあり、ここも鳥の糞に由来する燐鉱を産し、1913年に「ラサ島燐鉱株式会社」が設立され、肥料の原料として採掘した。今年が100周年ということ。
P8211673e
P8211673e posted by (C)オトジマ

P8211670e
P8211670e posted by (C)オトジマ

ラサ島に舞う海鳥
P8211671e
P8211671e posted by (C)オトジマ
ラサ島はいまも全島がラサ工業の所有となっている。

英国館に置いてあるのは「ラサ工業50年史」だからなんと50年前に出版されたものである。ということは100年の歴史の前半を描いているだけである。この会社の全盛時代は戦前のことで戦後はジリ貧だから後半の50年史にはたいしたトピックはないだろう。

同じく肥料会社から発足し同じくらいの歴史を持つ日本窒素-旭化成の現在の売上げ1兆5000億に比べ、ラサ工業はわずかに300億。鉱山に依拠した経営が災いしたようだ。ラサ工業も設立間もない大正九年には大戦景気もあって10割配当をし、設立5周年パーティには時の首相原敬も出席したという黄金時代があった。

パラパラと拾い読みしてみたら面白い記事があったので抜き出してみる。

ラサ工業は原料たるリン鉱石をラサ島とフィリピン東方にあるアンガウル島に頼っていたのであるが、将来の資源枯渇を見越し、新たに産地を探すことになった。南洋の孤島を探すうちに、南シナ海の新南群島に至った。南沙諸島(スプラトリー諸島)のことである。1919年、その中のウェストヨーク島に目をつけ無主地であることを確認し「大日本帝国」の標柱を立てた。その後、別の島イツアバー島にて1920年にリン鉱石の採鉱を始めた。

戦前、ラサ工業が東南アジアの持っていた鉱山
ラサ1
ラサ1 posted by (C)オトジマ


イツアバー島(長島)全景
P8211682e
P8211682e posted by (C)オトジマ

P8211686e
P8211686e posted by (C)オトジマ

1929年の世界恐慌で事業縮小を余儀なくされたラサ工業はこの新南事業所を休止し、島から撤退する。ところがその4年後の1933年、フランスがこの諸島を先占宣言するのである。当時ベトナムはフランス領土でこの諸島もその近隣ではある。ラサ工業は奪還すべく政府に働きかける。毎日新聞は現地に特派員を派遣し、下の写真の標柱を発見し、日本の先占の証明だとした。日本政府もフランスに抗議して交渉に入る。政府は1939年官報にて「南シナ海上の新南群島を台湾総督府の管轄下に属せしむ」と告示した。

P8211685e
P8211685e posted by (C)オトジマ



その結果、ラサ工業は新南諸島の権益を確保できたわけである。ただし、フランス政府が非を認め了承したかどうかは怪しい。1939年のことである。その直後第二次大戦が勃発し、フランスはドイツに占領され、フランス領インドシナは日本に占領されてしまい、ドサクサに紛れてしまう。その後、日本の敗戦で日本はすべての海外領土を放棄する。そしてこの南沙諸島は再び帰属があいまいになり、現在の国際紛争に至っている。

以前にも書いたことがあるが、この地域は各国が主権を主張している。地理的に最も近い沿岸国としてフィリピン。フランスから独立したベトナムは、1933年のフランスによるこの諸島の先占宣言を根拠としているのだろう。はるか遠く離れた中国が、相手が弱小国ばかりをいいことにゴリ押し的に実力で占拠を始めたのはえらく不当に思えたものである。

しかし、1939年の日本の領有宣言が有効なら、この諸島は日本領土たる台湾に帰属してたわけだから、現在台湾の主権を主張している中国が南沙諸島の領有を主張しても全く不思議はない。上の「大日本帝国---」の標柱は中国の主張にとってきわめて有効な論拠になる。

しかし、中国の主張は尖閣諸島と同じで、そんな些事におかまいナシに、「大昔から中国領土であるのは自明だ」の一点張り。なまじフランスや日本の領有に触れると議論の余地のある論争になってしまうので無視して、実力行使したほうが得策、ということだろう。尖閣でも手法は同じ。

日之影の山奥で、現在のホットな領土紛争についての意外な過去史に触れる事ができた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ラサ工業50年史

こんばんは。
英国館の「ラサ工業50年史」、写真に撮ったのですか??

僕は山登りをして見立鉱山の坑口まで行きました。
探検気分でとてもとても楽しかったですよ。

らじさんへ

そういうことです。社史なんて一般に販売されず、寄贈された取引先の倉庫に埋もれている事が多いものです。ましてや昔の社史ですから、だれかがネットに載せて貴重な資料が存在することを証する必要があると思います。これが南沙諸島でなく、尖閣諸島の資料なら掘り出し物ですけれどね。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR