古写真 今山 城山

黒木泰則さんの古写真に今山のお大師さん関連があるので、私の手持ちの写真とともに。

昭和30年、大師像の建設工事。
43昭和30年
43昭和30年 posted by (C)オトジマ

昭和35年ごろか。
daishi matsuri 1960 (2)
daishi matsuri 1960 (2) posted by (C)オトジマ

現在。
P2080283
P2080283 posted by (C)オトジマ

60年近い年月に緑青が浮いて貫禄が出ている。
P2080295
P2080295 posted by (C)オトジマ

御詠歌隊の行列。私はこのような行列を見た記憶はない。今じゃ見られないのではにか。とにかく、昔は大師信仰がとても盛んだったことは確かだ。
44今山に向かう御詠歌集団
44今山に向かう御詠歌集団 posted by (C)オトジマ

daishi matsuri 1960 (3)
daishi matsuri 1960 (3) posted by (C)オトジマ

わかりづらいが、押し合いへしあいで、お大師さんの参道を上がる人々。幼かった私には白い服、兵隊帽で松葉杖をついたりしてアコーデオンで軍歌を弾き、辻辻に立つ傷痍軍人たちの不気味な姿が印象的だった。
daishi matsuri 1960 (4)
daishi matsuri 1960 (4) posted by (C)オトジマ

サーカスも来ていた。たくさんの露店が出ていた。刃物屋が多かった。薪を大根でも切るようにトントントンと包丁で切るデモンストレーションが忘れられない。
img130
img130 posted by (C)オトジマ

幸町の参道。私の記憶にあるのはアズマヤと寿屋の間。この写真の店には記憶がない。栄書房なんてあったっけ。
P4200131e
P4200131e posted by (C)オトジマ

現在。反対側から見ている。アズマヤと寿屋も昔の話になった。
P2080303
P2080303 posted by (C)オトジマ

山下通りから見る参道。現在。
P2080836
P2080836 posted by (C)オトジマ

今山ついでに城山。土々呂から市内に出ると、もう一つの行楽名所、城山は欠かせなかった。動物園に楽しい遊具。お大師さんの人出でごった返している。サル山が見える。昭和35年ごろ。
shiroyama daishi matsuri 1960 (5)
shiroyama daishi matsuri 1960 (5) posted by (C)オトジマ

私が高校の頃(1970年ごろ)、ある時、友人達と話していたら「県内にいるライオンは城山が唯一だってよ」という話題になり、それじゃあ、ということで放課後みんなで見に行ったことがある。上の写真から10年後には城山はかつての輝きを失い、さびしげでくたびれたライオンがいたっけ。その後も、城山の凋落は続き、最後に見たときにはニワトリやウサギなど家畜しかいなかった記憶がある。昭和63年(1988年)に閉鎖されたとか。

二の丸広場には遊具がいろいろ。眺めているのは幼い私。向こうに本丸に上がるスロープの石垣が見える。
img113
img113 posted by (C)オトジマ

私はこれに乗った記憶はない。きっと親にお金がなかったからだろう。
P4200129e
P4200129e posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

懐かしい写真ばかりです!

大師像の据え付け、調べたら重量は11トンあるそうですがあの三つ叉であそこまで上げるのにどんな方法をとったのか気になるところです。

御詠歌集団、あの中には私の祖母もいたはずです。義務教育化前に生まれていたので学校には行っておらず字が読めませんでしたが御詠歌やお経などは暗記していて今の時期になると夜明け前の寒行などに参加していたのを思い出します。

小学校4年まで城山の南側に住んでいたので城山は遊び場で通路ではなく南面の斜面から上がっていました。動物園がある頃は本当に賑やかでしたね。動物園の猿ヶ島を造った石工の棟梁がリタイヤ後に我が家の墓を造ってくれたので公園や猿ヶ島と聞くとあの人を思い出します。

写真を何度も見返しました・・・今日もコメントが長くなりました、すみません。

harbyさんへ

どうやって吊り上げたのか、なんて目の付け所が違いますね。技術者らしいです。私の父は城山の下にあった経理学校に勤めていたんですが、harbyさんもそこらですね。私は全然知らないんですが。きっとharbyさんのほうが昔の写真をたくさんお持ちじゃないんですか。私は御詠歌行列なんて全然知りません。我家ではお大師さんの影は全然ありませんでしたね。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR