高千穂峡の秋

妻はなんと高千穂峡に行ったことがないとか。高千穂には幾度となく行ったが、あの峡谷のボートが浮かぶところには行ったことがない、ということ。以外に地元の観光地には行ってないものである。今年の6月は彼女は生まれて初めて青島に行ったくらいである。ということで今日は初めて高千穂峡に行ってみた。

実は私も20年ほど前に団体観光で行って以来、足を下ろしたことはないが、去年たまたま通過したことはある。日曜だったのでそのすさまじい人出とイカを焼くにおいや煙に辟易して、脇目も振らずにあわてて通り過ぎた。今日は平日なのでそこまではないんじゃないか、と谷底まで車で降りてみた。まず駐車場が500円もするのにビックリ。ボートはなんと30分で2000円とか!ボッタクリもいいとこである。


紅葉はほとんどなし。ご覧のようにモミジは真緑色である。
PB130110
PB130110 posted by (C)オトジマ

PB130123
PB130123 posted by (C)オトジマ

これがお馴染みの高千穂峡の景色。2000円のボートに乗ってる人もいるが、谷底は陽もささず寒い。
PB130118
PB130118 posted by (C)オトジマ

大型バスは下まで降りられず、遠くの駐車場に並んでいた。そこから遊歩道をたくさんの団体さんがゾロゾロやってきた。東南アジア系の団体もいてかしましい。平日でこれだから日曜は決して行くものではないよ。
PB130121
PB130121 posted by (C)オトジマ

それに引き換え、国見ケ丘は閑散としていた。最近では珍しく空気の澄んだ快晴の日なのに。阿蘇がクッキリと見える。噴煙が盛んに出ている。
PB130129
PB130129 posted by (C)オトジマ

国見大橋方面を見る。
PB130128
PB130128 posted by (C)オトジマ

三田井方面。
PB130135
PB130135 posted by (C)オトジマ

国見が丘は樹林の伐採でかなり様子が変わっている。この左斜面は去年まで樹林があって見晴らしが悪かったが、モミジを残して伐採されて大変見晴らしが良くなった。
PB130131
PB130131 posted by (C)オトジマ

これは一昨年の様子。モミジもかなり伐採されているようだ。
国見ヶ丘
国見ヶ丘 posted by (C)オトジマ

ここではヤスデが大発生しているとか。おそるおそる歩いてみたが、このところの寒さで冬眠したか? それにしてもヤスデは昆虫ではないでしょうが。
PB130124e
PB130124e posted by (C)オトジマ

岩戸から見る障子岳。
PB130141
PB130141 posted by (C)オトジマ

これは岩戸地区ののどかな田園。
PB130143
PB130143 posted by (C)オトジマ

高千穂みやげのカラスウリ。小さな粒はグミ。
PB130146
PB130146 posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR