曽木川流域--三椪

五ヶ瀬川のいくつもの支流のうち、曽木川を遡ったことがないので、三椪まで行ってみた。
北方町曽木の町の中には辻々に三椪小学校への案内板が立っている。曽木から7kmも先なのに。

曽木川で見かけたステキな淵。夏休み中には子ども達で賑わったのかも。飛び込み用のロープがぶら下がっていた。この日は大雨の後なので、水量が多く、透明度は今ひとつ。
P9058730
P9058730 posted by (C)オトジマ

流域には水田がよく拓かれている。
P9058745
P9058745 posted by (C)オトジマ

谷川から水路が延びて美しい水を田に供給している。
P9058747
P9058747 posted by (C)オトジマ

田の土手に早くも彼岸花。彼岸まではあと3週間もあるのに。
P9058734
P9058734 posted by (C)オトジマ

三椪小学校の近辺まで行ってみた。このあたりは地図で見ると、行縢山のすぐ下なのであるが、行縢山は見えない。
P9058740
P9058740 posted by (C)オトジマ

三椪小学校の三椪(みはえ)というのは地名ではなく、近隣の3地区を統合する一種の美称らしい。学校所在地は屋形原杉原である。したがって地図で見ても三椪という地名はみあたらない。

校庭にあるセンダンの巨樹が宮崎県巨樹百選に選ばれていて有名である。昔は学校の校庭というとどういうわけか必ずセンダンが植えられていたから、どこの学校でも巨樹になっているが、ここのは確かに巨樹である。それもグラウンドの真ん中にあるのが珍しい。延岡高校の「校庭の杜」を思い出す。
P9058738
P9058738 posted by (C)オトジマ

センダンの下で子ども達が運動会の応援の練習をしていた。
はたして、応援するほど児童数がいるのか心配したが、学校のホームページを見ると20名ほどいるようなので安心。職員はなんと9人もいるという!厚遇されている児童たちだ。
P9058736
P9058736 posted by (C)オトジマ

学校近辺にあった野仏や庚申塚。

これは大師。
P9058741
P9058741 posted by (C)オトジマ

左端は宝暦11年(1761年)、中央は寛政4年(1792年)。江戸時代の流行とはいえ、こんな山の中でも人々は宵庚申の風習を守っていたんだなぁ。現代人にはよくわからない廃れた風習である。
P9058742e
P9058742e posted by (C)オトジマ

右の馬頭観音は昭和25年。戦後だからつい新しいと感じるが、すでに63年も経っている時代物ではある。
P9058748e
P9058748e posted by (C)オトジマP9058730

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR