ところ変われば宿題変わる

グアムに住む姪のブログで面白い発見。彼女のブログから転載する。

姪への息子は小学3年生。現地の学校の学期末プロジェクトで「海に関する物を作る」プロジェクトの中の「ウミガメ」を与えられた。日本で言えば夏休みの工作とかテーマのあるポスターを描くようなものか。大きさは60cm以内。親が宿題の加勢をするのは当然とかで、姪は息子のために苦心してカメを作った。それがコレ。
kame s
姪にそんな才能があったとは思いもよらず、こりゃ立派なもんだ!と感心した。ダンボールにペイントスプレーで色を塗っている。姪はそのデキに我ながら感心してこりゃクラスで一番間違いなしだわ、と思いながらも、子供の宿題なのに100%親が作ってしまったので後ろめたく思いながら学校に提出させたとか。

ところが展示会に行ってみると、まだまだ上手がいてビックリ!サイズも規定破りの大きさ。
shachi s

これは巨大なマクラのエンジェルフィッシュ。低学年の子供に作れるわけないでしょ。
fish s

どの作品も完璧に親の作品。アメリカでは子供の宿題に親が参加するのは当然で、親との共同作業こそ求められるという。レポートにしたとこころで小学校低学年の作文なのにワープロ印刷でパーフェクトな書式とレイアウトで提出してくるという。そこらが日本の常識とは異なる。学期末のさまざまな課題やテストは大変で親もいっしょに悪戦苦闘するという。アメリカの学校はかなりテキトーとおもっていたら、そうでもないようだ。その割りに学力低いのはなぜ?

sea animal2 s

※姪のくれたコメントがまた現地感覚をとらえて大変面白いので是非下のコメント欄を見て下さい。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

親とのプロジェクトって良いですね〜。いろんな親の事情を考慮すると日本では難しようですが。
誰々の作品じゃくて、○○家の作品って感じでしょうね。サイズも発想も横並びじゃないところが趣深いです。

何を隠そう母に描いてもらった絵で市の賞を貰ったことアリマス。

No title

親が頑張った作品を載せてくれて、作った甲斐があります。ありがとう(≧▼≦)
こんなに熱心なのに、どうしてアメリカの学力は低いのか。。
グアムなんて、アメリカ全州の中でもかなり低い位置にあるらしい。。
私は「生活保護」の充実すぎに少し原因があるのでは?とかおもったりもする。
移民の私たちはご縁が少ない生活保護であるが、グアムなどのアメリカ軍基地を抱えるローカル島人の多くはこれをありあまるほど頂いている。口封じとか心で思っても言わないけどww
だから、アメリカは学力の上と下が激しすぎる気がするよ。
金をかけて学力の高いところに入れられればまたその家は金持ちが続くってわけですわね。
学校もね、わざと恐ろしく金額を高く設定するんだって!そのレベルの子しかこれないようにってそこで選別するらしい。
公立で頑張らせるのは家で勉強を親が相当頑張らせないといけないみたいよ~。先生達の給料が安いという理由でそれなりの先生が集まっている州もあるようですわ。。
アメリカの競争社会はある意味あきらめも早いうちについちゃいます。

ミワ君へ

私も経験アリ。小1の頃、市の大会で金賞をとった習字、あまりに見事なので我ながら驚いたんですが、どうみたって先生の筆跡。だまってご褒美だけはいただきました。土々呂中の美術教師もヒドかったですよ。卒業生の作品を私の名前で勝手に市美展に出品し、金賞をもらいました。その時もご褒美だけはチャッカリいただきました。

Re: No title

民族性もあるんじゃないの。植民地の現地人やヒスパニックやアフリカ系にはそんな携行が。しかし、日韓中みたいなアジア系の移民は教育熱心だからのし上がっていく。そのうち韓国系や中国系の大統領が出現したって驚きません。グアムは沖縄と同じで、重要軍事基地だからバラまき的に予算が手厚いんじゃないの。人口も少ないし。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR