原付で鶴見崎へ 3

本文、写真、表題で鶴見崎・鶴御崎がゴチャゴチャになっているが、鶴見崎は昔の表記、現在は鶴御崎である。

鶴御崎半島の北岸、県道604号をひたすら東へ。
一昨年訪れた丹賀砲台が見えてきた。山頂のドームが砲塔跡である。地下の山腹は要塞になっている。
P3161282
P3161282 posted by (C)オトジマ

丹賀砲台は一見の価値ある史跡である。一昨年詳しく書いたので詳しくはコチラ
P7293285s
P7293285s posted by (C)オトジマ

砲台地下。一昨年の写真
P7293279s
P7293279s posted by (C)オトジマ

大島と潮の流れの速い元の間海峡。
P3161283
P3161283 posted by (C)オトジマ

半島先端では道は海岸を離れ、山を登っていく。水の子島海事資料館を下に見て先を急ぐ。資料館も一昨年見ているのでパス。
P3161287
P3161287 posted by (C)オトジマ

鶴御崎園地に到着。
P3161321
P3161321 posted by (C)オトジマ

灯台は前回見ているので、今回は展望台と周辺砲台跡へ
P3161288
P3161288 posted by (C)オトジマ

照葉樹林帯の中を登る
P3161289
P3161289 posted by (C)オトジマ

山頂の展望台に到着。
P3161315
P3161315 posted by (C)オトジマ

P3161300
P3161300 posted by (C)オトジマ

南方、蒲江方面を望む
P3161297
P3161297 posted by (C)オトジマ

向こうに鶴御崎灯台が見える。
P3161291
P3161291 posted by (C)オトジマ

豊後水道には豊予要塞という瀬戸内海入り口を固める砲台群があった。
その中でも丹賀砲台の30cm砲が最大のもの。丹賀砲台は豊予海峡からやや引っ込んでいるので、半島先端の高台であるここで観測をしていた。観測結果を丹賀砲台に連絡して30cm砲の照準を定める。しかし、実戦で役に立つことはなかったし、実戦以前に丹賀砲台の30cm砲は1942年(昭和17年)の腔発事故で吹っ飛んだ。

豊予要塞、砲台配置図。これだけあれば鉄壁に見えるが・・・。実戦では敵はヒコーキでやって来たから役立たず。
img159
img159 posted by (C)オトジマ

観測所跡
P3161292
P3161292 posted by (C)オトジマ

観測所入り口
P3161293
P3161293 posted by (C)オトジマ

観測所内部。豊後水道をにらむ。しかし潜水艦で来られたら対処できなかっただろう。
P3161294
P3161294 posted by (C)オトジマ

80年前のコンクリート
P3161296
P3161296 posted by (C)オトジマ

近年作った公園施設にも植物がはびこり、いよいよ廃墟の面影がある。いっそ現代的な構造物なんかなくしてくれたほうがよかった。
P3161301
P3161301 posted by (C)オトジマ

観測所から10mほど下ったテラス状のところに砲台跡が4基並んでいる。
P3161302
P3161302 posted by (C)オトジマ

ちょっと見には砲台には見えない。元来は15cmカノン砲だったが、後にそれは現在の灯台近辺に移設し、15cm榴弾砲に配備換えした。カノン砲とちがい、榴弾砲は大きな施設は不要だという。

15cmカノン砲はこんなもの。かなり頑丈なコンクリート土台と大勢の要員が必要だ。たかだか直径15cmしかない大砲でも大ごとなんだな。
img158
img158 posted by (C)オトジマ

洞窟から外を見る。内面はモルタル張り。
P3161304
P3161304 posted by (C)オトジマ

P3161307
P3161307 posted by (C)オトジマ

P3161311
P3161311 posted by (C)オトジマ

P3161312
P3161312 posted by (C)オトジマ

P3161317
P3161317 posted by (C)オトジマ

かまどの跡?焼却炉跡?
P3161318
P3161318 posted by (C)オトジマ

P3161319
P3161319 posted by (C)オトジマ

一昨年来た時には酷暑の時で山の上に上がる気力がなく、灯台にだけ行ってここを見なかった。しかし、よく調べると灯台の下に移設されたカノン砲の砲台跡がある。また見逃してしまった。廃墟オタクやミリタリーオタクなら豊予要塞だけでも見て回るのにけっこう手間ヒマがかかり、面白そうである。蒲江の仙崎にも砲台群があるが、資料を見てもそれは豊予要塞に含まれていない。豊予要塞は陸軍施設だったのに対し、仙崎砲台は海軍施設だったかららしい。
仙崎砲台のポストはコチラ

家から鶴御崎園地まで115kmであった。よりみちしながらなので5時間かかった。帰りは違うルートで走りっぱなしで3時間。往復235km、8時間。給油約7Lというところか。燃費32km/L! 最近の軽では30km越えるのもあるのに・・・
鶴見崎へ2
鶴見崎へ2 posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

丹賀砲台は3月12日まで改修工事で長期間、閉館していたようですね。
鶴御崎の展望台は20年以上前に一度行ったきりで最近は行っても
灯台付近をぐるっと回って帰るのがほとんどです。
次に行くときは寄って見ようと思います。

燃費は32kmでしたか、私のカブ110はどんな道を走っても確実に
60km以上はいきます。
タンク容量は4L、これに3Lの予備タンクを持って行くので400km以上は走れますが
最近は田舎のガソリンスタンドのほとんどが営業していないのでこれでも
ヒヤヒヤしながら走る事が多いです。

harbyさんへ

丹賀砲台は休館でしたか。いずれ再訪したいですが、だれか興味ある人を誘って行きたいと思います。50ccで2サイクルですから燃費悪いですね。力はありますが。知らなかったのですが、今は2サイクルは作れないんですね。タンクも3Lしかないので、みるみる減っていきます。田舎道だといつも残量を見ていないと気が気でないです。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR