古写真 土々呂港

土々呂港は現在では純漁港であるが、新港ができる以前は商港でもあった。下の写真は1969年。新港はまだない。今は土々呂漁港の埋め立て部分が拡張されている。土々呂駅周辺ではすでに清本鉄工所がすでにできているし、職業訓練校の造成が進んでいる。鯛名の山の段々畑がまだ見えるがすでに耕作はされていなかったのではないか。
土々呂湾 1969

今回は私の父が昭和35年前後に撮影した写真を中心に。上の航空写真の数年前である。以前にアップロードした写真もあるので再録となる。

石炭船が来ていた頃。貨物船は木造が多かった。(1960年、昭和35年頃)
土々呂港 1959-2
土々呂港 1959-2 posted by (C)オトジマ

まだ機帆船すらあった時代。鉄の船は土々呂港では珍しかった。
img111
img111 posted by (C)オトジマ

鯛名側から妙見の石油タンクを見る(1960年、昭和35年頃)
sekiyu kichi-2 60
sekiyu kichi-2 60 posted by (C)オトジマ

sekiyu kichi 60
sekiyu kichi 60 posted by (C)オトジマ

自衛艦も入港していた。 「いわぎく」  自衛隊設置まもないころでこの船はアメリカからの貸与品。元来はLCSと呼ばれる上陸支援艇。(1960年、昭和35年頃)
iwagiku 1960
iwagiku 1960 posted by (C)オトジマ

後ろの山は鯛名。
img210
img210 posted by (C)オトジマ

鯛名から土々呂方面を見る(1960年、昭和35年頃)
鯛名から東浜 1960
鯛名から東浜 1960 posted by (C)オトジマ

現在の様子
P1042956 - コピー
P1042956 - コピー posted by (C)オトジマ

妙見の防波堤から鯛名方面を見る。
img112
img112 posted by (C)オトジマ

土々呂漁港埋め立て工事。まず擁壁が作られて・・・・
1961 totoro
1961 totoro posted by (C)オトジマ

湾内を浚渫した土砂を流し込んで埋め立て。海水交じりの砂を流す巨大な鉄管がつながっている。(1962年、昭和37年頃)
gyoko
gyoko posted by (C)オトジマ

上の場所の埋め立て以前。
totoro port ships e
totoro port ships e posted by (C)オトジマ

現在。土々呂漁港から鯛名方面を見る
CIMG20
CIMG20 posted by (C)オトジマ

土々呂漁港の第二次拡張工事。これは1971年だから上の工事から9年後くらいか。
1971 3e
1971 3e posted by (C)オトジマ

上の場所、現在の様子
Totoro bay 2
Totoro bay 2 posted by (C)オトジマ

櫛津の入り江での潮干狩り。昔は盛んだった。(1960年、昭和35年頃)
櫛津貝掘り 1961-2
櫛津貝掘り 1961-2 posted by (C)オトジマ


櫛津貝掘り 1961-3
櫛津貝掘り 1961-3 posted by (C)オトジマ

たぶん湾奥から湾口方を見ているんだろうが、よくわからん。対岸に建物がたくさんあるのが気になる。あんなのあったっけ?(1960年、昭和35年頃)
櫛津貝掘り 1961
櫛津貝掘り 1961 posted by (C)オトジマ

現在の様子。これは満潮だから、実は昔とあまり変わらない。中央の小さな丘が妙見社。妙見橋は見えない。
P2060596
P2060596 posted by (C)オトジマ

10号線開通直後の土々呂。市街地の向こうに櫛津の入り江が見える。この写真をもうちょい左に振ってくれれば埋め立て以前の土々呂漁港、というより単なる砂浜が見えるのであるが・・・。でも魚加工場の魚干し場らしきは左端に見える。(1960年、昭和35年頃)
土々呂-1960
土々呂-1960 posted by (C)オトジマ

これは土々呂茶屋あたりの魚干し場。向こうに霧島山。左手、高い木が見えるが、伊形支所の楠。しかし、この写真は撮影年が判然としない。だからこれが砂浜だった頃なのか、埋め立て後なのかわからない。父がしきりに写真を撮っていた頃は埋め立ての前後なので、微妙である。
img108
img108 posted by (C)オトジマ

1963年(昭和38年)ごろか。手がかりは写っている私の年齢である。実は私が写っているのであるが、消してある。
1963 e 土々呂湾
1963 e 土々呂湾 posted by (C)オトジマ

1970年ごろの土々呂湾。まだ土々呂海浜公園はできてない。
img164
img164 posted by (C)オトジマ

戦前の地図でみる延岡市南部。(クリック拡大)
img046.jpg

※江湖入り江の古地図、見つけました! コチラ


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

土々呂港の自衛隊艦艇

4枚目の写真を見て私も同じような写真を持っているので出してみました。
昭和35年4月17日、土々呂港に入港した海上自衛隊のYTE06 ぼたんでした。
中学3年生の時でこの頃は自衛艦が入港すると鯛名に住んでいた父の同僚が
教えてくれて同級生と自転車で土々呂まで何度も通ったものでした。
一時期は鯛名側に新田原基地対応で自衛隊の高速救難艇も常駐していましたが懐かしいです。
同じ頃にもしかしたらニアミスをしていたのかもしれませんね。

harbyさんへ

そうそう、思い出しました!!私はその高速艇に乗ったことがあります!すごい高速で波しぶきをあげて湾外の沖まで出て戻ってきました。当時、発足まもなく、白い目で見られていた自衛隊は盛んに住民との交流活動をしてました。当時は魚雷艇と言ってた気がしますが、魚雷は積むほどは大きくなかったのかな。幼かったので記憶はあいまい。ケネディが乗っていたのとは違いますよね。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR