古写真 旭ヶ丘 沖田 塩浜

今回も黒木さん所蔵の写真、私の父が撮った写真、それに私が最近撮った写真で構成。

10号線ができたのは私が小学校に上がった年なので、それ以前にあのあたりがどうだったのか知らない。たぶん交通不便な松林と砂地の畑や荒地だったのではないか。現在の国交省国道事務所近辺に土地を持っていた私の伯母によれば戦後、縄で土地を囲い込んだ者が早い者勝ちで自分のものにできた、という話を聞いた事がある。

下は昭和22年の航空写真。まだ土々呂中がないし、もちろん10号線もない。(クリック拡大)
土々呂地区マップss

まだ旭ヶ丘が住宅地になる前の写真。撮影場所は現在の旭ヶ丘5丁目の旭ヶ丘サービスあたりから北を写したのだろうか。時期は不明。推測では昭和30年台はじめごろ、10号線が写ってないので目安が不明。夕刊デイリーの「伊形村の今昔」では昭和30年に地区の岩切さんを中心に区画整理をはじめ、松原町3丁目から旭ヶ丘へ呼称を変えた、とある。
2
2 posted by (C)オトジマ

私は学校に上がる前、ココにあった「芋飴」屋に連れて行かれた覚えがある。当時はギョセンアメといっていた。サツマイモを持っていくと大きな板状のアメをくれた。以前にも書いたが、このギョセンアメという呼称は土々呂・伊形の超ローカル呼称なのではないだろうか。グーグル検索では私の既述しかヒットしない。

これも同じ地域。向こうの松林の中に日豊線と10号線が通っているはず。昭和35年くらいだろう。10号線の開通はこの年。ただの荒地にしか見えない。写っている子供は私である。
asahigaoka 61
asahigaoka 61 posted by (C)オトジマ

旭ヶ丘6丁目あたり。区画整理か集合住宅の建設工事かなにか行われている。右端に土々呂流学校の木造校舎が写っている。
7
7 posted by (C)オトジマ

旭ヶ丘近辺の国道10号線建設工事。松林の中を貫いている。開通は昭和35年だからその前年くらいか。
53旭丘
53旭丘 posted by (C)オトジマ

塩浜地区の10号線舗装工事。三瀬木材の前あたり。当時の舗装はコンクリート。5mくらい間隔で型枠を作っている。つなぎ目にアスファルトを埋めて、伸縮に対応したので、夏場は解けたアスファルトがグニャグニャとはみ出ていた。(私の父撮影)
沖田橋 1960
沖田橋 1960 posted by (C)オトジマ

沖田橋北詰の工事。すぐそばに日豊線が見える。向こうに赤水のゲンコツ山やトンバン山が見える。このころは公共工事には失対事業のオバちゃんが多かったなぁ。「失対・ニコヨン」も今は死語となった。(私の父撮影)
沖田橋 1960-7
沖田橋 1960-7 posted by (C)オトジマ

沖田橋建設工事。完成は昭和33年だとか。
13
13 posted by (C)オトジマ

開通した10号線、沖田橋。向こうが旭ヶ丘方面。たぶん開通したので父が撮影に行ったのだろう。だから昭和35年だと思う。もちろん自転車で。当時の主な交通機関は自転車で土々呂から延岡の会社にはみんな自転車通勤。
沖田橋 1960-1
沖田橋 1960-1 posted by (C)オトジマ

橋から伊形方面を見る。(私の父撮影)
沖田橋
沖田橋 posted by (C)オトジマ

橋から延岡方面を見る。日豊線を蒸気機関車が走ってるのでケムリが漂っている。(私の父撮影)
沖田橋 1960-2
沖田橋 1960-2 posted by (C)オトジマ

現在の様子。南道路のオーバークロスが出現。山は削られて低くなっている。
okita-bridge
okita-bridge posted by (C)オトジマ

上の写真の山の上から見下ろす。現在エクセルヒューマンの大看板が立っているところから。現在の清本鉄工旭ヶ丘工場(昔の中島鉄工所)のあたりは大きな松林である。(私の父撮影)
沖田橋 1960-5
沖田橋 1960-5 posted by (C)オトジマ

現在の様子。眼下を延岡南道路が通っている。延岡新港ができ、松林は雑木林となった。
P2143300
P2143300 posted by (C)オトジマ

夏は木が茂って見通しが悪い
okita-panorama-s
okita-panorama-s posted by (C)オトジマ

伊形方面には住宅がビッシリ
P2143301e
P2143301e posted by (C)オトジマ

10号線開通直後の塩浜。日豊線陸橋の上である。この松林のあたりは現在のハッピーバリー事務局や宮交整備工場がある。原付にノーヘル・二人乗りというのがのどかな時代を感じさせる。(私の父撮影)
沖田橋 1960-3
沖田橋 1960-3 posted by (C)オトジマ

現在の同じ場所。
siohama
siohama posted by (C)オトジマ

ずっと南下して現在の松原町、国交省国道維持出張所あたりから延岡方を望む。通っているのは自転車ばかり。当時はここらの土地はタダ同然だっただろう。人物は消してある。(私の父撮影)
1962 10号線 松原-edit vanish
1962 10号線 松原-edit vanish posted by (C)オトジマ

この航空写真には土々呂中校庭に人文字で1969と書いてある。ということは私が在学中だからその人文字の中に私も混ざっているんだろうか。全く記憶にないが・・・ 一ヶ岡の造成工事が真っ最中である。(クリック拡大)
土々呂中1969


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

何でも無い風景をお父さんはよく撮っておられましたね。
現像やプリントに金や手間が掛かっただろうに、写真代0円の今でも私は撮ったことはありません。

ミワ君へ

そうですね。彼は人物の集合写真はあまり撮っていません。惜しむらくは、カメラを買ってうれしかったのかその年はたくさん撮ってるんですが、その後飽きたとみえて、全然撮ってないのが残念。昭和30年代前半はまだカメラは高価だったろうと思います。プリントも驚くほど小さいですよ。今のL判の半分もありません。今年は倉庫をひっくり返してなんとかネガを捜そうと思ってます。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR