原付で阿蘇へ 1

梅雨前の休日、久しぶりに原付に乗ってツーリングに出かけてみた。
最近のharbyさんのブログで見た阿蘇近辺の各所が目的地。朝8時半に出発。明るいうちに帰着が目標。

いつものように伊形から沖田経由で218号線を目指す。日曜ではあるが、兼業農家が田の水入れの準備に繰り出している。あぜ道に軽トラが13台も並んでいる。
P5253775
P5253775 posted by (C)オトジマ

P5253776
P5253776 posted by (C)オトジマ

いつもは車で通り過ぎるだけだが、原付なので橋の上でも気軽に停めて下を覗ける。北方の「よっちみろ屋」そばの天馬大橋から五ヶ瀬川を見下ろす。
P5253780
P5253780 posted by (C)オトジマ

その先の干支大橋から上流方を見下ろす。
P5253781
P5253781 posted by (C)オトジマ

高千穂町、田原。ここは川ではなく集落を短絡しているので眼下には河内集落。けっこう高くて怖い。
P5253785
P5253785 posted by (C)オトジマ

高盛町奥阿蘇大橋。阿蘇外輪山の裾野に刻まれた谷。
P5253788
P5253788 posted by (C)オトジマ

高森峠隋道を抜けるとすぐに左折して旧道を下る。ここらではたびたびサルを見かける。ヤマザクラの木が揺れてるな、と思ったらサルの群れが鈴なり。写真をとろうとカメラを構えているうちに皆逃げた。ヤマザクラの実はサルの好物らしい。
P5253791
P5253791 posted by (C)オトジマ

九十九折れの旧道が見える。4月は桜の名所。
P5253794
P5253794 posted by (C)オトジマ

高森からは清水峠に至る山すその道を走る。初めて通る道。
P5253795
P5253795 posted by (C)オトジマ

高森阿蘇神社がある。
P5253798
P5253798 posted by (C)オトジマ

立派な石垣と群れなす巨木が神社の貫禄を醸し出す。
P5253821
P5253821 posted by (C)オトジマ

社殿は普通だが、拝殿も境内も美しく手入れされている。
P5253802
P5253802 posted by (C)オトジマ

安いカメラなので暗い所に弱い。
P5253809
P5253809 posted by (C)オトジマ

奉納絵が何枚も。どれも武者絵である。残念ながら古典の教養がないので何の物語だかわからない。これは文政5年とあるから、およそ200年前。
P5253805e
P5253805e posted by (C)オトジマ

注目すべきはこれ。
P5253810
P5253810 posted by (C)オトジマ

どこの神社にもある杉の古木と思っていたら・・・・
P5253817
P5253817 posted by (C)オトジマ

密集して並んでいるがいずれも驚くような巨木。
P5253815
P5253815 posted by (C)オトジマ

写真ではさっぱり大きさがわからないが直径1m以上はある。これがなんとヒノキなのである。
P5253814
P5253814 posted by (C)オトジマ

1959年(昭和34年)の、国宝姫路城の「昭和の大修理」の際、天守を貫く心柱のヒノキがなかなか見つからず、やむなく兵庫県神埼郡市川町の笠形神社のご神木を切り倒した話は有名である。それが樹齢656年だったらしいが、ここのヒノキは推定480年。次にどこかの天守閣や大寺院の修理や建替があるときには有力候補になりそう。

これも驚くような巨木であるがスギ。まぁ、古い神社ならどこにでもある。
P5253819
P5253819 posted by (C)オトジマ

神社前の辻に立つ青面金剛。
P5253820
P5253820 posted by (C)オトジマ

本日の視界は今ひとつ。今後だんだんひどくなる。
P5253824
P5253824 posted by (C)オトジマ

P5253825
P5253825 posted by (C)オトジマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これ素敵なチャレンジですね~。
スーパーカブだと無給油で熊本行けますね!

実は私も学生時代、25年前、原付で熊本と門川を往復しましたが、川水流あたりの急坂がしんどかったです。(笑)

むーさんへ

ところがこれはカブではなくスズキバーディなんです。2サイクルですから力はあるんですが燃費はヒドイです。L/30kmがいいところですから。とても熊本まででも無給油ではいけません。阿蘇は九州の中央の観光地ですから休日には九州中からハーレー軍団が押し寄せてきます。貧乏くさい原付で走るにはヒケメを感じないだけのタフさも必要です。
プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR