空飛ぶタイヤ

新年おめでとうございます。おだやかな正月で、孫を連れて児童遊園で遊んだりして、のどかに過ごしました。

地元の近所に門川神社があり、よく散歩に行くところであるが、初詣には来たことがない。というところで今年はここに行ってみた。ありきたりの神社である。
P1012919
P1012919 posted by (C)オトジマ

いつもは閑散とした境内も今日ばかりは多くの善男善女が手を合わす。
P1012914
P1012914 posted by (C)オトジマ

門川の街を見下ろす。
P1012920
P1012920 posted by (C)オトジマ



ところで、正月休みに何冊か本を読んでみた。古い本ばかり。

昨年の流行語となった「倍返し」の「半沢直樹シリーズ」の原作者は池井戸潤である。私はドラマは全く見ていないので何とも言えないし、こんなに話題になると今更原作も読みたくない。しかし池井戸の「下町ロケット」がとても面白かったので別の作品「空飛ぶタイヤ」を読んでみた。彼はこの作品では直木賞候補となったが受賞できず、数年後に「下町ロケット」で直木賞を受賞した。読んでみると両作ともメチャ面白くて差はない。7年前の作品だが別に古くはない。

文句なく面白くて、500ページちかい分厚い本を朝5時までかかって一晩で読んでしまった。テーマはトラックの欠陥問題。東京の小さい運送会社が走行中タイヤがはずれ、歩道の主婦を直撃し死なせた事件が発端となる。「ああ、あの事故か」と思い当たる、三菱自動車による欠陥隠しが大問題になった事件である。作中で自動車会社や銀行名は変えられているが歴然と三菱だとわかる。

P1012925
P1012925 posted by (C)オトジマ

事故で殺人者の汚名を着せられた主人公の運送会社社長は納得できずに、車の欠陥を証明すべく悪辣な大企業を相手に圧倒的に不利な戦いを始める。次から次へとやってくる困難を乗り越えて最後には戦いに勝利する、という、言ってみれば先の見えた物語である。しかし、これが息も継がせずに面白い。大企業の内幕、銀行の内幕を交え、さもありなん、というリアルさに満ちている。読後には、三菱自動車や三菱グループに敵意が湧いてくるくらいである。

池井戸のヒット作「下町ロケット」は下町の小さな鉄工所が下請けとして、ロケット製造メーカーの大企業に翻弄されつつも戦いを挑み最後にはロケット打ち上げの成功に貢献するという話だった。シチュエーションとしてはさして面白くもなさそうだが、これがまたメチャクチャ面白いのだ。実は「下町ロケット」と「空飛ぶタイヤ」は業種が異なるだけで物語の構造は全く同じ。主人公や悪役の人物造形も全く同一。驕れる大企業が零細企業を虫ケラくらいに考えている中で逆境に置かれた主人公たちが艱難辛苦を乗り越え大企業の鼻をあかす。昔からあるドラマ作りの王道であるが、分かっていても面白い。

この時の主人公に立ちはだかる悪役企業がこれまた歴然と三菱重工なのである。国内でロケット打ち上げの元請けと言ったら三菱しかない。えらく池井戸さんは三菱に食ってかかる人だな、と調べてみると彼は三菱銀行の出身であった。三菱系の内情には精通しているようだ。

この物語のネタ元となった欠陥隠し問題で三菱自動車の信用は失墜し、10年たった今でも販売は苦戦中である。ただし販売不振の原因は欠陥問題だけではなく、三菱の乗用車ラインナップにこれといった特色や魅力がないことが大きい。パジェロやミラージュやギャランなどでヒットを飛ばしたのは昔の話である。国内下位メーカーの中で健闘目覚しいマツダやスバルのような明確な方向性がないからだろう。いかな大企業でも財閥系ということや伝統に甘んじていると没落は免れないということ。

昨今、海外企業、特に中・韓・台の競合企業との競争に勝てるかが、企業の浮沈に大きくかかわっている。三菱自動車は70年代から韓国の現代自動車に技術供与して、親会社のように手取り足取り面倒を見ていた時代もあったが、現在立場は全く逆転し、大発展した現代自動車に販売台数で6倍の差をつけられている。ごく短期間にこれだけの差がつくというのは経営力の差。若い企業の方が野性的・攻撃的な企業マインドを持っているからだろう。

「空飛ぶタイヤ」では三菱と思しき自動車会社は経営に行き詰まり、最終的にはトヨタと思しき企業に吸収合併される。現実には逆に三菱は経営危機によりダイムラー・クライスラーとの提携関係が解消している。国内に自動車会社は多すぎる。どこかと合併したほうがいいんじゃないかな。だいたいミツビシというのは外国人には発音が難しく覚えにくいからグローバル企業として生きたいなら、松下がパナソニックに切り替えたように、見切りをつけるべき。国内他社はみなカナ3文字で発音しやすいメーカーばかり。トヨタ・ホンダ・マツダ・スズキ・スバル・イスズ。ヒノとニッサンは2音節。4音節のミツビシ・ダイハツは改名した方がいい。

私の三菱体験は軽トラ。中古で買って長く乗った。しっかりした信頼できる車だった記憶がある。軽トラはとても便利。田舎のアメリカ人はピックアップトラックに乗り、日本の田舎人は白い軽トラに乗る。
img226e
img226e posted by (C)オトジマ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビジネスマンとしての死:空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)作者: 池井戸 潤出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/09/15メディア: 文庫 空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)作者: 池井戸 潤出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/09/15メディア: 文庫 Chikirinさんのエントリ 将来有望な若者の将来価値を毀損する、大きなワナ (前略) でも実際には「完全に世界から遅れてしまっ...

『空飛ぶタイヤ』

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)池井戸 潤 by G-Tools 池井戸潤。 銀行モノかなーと思ったらそうではなく。 三菱のリコール事件をベースにしたお話でした。 主役は、三菱製のトラックを使用している運送会社。 タイヤが外れて死傷事故を起こしてしまい、しかも整備不良と判断されたことで会社も家族も、世間の風当たりが強くなり。 一方、三菱・・・じゃなくホープ社や...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

Happy new year 2014. Many thanks for your help in the last year. ^^
.
You're right, some bands might be quite long or difficult to pronounce (especially "ツ").
Many people in my country call "Mitsubishi motors" with a nick name "Mit-zoo" ^^"
.
P.S. 認証用キーワード of fc2 blog isn't easy for non-Japanese people to input. I tried many times to complete, but it's fun. ^^


"some brands" not "some bands" (sorry for misspelling) ^^"

To durianguan

Happy new year. You can read my Japanese article? Maybe Google translation, right? I didn't know that Mitsubishi is called "Mit-zoo" . Which comes near to it, "ミツー"or"ミズー"or"ミッツー"? You know, we often see Thai made cars in Japan these days? Like Colt by Mitsubishi, March by Nissan. Now Thai is a major manufacturing base for Japanese car manufacturers.
I know Japanese names isn't easy to pronounce or remember for for non-Japanese. If it is written in alphabet, sometimes we even Japanese can't read smoothly. For example, my name is Nakashima Masakazu.It has 8 syllables and maybe not rememberable for you.v-8

No title


I used Google Chrome browser, it could translated any language to be English. ^^
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR