臼杵寺めぐり 月桂寺

多福寺のとなりが臨済宗妙臨寺派・月桂寺。これまた立派な寺である。それもそのはず、この寺は藩主稲葉氏の菩提寺であった。まぁ、場当たり的にぶらりと訪れているのでそんなこととはツユ知らず、帰って復習して知ったこと。

どこの町でも藩主の菩提寺はその町でもっとも立派であるから一見の価値はある。スゴイ石垣。
P9071605
P9071605 posted by (C)オトジマ

P9071608
P9071608 posted by (C)オトジマ

御成門というらしい。藩侯専用の入り口。すごい急な石段。当然閉ざされていたので、脇の車道から入る。
P9071609
P9071609 posted by (C)オトジマ

門を境内側から見る。横にある蔵は経蔵。
P9071610
P9071610 posted by (C)オトジマ

大きな本堂。全部が障子貼り。この障子戸を開けてみたらなんとそのウラにはアルミサッシのガラス戸があった。でもこうやって昔の風情を強く残してくれていることに感心した。
P9071614
P9071614 posted by (C)オトジマ

障子の張り方が不ぞろいで今ひとつヘタなところがまたいい味を出してます。
P9071612
P9071612 posted by (C)オトジマ

本堂の扁額。とんでもなく大きいケヤキの一枚板。いくらしたんだろう?
P9071613
P9071613 posted by (C)オトジマ

白い壁の建物は霊廟。藩主・稲葉家の祖霊を祀る。
P9071619
P9071619 posted by (C)オトジマ

本堂の裏手の山には十六羅漢がある。どれも大きくてとても立派な羅漢である。
P9071615
P9071615 posted by (C)オトジマ

P9071625
P9071625 posted by (C)オトジマ

P9071616e
P9071616e posted by (C)オトジマ

野の花の中の羅漢
P9071629
P9071629 posted by (C)オトジマ

P9071630
P9071630 posted by (C)オトジマ

一番上には仏様たちが。
P9071620
P9071620 posted by (C)オトジマ

仏さんが乗っているのは獅子?
P9071621
P9071621 posted by (C)オトジマ

コチラはゾウさんみたいだが・・・
P9071622
P9071622 posted by (C)オトジマ

P9071623
P9071623 posted by (C)オトジマ

上から見下ろすと、寺の巨大な屋根が見れる。古瓦のなんともいえぬ味わいが素晴らしい。
P9071618
P9071618 posted by (C)オトジマ

向こうに臼杵城が見える。
P9071628
P9071628 posted by (C)オトジマ

いかにも藩主菩提寺らしい貫禄のあるお寺であった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

トトロのとなり

Author:トトロのとなり
現在トトロのとなりの門川町に住む。
日豊地域での見聞を中心に徒然を記す。
お金がないので遠くには行けない。
お金がないのでグルメ記事はなし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR