佐伯城

サクラを求めて日豊海岸を北上し、佐伯城に至った。どこの城下町でもお城は花見の名所である。
佐伯城下の市民会館あたりも賑わっていた。
P1011864
P1011864 posted by (C)オトジマ

P1011870
P1011870 posted by (C)オトジマ

P1011804
P1011804 posted by (C)オトジマ

城山への登り口
P1011805
P1011805 posted by (C)オトジマ


佐伯は何度も来ているが、城山は登ったことがなかったので、この機会に登ってみることにした。
城山は標高144m、登り口辺りの標高がわずかに2mなので標高差は約140m。延岡の城山が50mだから、およそその3倍登ることになり、けっこうな登山である。道もこんな風で石段ではない。
P1011856
P1011856 posted by (C)オトジマ

すれ違う人がみな挨拶をしていくところは登山と同じ。
P1011813
P1011813 posted by (C)オトジマ

登山路にはぜんぜん城の遺構は見られず、ほんとに城跡?という感じであったが、頂上でやっと石垣があらわらた。ゼーゼー、ホッ。麓から約20分くらいか。
P1011816
P1011816 posted by (C)オトジマ

頂上は石垣で囲まれ展望が良い。佐伯の町が一望できる。
P1011820
P1011820 posted by (C)オトジマ

大入島方面
P1011823
P1011823 posted by (C)オトジマ

本丸石垣。江戸時代初期に天守は焼失して以来、天守は再建されなかった。
P1011818
P1011818 posted by (C)オトジマ

P1011825
P1011825 posted by (C)オトジマ

本丸跡の標柱
P1011826
P1011826 posted by (C)オトジマ

山頂の遺構はこんな配置
P1011862s
P1011862s posted by (C)オトジマ

北の丸は狭く細長い広場
P1011831
P1011831 posted by (C)オトジマ

本丸石垣
P1011854
P1011854 posted by (C)オトジマ

P1011834
P1011834 posted by (C)オトジマ

本丸から二の丸方面を見る。堀切りに小さな橋がかかる。よくみると桁が鉄。
P1011832
P1011832 posted by (C)オトジマ

二の丸
P1011835
P1011835 posted by (C)オトジマ

二の丸にある独歩文学碑。佐伯城はえらく独歩に寄りかかっている。
P1011836
P1011836 posted by (C)オトジマ

P1011842
P1011842 posted by (C)オトジマ

P1011846
P1011846 posted by (C)オトジマ

おや?こんな所に丸い穴が? 決してゴミ焼却穴ではない。明らかに対空機銃だか高射砲だかの旋回砲台跡。
佐伯には海軍施設もあったし、こんな高台だから防空施設があって当然だ。何も説明板がないのは片手落ち。
P1011843
P1011843 posted by (C)オトジマ

この先が西の丸
P1011840
P1011840 posted by (C)オトジマ

P1011851
P1011851 posted by (C)オトジマ

西側展望。川は番庄川。
P1011837
P1011837 posted by (C)オトジマ

P1011850
P1011850 posted by (C)オトジマ

帰りは登城路を通る。コチラの方が傾斜が急だが距離は短い。
P1011855
P1011855 posted by (C)オトジマ

小ぶりだが、なかなか風情のある城であった。ちょうどいい運動になるコース。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

佐伯城跡

カブを買ったばかりの頃に行って上がりました。
入口から左側のコースを上がろうとしたら近くを散歩していた人から
先週○○があったばかりだから上がらん方がいいですよと言われ
引き返して右側の坂道を上った思い出があります。
その時、上で休憩中に話しかけて来た人が元有名企業で偉かった?らしい人で
延々と自慢話やらどうでも良い話を聞かされもしました。

何人もの人が来ている中で一人だけだった理由が分かった気もしましたが
そんな思いでの佐伯城跡の思い出でした。
朝っぱらから変なコメントで申し訳ありません。

harbyさんへ

ホントに伏字やら匿名エライさんの話でよくはわかりませんが・・・。実は今回私もある老人から長い話を聞かされてやや辟易した覚えがありました。私も若者を捕まえてながながとウンチクやら自慢話をするものではないな、と自戒したものです。まぁ、旅先では現地のボランティアガイドさんなどが張り切りすぎて長い話を聞かされたりもしますが、それも含めて旅の思い出かもしれません。

ボランティアガイドのこと、身につまされます。お客さまの空気を見きわめなければなりません。とかく知り得たことを自慢げにしゃべりたくなるのです。きをつけたいと思います。

じなしさんへ

じなしさんの話ならいくらでも聞きたいですよ。私は好奇心はあるほうで歴史も興味はありますが、戦国時代の武将の話はどうも苦手です。歴史好きには戦国好きがまた多いんですよね。実は私の興味もかなり偏っているのかもしれません。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR