ブリ大尽-1

子供の頃、花見にブリ見山に行ったことがある。昔のことだから徒歩である。自家用車なんてない時代だから土々呂の人はみんな徒歩で行っていた。ブリ見山とは赤水のブリ大尽、日高家が樫の浜沖に仕掛けた大敷網を監視する物見台のあった山である。昔はそんな設備があったような気がする。桜の木もたくさん植えていたものだろう。

日高家
日高家 posted by (C)オトジマ

その後50年くらいは行っていない。そこで原付で行ってみることにした。
樫の浜から谷の山に抜ける県道が市町境にさしかかる直前のヘアピンカーブの分岐を岬の方に向かう。普通の車なら厳しいか。4躯か軽トラなら行けそうだ。原付なら問題なし。こんな道。

PA302112
PA302112 posted by (C)オトジマ

車はここまでしか来れない。あとは徒歩でしかいけない。道はこの先、遠見半島の突端まで行っている。釣り人が利用するようだ。おそらくここらにブリの監視所があったのだろう。
PA302099
PA302099 posted by (C)オトジマ

PA302094
PA302094 posted by (C)オトジマ

樫の浜方面を見る。この海に定置網をしかけてブリを獲ったものか。
PA302095
PA302095 posted by (C)オトジマ

北浦方面。
PA302097
PA302097 posted by (C)オトジマ

延岡市街も見える。
PA302100e
PA302100e posted by (C)オトジマ

ここにちょっとした広場があって、石仏が並んでいる。その背後の岩壁になにやら文字が・・・
PA302103
PA302103 posted by (C)オトジマ

「萬霊供養塔」と読める。萬霊とは言いながら、日高家が漁獲した大量のブリの霊を慰める碑である。
PA302105
PA302105 posted by (C)オトジマ

日高亀市の息子の日高保三郎が父の偉業を顕彰し、魚たちを慰霊するために立てた、と記してある。
昭和8年の銘。金属製の文字が剥落しつつある。一体の鋳物ではなく、一文字一文字を植えている。
PA302106
PA302106 posted by (C)オトジマ

ここより先の道はこんな風。終点までかなり遠そうなので途中で引き返した。
PA302109
PA302109 posted by (C)オトジマ

途中に野仏があった。
PA302111
PA302111 posted by (C)オトジマ

赤水神社には上の萬霊供養塔をたてた日高保三郎の頌徳碑がある。
PA302125
PA302125 posted by (C)オトジマ



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ブリ見山の方がやはり良い響きですよね。ブリ大臣の屋敷はどこでしたっけ?
ブリ見山の頂の白い建物が見えていて、そこは少年院と言われてビビっていました。お陰でグレませんでした。

ミワ君へ

たぶん君の言う山は遠見山です。頂上にいくつか鉄塔や放送局・NTTの建物があります。ブリ見山は遠見山の東北にある別の峰で遠見山よりもやや低い。土々呂中あたりから見るとゲンコツ山と遠見山の間に見えます。私は「♪紫の山、はるけくそびえ~」という土中校歌の山はゲンコツ山だと信じてますが。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR